にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Olympus E-P3レビューその20 自分のものになって・・・その2

2013年09月16日 00:00

裏道

裏道

Olympus E-P3, 14-42mmF3.5-5.6II R

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



惚れに惚れ込んで買ったんじゃない、買う以前に何度も手にしていて、性格を知り尽くしている・・・、そんなカメラだからしてOlympus E-P3は新しい恋人と言うよりも高校時代からの腐れ縁でなんだかんだとオッサンオバサンになった今も親しくしている友達って感じかな・・・。

だからこそ言える欠点!。と言うよりも自分のものになったのだから、これからは誰にも文句を言われずに不平不満を書けるってもんだ(笑)。

いや、いるのよ、ネットには「自分のカメラじゃないのにケチつけて楽しいのか!」とつまらんコメントを寄せる心の貧しい人間が・・・。

ミラーレス、コンパクトデジタルカメラを愛用されている方には当たり前の事、今更何を言っているのか?、また同じネタの繰り返しか!?、と思われるかもしれないが、やはり最大の欠点はバッテリーだろう。

連れとカメラを共有していて、何故か今のところ、連れがE-P3を多用している。そして彼女が初めてこれを使った時の話。「あれっ?、動かなくなったよ」と言うから「バッテリーじゃないの?」と返すと「そんな訳ない。まだ200枚も撮っていない」と言う。

結局バッテリー切れであったのだが、この手のカメラは写真を撮らずに、カメラの設定や撮影した写真を再生しているだけでどんどんと電気が消費される。この時も撮影前になにやら色々とカメラを設定をしていたようで、200枚撮れなかったのはそれが原因だろう。

先日、遠出した際、同じく撮影前にちょこちょことカメラの設定をしていた。するとどうだろうか。146枚でバッテリーを使い切った。この時は撮影中にも色々と設定を変更したり、撮影後の画像を再生確認したり。それでもせいぜい10分。

うちのE-P3はVF-2使用時、フル充電でおおよそ220枚撮影出来るから10分無駄にカメラを動かすだけで70枚をロス。つまり1分の設定、再生作業で7枚分の撮影を損する計算になる。光学ファインダーのデジタル一眼レフでは考えられない程の馬鹿食い。

予備バッテリーを買えば済む問題ではあるが、純正のバッテリーは高価、3つ、4つ買うなんて馬鹿げているし(うちは千円以下の汎用バッテリーで対応している)、このE-P3のバッテリーは長持ちしない分、充電時間も3~4時間と短いが・・・。

旅行ともなれば1日800枚を撮影する事も多く、E-P3だけで乗り切ろうとすれば1日に4つのバッテリーを必要とし、充電に3時間だとしても、深夜、3時間毎に目覚ましを掛け、バッテリー充電を続けなくちゃならない。それは無理な相談で、結果、翌日までに充電出来るバッテリーは3つ。小学生でも判る、写真を多く撮るタイプのカメラマンは1日4個に加え旅行日程分のバッテリー、3泊4日ならば7~8個のバッテリーが必要になる。

充電器を買い足すのは無駄な行為。E-P3用のは8千円近くする。だから予備の充電器とバッテリーを買うつもりになって安価なE-PL2(充電器、バッテリー共にE-P3と共通)を買う、そんなアイデアが最良かもしれない。何せE-PL2の中古は1万円くらいなのだから・・・。

だからミラーレスカメラで旅する場合、カメラ2台体制で挑むと言うよりも充電器2個体制で撮影、旅行に挑むと表現した方が良い。しかもその際、バッテリー、充電器が共通である必要も無く、Panasonicのミラーレスカメラでも良いのだ。うーん、3年後にはPanasonicのGX7買っちゃうかぁ!。

いや、果たしてこのバッテリーの不快さを3年も我慢出来るであろうか?。もしかすると年内にE-PL2を充電器とバッテリー欲しさに買っちゃうかもしれない。きっとこうやってマイクロフォーサーズ地獄にはまっていくのだろうなぁ。

でも1つだけ言える事がある。幾らマイクロフォーサーズが安くて費用対効果が高いとは言え、省エネ撮影しても250枚行かない、ちょっとカメラの設定を弄るだけで150枚でエンプティ。これは情けない以外の何物でもなく、決してメインカメラにはなれない存在で、糞カメラと言ったって良い。

興味の高いLumixのGX7でもCIPA規格で撮影可能枚数は320枚、これはE-P3と同じ。と言う事は実際には250枚も撮影出来ないし、きっとカメラの設定や再生を繰り返していたら200枚も撮れないだろう。

本日の写真、山間の集落には住宅の裏手、石垣部分にこのような狭い道が作られている事が多い。こういう裏道を見つけるのが集落散策の醍醐味かもしれない。そして写真の道はなんとお寺に繋がっているのだ。表には大きな参道があったので、裏参道だ。この裏参道を見つけるのが楽しい!。おおよそ美味しい風景があるからだ。

ところでこの写真はその日、写真を撮り始めて30分後くらいのコマ。そしてその2時間後、1つ目のバッテリーが空になった。せめて4時間持ってくれればねぇ・・・。やっぱり糞だ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)