にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

使えるコンパクトはあるのか?

2013年05月03日 00:00

ダム工事用道路での風景

ダム工事用道路での風景

Rioch GX100

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



Ricoh GX100を買ったのが(過去のフィルム時代を含めて)最大の失敗だった、これがどうもずぅっと尾を引いていて、未だに新しいコンパクトデジタルカメラ(以下コンデジ)を買うのをためらっている。

以下、A3、もしくはA3ノビへのプリントを前提とする。

デジタルカメラに求めるのはフィルムカメラでは不可能だった撮影、そう超高感度域での撮影だ。APS-Cや135センサーはここ数年で超高感度域の画質が一気に上がり、ISO3200は現行品なら十分に実用粋に達しており、ISO6400が及第点、そんなレベルだろう。

そしてセンサーサイズの小さなコンデジはISO400が実用域でISO800が及第点。デジタル一眼レフよりも感度2~3段分は劣っている、そう考えて良い。

しかしセンサーサイズが小さいので被写界深度がAPS-Cや135センサーを持つカメラよりも深く、例えば1/1.7型センサーではAPS-CでF5.6に絞り込まなくてはならないところ、F2で十分だったりするから、3段の余裕があり、ISO800が常用出来ればノイズに関してはAPS-C並みと言って良いだろう。

注目しているOlympus XZ-2は135換算28-112mmのレンズで開放F値は広角側でF1.9、望遠側でF2.5とかなり明るい。となるとこのカメラのISO800の画質が優れていたら、私にとってはかなり使い勝手のあるカメラとなる。

そして高級コンパクトと言われる類のコンデジのトレンドは如何に明るいレンズを装着出来るか・・・。2/3型センサーを採用しているFujifilmのX20も28-112mm相当のレンズを搭載し、XZ-2よりもちょっとだけ暗いがそれでもF2~F2.8を保っている。

また大きなセンサーを持つカメラと違って小さなセンサーのカメラは、画像処理エンジンの恩恵や、そのボディ専用のレンズ設計が施されているので、絞り開放からでもかなりクッキリ写るらしい。そうなると余程コントラストのない風景を除けば、望遠側でもF2.8でも十分に解像感のある写真になっているだろうと想像が付く。

実際に幾つかのレビューサイトでパソコン等倍の画像を見る限り、少なくとも低感度域ではAPS-Cセンサーのカメラに肉薄しているように感じ、A3プリント程度なら、その違いは見出せないのではなかろうか?、余程の解像感マニア、立体感マニアでない限り、ブラインドテストされても判らない、そう感じている。

極論を言えば1/2.3型センサーのPentax Q、これを散々コケにした私だが、写真展でQで撮影された馬鹿でかいプリントを見て、こりゃぁ、上手く現像、プリント処理を施せば十分に使えるカメラだと感じていた(これはQのレビューでも述べているが、今でもQにはとことん興味が無いのだった(笑))。

ただ、問題がある。今後数年で、APS-Cと135センサーは2400万画素以上の解像度が中心になるだろう。そこへ来て、半分の解像度しかないXZ-2やX20に魅力を感じるか否か・・・。

実際には1200万画素もあればA3プリントは十分可能だ。240dpiだと1400万画素必要になるが、200dpiでの印刷なら1000万画素でクリア出来てしまうのだ。私個人はK20D、K-7の1400万画素、K-5の1600万画素を240dpiで印刷した事しかないが、写真屋さん曰く、1000万画素のK10Dでも問題なくA3ノビプリントが可能との事(160dpiなら600万画素のカメラでもA3可)。

では何故そんなにも迷っているのか?。

それはまず冒頭のGX100の件。このカメラ、A4プリントならISO400でも行ける、そうカメラ屋さんに言われ、購入した。確かに風景によっては問題は無いが、廃墟の屋内のように本当に暗いところを、わざと露光を長く掛けて明るく写した場合・・・。暗部のディテールが出ている部分のノイズの汚さはA4でも瞬時で判るレベルだった。

XZ-2やX20のレビューサイトを見ても、わざわざ明るい風景を感度を上げて撮っている作例が多く、それだと全く意味がない。ノイズは明るい部分には乗らないのだ。暗部のディテールがあるかないか、その部分を評価しないとならない。でもネット上の作例を見てもどうもそれが判らない。

またISO6400、F5.6、1/8sec、これはEV2と言う明るさで廃墟の屋内ではそのシチュエーションが結構ある。K-5のAFはこれが限界。だからこそK-5IIsやIIが欲しいなと思う事も・・・。

※AF補助光を使えば2メートルくらいにピントを合わせるのならK-5でもEV0でも何とかピントが合うが、距離がそれを越えるとライブビューを使っても合焦率は一気に悪くなる

EV2、これをXZ-2で撮影するとなると感度をISO800ならF2、1/8secとなり、この明るさでピントが合うのか否か。こういう事を実験してくれているサイトも皆無だったりする。見たサイトではEV4、EV5の像ばかり・・・。

XZ-2やX20のレビューを見るとISO1600も常用域、そんな文章を幾つか拾える。でもそれはEV5の像だったら駄目なのだ。EV5の明るさはISO800でもISO400でも撮影出来るからだ。ISO1600まで上げないと撮れない写真、それがEV2、もしくはEV1であり、ISO1600が常用出来る、そう断言するのならEV2(ISO1600、F2、1/15sec)、EV1(ISO1600、F2、1/8sec)、この露出でテストしないと・・・。

皆さん、ご自宅でISO6400、F5.6、1/8secを体験されて欲しい。部屋のメイン照明を落とし、デスク用の蛍光灯や間接照明だけを点け、そこから2メートル離れた位置、それがEV2、EV1に該当すると思う。どれだけ暗いか判って頂けるだろう。

そのシチュエーションでXZ-2やX20のAFがしっかりと動作するのか、はたまた、それくらいの風景で暗部のディテールのノイズがどの程度発生しているか、これを理解しない限り、今後もコンデジは買えないと思っている。

APS-C、135センサーを持つデジタル一眼レフの場合、新製品でもおおよそ画質は判断出来る。ほぼ技術が確立されているからだ。

しかしコンデジの場合、今後、1/1.7(1.8)型、2/3型、1型、どれが主流になるか判らない。Sonyは135センサーを搭載したDSC-RX1、Canonはフォーサーズよりも大きなセンサーのG1X、RicohやNikonはAPS-CのGR、Coolpix Aがある。

今はそれらはどれも高値でお買い得感は皆無。でも大量販売、大量消費されれば価格は落ち、今後発売されるコンデジは大きなセンサーが用いられていても安価設定になる可能性も高い。コンデジ業界は過渡期にあり、幾らXZ-2の高感度耐性が良かったとしても小さなセンサーは数年後には時代遅れになっているかも知れず・・・。

個人的にはNikon 1が採用している1型センサーが主流になる気もするし、本来ならばフォーサーズ(マイクロフォーサーズ)センサーでXZ-2レベルのカメラが安価で発売されていなくちゃならない時期なんだと思う。

かつてフィルム時代、アドバンストフォトシステム(APS)にほとんどのメーカーが参画した。これと同じく、メーカーはユーザー第一に考え、また部品を共通化出来るからコストも抑えられるのだから、コンデジは今後1型、もしくはフォーサーズを使う、そう決めてくれれば良いのだが・・・。

まぁアドバンストフォトシステムは結果大失敗に終わったから、皆で参画するなんてどのメーカーも考えていないのかもしれない。つまり、何らかの技術革新があった途端に事業として失敗するのだから・・・。

さて、皆さんは「コンデジで廃墟を撮ろうするのが間違いじゃないか?」と思われるかもしれない。確かに現状、特にK-5を使っていて不満はない。しかしである!。

郊外へドライブ、旅行に出掛ける際、ほぼ車を利用している。だから機材が大きくても我慢出来るのだ。言い換えれば、コンデジが廃墟にて満足な撮影、画質が確保出来るのなら、日帰りや1泊2日程度の旅ならば列車を使った方が遥かに楽。

カメラがXZ-2やX20くらいのサイズなら胸ポケットには入らないけど、ウェストポーチにはすっぽり入る。先日、FujifilmのAPS-CのミラーレスカメラであるX-E1に18-55mmズームを量販店で触ってみたが、K-5よりは小さいが、それでもずっしりとした重量感は微妙・・・。

本日の写真、買って大後悔したRicoh GX100からのコマ。買った当初は日帰りや短期間旅行の記録カメラとして多用していたが、あまりの画質の悪さに閉口し、すぐにCanon IXY920ISに取って代わられてしまった(笑)。

ドピーカンだったのでISO80で撮影。ISO80だと良いカメラなんだよなぁ。Ricohのある方も「GX100はISO80限定、フィルム感覚で写真を撮っている」なんて言っていたのを思い出した。

※GX100はISO200までなら十分にA4プリントに耐えられるが、ISO400ともなると2Lでも風景によって不快になる。IXY920ISも同時期のカメラなので高感度は弱いが、それでもGX100より良く、またフラッシュの調光精度はIXY920ISの方が優れている

最後に、Ricoh GX200が発売されていたのにあえて「いやぁ、GX100で十分だよ」と言い切っての大失敗、大後悔。だから、皆さんもXZ-2が出たから安くなった中古のXZ-1でも・・・、なんて思わない方が良いだろう。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ゆたか | URL | LkZag.iM

    こんにちは。

    実は、安くなったXZ-1プレミアムキットが気になっていたのですが、

    良く見るとサイズがE-PL3よりも大きくて。

    これではコンパクトの意味がない???ということで諦めたことがありました。

    今は、GRD Ⅳが正解かな~なんて思っています。

    赴任先でGX-1を買ってしまいましたので、当分割高なコンパクトは必要ないようです(笑)。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ゆたか さん

    GX-1はご自宅から持ってきたのでなく、買っちゃったんですね!(笑)。

    XZシリーズ、確かにでかいんですよね。ですからやはりコンパクトの利点ってのは絞らずとも被写界深度を稼げる、絞り開放でもそれなりに写るってところだと思っています。しかし、XZ-1は高感度がやっぱり弱く、ならばフォーサーズの方が確実に良いんですよね。XZ-2になってISO800~ISO1600がある程度使える、だからこそのお悩み中なんです(笑)。


  3. とおりすがり | URL | -

    あんまり高望みしていると婚期を逃しますよ。
    あなたの要求を全て満たす「白馬の王子様」は一生現れないかもしれません。
    そこでここはひとつ「割り切ったお付き合い」といきましょう。

    コンパクトは「コンパクトであること」が一番の利点です。
    コンパクト相手にあれこれとスペックの短所に目くじらを立てて、ただひたすら待ち続けるのもおもしろくないでしょう。
    失敗の許されないような価格の買い物でもないわけですし、あまり気難しく考えずにとりあえず使ってみることをおすすめします。
    失敗したり後悔したりするのもまた人生。

    カメラは所詮道具です。
    道具は使い手がちゃんと使いこなしてなんぼです。
    短所も理解した上で上手に使ってあげて下さい。
    意外といい仕事したり、手に馴染んだりするかもしれませんよ。

    <最後に>
    富士の『X20』、撮るのが楽しいし普通に良いカメラでしたよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)