にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

物欲はないんだけど・・・

2013年09月22日 00:00

ミラーマン

ミラーマン

Olympus E-P3, Holga lens 25mmF8

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



何度も書いているけど、物欲は少ないタイプ。しかも7月にOlympus E-P3を手にしちゃったのでこれ以上カメラなんぞ要らねぇ!、と言い切れる筈なんだが・・・。

欲しいなぁとチラチラと頭をよぎるのが、マイクロフォーサーズ機のPentax Kマウントアダプター。オールドレンズマニアじゃないから、マウントアダプターなんて絶対に買わないだろうと思っていたのに、絞り機構のない、単なるアダプターだと3千円で買えちゃうのを先週知った(この手の情報にはうとく1万円近くするもんだと思っていた)。

※どうやらレンズに絞り機能の無いDAレンズでも使えるように独自の絞り機構を加えたマウントアダプターが高価みたい

マウントアダプターは国産の方が安心ではあろうが、幾つかのユーザーレビューを見て、特に問題はないだろうって事で、これは買っちゃうだろう。

近頃、手持ちのSigma 17-70mmF2.8-4がほぼ納得の行く描写をしてくれるので単焦点レンズは不要と考えていて、だとするとMF時代のKマウントのレンズ達、24mm2.8、50mmF2が2本、55mmF1.8、135mmF2.8、200mmF4、70-210mmF3.5の計7本が棚に置きっ放し状態。これは勿体無い。

24mmレンズをマイクロフォーサーズで使うと135換算で画角が48mmになる。なんと標準レンズじゃないか!。開放F値がF2.8と暗いがそんなもの関係ない。smc pentax 24mmF2.8、Kマウント初期のレンズであり、40年近く前のうちにある一番古いレンズ。だからこそこいつを多用してみたいと思い始めた。

3千円のアダプターに古いKマウントレンズ、近々本ブログのネタになるだろう。

時に、うちにあるカメラ、レンズは全て連れと共有。連れはOlympusのカメラを使うのが初めて、しかも女子カメラっぽい白ボディ。すでに自分だけのカメラのように赤いストラップを付けちゃったりしている。一緒に写真を撮りに行く時は当たり前のように彼女がE-P3、私がK-5・・・。

うーん、面倒だ!、E-PL2で買っちゃおうか?、とふと考え始めているのだった。E-PL2をKマウント専用にしちゃっても良いかもしれない。この手のマウントアダプターの詳細を知らないが、アダプターをボディに付けっ放しでも大丈夫でしょう?。

ただ、E-P3でさえ旧モデルになって中古市場でも投売りなのだから、もうちょっと安くてもいいんじゃね?。「程度良」の最安値が1万円以下で買えるまで我慢かな。いずれにせよ、晩秋の紅葉まで特に撮りたい風景はないし・・・。

そしてずっと以前からの懸案事項、本来ならば今挙げた機材をすっ飛ばしていち早く買わねばと思っているのが記録、記念写真用のコンパクトデジタルカメラ。

手元にはRicoh GX100、R6、Canon IXY920IS、A710IS、Lumix FX55、Olmpus C3040Zと6台もコンデジがあるが、どれもシーラカンス級。とは言え、記念写真用だから画素数なんて少なくたって構わない。300万画素のC3040Zは流石に引退だが、他はどれも完動品で700万画素以上あるので使えない事はないのだが・・・。

記録、記念写真で一番重要なのはストロボ発光時の描写。上記のカメラ達はそれがことごとく駄目。特に1メートル以内の距離で発光させると100%白飛びする。要するに自分撮りでストロボ発光させると失敗する確率が高い。一人旅が多いから、自分撮りで失敗すると腹が立つ。

Ricohのカメラにはソフト発光なるモードがある。でも経験上、このソフト発光は調光補正-0.5EV程度。それじゃぁ駄目。最低でも-1EVくらい補正してくれないと。だから自分撮りや近くの被写体だと、飛びはしないけど不満は多い。

※Ricohのソフトフラッシュは-0.7EVの露出補正すれば何とか使えるレベル

つまりは調光補正の付いているコンデジが欲しい。そうなると選択肢はほとんどなく、RicohのR10とCXシリーズくらいなんだ。そして画質的、機能面で満足出来るのはCX3。1万以下で買えるだろうと調べてみると・・・。

なんで?。RicohのCXシリーズが中古市場から消えている!。1年くらいまでは仰山あったのに!。R10は見つけたけど、今更調光補正が欲しいってだけでR10はねぇ・・・。

仕上がりを求めるのなら高級コンパクトデジタルカメラの方が良い。そろそろ手頃になってきたCanon G10やOlympus XZ-1、Lumix LX5 etc・・・。でもこれらはどれも大きい。記念、記録写真はポッケやバッグからさっと取り出せてパチリ、これが命。

また、これら一世代、二世代前の高級コンデジは手頃なお値段になったとは言え、Olympus E-PL2の本体が1万円ちょっとで買える今、自分の中ではお買い得感はゼロに等しい。うーん、やっぱりCX3が市場に出てくるのを待つしかないようだ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. SORA(仮) | URL | 4ARdecsc

    マウントアダプターは中国製なら3千円台でありますよね。たしか絞り機構付きでも5千円くらいだったと思います。
    自分も中国製の安いのを買いましたが、精度は特に問題ないと思います。
    無限遠が確実に出るように、やや行き過ぎる設定になっているようです。これが国産品なら無限遠がビシッと出るくらいの差しかないですね。安いので十分です。

    コンデジでストロボの描写が優秀なのはフジですよ。なんでも門外不出の独自のアルゴリズムを持っているらしく、至近距離から撮ってもストロボを使ってないくらいに自然に写ります。調光補正なんて付いてませんが、オートで何も考えなくてもキレイに写るんです。
    フジは旧製品がすぐ安くなるので、F800EXRの投げ売りあるいは中古なんてのも狙い目ですね。

  2. BigDaddy | URL | -

    > SORA(仮) さん

    ホント、3千円で売られていますね。本文に書いた通り、丸で興味の無い事項だったので全く知りませんでした。紅葉の季節までには買ってみようと思っています。

    フジのはずっと以前、Finepxi F300だか400の時代に高感度が無茶苦茶強いなんて噂を耳にしていましたが、結局、全く調べずじまい。現行はF900EXRみたいですね。それが1万8千円くらいで流通しているようです。770、800、820とか色々とあるようなので、今後色々とチェックしてみようと思います。

    また25mmスタートってのもいいですね。自分撮りの場合、28mmだとちょっと狭いんですよね。良い情報をありがとうございました。

    このシリーズ、Sonyもそうですが、本ブログで時折書いていたノイズ軽減として、高感度撮影での複数枚を合成するコンポジットをカメラ側でやってくれるようなので、ちょっと興味が湧いてきました。

    とにかくフラッシュ使用で自分撮りして、白飛びしちゃって、何度も同じ場所でパチパチやり直していると腹が立ってくるんですよ(笑)。普通に風景を撮影する際も自分撮りでも、写真撮影はさりげなくお洒落に短時間で決める!、これがモットーです(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)