にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Olympus XZ-2ってどうなのさ? & EV値を知った方が良い

2013年05月05日 00:00

天井崩壊、確かに上は非常口だな

確かに上は非常口だな

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



ほぉ、なんかつい最近まで寒い寒いと言っていたのにもう子供の日かい!。日々老眼が進むのが判る気がする。1年半くらい前に作った老眼対策されたコンタクトレンズがもう見え辛いこの頃。

本日はまずはEV値について。

昨日の記事で、EV2と言う明るさで写真(画質)が成立するか否か、そんな事を書いた。ではそのEV値とは何だろうか?、これが本日のお話。

「ISO100, F1.4, 1sec」、この露出がEV1となる。だからEV2とはEV1よりも1段明るくなり「ISO100, F1.4, 1/2sec」や「ISO100, F2, 1sec」となる。

K-5ではISO6400の超高感度の画質は及第点をクリアしているから(A3ノビプリントの場合)、ISO6400でEV2を表現すると、ISO100とISO6400の差を考えれば良く、ISO200, 400, 800, 1600, 3200, 6400と6段の違いがあるから、絞りとシャッタースピードを6段分変更出来る事になる。

絞りだけ6段変化「ISO6400, F16, 1sec」
シャッターだけ6段変化「ISO6400, F2, 1/60sec」
絞り3段、シャッター3段変化「ISO6400, F5.6, 1/8sec」
絞り2.5段、シャッター3.5段変化「ISO6400, F4半、1/10sec」

ISO12800まで上げればさらに1段、シャッターと絞りのいずれかを変化させられるので「F8の1/8sec」や「F5.6の1/15sec」、はたまた半段ずつ「F5.6半の1/10sec」、これらも全てEV2の明るさの露出だ。

反対にカメラの超高感度画質が悪くISO3200にとどめたかったら「F4, 1/8sec」、「F5.6、1/4sec」、「F4半、1/6sec」等がEV2に該当する。

小さなセンサーのコンパクトデジタルカメラの場合、高感度画質はもっと悪くなり、現行品で高級コンパクトの部類に入る物はISO800かISO1600が及第点になろう。となると、コンデジでEV2を表現すると・・・。

「ISO800, F2, 1/8sec」、「ISO800, F2.8, 1/4sec」、「ISO1600, F2.8, 1/8sec」「ISO1600, F2, 1/15sec」、こんな値になる。

おおよそ3年以上前に発売されたコンデジの多くはISO400が限界で、しかもF2、F2.8クラスの明るいレンズが付いていない代物が多く、そうなるとEV2の明るさでは手持ち撮影は不可能、そんな結論になる。

とは言え、私のように廃墟でもコンデジを使いたい、そんな方は滅多におられないだろう。そうなるとコンデジではどの明るさまで耐えられれば良いか、そんな話になってくる。コンデジ=記録、記念写真、そう考えると、EV5~6が綺麗に写せれば十分。

これは「和旅館の電気の付いた室内」に該当し、「ISO200, F2.8, 1/15sec」、「ISO200, F4, 1/8sec」、「ISO100、F2.8, 1/8sec」等になる。

若い世代は和旅館よりも洋ホテル・・・、これだと厳しい。洋ホテルの照明は和旅館よりも暗く、EV4くらい。そうなると「恋人を艶っぽく綺麗に撮ろう」なんて思うと最低でもISO400の画質が優れていて、F2~F2.8クラスの明るいレンズを持ったコンデジでないと用をなさない。

さらに追求すれば和旅館でワイガヤの雰囲気を撮るのなら広い範囲を写す広角レンズで良いが、「ポートレートとして恋人を艶っぽく綺麗に撮ろう」なんて際は広角よりも望遠側で撮るべき被写体となり、一部の高級コンパクトを除けば望遠側の開放F値はF4よりも暗かったりするから、必然的にISO800が必要なり、役立たずとなる。

レンズ交換式のカメラならF値がF1.4~F2クラスの明るい標準~望遠レンズに交換すれば良いけど、コンデジはそうも行かない。

このようにコンデジの場合、レンズ交換が出来ない事から、用途をはっきりさせないと無用の長物になってしまい、結果、フラッシュを炊いて雰囲気ぶち壊しのしょ~もない写真でお茶を濁す事になる。

※前衛的にフラッシュを強く炊いて、飛ばしに飛ばしまくる!、なんて手法もあるが、それはあくまでも変化球であり、ポートレートや記念写真には使えるが、記録写真にはなれない

量販店で店員さんに許可を得て、店内で撮影した写真をSDカードに入れて持ち帰り、自宅で画質チェックをするのなら自分がどのEV値を欲しているか、それを考慮する必要がある。

量販店って結構明るく、恐らくEV7~EV8くらいあるだろう。そんな状態でコンデジのISO800やISO1600のテストをしても丸で無意味。量販店の中でも暗い場所、EV2~EV4くらいの場所を見つけ、そこで試写するのが望ましい。

可能ならばコントラストの強い場所。構図の中に明るい部分と暗い部分を入れ込めれば最高だが、意外とそういう場所はなかったりするのだった。以前、Nikon D600を量販店で触った際、店員さんにそういうシチュエーションを願い出て(EV2相当)、エライコッチャ、相当迷惑を掛けた事がある(笑)。

※この試写により、D600を持ってしてもISO12800は及第レベルには達していないと判断した

当たり前の話としてここでは手持ち撮影について述べている。三脚やそこらの柱や机にカメラを固定出来るのなら、スローシャッターでも問題なく、廃墟でのEV2なら「ISO400、F5.6、2sec」、洋ホテルのEV4なら「ISO100、F4、1sec」、そんな値になる。

さて、ここでOlympus XZ-2のレビューページを紹介したい。

旅×カメラ:OLYMPUS STYLUS XZ-2(その1)

下にスクロールすると猫の写真を見つけられる。露出はISO1600、F1.8、1/160sec、猫写真から1枚飛ばして看板を写した写真、これがISO1600、F2.5、1/80sec。この2枚はどちらもEV5に該当する。つまり結構明るい風景。これくらいならば最新のカメラなのだからISO1600が使えば当たり前。

この2枚は単に「試しにISO1600を使ってみた」だけであり、シャッタースピードを見て判る通り、シャッタースピードを1段、2段落としても手振れ補正が効く筈なのでISO800、ISO400で撮れちゃう風景。

この写真のオリジナルをダウンロードし、50%くらいの大きさでパソコンに表示した際、確かにコンデジの割には綺麗に処理をしている(ノイズリダクション)のが判る。

ではその猫の写真。左側の背景、暗くなっている部分、この辺が恐らくEV2くらいの明るさなんじゃなかろうか。ならば画面全体がこの左側の背景程度の光、これくらい暗さの中に猫がいたら・・・、そう考えなくちゃならない。

本来ならそんな風景、ISO1600、F2、1/15secと言ったISO1600を使わざるを得ない状況(EV2)でテストするべきだった。レビューワーは記事中に「高感度にも比較的強く、ISO1600であれば何の問題もなく常用できる」としているが、これを裏付ける根拠は少なくとも記事中には見つけられない(当然その明るさでAFが機能するかも我々は知る権利がある)。

とここまで書いて、XZ-2の高感度耐性の強さを立証している海外のサイトを見つけた。

Robin Wong: Olympus Stylus XZ-2 Review: Nick Davis Live

コメント欄の始まりまでスクロールすると、オリジナルの全画像をダウンロード出来る(怪しいダウンロード専用サイトに飛ぶが"XZ2 Part2.zip"の部分をクリックすれば良い)。見る限り、かなりの出来。これはびっくりだ!。ISO1600を使ってのEV2の明るさでも十分に耐えられるに違いない。

これってもしかするとOlympusのマイクロフォーサーズの初期のPENデジシリーズよりも高感度が強いんじゃないかと思う程。XZ-2の方がセンサーが小さいのでレンズを絞り込む必要がないからPENデジよりも広い用途に使える気がする。

このサイトの写真からXZ-2はかなり高感度に強いのが判る。ISO1600が本当に使えそうだ。風景、意図(ノイズがあっても構わない)によってはISO3200も行けるか?。旅カメラとしては相当使い勝手があるだろう。外付けのEVF、VF-3も半額に価格変更され、1万円を切る値段で売られている事から、十分に価格に見合ったカメラだ。

勿論私はOlympusの回し者ではない事をお断りしておく。関係者だったら今頃E-P3やOM-D EM-5を所持しているでしょう?(笑)。

本日の写真はPentax K-5、ISO12800、F4、1/30sec、EV2で撮影した廃旅館の屋内風景。下は部分的に等倍切り出しした画像(クリックで等倍)。


参考1


参考2


画質悪っ!、さすがにK-5でもISO12800は駄目だなぁ~と思うでしょう?。

そりゃぁそう、実はLightroomで現像し、カラーノイズだけを除去しただけ。輝度ノイズ軽減量は0、輝度ノイズがそのまま残っているから汚いのはしょ~がない。ISO12800でカラーノイズだけ取ってこれくらい画質を保っていると表現した方が適切だろう。

このコマはプリントしていないので憶測でしかないが輝度ノイズをちょっと減らしてやり、暗部の汚いディテールをレタッチで黒く潰してしまえばA3ノビ以上のプリントでも十分行けると思う。実際に以前、Pentaxフォーラムの写真展にて、A1くらいのプリントでISO12800で撮影された写真を見た事があり、良くもないが悪くもない、使える可能性がある、それくらいのレベルだった。

まぁあくまでもK-5のISO12800は緊急用と思うべきでやはり常用出来るのはISO6400だろう。それでもコンポジットで画像合成し、ノイズを減らせばISO12800、個人的にはISO18000でも問題なく使えると考えている(勿論、コンポジットすればどんなカメラでもかなり高感度が強くなる)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)