にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

そうだ、廃墟を見よう!

2013年08月19日 00:00

大正遺構?、主塔が残る

大正遺構?、主塔が残る

Petnax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



2013年夏季休暇、そうだhogehogeシリーズはまだ続く。今回は第7弾をお送りする。

今回の旅では8月11日の記事で紹介した廃小学校以外の廃墟探訪は一切計画していなかった。でも地方を走れば廃墟に当たる!。

現在利用されている橋の横にデ~ン!、と、物凄い存在感を放っていた。車で国道を走っていてある橋に差し掛かったら突然これが目に飛び込んだのだ。

こんなのが目の前にあるのだからとりあえず止まるでしょう。最初はかつて国道に沿って列車が走っていてその橋脚遺構だと思ったが、立地的に列車が走るスペースは無く、車の為の橋だと判る。そして構造を見る限り、吊橋のようだ。

「こりゃぁええもん見つけたわぁ~!」

と小躍り。後に調べると、現在架けられている橋の竣工が昭和39年との事で、相当古い遺構だと判る。未確認情報であるが、大正時代、もしくは昭和初期のものらしい。そして吊橋の場合、これは橋脚とは言わず主塔と言うらしい。

この主塔の隣にはコンクリの白い小屋があり、川へパイプが続いている事から取水、排水のどちらかを行っていた施設のようだ。そして小屋の奥には怪しげな空間、トンネルがあり、どうやらその先には道があるようで、きっとここを進めば何か他にも遺構があるかも!、と思ったら、馬鹿でかい蜘蛛が何匹もかさかさと壁を動き回っており、虫嫌いの私は到底進める根性が無く断念・・・。

徘徊蜘蛛でこんな馬鹿でかいのは初めて見た。実際には足を含め10センチもなかったろうが、何せ蜘蛛は大嫌い、私には10センチ以上に見えていた。それが何匹も、しかも人の気配を察して、カサカサと壁を物凄い速さで動き回っているんだから。ジャンピングアタックでもされた日には失神する。そりゃぁ進めないよねぇ。

そして川の反対側にもこの主塔が残っている。これも未確認だが、老朽化で壊されたのでなく、崖崩れか何かで壊れた、そんな情報があった。


大正以降?、主塔が残る2


次の写真は小さな町の駐車場で見つけた植物まみれの廃屋。庭まで入れそうで、入り口も開いていそうだったが、小さな町とは言え、そこは町のほぼ中心部にあり、しかもこの植物でしょう。とにかく夏は膝上まで植物が育っていたら進まない、そう心に決めている。

まぁそういう防衛意識を強化した旅のつもりだったのに8月9日の記事に書いたように湿地帯で何かにかぶれ、両手がエライコッチャになっているんだから、本当についていない(ステロイド系の軟膏でほぼ完治した)。


植物圧勝!


続いて、廃は廃だけど、何物かさっぱり判らない物件。近付いても草ばっかりで確認出来ず。建設途中で放り出された物件かとも思ったが、基礎が打たれておらず、どうもこのコンクリの壁のようなものの資材置き場だったか、違法に投棄されたか・・・。


廃棄物?


次も何か良く判らない代物。アスファルト工場の片隅で見つけたので、倉庫か屋根付き駐車場か、そんなところだろう。先程のコンクリの壁と言い、この倉庫らしき物件と言い、廃墟としてはインパクトが少ないが、人工物に植物が絡まる姿、これは非常に絵になると思う。


アスファルト工場の廃


さて、廃バスを撮るのは久し振りだ。放置されていると言うよりも、バス業者から譲り受け、バス内をサロン化しようとしてものの見事に失敗し、物置状態となっている、そんな感じ。色合いと良い、ちょっとウィリアム・エグルストンを気取ってみたが如何だろうか?。


廃バス


下は廃屋には変わりないが、行政が保存に動いた文化財だ。板だけで壁を組むセイロウ造りと言うらしい。正倉院と同じとの事だが、正倉院は校倉造と言って違う気もするが、まぁそう書いてあるのだから信じよう!。釘などを使っていない点で正倉院と同じと言う意味かもしれない。

尾瀬の入り口の村の一箇所、10棟くらいだろうか、この手の廃屋が保存されている。


セイロイ造りの廃


本日最後の写真、これは圧巻であった。と言うのもご覧の通り、藁葺き屋根の廃屋である。こんなもの、滅多に見られない。どうもその隣にプレハブ風の家があり、その主がかつて住んでいた家屋のようで、流石にお邪魔しま~す、なんて事は出来なかったが、外観だけでも十分だろう。


藁葺き屋根の廃屋


他にも幾つか廃屋を撮影して、また上に掲載した廃屋らの別アングルの写真なども紹介したいが、それらはまた後日にでも!。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんにちは~
    盆休みも終わってしまいましたね。 って 私は年中盆休みですが~^^
    主塔ならびに廃バス いいですね~
    私も小さな町で廃バスを写しましたが、藁を保存する小屋代わりになってました。
    息子の休みの間に 廃村を目指したのですが、山中で道を間違え、国道へ出てしまいました^^;
    機会があれば リベンジしたいです。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    これで一気に秋に向けて天候が変化してくれれば良いのですが、残暑は厳しそうで、あと半月以上、厳しい日々を送りそうです。

    吊橋だったってのが気に入っています。この記事の写真は説明写真として引きの写真を掲載しましたが、ガツン!と寄っている写真もあるのでいずれ掲載したいと思っています。バスの写真も別カットで良いのがあるんですよぉ(笑)。

    廃村、これから秋に向けての季節はとにかくスズメバチに注意されて下さいね。ブンブン威嚇してきたら速攻で撤収されて下さいませ。あと一般には白いシャツに白い帽子、これで威嚇攻撃程度は防げるそうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)