にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Panasonicの逆襲!

2013年09月12日 00:00

廃な風景

廃な風景

Olympus E-P3, 14-42mmF3.5-5.6II R

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



今、マイクロフォーサーズのライバル戦争が面白い。少し前まではOlympusがSonyのセンサーを得て、OM-D E-M5、そして最近発売されたE-P5で一気にPanasonicを抜き去ったかに見えたが、どっこい、Panasonicも黙っていない!。

それがPanasonicのLumix GX7だ。海外のレビュー記事を見る限り、かなり優れたセンサーを積んでいるらしい(自社製かSony製かは不明)。しかもレンジファインダースタイルのボディにEVFを内蔵してきたし、Olympusのそれより、特に望遠域で効果が薄いらしいが、ボディ内手振れ補正も盛り込んだ。

レンジファインダースタイルのボディにEVFを盛り込んだ、これがキーだ。FujifilmのX-Pro1、X-E1、SonyのNex-6、Nex-7がそれに該当する。私はファインダーを左目で覗くので、一眼レフの真ん中にファインダーがあるカメラよりもレンジファインダーのように左端にファインダーがあった方が楽にカメラを構えられる。

だから去年にはSonyのNex-7がK-5に替わるメインカメラになるかも・・・、そんな記事を書いていたし、Fujifilmの一連のカメラには興味津々。これは右目でファインダーを覗く方には判らない心境だと思う。

※縦位置だと左目で覗こうとすると構えにくいと感じられるかもしれないが、一度、店頭でその手のカメラでやられると判る、全く問題が無いし、おでこでカメラ全体を固定出来、安定した撮影が可能

Pentax K-5は完成されたカメラ。出てくる絵は特に不満は無い。今後何年も使い続けるだろう(K-5IIsがカタログ落ちし、手頃な値段になるまで)。しかし大きな不満もあり、それはボディを小さくし過ぎた点。

その為、左目でファインダーを覗くタイプのカメラマンはカメラを構えながら各種ボタンを押すのがとても煩わしく、レンジファインダー風の左端にファインダーがあるカメラへの憧れが強い。

さて、元々K-5を得てからカメラに対する物欲はほとんどなくなり、しかも今回、ひょんな事からE-P3を入手しちゃったから、正直、今現在の物欲はゼロ以下。マイナスと言っても良い(笑)。

でもこのGX7は将来買っちゃうかもしれないなぁと感じられる、久々に新機種のレビュー記事やサンプル写真を見ながら興奮したカメラだ。すでに海外のレビュー、テストサイトにGX7の等倍画像を参照出来るページがあり、それを見る限り、ISO3200が当たり前に使えるし、解像感も申し分なかった。

※あるレビューサイトでISO12800、25600のオリジナルRAWが出ていて、かなり画質が良く、APS-Cを抜き135に肉薄??、と思えちゃうが、これには読者をミスリードする大きなカラクリがある、それは後日!

ファインダーが左端にあるのなら上述のFujifilmにもSonyにもある。でもこれらはAPS-Cフォーマットで出てくる絵はK-5と大して変わらない。同じような絵になるカメラを何台も持つのはちょっと面白くない。

特にNexシリーズはネット上のサンプル写真を見る限り、キットレンズの描写に納得出来ない。どうも世界一不快なレンズと言い切っても良いPentaxのDA18-55mm初期型クラスの描写しか出来ないような気がしてならない。

しかもNex-6のキットレンズは16mmスタートのパワーズーム。16mmなんて全く要らないし、パワーズームはただでさえミラーレス、EVFカメラは電気を食うのにそれをさらに助長するだけ。私には無用の長物。

FujifilmのXシリーズの画質、キットレンズの描写はかなり良いと評判だが、これもK-5とSigmaレンズと比較して誰が見てもK-5は勝てないね、と言うくらいまで優れた描写をするとは思えない(A3ノビプリント前提で)。どんぐりの背比べだったらK-5を捨てない限り、次のカメラを考える必要が無い。

でもマイクロフォーサーズならセンサーがAPS-Cよりも小さい分、被写界深度が深くなるのでとっさの写真に向いている。しかも余程近い風景を浅い深度で撮ろうと思わない限り、AF測距点も真ん中のままで十分。絞りはF5.6に固定し、カメラマンが行うのは意図した露出に調節し、シャッターを押すだけ。

OlympusのE-P5は非常に優れたカメラだと思う。デザインも素敵だ。Olympusも自信があるのだおる。PENデジシリーズで初めて「PEN」と言う文字をボディに刻んだ。しかし残念、GX7が発表された今、EVFが外付けだから、せっかくの良いデザインが損なわれ、無駄にお金が掛かる(E-P5でアイセンサーを利用するのならVF-4を買う必要がある)、これだけで価値がゼロと化す。

※勿論、ご多分に漏れず3年後には大きく値崩れしているであろうE-P5も将来的には購入意欲を掻き立てられるに違いないが、機能を100%使いこなすにはVF-2でなく、VF-4が必要で、それを買ってまで・・・と考えると首を捻ってしまう

冒頭に書いた通り、GX7のボディ内手振れ補正はOlympusの方が格段に優れているらしいとの事。でもそんなのどーでもいい。もし2~3年後にGX7を手に入れたとしてもE-P3は残す、もしくは投売りされたらE-P5を持つだろうから、ブレを気にするような撮影ではOympus機を使えば良く、その頃でもメインカメラはK-5(もしくはK-5II、IIs)だから、さほど気にならない。

センサーの画質はすでにどのメーカーもほぼ同じレベルに達しており、とにかくカメラを構えた時にストレスになるか否か、これが今後のカメラ選びの最重要項目となるだろう。内蔵EVFの表示倍率が小さいなる情報もあるが、これは覗いてみないと何とも言えない。

GX7にもウィークポイントはある。本ブログで頻出している言葉、「初代モデルには気をつけろ」だ。GX7はGXシリーズの初代モデルではないが、コンセプト全てに変化があり、初代モデルと言っても変わらない。

言い換えれば「初物には気をつけろ」である。EVFを内蔵した、ボディ内手振れ補正を採用した・・・、この2つはユーザーから要望が多いから、頑張って付けてみた感が強く、GX7の次なる機種でさらに進化が望める筈。だから本来ならばGX7は買っちゃならないモデル。

※とは言え、初物も一定の基準はクリアしているようで、このカメラが優れている事には変わりないだろう

本日の写真、廃屋群であるが、厳密には廃屋とは言わないかもしれない。保存されている文化財。この地方の昔なからの倉、恐らく昭和初期くらいの建築物だと思う。でもお墓や石段とのセットの風景、里山の風景としてはかなり得点が高い。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    いい風景ですね~
    横がお墓にもかかわらず保存されてるって、かなり由緒ある建物なんでしょうね。
    色合いも渋く、陰に青さがあって好みです。

  2.   i.Marks | URL | -

    こんばんは、自分もそのEVFの見え方と倍率がどうしても気になったので
    わざわざデビューイベントまで出かけて行きました。
    覗いた感じ見え方はOKなのですがやはり倍率が泣き所でした。
    今度は、新しいOM-D EM-1のファインダーが気になります(笑

  3. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    ありがとうございます。

    この地方はお寺にお墓と言う文化でなく、空いているスペースにどんどんとお墓を立てているようで、家と家の間にお墓がどーんとあるんですよ。しかも家よりもお墓の方が手前にあるんです。地元の人に尋ねたら、先祖を敬う風習があり、家よりも前に立てているんだとか。

    色合いはこの手の写真の場合、いつものようにオールドフォト風レタッチ、基本的にシアンを大きく加えて、色褪せた風にしています。

  4. BigDaddy | URL | -

    > i.Marks さん

    本格的にネイチャーを撮るなんて向きには倍率の小ささは問題でしょうね。OlympusのVF-4がかなり凄いらしいですからねぇ。でもスナップカメラ、構図と露出の確認、各種カメラ情報を見るくらいなら小さくても我慢出来るのでしょう。

    まぁ私の場合、カタログ落ちしてからの購入になるでしょうから、あと2年はE-P5、GX7を比較しまくります!。E-M1はちょっと高過ぎますねぇ。またこのカメラにはレンズもそれなりのを付ける事になるでしょうから、3年後でも予算は厳しいですねぇ。

  5. ゆたか | URL | LkZag.iM

    こんにちは。

    この手のカメラはEVFが必要ですよね。できれば内蔵の。

    オリンパスとパナソニック(どちらも旧世代)の写りを比べてみると

    E-P3までのモデルよりもGX1のほうが、私の好みに近いです。

    ペンタックスの色が自分の標準になっていたためか、

    オリンパスは、好みの色が出るまで結構時間がかかりました。

    パナソニックは、ペンタックスに近い感じがします。

    まぁ、渋めの写真が好きならオリンパスなんでしょうかね。

    そうそう、ニコワンV1。結構良く写りますよ。センサーのわりにボディが大きいですが(笑)。

  6. BigDaddy | URL | -

    > ゆたか さん

    今の技術では恐らく外付けEVFの方が大きく高解像度のある見え方が可能なのでしょうが、いかんせん外付けEVFはせっかく本体のデザインが優れていても、それを全てぶち壊してしまいますよね。E-P5もデザインは最高なのですが、EVFを付けると・・・。

    GX1のセンサーってEP-3以降のものですよね。画素数も1600万画素になって、全く異なる絵になるみたいですね。E-P3の場合、階調オートでi-Finishにすると結構派手な色に仕上がる気がします。でもE-P3の欠点はダイナミックレンジがPentaxよりもかなり狭いので、会長オートでJPGの中庸部、シャドー部を持ち上げても、RAWが無茶苦茶違う明るさ(見た目1段くらいマイナス露出っぽく)で保存されるので、ちょっと再現像はやり辛いです。

    Nikon 1はユーザーのゆたかさんには失礼な意見になりますが、ホント、デザインが良ければいんですけどねぇ(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)