にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

日本橋~上野散歩

2013年05月27日 00:00

シャネルとママチャリ

シャネルとママチャリ

Olympus E-P3, 17mmF2.8

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事からのお散歩写真の続き。

東京駅からお散歩をスタートした場合、有楽町、銀座、築地方面へ流れるか、皇居のお堀沿いを時計回りに歩き、九段下を通って飯田橋や市谷に抜けるパターン、反対に反時計回りに日比谷、永田町を経て四谷方面に抜けていくパターンの他に日本橋、神田、秋葉原と言った下町風情溢れる風景を望む散歩コースもある。

今回はその下町風情コースを選択し、修復工事中の常磐橋に後ろ髪を引かれながら、日本橋三越から本ネタはスタートしよう。

日本橋が下町だなぁと思うのが本日トップ写真の三越入り口の風景。ここは繁華街のデパートには珍しくママチャリ駐輪率が多い。勿論、新宿や池袋のデパートでもママチャリは見掛けるが、老舗の日本橋三越でこういう風景、ちょっとほっとする。


正面入り口だってほぅらこの通り

正面入り口だってほぅらこの通り

Olympus E-P3, 17mmF2.8


とは言え日本橋界隈で下町風情を探すのは大変だ。隅田川沿いの築地、八丁堀、茅場町、人形町・・・、神田川よりも南にある地域では無理に下町風情を探すよりも横丁、路地を適当にウロチョロし、隅田川へ向かわず、JRからあまり離れずに歩いた方が面白い風景に出会う確率が多いように感じる。


日本橋界隈で見つけた北斎の赤富士

日本橋界隈で見つけた北斎の赤富士

Olympus E-P3, 17mmF2.8



警視庁のパイロン?

警視庁のパイロン?

Olympus E-P3, 17mmF2.8


上のブロックで造られた小屋。一見ただの空事務所のように見えるが、警視庁のパイロンで封鎖されている。うん?、と思うでしょう。ここで何か事件があったようには思えず、恐らくかつてここには臨時の駐在所のようなものがあったのではなかろうか?。

そしてこんな路地を見つけた。一見、両側をビルに挟まれ、下町風情0%な路地。何故注目したかと言うと、日本橋周辺の路地は江戸時代からほとんど変わりない。とするとここは広過ぎるのだ。しかも再開発した緑道にしましたって感じでもない。


タモリが好きそうな・・・

タモリが好きそうな・・・

Olympus E-P3, 17mmF2.8


そう、これは暗渠だと思う。かつてここに水路があったか、災害時用の支流としての放水路が下に設置されているかと思ったが、かつて川があったなら橋の残骸が残っていても良いが、それは見つけられなかった。帰宅後、Google Mapで見ると部分的に途切れているが、日本橋の久松警察署横から昭和通を通り越して神田川まで路地が真っ直ぐ続いているので、暗渠であるには違いないだろう。

この延々と続く道の管轄が水道局になっていたので、地下に水路があるのでなく、太い水道管のようなものが通っているのではなかろうか?。これを東京のミステリーだと思って歩くと風景としては全く面白味のない道でも楽しくなってしまう。

と言う事でこの推理が正しいか否か、検証しよう。こういう時にはGoogle MapでなくGoo地図じゃないと駄目。Goo地図は昭和22年と昭和38年の航空写真を見る事が出来るからだ。

昭和22年の航空写真。あったあった、立派な結構広い水路があるじゃあ~りませんか!。と言う事で、地下が水路なのかパイプが通っているのかは不明だが、この道は暗渠に間違い無し!。

せっかくだからこの路地、続いている限り真っ直ぐ行こう!。そして見えた風景が下。


廃地下駐車場の入り口

廃地下駐車場の入り口

Olympus E-P3, 17mmF2.8


しかし不思議。この地下駐車場、暗渠がこのまま神田川に続いているとしたら(続いている筈)、このガレージを突っ切っている事になる。うーむ、やっぱりミステリーだ!。それにしても廃な地下駐車場、入ってみたい・・・。

神田川を越えた辺りから風景は変わっていく。下町風情までは難しいが、昭和時代の古いビルや家屋が立ち並ぶようになる。


古いビルディング

古いビルディング

Olympus E-P3, 17mmF2.8



昭和モルタルハウス

昭和モルタルハウス

Olympus E-P3, 17mmF2.8


そして見つけた!。お宝発見!。周辺は小規模のマンションや雑居ビルが立ち並ぶ。ところがここだけが昔のまま、恐らく昭和時代のまま残っている長屋だ。帰宅後Goole Mapで確認すると実に40メートルほどの長屋。近頃、ここまで立派な長屋を見る事はない。感動したなぁ!。


昭和スーパー長屋

昭和スーパー長屋

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


東京駅、江戸城2つの櫓、そしてこの長屋、これが本日のトップスリー風景だ。ちなみに使用機材がPentax K-5になっているが間違いではない。E-P3はこの直前でバッテリー切れを起こしたのだった。

ちなみにこの長屋、東上野近辺。東上野と言えば先日、報道陣に内部公開されてニュースになった取り壊し決定された最後の同潤会アパート、上野下アパートがすぐ近くにある。本当ならば上野下アパートを訪れても良いところ・・・。

何て言うか、三歩歩いたら物事を忘れちゃうニワトリさん状態。この長屋撮影で浮かれちゃって、その後、喉を潤そうと珈琲休憩を行い「さぁ、昭和遺跡である長屋を堪能したから帰るべ!」とそのまま上野駅へ向かってしまった。電車に乗ってから「あっ!、上野下アパートを撮るの忘れた!」。

まぁ上野下アパートは2度撮影しているし、どうせ一般人には内部の撮影なんて出来ないだろうから、大きなショックではないけど・・・。次のリンクは以前に撮影した上野下アパート。

2010年1月30日の記事
2013年1月15日の記事


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    今晩は!
    シャネルとママチャリ つり合いの取れていない光景ですね~
    当関西も似た光景があり、ベンツで一皿 ¥100の回転寿司を食べに来るヤツが居るんですよね。
    こんなのは 「ほっとする」 ではなく、「無理して買ったなぁ~」な光景です^^

  2. たくあん | URL | HfMzn2gY

    暗渠探しって楽しいですよね。
    実は自分の今の活動の原点にもなっています。

    先日も書いた通っていた清水小学校の前が暗渠で姥ヶ橋付近は独特の道になっていて
    そんな道を子供ながら歩くのが好きだったんですよね~
    高校生の頃でも、谷端川緑道など近所にあってどこまで続くの?なんて道路地図を見ながら良く歩いていました(笑)

    暗渠の確認には東京都下水道局のHPもたまには参考になりますよ
    たまに◯◯幹線なんて名前も出てきますし。
    http://www.gesui.metro.tokyo.jp/osigoto/daicyo.htm

  3. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    まぁ恐らく地下の食品売り場に用事がある、そう考えるのが妥当でしょうが、シャネルを買う人はママチャリでは来ない?、これはきっと頭が凝り固まっている意見でしょうね(笑)。かつて私が埼玉県の川口市に住んでいた頃、駅前にはマルイとソゴウがあり、駅から徒歩5分くらいのところに住んでいたので、買い物後に東京に出る用事がない限り、ジャージでデパートに出向いていましたからねぇ(笑)。

    ベンツで一皿100円、何か情けないですね。無理をしてベンツに乗るのは良いとして、さらに見栄を張って、お買い物、近所徘徊用に1000ccクラスの日本車をセカンドカーに持って欲しいものですよねぇ。

  4. BigDaddy | URL | -

    > たくあん さん

    暗渠がたくあんさんの活動の原点だったのですね。私は暗渠ばかりを追っている訳じゃないのですが、暗渠らしい場所を見つけると、やっぱりかつてどうだったのか、知りたくなり歩いちゃいます。

    清水小学校前が暗渠。それは知りませんでしたが、確か赤羽の西口を探索中に、物凄い谷を見つけ、近所のおばちゃんに「昔ここ川がありました?」と尋ねたら「もぅ、夏なんて臭かったのよぉ~」とお話して下さり、場所は全く覚えていないのですが、その小学校の近くだった思うので、もしかすると小学校前のかつての川を別のポイントで見ていたのかもしれません。

    下水道局の情報ありがとうございました。試しに自宅周辺を見ようとしたら、使い方が良く判らず(笑)。あとで時間を掛けて探索したいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)