にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Nikon Dfってどうよ?

2013年11月21日 00:00

ファンシーなお店にて

ファンシーなお店にて

Contax RX, Planar 50mmF1.4

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



最近、DEJA VU ~いつか見た光景~と言うブログを面白く拝見している。写真ブログだけど文章が楽しい。語り全てが的を射ている。そしてその2011年11月7日の記事を読み、あっ、やっぱり俺もこのカメラのネタを書きたい!、って事で、Nikonユーザーじゃない立場で考えてみた。

10月末、Nikonがどうやらフィルムカメラライクのデジタルカメラを出すらしい、Nikonのサイトでティーザー広告を見られるぞ!、ってんで、第6弾まであったのかな?。これの出来が実に素晴らしかった。自然と一体になり、じっくりと写真を撮る図・・・。

発表の11月5日、ワクワクしながらNikonのサイトを覗いたら・・・、あらっ?、ちょっと違うんでね?、心底そう感じた。

Nikonに対してネガキャンを張るつもりはない。元々Nikon D600が欲しいとずっと言い続けているのだから。でもNikonユーザーでない写真を趣味とする者があれを見てどう感じるか?、これはNikonユーザーには判らないと思う。

勿論、これから書こうとする内容は一般論とは異なるかもしれない。以下は主観で、一非Nikonユーザーが感じたDfを述べたい。

まずネーミングが駄目。「Df」、エフが小文字。Nikonのカメラはやっぱり大文字が「F」じゃないと違和感がある。FDだとCanonの昔のレンズ名称になっちゃうから、「DF」でしょう、普通は。「dF」でも良かったかも知れない。

どうやらかつてのFシリーズでなく、fusionの「f」、これがコンセプトのようだ。D600/D610を基にD4のセンサーを付け(D4が1600万画素って初めて知った)、見た目をフィルムカメラにしたらしい。確かに融合と言えば融合ではあるが、果たしてこの融合はユーザーありき?、単に手身近なアイデアを全部くっつけましたってだけな気がする。

NikonユーザーでないのでAiと非Aiとか良く意味が判らないが、とにかくデジタルになって今までは使えなかった、かなり昔のフィルム用レンズも使えるようだ。これも過去との融合なのかな?。

エレキギターの世界。ご存じない方はびっくりすると思うが、1950年代からさほど進化していない。中には電気系部分がデジタル化されたギターがあるし、音を加工するエフェクター、鳴らす為のアンプは相当数でデジタル化が進んでいるが、1950~80年代の音を再現する為のデジタル化がほとんど。

※ジャズギターの世界なんて1950年代から全く変わっていないと言っても良いくらい、1940年代、最初のバップギタリストと言われているチャーリー・クリスチャンのギターモデルが今も尚、取引がある

中には、そうじゃない新しい息を!、デザインや音をモダンにしたギターもあるにはある。でも大半のモデルは売れていないと思う。エレキギターは1950年代に完成、確立され、多くのギタリストはそれをわざわざヘンテコな事をして変える必要がないと思っている。21世紀の今、如何に昔に戻るかの為のデジタル化と言い切っても良いくらい。

私個人は50年代の音に拘りは持っていないので(70年代~80年代前半のロックサウンドを求めている)、出てくる音は50年代とはかけ離れたものだが、ストラトキャスターと言う50年代のデザイン、使い勝手(弾き易さ)に変わる物はこの世に存在しないと強く思っている。

Dfを見ていると、本家フェンダーが自分のところの完成されたストラトキャスターを無理矢理デザインを弄って中にプリアンプやらデジタル基盤を乗っけちゃって、それをスタンダードなモデルよりも遥かに高価なプライスで作っちゃったって気がする。もしかしたら実際にそういうギターがあるのかもしれない。でもきっと売れていない。

確かギブソンがそれをやっちゃって失敗したんじゃなかったっけ?。やはり1950年代に完成したレスポールスタンダードと言う究極のギターを90年代辺りからちょこちょことデザインを弄って妙なレスポールを作っていた。これ、全く売れなかったんだよね。

車にたとえたらもっと判りやすいかな。

懐古スポーツカーとしてトヨタでNew2000GTなんて車が発売された。でもシャーシ類は最新のスープラだからでかくて太った2000GTが出来ちゃった。しかも2000GTだから3Lじゃなくて2Lのエンジンを載せちゃって、シフトレバーは昔のH型でフロアから生えているけど、オートマチックだからクラッチがない・・・。

トヨタをニッサン、2000GTを箱スカGTRと置き換えても良い。今の3ナンバーのシャーシで箱スカはマッチせず、こんな車、人気が出るとは思えない。2000GTも箱スカも完成されたデザイン。一回り大きくなって詳細が異なっていたら、誰も見向きもしない。

あのNikonのティーザー広告を見たユーザーはF3やFM2(FM3)を思い浮かべたろう。F3もFM2も完成されたカメラだ。でも蓋を開けたら確かにクラシックなデザインだが、F3でもないしFM2でもない。大昔のレンズが使えるのは大きなメリットかもしれないが、非Nikonユーザーには関係ない。

ちょっと算数をしてみた。Dfを25万円で買ったとしよう。今、FM3Aの中古は5万円しない。高画質のフラッドベッドスキャナーが3万円。そしてプロビア100Fの5本パックが4000円で現像代も同じ5本で4000円。それを使って月に1度、Dfのコンセプトである被写体とじっくり向き合う撮影をすると2年近く楽しめる。

元々フィルムを使っていればスキャナーくらい持っているし(うちにだってちょっと古いけどあるんだから)、NikonユーザーならF3やFM3が手持ちにあるかもしれないから、そんな人はフィルムカメラを今の通り、3年近く楽しめば良い。

ネガフィルムで良いのだったらさらに期間は増える。これじゃ駄目なのかね?。その頃、Df2なるカメラが出ているかもしれない。私なら25万円も出すのだったらフィルムカメラを買ってネガフィルムをぶち込んで3年じっくりと楽しむ。

「初代モデルに気を付けろ」

今回もこの言葉を適用したい。NikonユーザーではないのでDfを使うとなるとレンズも工面しなくちゃならず、だったらやっぱりD600/D610を買ってDfとの差額をレンズに充てるし、古いレンズを使うのだったらボディで価格破壊を起こしてくれたSonyのα7を選択する(ボディ内手振れ補正がないのが大きなネック)。

そして3年後、きっとDfで叩かれた箇所を修正して、遥かに優れたクラシックモダンデザインのデジタルカメラを出してくるだろう。その時に考慮すりゃいい。今焦って買うカメラじゃない。

これがNikonユーザーではない一個人の思考だ。そしてNikonユーザーでも上述のエレキギターやスポーツカーのたとえの通り、このカメラが魅力的に映っていない人も結構いるんじゃなかろうか?。

だから購買層が良く判らず、単なる金持ち向けのニッチ商品でしかない気がしてならない。数ヵ月後、町でDfを持っているオヤジを見掛けたら申し訳ないけど「あっ、物好きオヤジがいる」って思っちゃう。しかも所詮はいずれ20万を切って流通するカメラ、物好きでも本当に金を持っているLiecaオヤジとは違う。

あと、フィルムカメラを模倣するのは良いとして、何故当時のフィルムカメラの不快な部分まで真似しちゃったのだろう?。露出補正ダイヤルが後ろから見て左側に付いている。AEカメラが出始めの頃、どのメーカーも確かに露出補正ダイヤルは左にあった。Canon NewF-1もPentax LXも左だ。でもこれが不便だから、NikonはF4で露出補正ダイヤルを右に置いたんでしょ?。

※それでも使い辛いと批判を浴びたようだが(笑)・・・

Contaxの一眼レフの何が素晴らしかったか。それはAE撮影が前提だからとRX、AX辺りからシャッターダイヤルと露出補正ダイヤルを入れ替えたんだ。露出補正ダイヤルが右にあり、シャッターダイヤルが左にある。これが本当に使い易かった。

そしてシャッターダイヤルを設けて、クラシック、レンジファインダーライクのデザインを持つFujifilmのデジタルカメラでさえ、露出補正ダイヤルは右側に付けた。Nikonはこれを認識していない。昔の真似をしただけで、ユーザーが喜ぶとでも思っているのだろうか?。操作性に関してはF3を真似るのでなく、Contaxの後期のカメラや、自社のF4を真似るべきだった。

AEが出始めた頃、フィルムはまだ手動巻上げだから、軍幹部右側には露出補正ダイヤルが付けられなかっただけの話でしょ、多分。Dfがシャッターチャージに巻き上げレバーを復活させたのなら、仕方ないにせよ、シャッターは自動でチャージされるのだから、工夫すればF4のように巻き上げレバーの位置に露出補正ダイヤルを設置出来た筈。

何だろう、NikonはF3では被写体とじっくり対峙出来るけど、F4では出来なかったとでも思っているのだろうか?。F4はあの当時のカメラとして完璧だった。当時Canonオヤジ(その頃は小僧かな)、Contax、ZeissマニアだったからNikonへは進まなかったが、F4S(F4でもF4Eでもない)と50mmF1.4だけは買ったもんね(笑)。

今も昔もあれ以上にカッコイイカメラはないと断言しても良い。結局、エンプラ外装にしたのがNikonでの黒歴史なのか?。エンプラってだけで過去を消したいのか?。違う、デザインがF4ベースだったらDfがデブだとか文句も出なかった気がする。

フィルムカメラライクにするのだったら(内蔵ストロボが付かないから)中央のペンタ部はひさし状態ではない。ならばシャッターダイヤルはOlympus OMシリーズのようにレンズマウント部に入れちゃうべきだと思うのは私だけ?。これが出来れば今のシャッターダイヤルの位置に露出補正ダイヤルをすんなりと置けた。

おやっ?、待てよ、OlympusはどうしてOM-Dシリーズで、モードダイヤルをマウント部に設置しなかったのだろう?。モードダイヤルをそこへ移せば、今ある位置にもっと重要なダイヤルを設置出来たのに・・・。

最後に、Nikon D800とD600を持つ知り合いのプロカメラマンに早速電話し「Df買う?」と尋ねたら、鼻で笑われた。一言、「かっこ悪い、あれだったら素直にF3を買うよ」。その翌々日かな、今度は向こうから電話があり「F3じゃなくFM3を買った」とさ。

彼は今もF6とF100ともう一台、かなり古い一眼レフ(FAだかFEだか)を持つ生粋のニコンオヤジ。上述のDfの値段でフィルムカメラを買った時の金勘定はこの電話での会話そのものなのだった。

※FM3を買ったものだから、私にF100を安く譲るよ~と煩い(笑)。確かにF100は機能も抜群でカッコイイんだけど、F4Sには劣る

但し、Dfに興味ないニコンユーザーがいるのと同時になんだかんだと欲しくてたまらん人も多いみたいで、Df発表直後の価格.comの売れ筋ランキングを見たら、Pentax K-3よりも上位にいた。うーん、Nikon恐るべし!。変化球カメラでしかない機種が、主力カメラより売れちゃうのだから・・・。

K-3、初期設定価格が高過ぎたか?。今の値段だとK-5IIを2台買えちゃう。しかもNikon D7100、発売してから半年くらい経つけど9万を切っている。K-3とは現時点で4万近いの差。機能的には多分どっこいのカメラが9万でしょう、そりゃぁそっちに目が行くって。

それに135のD600、何かと問題があったようだが、中古だとK-3より安い。来年にはもっと安くなるだろう。カメラとはなんぞや、それを知っている上級者には当然K-3を薦めるが、初心者には強く薦められんなぁ(笑)。Pentaxユーザーの私でさえ、D7100かD600を推したくなってしまう(単に自分が欲しいだけかもしれないけど)。

本日の写真、機材データがないのでカメラとレンズが微妙だ。でも撮影したのは軽井沢だと判っている。通常、旅行ではCanon NewF-1でなく、Pentax LXを使っていたが、軽井沢はお洒落な街だから、大概はそれに合うようにContax、Zeissコンビを選択していた。ただ、時期的に見ればContax G1に45mmF2の可能性もある。まっ、どっちかって事で。

Pentaxデジタルカメラの「ほのか」のようになっているが、単純に露出を間違えただけだと思う。判る気がする。ContaxはRXもGも中央重点測光で、奥の背景に露出が引っ張られてアンダーになると予想し、さらにファンシー系の店だろうから、多少はハイキーにしようなる意図があったと思う。+1.7くらいしているんだろうなぁ。意図からは少しオーバー露出、でも結果オーライ(笑)。写真ってそんなもんよ!。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. *cranberry* | URL | -

    こんにちは^^
    ニコンユーザーです(笑)
    クラカメ好きなので Df がどんなカメラなのか
    かなり気になっていたんですが・・・
    あの値段には納得できませんでした
    海外では、高すぎる Df を買うならソニーのフルサイズミラーレスが良い
    という声が多かったです
    改良された後継機が出て、お金があったら考えるけど(笑)

    D600 はセンサーのオイルが問題でしたね
    (D7000 も同じトラブルがあったようです)
    それで、素早く改良されたD610 を発売したとかで
    実験結果、オイルの問題は解決されたみたいです

    AI と AIS は D800 や D4 でも使えるんですが
    Pre AI(非 AI と言うのですか?)は
    AIコンバージョンしないと使えないので
    Pre AI のレンズを持ってる人には嬉しいカメラだろうと思います
    私の F についてる 55mm F1.2 が Df で活躍してくれたら最高 ☆
    (Df 買わないから、活躍しないけど^^;)

    オリンパスの PEN にアダプターつけると
    ニコンの古いレンズ全部使えるという驚きの事実があるので
    私は、この手で行きたいと思ってます ♪
    義理兄も、ソニーのミラーレスにアダプターつけて
    古いレンズ(お気に入りの Pre AI、35mm など)を使っているようです
    古い MF レンズは手ブレ補正ないし、100%鉄製で重いけど
    レンズの質は素晴らしくて、腕さえあれば素晴らしい写真が撮れると思います
    (私は腕がないので悪戦苦闘してますが・・・)

    色んな意味で、今後はミラーレス機が注目されそうですね!
    PEN の問題はファインダーが見にくいという点で
    その部分を改良してもらえると嬉しいかも^^
    それで、今はFUJI のミラーレス機が気になっています
    クラシックデザインで、光学と電子ファインダーが魅力的なのです ♪
    FUJI のミラーレス、バッテリーは長持ちするのかしら?
    基本的な設定をダイヤルで変えられるなら
    メニューに入らない分、バッテリーの消耗が少ないのかな?

  2. ハンドル職人 | URL | Ko3VlV3g

    こんにちは!

    おっと、実は私も数日前に同じような記事を書いたばかりでした。(汗)

    Dfはそれなりにいいカメラですが、ちょっと購買意欲が湧いてきませんよね。

    α7を予約したもののDfが発表されたとたんにこちらに流れた、なんて話も聞きましたが、

    これはほんの一部のユーザーだけでしょうね。

    根本的にデジタル一眼ですから、う~ん、かつてのFM3AやF3のような

    オーラは感じませんね。私もDfなら素直にフィルム機を使います。(笑)

  3. fumi | URL | /YcUEIW6

    ギターの下り、言い得て妙で笑ってしまいました。

  4. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんばんわぁ~
    僕もカタログをもらいましたが、 うーーーん  どこか違うー な感じです。
    少々値がはっても 買う気がでるのは 蛇腹式フルサイズ・デジタルカメラかな~。
    どこかのメーカーで商品化してほしいです。
    ただし、僕が健康なうちに~^^

  5. SORA(仮) | URL | 4ARdecsc

    ご紹介いただきありがとうございます。
    今日はアクセスが普段の3倍以上になってますよ。影響力がすごいですね。(笑)

    Dfをパッと見て違和感を覚えるのは、やはり肥満体だからでしょうね。クラシカルデザインはスリムじゃないと似合わないんです。なんかジョークみたいに見えちゃう。E-M1が違和感なく見えるのはスリムさが大きく貢献しています。デジタルではミラーレスにしないと無理なんですかね・・?

    Dfなんてネーミングにしちゃったら後継が出しにくいんじゃないですか? 予想より売れてないみたいですから、たぶん一代限りで終わると予想してるんですが・・(笑)

    確かにフィルムカメラの不快な点もそのまま引き継いでますね(笑)。F3の最大の欠点は露出補正ダイヤルだと思ってるんですが、あのロックボタンを押しながら回すという操作が非常にやりづらい。そこまで忠実に真似しちゃった(笑)。それだけで購買意欲をなくします・・

    そして普段AEで撮ってると、シャッタースピードダイヤルってほとんど触らないんですよね。それが特等席にあるってのが非常にもったいない。オリンパスでもOM-2系やOM2桁系は軍艦部右側に露出補正ダイヤルがあって、確かに使いやすかったんですよね。実用本位で考えるなら、右側のシャッタースピードダイヤルと左側の露出補正ダイヤルをそっくり入れ替えちゃえば良かったのにと思います。そしたらたぶん「こんなのニコンじゃない!」って怒る人がいるんでしょうね。(笑)

    富士のすばらしいところは、クラシカルデザインを取り入れながらも実用本位で設計されているところです。単なる懐古趣味には成り下がっていません。それに比べてオリンパスやこのニコンDfも「はじめにデザインありき」という思想で作られています。実用は二の次です。往年の名機に似せて作ったら昔を懐かしむおっさんどもが喜ぶだろうという下心が見え見えなんです。(笑)

  6. Kan | URL | 30oPJyPA

    面白く読ませていただきました。
    私もティザー広告の間はどきどきしましたが、価格と共に発表されたとたんに
    「なんでやねん、銀縁のFM3なんちゃら買うわ!。あほちゃう?。」
    と呟きました。
    しかし背面に大きく存在する液晶パネルはせっかくのDfの前面デザインにミスマッチだと思います。Wi-Fi(NFC)で手持ちのスマホで見る技術もあるんだから、背面液晶無しってのも出来たんじゃないかと乱暴な意見を言う無責任な私・・・。(~_~;)

    *何だか何処のメーカーも懐古デザインが流行りなんですかね?。オリンパスのPEN(ライトじゃないほう)がきっかけみたいですが・・・。

  7. 318 | URL | C4bUkmRw

    こんばんは。

    僕はニコンユーザーですが・・・よくわかりました。

    きっと僕を含めデジタルから入ったユーザーの多くはフィルム時代のニコン機のことなんて知らないし、オールドニッコールをこれから手に入れて使おうなんて人も殆どいないでしょうから、こういった人から見たDfは他社ユーザーからの目線で見たものとそう違いは無いと思います。

    全文しっかり読ませていただきました。僕の知識が及ばず、細かな操作性の問題点等々についてはコメントできる立場ではないのですが、ほぼ同意です。

    最初にネーミングにツッコミ入れてたのは「そこからですかっ!?」と思いましたが(笑)
    でもこれももっともですね。

    Dfではないのですが、ネーミングといえばそもそも頑なにFマウントを貫いてきたニコンがデジタルになった途端、F→Dに変えてしまったのもなんで?と以前から思っていて、個人的には絶対F1Dとか
    F100DとかF801Dとか、、、こっちのほうが絶対にカッコ良かったし、ニコンのアイデンティティを保持できたと思うんですよね。

    プロの方の話、面白いですね。なるほどと思いました。

    K-3は今D7000、7100、300、300sあたりのユーザーは興味深く見てると思います。僕もそんな一人。

  8. 元Nikon信奉者今はペンリコファン | URL | -

    Df

    初めまして。もうすぐアラカンジジイであります。
    このブログ面白いですね!時々おじゃまさせてください。
     
    わしはそこまで拘りなく、単純にDfの登場は嬉しかったし、欲しいと思いました。ただ、レンズ資産やアセット補強のことを考えれば135カメラには手を出せないだけ。因みに今はGRにはまってます。
      
    1マウントならAPS-Cだと思うし、気軽に望遠ならm43で良いし、ニコキャノが嫌ならK-3を消費税UP前に買っておけばしばらくはフォトライフをたっぷり楽しめると思います。

    今後ともよろしくお願いいたします。

  9. BigDaddy | URL | -

    > *cranberry* さん

    コメントありがとうございます。

    多分多くの人が値段がネックなんだと思います。ニコンユーザーならご存知でしょうが、調べたところD800発売時とほぼ同じ価格なんですよね。D800のように前モデルを刷新させて25万なら良いですが、中味がD600/D610ですからねぇ。どうしても非ニコンユーザーからはボッタクリカメラにしか見えないんですよねぇ。

    ただD4のセンサーは高感度番長のようで、廃虚好きの私としてはDfは買わないけど将来D4のセンサーを積んだD620なんてカメラが20万円くらいだったら考えちゃいますねぇ(笑)。

    古いレンズだけを味わうのならもはやミラーレスの方が良いのかもしれません。光学ファインダー好きとオールドレンズ好きはイコールであってイコールではないと思うので、仰る通り、実利主義の欧米ではSonyを考える人も多いのかもしれませんよね。

    ブレ補正があると夕方や絞り込みたい時は便利ですが、望遠レンズで無謀な事をしない限り、昔通り、焦点距離分の1を保っていればA3くらいのプリントなら微ブレも気にならないでしょうし、画素数の多いカメラなら焦点距離x2分の1秒(50mmレンズなら1/100sec)で何とかなりそうな気もしますし。ただSonyのあのカメラ、やっぱりデザインに納得出来ないんですよぉ(笑)。

    ミラーレスの場合、電源をオンにした瞬間からEVF、もしくは背面の液晶に風景が表示され、そこで電気を食らいますし、撮影後の確認も1コマずつやっていたらそれこそ200枚も撮らずにおしまいって事が多いかと思います。Fujiのもそうだと思います。うちのPENカメラは160~230枚でエンプティです。旅行ともなれば1日バッテリー2個でも足りませんねぇ。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  10. BigDaddy | URL | -

    > ハンドル職人 さん

    ハンドル職人さんの記事拝見しました。シャッターが1/4000secなんですね。もうこれでポートレーターは買わないですよね(笑)。またファインダー倍率も低いですね。F4が0.75倍で、MFだとこれがギリギリだと思います。うーん、F4S買い戻したくなってきました(笑)。

    今回は悪口に徹しましたが、Dfの利点はセンサーでしょうね。高感度にやたらに強いらしいですから、廃虚カメラとしては理想カメラに近く、惜しいカメラとでも言いましょうか?。


  11. BigDaddy | URL | -

    > fumi さん

    ありがとうございます。ギターのくだりを書いて、これじゃぁ、普通の人は判らんなぁと思って急いで車のくだりを書き足したのですが、これも多分若い世代の方は判らないかもしれませんね(笑)。

  12. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    懐古趣味に走るのだったら、フィルムカメラを買ってお小遣いと相談して、フィルムの本数を決めて撮った方が面白い気がしますねぇ。ポジならライトボックスに乗せた時の感動、そしてスキャナーでスキャンし、パソコンでゴミ撮りなんてして・・・。これこそフォトスローライフですよね。

    まぁ蛇腹式カメラでデジタルは・・・、市場が狭過ぎますから、安原一式みたいに、カメラ職人が起業して手作りしない限り難しいでしょうね。

  13. BigDaddy | URL | -

    > SORA(仮)さん

    でも意外とアクセス伸びませんでしょう?。うちは一応千人前後の人が来ますが、アクセス解析見ると10秒以内に離脱している人が7割ですから、実際には300人、いや200人くらいしか最後まで読んでくれていないと思います。

    なんでしょう、AFを外したらデジタル一眼レフでもスマートになるんでしょうかね。中判の645DやPhase One、Mamiyaのデジタルバックを見る限り、AFでもフィルム時代よりもさほど太っているようには見えないので、APS-Cも含め、何かあそこまで太らせるのか不思議です。

    そしてやっぱりシャッターダイヤルに話は終始すると思います。幾らティーザー広告のようにスローライフを唱えても、現代人はAEカメラはAEを必ず使うと思うんです。どうしてもマニュアルを重視させたいのならAFも無くし、OM-4TiやContax S2のようにスポット測光オンリーのようなピーキーなカメラに仕上げ15万、これなら売れる、売れないは置いといて、さすがNikon!

    本文にも書いた通り、F4は露出補正ダイヤルを右手で操作させるようにし、京セラのContaxはRXで場所を入れ替え、仰るようにFujiもモダンデザインを崩さず使い勝手重視でカメラを造っており、Nikonはやっぱりフィルム時代の呪縛から逃れられないのでしょうね。

    そう思うと発売時の値段や機能はどうであればContax N Digitalのユーザーインターフェースが最高だと思うのは私だけでしょうか?。

    D600のままD4のセンサーで20万円を割れば廃虚専用カメラとして非常に価値の高いものになるものの、Dfに限って言えば高くなるのが不思議なんですよね(笑)。D800みたいに全てを新しくしたのとは違うのですから、売れないと見込んでボッタクリしているとしか映りません。

    とにもかくも私個人は値段、デザイン、機能なんてどーでも良く、露出補正ボタンが左側にあるってだけで、使えないカメラですね。今後、もしフィルム135カメラを買うにせよ、そういうカメラは絶対に買いません。やっぱりF4Sですなぁ(笑)。

  14. BigDaddy | URL | -

    > Kan さん

    ありがとうございます。ホント、あの趣旨のまま、孤独なカメラマンの葛藤を描いたフランス文学風の映画でも作って欲しいくらいティーザーの出来は良かったですよねぇ。良過ぎたんだと思います。

    私は未だにスマホじゃないので、背面液晶が無くなったらやばいのですが(笑)、中味がD600ってだけ、もしnikonを買うのならD600で十分だって思っちゃいました。非Aiレンズは今後も買わないでしょうし・・・。D600のセンサーがD4だったら最高なんですけどね。

    Canonがフィルム時代に流線形を初めて、デジタルになってNikonが真似て、それがそろそろ飽きられているんだと思います。我がPentaxもカクカクボディですし、PENもそうでしょうし、Sonyの新しいカメラもカクカクしていますよね。Fujiは最初からレンジファインダーを意識していますし。

    仰るように流行でしょうね。となるとこの傾向も5年後には判りませんよね。ですからDfはとりあえず真似しましたでなく、究極の流行の懐古デザインに徹して欲しかったです。

  15. BigDaddy | URL | -

    > 318 さん

    ネーミングの突っ込み(笑)、いやぁ、その通りで、最初にこれを突っ込まないと昭和オヤジとしては駄目なんですよ~。

    デジタルから始めた方はDfの外側を純粋にデザインとして見るでしょうから、かっこ悪いと言う方がいてもおかしくないと思います。そしてAEの癖に露出補正ダイヤルが左側にある、これも「何故?」と思われるのではないでしょうか?。

    FからD、私もこれは思いましたが、昔は後ろに「D」が付くとDateのDなんですよ。つまり、フィルムに撮影日を刻む事が出来るカメラ、それがxxxDって最後に付くモデルが幾つかありました。Nikonはこれを嫌がったのではないでしょうかね。

    知り合いのプロ氏は私よりも実利主義人間で、デジタルは仕事にしか使わないからDfなんぞ要らんってタイプみたいです。

    D300sの後継が出るのか出ないのか判らない状態で、NikonのAPS-Cユーザーは確かにK-3に興味があるかもしれません。あとはレンズだと思います。Pentaxに使いたいレンズがあればとっととK-3に行くでしょうし、そうでないのから、もう135へ移行する準備を始めるのでしょうねぇ。

  16. BigDaddy | URL | -

    > 元Nikon信奉者今はペンリコファン さん

    面白いと感じて下さり、嬉しい限りです。

    先にコメントされた幾人かの方へのお返事に、私は廃虚の暗がりでの撮影が多いので、Dfの利点は高感度の強いD4のセンサーを積んだ事と書いたのですが、実利主義の私としてはD600のままD4のセンサーで20万だったら、最高のカメラだと思うのですがねぇ、如何でしょう?。

    K-3、これはPentaxユーザーの多くが仰っているようにあとはレンズでしょうねぇ。どうもレビューサイトの作例を見る限り、レンズが負けている気がしてなりません。ただ、レンズが負けていれば1600万画素に縮小して使えば良いってだけでもあるのでしょうが(笑)。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  17. 松本幸夫 | URL | Yrv2R00U

    だったらほっとけば良いのに

    なんでNikon ユーザーで無いのに一生懸命になるのでしょう。全部読むほど暇でないから読んでいませんが、ずいぶんと、nikonに思いれがあるのですね。それなら買えば良いのに。20回ローンもありますよ。でもnikonが中国の会社になるのは、嫌でしょう、前向きに応援しませんか、それも嫌なら、せめてネガティブキャンペーンは辞めませんか。私はdf買います。

  18. BigDaddy | URL | -

    > 松本幸夫 さん

    あはは、何を仰っているのでしょう?。

    己の思考を正直に書けない、言えない某国じゃあるまいし。この程度をネガキャンと言われるのなら、あなたも、私に対してこうやってコメントでネガキャンをされているんですよ。その事に気づいて下さい。間違った事を書いていますか?。

    このような記事を頻繁に掲載し、さらに各種掲示板などで触ってもいないのにDfの悪口を書く殴る、それがネガキャンであり、これは全うな意見です。勿論、それを否定するのもあなたの自由ですが、反論するのなら、最後まで文章を読む、まずはそれが礼儀。その上で、ご自分の意見、何故Dfを買うのか、ここで指摘した欠点をあなたはどう思われているのかを述べてくださいませ。

  19. Dfユーザー | URL | -

    興味深く拝見いたしました

    初めまして。Nikon Dfでキーワード検索により、本記事にたどり着きました。
    本文、大変興味深く拝見させていただきました。
    私は、軽量、フルサイズ、D4センサーであることと、これまでのデジタル一眼に無い外観を良いなと感じ、D3からDfに機種替えしました。
    フィルム機は所有したことがないため、昔の〜、といった内容はピンとこなかったのですが、色々な視点からのコメントは、なるほどそういう見方もあるのか、と勉強になりました。
    一方で、実際使用してみると、シャッターフィーリングやダイアル操作など、品物として良い出来のカメラなのではないかと感じております。
    是非、一度使用されてみてはいかがでしょうか。カメラ機以外の雑念(?)は、あまり気にならなくさせてくれるように感じます。
    駄文かつ長文、失礼致しました。

  20. BigDaddy | URL | -

    > Dfユーザー さん

    コメントありがとうございます。使用されているカメラの悪口を見るのは不快だとは思いますが、そこは人それぞれ、カメラに対する思考が異なりますので、何もネガキャンをしているんじゃないんです。こういう思考の持ち主もいる、そうお考えになって下さい。

    私がDfに対して最も嫌悪を抱いているのは、本文の通り、露出補正ダイヤルが左肩にある事です。これはAE創世記、まだ各カメラマンがAEによる露出を信じていなかった頃の悪しき名残りでしかなく、AEが信頼出来るようになってからは、多くのカメラは露出補正は右手で操作するように変更されました。Canon T90辺りからです。

    つまり、DfはAEを使うのでなく、マニュアル露出を楽しんでください、そんなコンセプトであると認識しています。センサーを除けば中身が完全電子カメラのD600で、マニュアル露出を楽しむ、これの意味が判らないのですよ(笑)。

    私はダイヤルの配置がほぼDfと同じのCanon NewF-1AEやPentax LXと言うフィルムカメラをかつて使っていましたが、AEは信頼出来るのですが、露出補正ダイヤルが左側で使い勝手が悪く、結果、マニュアル露出で撮る事が多かったです。

    そしてそれをデジタルになってもやりたいとは決して思わないんです。そして本文の通り、フィルム時代、Contaxが露出補正ダイヤルを右側に配置しました。とても便利でしたねぇ。しかもNikonもF4で露出補正ダイヤルを右側に配置したんです。それは便利だからそうやったのでしょうから、Dfは単に不便にしただけのカメラにしか映らないのですよ。

    Contax G2、これはフィルム時代のレンジファインダーカメラですが、確かこのカメラが初めて露出補正とシャッターダイヤルを右肩に置いたんだと記憶しており、これを模倣したのが現在のFujifilmのX-E2や、X-T1なんです。「Contax G2」でキーワードに画像検索されて、軍艦部をご覧になって下さい。このカメラが発売になったと同時に多くが、使い易い!、と褒めたものです。イコール、Fujifilmのカメラの使い勝手は良いとなります。

    私がカメラに求めるのは使い勝手であり(D4のセンサーはとても羨ましいのですが(笑))、その点、Dfはマニュアル露出を楽しむ趣味のない私には使い勝手が悪く、反対にFujifilmのはミラーレスのカメラではありますが、X-T1はAEでもマニュアル露出でも使い勝手が良い機種となります。

    色々と相反する部分はあるかと思いますが、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

  21. Dfユーザー | URL | -

    コメントバックありがとうございました

    主様
    コメントバック、感謝いたします。

    私は、決してネガキャンとは受け取っておりませんこと、ご理解いただけますと幸いです。

    さて、コメントいただきましたように、使い勝手という側面からDfを評価するのであれば、なるほど対極のカメラになるな、と。
    一方で、Dfの開発ベクトル自体がその方向を向いていないようなので、やはり万人受けを狙ったものではないのだろうとも推察致します。

    こちらを立てればあちらが、になるかとは思いますが、Nikon又は他のメーカー様には、Dfとは別のベクトルに沿った一眼レフを開発していただきたいなぁ、とも感じました。

    最後になりますが、街中でDfユーザーを目の当たりにしても、あまり蔑んだ目で見たりせぬよう(笑)、ご検討いただけますと幸いです。

    ありがとうございました。

  22. BigDaddy | URL | -

    > Dfユーザー さん

    様々な仕様のカメラがあるべきなんでしょうね。Dfのようなカメラがない分、より一層気になる(目立つ)存在ですから、そりゃぁ賛否はあるでしょう。悔しい気持ちはありますね。使い勝手はどうであれば、DfやFujifilmのような仕様のカメラは本当はPentaxが最初に出すべきものだったのにと(笑)。

    勿論、Dfのユーザーさんを街で見掛けても、蔑んだ目なんかでは見ませんのでご安心を(笑)。私は機材にはさほど興味は無いので、他人が何を使おうが気にしないタイプです。

  23. Nikon F3T | URL | yJv9eSUE

    初めまして

     海外に住んでいる者です。日本国外ではDfに関して批判論調の評価が多いです。シルバーボディーについては尚更のようです。

     Dfはニコンのアナログ時代を満喫した人でないと魅力を感じにくいかもしれません。キャノンはFDレンズ時代でもT90辺りからボタン操作に移行開始しましたがニコンの場合はもっと遅く(F5が出るまで?)、1959年から変わってないレンズマウントで使用範囲がダントツに広いのが特徴なので、これらを理解・所有している人でないと存在感は感じないでしょう。 

     私はニコンをフィルム時代にニコマートELから使い始めF2、F3T、F4をまだ所有していまして、デジタル時代になりFFセンサーをニコンで待っていたのですが、2005年にキャノンEOS5Dが普及価格で発売されたのをきっかけにキャノンも使うようになりました(EF 24-70/2.8とEF 70-200/4)。

     行く行くはニコンに戻る積もりだったのでニッコールレンズも全てそのまま所有していますが(15本くらい)、ここ数年のセンサーの高性能化を見るにあたり「そろそろ」と思っていた所に、Dfが発売されました。個人的にはアナログ感覚で使えるデジイチが初めて実現したのでF4以来初めて興奮しました。まだ実物を見ていないのですが雑誌等で色々読んだりした限りでは、気に入った事項の方が多いので多分買うと思います。とは言え露出補正ダイヤルは(F2Aも殆ど使いものにならない)自分にとっては存在しないのと同等だったので(F3時代まで)マニュアルで補正していましたが(F4で使う回数が増えた)、現行モデルであるDfがF3時代と変わらない使いにくさを残したのは気になる欠点です。それから(モードラではなくていいものの)大容量バッテーリブースターとフォーカシングスクリーン(P型等)がないのが残念ですね。

     所有レンズの中で使い勝手が全く良くないAi改造魚眼8/2.8があり、このレンズだけF4以降のボディーに入らなかったので(全部試してみた訳ではないですが)Dfではちゃんと使えると思います。後はどのボディーでも使えるけど、絞り込み測光のPC 28/3.5、AF-S ED Nikkor 28-70/2.8も楽しみです。ニッコール→キャノンEOSマウントアダプターがあるので5DではMF絞り込み測光(AE使用可能)になりますがニッコールレンズ(絞り環付き)もたまに着けて使っています(上記の8/2.8は着かないです)。AiS魚眼16/2.8なんか案外楽しく、円魚眼より使い勝手が良いです(構図によっては魚眼の歪曲を押さえつつ超広角撮影が出来る)。AiS15/3.5より使う頻度が高いレンズです。因みにGレンズはありません。

     ここ数年間フィルムデジタル化に時間を費やしている(約5万枚のうち1万5000枚分位終ったと思う)ので私はフィルムに戻る事は無いでしょう。フィルムスキャン行程自体新たな分野なのでこれにまつわる知識を学習・習得しなくてはならなくなり撮影する時間が少なくなってしまったのが惜しいです。デジカメRAWファイル撮影をしたら現物をそのまま保存出来る訳ですが、フィルムスキャンの場合は書き換えられてしまうTIFに殆どなってしまい、書き換え出来ないフォーマットのDNG特別ラップ(RAWはまだ見つからず)をするソフトが限られていたり、スキャナーの性能(光源の種類と照度等)とフィルム状態に起因する成果のばらつき等課題があります。趣味として楽しみの一つに考えられるでしょうけど、数をこなさなくてはならない私に取って辛いものもあります。これに関してはこれ以上書くと目的から逸脱してしまうのでここで止めます。

     長文失礼致しました。

  24. BigDaddy | URL | -

    > Nikon F3T さん

    コメントありがとうございます。

    批判論調が多い、判る気がします。言い換えれば欲しい人だけ買えば良いカメラであり、それがNikonだから商売が成立しているのでしょうね。Nikon F3Tさんもそうだと思いますが、古いニッコールレンズを売らなくて良かった!、そう感じているNikonユーザーも多いかと思います。

    Dfは懐古趣味の人オンリーのカメラ、それ以外の何物でもないのでしょう。私はさほど懐古趣味ではないので、例えばかつて使っていたCanon NewF-1AEを太らせて使い勝手が昔のままのデジタルカメラが出ても全く興味ないですねぇ。この辺は人それぞれでしょう(但し、Contaxがあのポルシェデザインで蘇ったら涎が出ちゃいましょう(笑))。

    そう言えば私もNewF-1AEはほとんどAEを使わずマニュアルで撮影していました。確かにそっちの方が楽なんですよね。Nikon F3Tさんもそれが苦にならないようなので、ならばDfは使えるカメラかもしれませんね。

    本文にも書きましたが、NikonならやはりF4Sですね。あれほどカッコイイカメラはないです。DfがF4をパクッていたらと心底残念に思います。F4Sライクのボディに最新のデジタル内装、これだったらとても魅力的に写った事でしょう。F4をまだ所有されているとの事、羨ましい限りです。

    さて、最近の高機能フィルムスキャナーがどの程度か存じませんが、ポジはおおよそ普及タイプので上手く行くのでしょうが、問題はネガフィルムですね。適当に保管しているのでフィルム自体に問題もあるのでしょうが、私はEpsonの古いフラットベッドのスキャナーを使っていましたが、色合い、コントラストなどどうにもならず、すでに諦めています。

    それでも今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  25. Nikon F3T | URL | yJv9eSUE

     迅速なご返答ありがとうございます。

     懐古趣味要素は自分はあまり無いと感じております。何本も所有したニッコールレンズですが、普及品は全て既に処理していまして、”比較的”珍しいものを取って置いてあるだけです。古いレンズはどうしても解像力が低いですし(非ED望遠等)、コーティングも経年変化で暖色化しているのが多いので出来たらあまり使いたくないです。現有していてこの範疇に入るのが(それほど古くないのも含め):AiS 15/3.5(造りは非常に良い)、AiS 20/2.8(第三世代?)、AF 20/2.8(第一)、AF 24/2.8(第一)、AF 28/2.8(世代不明)、AF 50/1.4(第二)、AiS Zoom 28-85/3.5-4.5(造りと使い勝手は良い)、AF ED 80-200/2.8(第一)等です。AF ED 300/2.8 (N、AF第二)はまあまあだと思いますが、現行モデルと比べるとかなり落ちるのではないかと思います(比べるのが怖い‥Gレンズ欲しくない…)。でもそれぞれデジカメで数度は使って置きたいですね。廉価版で中古のNikon Series-E Zoom 75-150/3.5もありますがこれが中々高解像度で‥ちょっと暗目で焦点・ズームリングがガタガタですが使えます(今F2Aに着けて久々試してみました)。ピントの山が掴み易いです。

     他に大きな理由として、絞り環付きニッコールレンズでないとベローズ・接写等に使えなく、絞り優先AE時に左手で絞りを動かせる便宜性(右指を動かさないで済む分構図に集中出来ると思う)も含めて取って置いてます。最近あまりやる理由がないですが、フィルム時代フォト・エージェントに送るサンプルをスライドコピーしていた時期がありまして、PB6+PS6とかPB4+PS4にAF Micro 105/2.8を付けてやっていました。これはF4S+SB24が大活躍しました。接写はニコンのお家芸の一つ(と言える?)で、PB4は35mm版で唯一スイング出来るベローズで、現行PCレンズに似た効果が普通のレンズで出来得ました(両方共あまり売れなかったようですが)。キャノンはFD時代にありましたが、詳しくは知りません。EOSシステムにベローズはなかったと思います。

     F4Sは一番興奮したカメラの一つで見れば見るほど気に入ってしまい、F4でも良かったんですけど住んでいるアメリカはF4Sだけ発売されていたのでこれになりました。F4より使い勝手はダントツに良いですね。こっちの友人でF4Eを持ったのが二人居ました。F4用のバッテリーケースも後に買いましたが縦構図のシャッターボタンがなくなるので使ってません。F4Sを使いながら新たに悟ったのは中央部重点測光が60/40%でちょっと使い難かったです。マルチパターンはもうちょっと使い易かったですけど、スライドはちょっと暗目と云う感じでした(殆どフジ・ベルビア)。ネガは殆ど判別が付かなかったです。同時にF3/T(シャンペン色)+MD−4も使っていたのですが、こっちは80/20%中央部重点測光なので露出ミスがダントツに少なかったです。何故か自分は80/20が大好きです。自分はこの両機でかなり楽しんだと言えますが、F3+モードラの方が指のとっかかりが良く掴み易いので撮影準備はF4よりほんのちょっと速かったです。F4Sはほんのちょっと丸っこ過ぎるかな‥とう感じです。デザインはともあれ、角張っていても掴み易い方が自分には使い易いです。

     スキャナーは色々な種類が一時出回りましたが、今は死んでしまった方式のフィルム専用ニコンLSー4000を使っています。フラットベッド・スキャナーも似たような状況だと想像しますが、殆どスライド用に設計されたようでネガは付け足しと云う感じが否めません。赤外線チャンネルを使ったゴミ除去性能もイマイチで、白黒に至ってはスキャナーがゴミとフィルム表面の銀塩と判別出来なかったりで殆ど使えなく、何かと時間が余計に掛かります。

     ですから自分のワークフローとして、スライド特化で薦めていましたが(これにより当初一本分約4時間掛かっていたのが50分まで縮められた)、カラーネガはそれほど量がないのでたまにやるようになりました。しかし、これがいまだ数時間要していまして3時間を切れていません。スライドより画面を大きくスキャン出来るのは良いのですが(16ビットで平均115MB対130MB)、フィルム・プロファイル合わせから、色合わせ数回、かなり手子摺ってます。新たに気が付いた事項は、カラーネガの色合わせ性能(退色補正、色相・明度・彩度調整?)がソフトによってかなり違うようですが、時間を掛けるだけ成果が現れるようです。それから、DNG現物ファイルにしたら、ACRでかなりの補正がまた出来るので個人的にはお勧めです。要は、どれだけの時間をこれに注ぎ込めるかですね。ですから‥その内にお気を取り直されて再度挑戦してみては如何でしょう。

     またまた括弧付きの長文になってしまい失礼しました。

     DfがF4と同様なアナログ仕様だったら尚更気に入っていたでしょう。しかし値段が張りますね。Df2が出るならD800相当のセンサーをお願いしたい所です。

  26. BigDaddy | URL | -

    > Nikon F3T さん

    Nikonは新旧様々なレンズが使えて面白そうですね。勿論Pentaxもアダプター経由でM42、そしてM42のマウント部だけ変更した初代K、設計変更された2代目K、そして3代目AEが使えるA、AFのあるFA、そしてAPS-C専用の現行DAと一応色々と存在しますが、今から集めようと思ったら玉がなんですよねぇ。特に3代目のデザイン、造り、描写も優れているAレンズが市場には出回っておらず、プレミアがついてしまっています。

    F4シリーズって今も昔も人気があるように思えますが、メーカーからすると発売当初エンプラボディを叩かれまくり、どうもそれで黒歴史にしたがっている気がしてなりません。確かにF4が金属ボディならもっとカッコ良くはなりますが、アナログ操作系カメラであの使い勝手は素晴らしく、仰る通りDfに採用していたら、Dfはニコン以外のユーザーからも賞賛を浴びていたと感じます。

    見かたを変えると、Dfのあの太っちょ加減はContaxのこれもAXを思い出しちゃいます。私は当時のMFレンズで制限はあるもののAFが使えると言う事で一時期メインカメラにしていましたが、持っていてもステータスも何も感じませんでした。やっぱり幅があり過ぎてカッコ悪いんですよねぇ(笑)。だからDfの外観が生理的に受け付けないんだと思います。

    スキャナーはどうでしょうねぇ。先月、、、

    http://bigdaddyphoto.blog41.fc2.com/blog-entry-1238.html

    なる記事を書き、上がりがどうのでなく、データベース化するだけならこの手のデジカメタイプの安いスキャナーを利用し、気に入ったものだけをカメラ屋さんでCDに焼いて貰う、この方法が一番かなと今は考えています。勿論、自分で全て好き勝手に作業するのが最良なのでしょうが、やはり時間との戦いですかね。

    昨日まで夏季休暇で写真を撮っていまして(デジカメ)、2千枚くらい撮影したでしょうか?。ですから常に現在進行形でデジカメ写真を整理、現像、レタッチしており、フィルムをスキャナーで時間を掛けて取り込む、現状は難しいですかねぇ・・・。1日24時間じゃ足りません(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)