にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Pentax K-5IIsを買わない事にした

2013年06月10日 00:00

Tokyo Station

Tokyo Station

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



少なくともK-5IIsが現行品として発売されている限り、K-5IIsは買わないと決めた。と言うのも・・・。

先日、K-5二号機をシャッターボタン調整で入院させた時に(故障じゃなくどうもフィーリングが不愉快だったから)、色々と見たり聞いたりしての決心。

そもそもはモアレである。下のリンクで過去のモアレに関する記事を参照して頂きたい。

Olympus E-P3レビューその14 モアレ

E-P3でトタンを撮ったら、たまたまではあろうが、びっくりするくらいのモアレが出現し、後で確認するとK-5でもE-P3程ではないが、ほとんどのコマでモアレを確認出来た、これがK-5IIsを買わない理由。

「モアレは焦点距離やレンズの絞りを変える事によってによって出にくくする事が出来る」

この言葉はインターネットでローパスフィルターレス機種について調べていると大概書かれている。ところが今回、E-P3(ローパスフィルターが薄いらしい)、K-5(ばっちりとローパスフィルターが入っている)とも、様々な構図、焦点距離、絞りで撮影していたのにほとんどで発生していた。と言う事はカメラマンがモアレを含めた偽色を制御する事は現段階では不可能なのだ。

これをPentaxの人と話していて、撮影対象の1つがトタンだと言うや否や「K-5IIsはやめた方がいいです」、まさに即答。まぁご尤もな話だ。モアレは出ない時の方が多く、神経質になる必要は無いが、トタンを撮っていればいつか必ず酷い目に遭うって事。

勿論、Lightroomを用いて(RAWファイルを元に)モアレを軽減、消し去るのは訳はない。しかしPentaxの撮って出しのJPG写真は独特の色合い(特にホワイトバランスをCTEにしていると)で、相当気に入っており、レタッチするにもJPGから行う時も多かったりするから、JPG画像でモアレが簡単に消えないのなら(Lightroomでは消えない)K-5IIsは怖くて使えない。

それと今回、新宿にあるPentaxフォーラムのK-5IIsの比較写真を穴の開く程眺めて、ローパスフィルターを取り去ってもA3ノビ程度では人間の目はそれを理解出来ない、これも確信した。

確かに一部切り出された拡大写真を見ると従来のK-5やNikonの135フォーマット2400万画素(恐らくD600)よりも綺麗に解像している。でもそれを知るには全倍(90x60センチ)くらいまで大きくプリントしないとならないのだった。

つまり、A3ノビサイズのプリントならローパスフィルターがあろうがなかろうが関係ないし、モアレが出にくいローパスフィルター付きカメラの方が、今の時代にはマッチしていると考えて良い。そして誰もが全倍写真を気軽に注文出来るなんて時代、来る訳がないでしょ(笑)。

今幾らくらいだ?、全倍プリントには8千円~1万円くらい掛かる筈。それが5年後に4分の1の2千円になると確証が持てるのだったら、今のうちに少しでも解像感の高いカメラ、ローパスフィルターレスのカメラを買うのは正しい選択であろうが、全倍プリントが2千円まで値が下がるなんて、消費税が0%になるのを期待するくらい無意味な妄想。

となると当分の間はA3、A3ノビプリントが主流、ならば(少なくとも1600万画素程度のカメラなら)ローパスフィルターレスは意味がない、そう結論付けられる。

勿論、将来、ソフトウェアが進化して、モアレを軽減しつつも解像感を損なわない、そんな現像ソフトや画像処理エンジンが当たり前になる時代が来るだろうが、それはその将来まで待てば良いだけのお話。FujiflmのXシリーズは画像処理エンジンでそれをやっているようだが、サンプル写真を見る限り、それほど凄い解像感とは思わない(従来機種でシャープ調整すれば見分けがつかない)。

Ricoh GXRにローパスフィルターレスのA16レンズユニットの像をパソコンで等倍にして見ちゃうと、ローパスフィルターレスの凄さは瞬時にして理解出来るし、その後すぐにK-5で撮影された像を見ると、やっぱりシャープを少し強めに掛けないと手垢の付いた眼鏡を掛けているかの感覚に陥る。

現像処理やレタッチは等倍画像を見ながら行うので、ローパスフィルターがついていると精神衛生上、とっても悪い、これは事実だ。

そりゃぁ誰だってシャープを掛けずともくっきりしている像を眺めたいものだ。でも写真はプリントしてナンボ、現状、A3ノビプリントでは区別が付かないのだから、トタンばかり撮っている私がモアレが多く出るであろうK-5IIsに手を出すのは得策じゃない。

ではローパスフィルターのあるK-5IIはどうだろう?。うーん、確かにAFは良くなっているのが確認出来る。特に暗い中での撮影には便利だと思う。しかし、普段使っているレンズの絞り開放値を考えると、EV0でも十分にAFが動作するけど、所詮F4程度の暗いレンズ、明るい単焦点レンズよりも劣るのも事実だろう。

※勝手な想像だが、AFは絞り開放の状態で行っているので、撮影時に絞り込もうが、光を多く捉えられるF1.4~F2クラスのレンズでないとEV2より暗い風景では確実にピントは合わないと思う

K-5はEV2~3、ISO6400、F5.6、1/8~1/15secくらいの明るさだったら余程コントラストのない風景でない限り、AFはしっかりと動作してくれる。また、どうしても駄目ならAF補助光を使えば少なくとも2メートルくらいまでの距離ならピントの心配は要らない。

だからK-5からAFがほんのちょっと進化した程度のK-5IIに買い換えるのもケチ人間だから著しく勿体無いと感じてしまう。

本日の写真、修復作業が終了した東京駅を日本郵便のビル、KITTEのテラスから撮影。エクストラシャープネスを-1にして撮影している。もしこれをパソコンの等倍で見て「ぼんやりしているなぁ」と感じたならば、モアレが出ようがK-5IIsをすぐにでも買ったろう。

でも実際には等倍で見ても細かいレンガ模様ははっきりしている。勿論、エクストラシャープネスだから効果を弱めていても背景のビルと空の境目にはシャープネス特有の欠点が見えてしまうが、A3ノビでプリントしたらそんなもの虫眼鏡で見たって判りゃしない。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. clou | URL | 8J7gHlxA

    突然失礼ですが

    ローパスレスの利点は解像度よりも奥行きのリアル感ではないですか?
    K-5-K-30と使ってきましたが、フォーラムで借りたK-5IIsでいつもの風景を撮ってみたら、それを感じたのですが。
    思い込みかもしれない・・・
    (瓦が入る風景が多いから、私も、買うのを躊躇しています。)

  2. BigDaddy | URL | -

    > clou さん

    コメントありがとうございます。


    奥行きのリアル感、なるほど、そうなのかもしれません。
    私はRicoh GXRのA16でしかローパスレスの経験がありませんが、摺りガラスを通らない像なので透明感は感じており、奥行きと表現するべきか、従来の被写界深度に見あった見え方がするのではなかろうか?、とは感じています。それがリアル感なのかもしれませんよね。とは言え、本文にも書いた通り、A3プリントでは多分余程比較しないと判らないと思います。

    瓦、確かにこれも遠距離ですとモアレ発生の可能性高いですよね。とにかくメーカーの人が、都市風景では使うべきではないと言うのでそれに従います(笑)。私個人は晴天時はエクストラシャープネスの-1、-2で十分綺麗に解像していると思っているので、今、特にローパスレスじゃないと・・・、そんな気は起きなくなりました。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  3. clou | URL | 8J7gHlxA

    こちらこそ、今後ともどうぞ宜しく

    これがメインカメラで商売用なら自然風景はK-5(orK-5II)・都市風景はK-5IIsと使い分ければいいんでしょうが、趣味用では経済が許さず、残念。
    古稀を迎え、写真生活最後の伴侶は三脚持ち歩かずにすむ手ぶれ補正ボディのペンタックスが一番いいと思っているこのごろです。
    じっくり比較テストが出来たら、今年いっぱいは楽しめそうですが・・・
    失礼しました。

  4. BigDaddy | URL | -

    > clou さん

    古希のお祝いを申し上げます。今後も写真生活楽しまれて下さい。

    うちには(連れと共用ですが)2台のK-5があり、サブでK-7を使っております。K-5IIsの後継機が発売されたら、1台のK-5を安くなるであろう中古のK-5IIsに買い替えようと思っています。今まで2年未満でカメラを買い替えてきましたが、流石に馬鹿馬鹿しくなりました。K-5は私にとって十分な機能を持っていますし、まだまだ使ってやる気でいます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)