にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Olympus E-P3レビューその24 ネット上で話

2013年09月28日 00:00

観光地の廃屋

観光地の廃屋

Olympus E-P3, 14-42mmF3.5-5.6II R

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポッ プアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



Olympus E-P3、前ユーザーから年に3、4回借りていたので、いざ自分のものになっても、さほどの感動は無い。このカメラの実力はこんなものだと判りきっていたので、道具として利用しているだけに過ぎない。

それでも所有者としては周囲の評判が気になる、これは仕方がない。今日はそんなお話を・・・。

とその前に今日は最初に写真の解説を。

ここはとある観光地に向かう遊歩道。運悪くお祭りの日に出くわしてしまい右手の遊歩道に往来は絶えない。でもこの廃屋を撮影している人、私ただ一人・・・。若い女の子のグループが「何かボロ屋を撮っている人がいるよ」なる目で通り過ぎていく。

廃墟よりも廃墟を撮っているカメラマンが注目を浴びちゃう。今は廃墟ブームだと言われているが、大半は廃墟には見向きもしないのが現実。そもそも廃墟ブームって廃墟マニアが自分達を正当化しようと妄想で作り出した虚構のような気がする。

さて・・・。

ネットでの評判、噂で一喜一憂するタイプではない。良い話だろうが悪い話だろうが、それを読んだからと言って自分のカメラに変化がある筈も無く、一部の価格.com辺りの評判ばかりを気にするような輩の思考を理解出来ない、そんなタイプ。

読んでいて笑えたのが、海外の機材テストサイトからセンサーのテスト結果が出た。それを報告しているようなスレッドで、どうしてそんな事になるのか、半ばののしり合いが始まっている。

一方ではこの手のサイトの信頼性はあるので、このカメラはこれこれこ~だとし、一方ではそのテストはセンサーだけをテストしたものであり、実際の写真の写りとは異なる云々・・・。

そんな事、ど~でもいいじゃないかと思う。確かにテストされた機材に興味があって、買おうか迷っている、そんな人にはテストが果たして信頼出来るのか、実際の写りは如何なものか、非常に気になるところだが、パソコン初心者を除けば、様々なレビュー記事が至るところで掲載されているのだから、その1つのテスト結果だけを信じる、信じないなんて丸で馬鹿げている。

少なくともOlympusのカメラを持っていて(Olympus Viewerが使える)、かつLightroomを所持している人ならそのテストサイトからRAWファイルをダウンロードすればたったの5分で検証は完了する。実際にやってみた。E-P3とE-PL2で撮影されたISO1600、3200、6400の6枚をダウンロード。

なんて事は無い。E-P3とE-PL2の写真は、RAWからの現像ではコントラストや色味(ホワイトバランス含め)がちょっと違うだけで解像感に関しては大きな変化はない。少なくともA3プリント程度の大きさなら誰も気にしないレベルだろう。

しかしこれをOlympus Viewerで現像すると、E-P3では特にシャドー部にノイズリダクションを激しく掛けているので、解像感はE-PL2が勝り、ノイズはE-P3が少ない、そんな結論になる。

※ノイズリダクションを全てオフにしても同じなので、やはりE-P3のファインディテール処理でノイズリダクションとは別にノイズを消しているのだろう

たったこれだけの話。だから単に「E-PL2とE-P3のセンサーの実力はおおよそ同じ。画像処理エンジンが異なるので、解像感やノイズが気になる人はLightroomを使おう!」で本来、意見がまとまる筈。

うちのブログでは写真、カメラ初心者の方にも判りやすいように一言で表現出来る結論も、長々と解説を入れたりする。わざと大袈裟に表現する時だってある。だからこうやってE-P3のレビューだけでも24回を数えちゃう。

でも価格.comでこの手の話で盛り上がる人達って私よりもデジタルカメラ、Olympusカメラに精通しているつわもの達だろう。そして掲示板の性格上、ブログのようにたらたらと長文を垂れ流す必要も無く、内容を誇張する作業だって要らない。結論だけを書けば良い。なのにののしり合いが始まっちゃう。不思議だ。

※本ブログはHOWTOサイトとして読んで欲しくない、写真、カメラ関連のエッセイだと思って欲しい、だからあえて誇張したり、悪口を述べたりもする

記憶が定かではないが、E-P3発売当時、すでにセンサーはE-PL2と同じものが使われているなる情報が出ていた筈。だったら尚更で、(センサーが同じでも秘密裏の改良があるかもしれないが)センサーそのものの性格は同じと考えて良く、E-P3とE-PL2のRAWファイルに記録されている情報もほぼ同じと推測出来る。

では何故画質がこうも違うのか?。一部でE-PL2の方が優れているんじゃないか?、と思われちゃうのか?。それは画像処理エンジンが違うからだ。本ネタを書く上で、ネット上に転がっているE-PL2の等倍写真を幾つかダウンロードして検証してもそれは間違いない。E-PL2の方がシャドー部へのノイズリダクションが弱い。

イコール、ディテールがはっきりしている事になり、シャドー部が多く、ISO200~400くらいの感度で撮影された写真はE-PL2の方が良い仕上がりをしているようにも思える。反面、高感度になると、E-P3の方がノイズリダクションが強く掛かっているので、解像感は失われるものの、高感度耐性が1段程上に見える。

※実際にはノイズをより多く消しているから高感度耐性が上のように見えているだけ

Olympusのカメラが、カメラ内、もしくはOlympus Viewerでしか現像が出来ないのなら話は判る。かなりの議論に発展する筈だ。しかし世の中にはLightroomなどの汎用現像ソフトが存在し、うちのブログもそうだが、それを用いて検証しているサイトは多数ある筈。誰もが参照するような大手の掲示板で稚拙な喧嘩は恥ずかしい。

良く見るとそのスレッドはカメラ購入にE-PL2かE-P3かで迷っている方が画質の違いはどれくらいあるの?、なる質問から始まっている。

恐らくそのスレッドで書き込んでいる方の多くは実際にどちらかのカメラ、もしくは両方使っている方が多数な筈。もっと建設的な意見があっても良い筈だが・・・。建設的な意見と言うよりも上述の通り、5分で検証出来るのだから、「大して変わらん」、そんな意見が多数占めてもおかしくない。

ここで言える事は1つ。

Olympusカメラユーザーで、Olympusが吐き出す写真に不満がある方は、原因を探る為にネットを徘徊する暇があったら、Lightroom等の汎用現像ソフトで再現像するべし(Lightroomは1ヶ月のお試し版が無料で使える)、そして実際にプリントするべし!。プリントしないで等倍画像の画質云々なんて間抜けな会話にしかならない。

これはOlympusユーザーに限らない。自分のカメラの画質に満足が行かなかったらまずは異なる現像ソフトを使って再現像し、プリントする事。それでも納得が行かなかったら新しいカメラ選びを始めるこった。その時に納得の行かない部分が得意、補えるカメラを見つけりゃいい。

このE-P3とE-P3以前のOlympusカメラの画質の問題はPentaxのK20DとK-7の関係にとても良く似ている。

K-7も先代のK20Dと同じセンサーを使い、画像処理エンジンを替えてきた。どっこいその画像処理エンジンがユーザーが求めるものからは程遠い代物だった。だから反乱が起き、Sonyのセンサーを得てK-5が発表された。

OlympusもE-P3でユーザーの氾濫があったのだろう。そりゃそうだな。E-PL2とほぼ同じ画質で、発売当時8万円を越えていたのだから。その後、運良くSonyと提携し、Pentaxと同じくSonyのセンサーを得られ万々歳。

最後に。言葉足らずで勘違いされちゃって悪質コメントされるのも不快だから、余談として・・・。

PentaxのK20DとK-7は今も書いた通り、同じセンサーを積んでいる。しかしLightroomで同条件で撮影された写真を現像すると、かなり違いが出る風景もある。(カメラプロファイルが異なるので、断言は出来ないが)同じセンサーでもE-PL2とE-P3では風景によっては大きく異なるRAWデータを出力している可能性も高い。その辺はE-PL2を買ったら再検証したいと思う。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ゆたか | URL | LkZag.iM

    こんにちは。

    これまでE-PL1s E-PL2 E-PL3 E-P3と使っていますが、それぞれ個性だと思っています。

    ちなみにE-PL2とE-P3は、背面ボタンの位置関係もサイズもほとんど同じですので

    違和感なくお使いになれると思います。

    カメラなんて究極の一台を使うならともかく、いろいろと使った方が楽しいと思います。

    特に、マイクロ系は楽しみが広がりますからね。

    そうそう、シグマのレンズはリニア?のようでジコジコうるさくないですよ。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ゆたか さん

    先日、買いはしませんでしたが、中古店でE-PL2を触ってきました。使い勝手はダイヤルが1つないだけでほとんど一緒なのと、どれくらいAFが遅いか試しましたが、まぁうちのシーラカンスコンデジと比較したら十分速いので気になりませんでした。良品が1万円を切ったら買うでしょう!。

    OM-Dはやっぱり真剣に写真と対峙せねばと思いますが、Panaも含めて、箱型のマイクロフォーサーズは趣味性が強く、恐らくどれを買ってもそれなりに楽しめるんだと思います。なのに本文のように、掲示板で喧嘩しているのがちょっと面白かったです(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)