にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

GX100のスクエアで遊ぶ - フレアーを活かす

2010年08月31日 00:00

「放置された空間」

放置された空間

Ricoh GX100

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しました。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



8月最後の写真も暑苦しい物を用意しました。そう、今月のテーマは「暑苦しい写真」だったんです(笑)。

コンパクトカメラの欠点の1つにレンズフードがない為、太陽と相対する位置での撮影ではほぼ100%フレアー(ハレーション)で眠い写真になってしまいます。

片手をレンズの上部にかざして太陽光を遮れば(ハレ切り)、フレアーを抑える事もありますが、敢えて逆光と対峙して眠たくぼやけた写真を撮ってみる・・・、織江ってみる・・・。

片手をレンズの上部にかざして太陽光を遮れば(ハレ切り)、フレアーを抑えられ事もありますが・・・。もし写真初心者の方がこの記事のご覧になっていたら、次の事を覚えて欲しいと思います。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

GX100のスクエアで遊ぶ - 絵画のような風景 & 国会議事堂に行こう!

2010年08月18日 00:00

多少の皮肉を込めて、「織江る」と言う言葉を使っているのに関わらず、この織江っている写真に見事にハマってしまっている私がいます。

「untitled」

untitled

Ricoh GX100

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しました。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来ます。暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



元々意図的にハイキーに撮影した写真から、ちょっぴりソフトフォーカスを掛けて絞り開放での逆光時の像の滲みを再現してみた写真ですが、絵画のような雰囲気になってくれました。

さて、以下は国立新美術館を後にして、国会議事堂へ行ったネタを書いて行きます。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

地元民に嘘を吐かれた日

2010年08月17日 00:00

夏季旅行写真です。今回の写真、全てRicoh GX100で撮っているので、せっかくですから織江ってみました。

さてさて・・・。

「何?、廃墟を撮るの?、だったらダム湖を進むと松木村と言うのがあるから、そこへ行くといいよ」

地元の方のその言葉を信じ、ドピーカンの中、ダム湖の林道を数キロ歩いたのに関わらず、村の面影ゼロ、廃墟なんてありゃしない!。


松木村は何処へ?

Ricoh GX100

こんな牧歌的な林道。この写真はヘトヘトになった帰り道で、写真に向かって右側には林、左側は草原。後から知った事ですが、どうやらここがすでに旧松木村だったそうな・・・。




松木村は何処へ?

Ricoh GX100

おっ、なんかかつて道だったような気配が・・・。とするともっと上の方に廃墟があるのだろう!。せっかく何キロも歩いてきたのだから諦めちゃならん!。しかしすぐに「道のようなもの」は消え失せ・・・。




松木村は何処へ?

Ricoh GX100

そして上の写真のような道のない急斜面を沢伝いに登り、ようやく人工物らしきものを見つけましたが・・・。

でも、どんなアホでもこんな急斜面な場所ににわざわざ家を造らないだろう、そしてあちらこちらに最近植樹された木々が植わっているんですよ。うーん・・・。

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しました。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来ます。暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



では旧松木村はどこへ行ったのでしょうか?。下に続きます。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

GX100のスクエアで遊ぶ - 蔵を織江ってみた

2010年08月16日 00:00

夏季旅行写真です。

「織江る」、この言葉、自分だけで盛り上がっており、ちょいと流行らせたいと思っています。詳しくは下の記事をどうぞ。

GX100のスクエアで遊ぶ - 織江ってみる

「朽ちた蔵」

朽ちた蔵

Ricoh GX100

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しました。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来ます。暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



取扱説明書もろくすっぽ見ないまま旅行に出掛けたので、時折、操作、設定に手間取ってしまう事があり、見ての通り、普通じゃない写真。実は失敗コマ、超~露出オーバー。露出補正なんてしていないのにこの有様。まぁ結果オーライ、オンリーワンなハイキー廃屋写真になりました。

そうなんです。廃墟、廃屋を記録写真でなくアートさせるには、やはりカメラマンが光の制御をしてやらないとならんと思うのであります。今回は偶然ではありますが、偶然もテクニックの1つです(笑)。

さて・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

GX100のスクエアで遊ぶ - 織江ってみる

2010年08月14日 00:00

朝から国立新美術館に行ったり、その後、ふと、国会議事堂に行こう!、って事で乃木坂から永田町までお散歩し、議事堂内を見学してきました。参議院議場にはちゃんと田村亮子の席もありましたよ~(この話はまた後日!)。

今日の東京は蒸し蒸しデー。ちょっとヘトヘトになり、さっきまで爆睡していました。そしてこの記事を推敲していたらまた眠くなり、駄目だぁ~と皆さんのブログを巡っていたら、はじめましてじゃないのに、はじめましてとコメントしたり、完全に寝ぼけていましたね(笑)。 という事で・・・。

GX100、慣れてきたのでしょう。ドンドンと楽しくなっています。慣れる事とは不満点が気にならなくなる事、即ち、上を望まない事、これ持論であります。

そう、先日も書いた通り、現行のGX200の方が遥かに素敵なカメラに仕上がっている訳ですが、現実、GX100を手にしている訳であり、これしかカメラがないと思い、ファインダーが付いているカメラと言う長所を活かして、ガンガンに写真を撮っています。先日は、たったの数時間でバッテリーがなくなるまで撮ってしまいました。

Ricohのカメラの特徴として1:1のスクエアフォーマットがカメラ側で作れる事です。勿論、中判カメラと違い、単にセンサーの左右を切り詰めるトリミングされただけの機能ではありますが、かつてハッセルを使っていた私としましては、それでも面白い。

そして、勝手ながら「織江る」と言う言葉を流行らせてみたいと思ってしまいました。そう、市橋織江のような「ゆるフォト」を撮る(作る)事を「織江る」と表現しようと思っているんです。川内倫子も同じような写真を撮りますが、この人って「みちこ」でなく「りんこ」なんですって。つい昨日まで「みちこ」と言っていましたわい。「りんこる」ってちょっと一文字間違えると・・・(笑)。

「untitled」

untitled

Ricoh GX100

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しました。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来ます。暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



今日はちょいと以下に暴言を吐きます。お気に召さない方もいらっしゃるかもしれませんが、迎合せずに主観を述べてこそブログの価値がある、そう思っていますので、ご了承下さい。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

GX100の24mmを楽しむ - 久々に24mmを楽しむ

2010年08月09日 00:00

旅行写真、まだまだ掲載したいものが沢山あるのですが、お盆前と言う訳でもないのですが、何故か何かと多忙で、写真をチェックする暇がありません。特に廃墟関連の写真は多数撮影しており、どれを掲載するか、少し時間を下さい。

さて、せっかく使える(であろう)コンパクトデジタルカメラのRicoh GX100を買ったので、これで何か連載を組みたい、そう思い、だったらGX100の特徴である24mm(35mmフィルム判換算)と言う焦点距離で風景を捉えてみよう、そう思いました。



「環七鹿浜橋」

環七鹿浜橋

Ricoh GX100

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しました。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来ます。暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。また複数枚の掲載の場合、写真上の左右をクリックすると画面が遷移します。



もう1枚写真があります・・・。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

根拠のない「ゆるフォト」の定義

2010年07月10日 00:00

「白夜を思う・・・」

白夜を思う・・・(660)

Canon EOS30D, EF70-200mmF4LIS


※昨日より、ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来ます。暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。


おいおい、2日連続で「ゆるフォト」か?、拍手狙い、ぶろぐ村クリック狙いだな!?、と思わないで下さい。そりゃぁ拍手やぶろぐ村クリックは皆さん存分に行って頂いて結構ですが(笑)、それを狙っている訳でなく、昨日文章を書いていて、ゆるフォトに対しての主題が2つになってしまったので、単に2日に分けた、それだけのお話です。

そんなブログの世界も甘くはありませんでしょう。ゆるフォト・・・っぽい写真を幾つか掲載したくらいで、来訪者が仰山増えるなんてありえない事です。

続きがあります。下をクリックされて下さい。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

川内倫子や市橋織江になるには?

2010年02月02日 00:00

「東京湾の風景」

東京湾の風景

Sony Cybershot DSC-H50

近頃、トイカメラブームからなのか、川内倫子氏や市橋織江氏のような、ほんわかしか淡い写真が、特に女性を中心に流行っているようです。「ゆるフォト」と言うようですね。

トイカメラなる代物は持っていないのですが、かなりアンダーな露出で撮影してしまったネガフィルムを無理矢理プリントしたような色被り、そんなイメージで作ってみました。

※最後にもう1枚写真を掲載しています。是非続きをご覧下さい。

[ 続きを読む ]

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です