にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Olympus E-P3レビューその14 モアレ

2013年05月23日 00:00

キューポラのある風景

キューポラのある風景

Olympus E-P3, 14-42mmF3.5-5.6II R

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回のレビューは長ったらしく書いてしまったので、今回はたった1点だけに言及して短くサクッと!。

皆さんご存知の通り、ローパスフィルターはモアレを含めた偽色を排除する作用があり、ローパスフィルターレスのデジタルカメラは風景によってモアレなどの偽色が発生する事がある。

Olympus E-P3は解像感を上げる為にローパスフィルターを薄くしているそうだ。解像感を上げつつ、モアレも防ぐ、そんな効果があるのだろう。ところが今回、ビックリするくらいにモアレに遭遇した。

下にそれを示す。部分切り出しはクリックで等倍サイズだが、垂直補正を行っているので1080万画素からの切り出しとなる。


JPG撮って出し

参考写真1


Lightroomデフォルト現像

参考写真2


Lightroomでモアレ軽減

参考写真3


面白い事にJPG撮って出しからモアレ除去をしようと思ってもほとんど効果がなかった。どうやらLightroomのモアレ軽減はRAWファイルに多く作用するようだ。

ローパスフィルターレスのデジタルカメラがトレンドの今、様々なレビューで、こんな風に書かれていたのを皆さん記憶にあると思う。田中希美男氏なんて至るところでこんな発言をしていらっしゃるようだ。

「モアレはほんの少し構図や絞り値を変えるだけで発生を抑える事が可能」

しかしだ。我々は撮影中に「この風景はモアレが出るから保険で構図や絞り値を変えて何枚か撮影しておこう」と思うだろうか?。つまり、モアレが出るかどうかはカメラマンは判らないのだ。だから上のようなメッセージは丸で意味がない。

今回、モアレが出るなる予測があったのでなく、キューポラ煙突の風景を可能な限り撮っておこうと思っただけだが、20カット以上、構図、レンズ焦点距離、絞り値を変えて撮影している。そしてそのほとんどでモアレが発生していた。

この風景、Pentax K-5でも撮影していて、発生している場所は異なり、E-P3程強くはないが、多くのコマでモアレが出現していた。それも下に示そう。同じく色々と設定を変えて何カットが撮影しているが、構図を変えようが、焦点距離を変えようが、絞りを変えようが、関係なくモアレは発生していた。

となると、「構図や絞り値を変えるだけで発生を抑えられる」、これって田中希美男氏や他のレビューワーが実際に検証したのかも疑わしくなる。むしろ、、、

「モアレは出る時は出る、それをカメラマンが意思を持って抑える事はほぼ不可能である」

と思っていた方が良いと感じるが・・・。如何にインターネットや写真雑誌のカメラレビューで活躍しているカメラマン、ライターが口先だけの無責任人間って判る。



K-5のJPG撮って出し

参考写真4


LightroomでRAWからモアレ軽減

参考写真5


ではローパスフィルターレスのカメラでこの日、この時間、この場で、この風景を撮影していたらどうなったろうか?。恐らく、トタン全面にモアレが発生したのではなかろうか?。RAWで撮影していればおおよそ気にならない程度にモアレを軽減出来るが、ならばRAW保存せずにJPGだけで撮影しているカメラマンだっている筈。そうなると、E-P3のモアレよりも強く出てしまうだろうから、少なくともLightroomで目立たなくするには無理がある。

ローパスフィルターレスカメラでJPGしか保存されないカメラマンは注意した方が良い・・・のだが、先にも書いた通り、どんな条件でモアレが発生するか、カメラマンは判らないのだから、対症療法として常にRAWでも撮影しておく、それしか術はない。

またPentax K-5IIsの場合、付属の現像ソフトにはモアレ軽減機能は付いていないので、モアレ軽減機能のある現像ソフトを買い足さねばならない。

ローパスフィルターレスと言えばRicoh GXRのA16レンズユニット。これは以前Ricohから借りて300コマ以上撮影している。これらを改めて見直してみた。ごちゃごちゃしている風景ばかり撮っていた事もあり、目だったモアレは3枚だけ(偽色?、と思うのはもうちょっとあったが気にならない程度)。以下にそのうちの1枚を示そう。


全体

参考写真6


GXR+A16 JPG撮って出し

参考写真7


GXR+A16 RAWからシャープ量を減らす

参考写真8


モアレはシャープが強ければ強い程に目立つ。なのでこのコマでもシャープ量を減らしてモアレを軽減してみた(勿論モアレ軽減機能も使っている)。

ここで1つの結論を導き出せる。それはE-P3でもK-5でもGXR+A16でも撮って出しのJPG写真はどれもシャープがきついのだ。E-P3とGXRはデフォルトシャープ、K-5ではエクストラシャープネスの-1設定。これでもシャープ量はLightroomのデフォルト値よりも遥かに強い。だからより目立ち、加えてLightroomのモアレ軽減機能も効果が薄い。

ちなみにPentax K-5で約1万8千コマの写真を撮影しているが、今回の撮影を除けば、一目で判るようなモアレは出現していない。LightroomやPhotoshopで編集中に、「あれっ?、なんか偽色が出ているなぁ、もしかしてこれはモアレか?」と言う程度のものでも、恐らくほんの僅かであろう。だからK-5でのモアレ出現確率は限りなくゼロに近い。

またE-P3の持ち主氏に今回のモアレの件を伝え確認して貰ったところ、ほんの何カットかそれっぽいのがあったが、8千コマくらい撮影していて、特に今回のような無視出来ないようなモアレはないだろうとの事。とりあえずローパスフィルターが付いているカメラはほとんどモアレは起きないと言っても良く、トタンだから発生する訳でもなく、今回のような大発生は家でゴキブリが大量発生したと同じくらいに運が悪かったと思うしかない。

とにかくローパスフィルターレスやローパスフィルターを限りなく薄くしているカメラの場合、トタンには要注意だ。また、他のコマではトタンではなく金網にもモアレが発生しており、そうなると規則的に並んだ屋根瓦なんかも危ないのかな・・・。

困ったねぇ、2台あるK-5、来年には1台はK-5IIsに買い替えても良いかなと思ったが、今回の件を含め、モアレについて色々とネットをウロついていると、特にトタンは要注意ならしい。トタンのある風景を多く撮るので、K-5IIsへの買い替え、再考せねばならんなぁ。

E-P3のレビューネタはあと2つ、3つ。でもOlympusのカメラに興味のない方もいらっしゃるだろうし、この続きは何日か後にまた!。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)