にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Pentax K-5IIsを使ってみたけど高感度は如何に?

2013年12月05日 00:00

十二社のニャンコ

十二社のニャンコ

Pentax K-5IIs, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事からK-5IIsとK-5(もしくはK-5II)との差はカスタムイメージ内のシャープなら2弱、Lightroomなら20~25でしかないと判った。

これは低感度ISOで撮影する分にはK-5のシャープネスを高めればK-5IIsとほぼ同等の絵を作れる事になり、またお散歩写真の場合、モアレとの戦いもあるので、私の撮る写真なら(ISO400以上でシャープノイズを減らせるK-5IIsには魅力を感じるが)K-5で十分である、そんな結論になった。

ではISO1600からの超高感度域ではどうだろう?。シャープを減らせるのでノイズも減るのでは?。廃虚ではISO1600~ISO12800は当たり前なので、これが気になって気になって・・・。まずは1600~3200周辺の像がどうなのだろうか?。

K-5ではこの感度域でESを使うと-1でも風景によってはラーメンノイズが出てしまう。またラーメンノイズが出なくてもいずれにせよISO400を超えたら一般にはESはあまりお勧めは出来ない。この傾向は当然K-5IIsでも同じだ。

しかし、K-5と同じ解像感を出すだけなら、K-5よりもシャープ量を減らせる分、高感度ノイズがまだ許容出来るISO3200くらいまでの風景は明らかにK-5IIsが勝っていると言える。

次の写真、ISO3200、F5.6、1/30secのEV5の風景だ(焦点距離40mm、手振れ補正はオンなので頑張ればISO1600でも撮れる)。切り出し像はクリックで等倍になる。


参考02


JPG(ES0,ノイズリダクションオート) Lightroom(シャープ25,ノイズ軽減輝度0) Lightroom(シャープ25,ノイズ軽減輝度25)
参考03 参考04 参考05
JPG(ES0,ノイズリダクションオート) Lightroom(シャープ25,ノイズ軽減輝度0) Lightroom(シャープ25,ノイズ軽減輝度25)
参考06 参考07 参考08



K-3では解像感を損なわないようなノイズリダクションを施しており、見た目ノイズが多いように見える、そんな話が出てきているが、これはずっと以前の、知る限りK20Dくらいからの伝統である。何を今更と思ってしまう。

※まぁ高感度が弱いK-7の場合、幾ら足掻いてもノイズは消えてくれなかったのだが(笑)

だから上の比較をご覧の通り、JPG撮って出しはES0が強烈なせいもあり、ノイズはさほど消えていないが、この程度ならA3なんて軽く行ける。今回、あえてコントラストを弱めて(シャドー部が明るくなるように)撮影していて、シャドー部がこの程度のノイズなら万々歳。

そしてLightroomのデフォルトで現像した2枚目、シャープは25のままカラーノイズだけ除去されている像で、3枚目が輝度ノイズを25の値にして消している。

私個人はこれをプリントするのなら3枚目を選ぶ。K-5で同じ風景を撮ると、この解像感を出すにはシャープ量は40以上になる。結果のノイズリダクションもK-5IIsよりも強く掛ける。この辺が風景によってシャープを抑えてノイズリダクションも抑えるか、シャープを強めてノイズリダクションも強めるか、結構悩む。K-5IIsはEV5のISO3200の風景は輝度ノイズを25まで軽減させれば良いだけ。これは羨ましい。

上の写真はシンプルな図、それでは様々な物体がごまんとある外の風景だとどうだろう。次の風景はISO2200、F8、1/60secのEV7.5の明るさだ。焦点距離は35mmだから、被写界深度と手振れ補正を考えると、ISO1100で撮れたろう(切り出しはクリックで等倍)。

※Pentaxのカメラはデフォルトだと手振れ補正がオフなのを想定し、感度を早めに上げていくので、こんな風景でISO1600を超える事も多々ある。感度設定を遅めにするとISO1100で撮れる


参考09


JPG(ES0, ノイズリダクションオート)

参考10 参考11



傾向はK-5と同じだ。ハイキー気味でごちゃごちゃした風景ではISO3200までならノイズは全く目立たない(増してやA3プリントならノイズは皆無と言っても良い)。それでもK-5IIsが有利なのは間違いない。K-5IIsのES0はK-5のES2相当、幾ら光が回り、ごちゃごちゃした風景でもES2だと色々なところに高感度ノイズが浮き出て、そこにシャープノイズが掛かってしまうだろう。

どうだろう?、ISO2200の割には全体のコントラストがしっかりしていて、葉っぱ1枚1枚の輪郭を確認出来る。これくらいだと露出や構図に問題が無ければLightroomで再現像する必要はないように思える。

今回はテスト撮影なので全体のコントラストを弱めて撮影していたが、この風景ならカスタムイメージを色々といじくればもっと引き締まった像になる。

試しにアホソフトPentax Digital Camera Utility 4(以下PDCU4)で、撮って出しJPGを元にカスタムイメージを下の通り変更したものを示そう。

キー-2、ハイライトコントラスト+4、シャドーコントラスト-4、シャープネス-4


参考12


これだけコントラストが付くとより一層ローパスフィルターレスの効果が大きいと思う。

時に、何故シャープネスを-4にするのか、そもそも何故RAWを元に再現像しないのか?、と不思議に思われる方もいらっしゃるだろう。

これはPDCU4がとにかくお馬鹿さんで、RAWから現像をするとSilkypixのシャープしか使えない。そしてこのシャープはPentaxのノーマルシャープネスよりも太い輪郭を作ってしまう。しかも色合いは何とか我慢出来るものの、それ以外は「えっ?、これがK-5IIsの像ですか?」と大声で叫んでしまうくらいひどい像になる。一番解像しているだろうど真ん中をクロップしたのが下(クリックで等倍)。


参考13


ホントにたまげると思う。これは上に示したカスタムイメージでシャープだけ0に設定を変更したRAWから写真だ。ローパスフィルターレスってどうなったの?、シャープネス、解像感云々でなく、塗り絵になってしまう画像処理エンジン中枢部そのものが悪い気がしてならない。Olympusが塗り絵と揶揄されるが、それよりも遥かに醜い。K-5IIsユーザーはPDCU4で現像なんてしちゃ駄目で、これはユーザーが一丸となり、Pentaxに対して抗議するべき事。

これがK-5IIsにも現像ソフトとして添付されている。K-5でもK-5IIsでもPDCU4を使ってRAW現像はしちゃいけない。元の写真よりも悪くなるってどういう事?。だからJPGから再現像していて、Silkypixのシャープ効果を見せない為に-4に設定している。

次回は超高感度域でコンポジットしたら解像感はどうなるのか?、ノイズはどうか?、それを検証したい。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. SORA(仮) | URL | 4ARdecsc

    同じようなことやってるんで笑っちゃいました。(笑)

    PDCU4がどういうソフトなのか見たこともないのでわかりませんが、素のSILKYPIXとは全く別物という気がします。

    というのも、塗り絵現象の犯人はシャープではなくノイズリダクションなんです。SILKYPIXでは確かにノイズリダクションを強くかけると極端な塗り絵になります。でもシャープを強くすることによって塗り絵になることはありません。

    昔SILKYPIXを使っていたことがありましたが、シャープネスには定評があって、かなり線の細い絵を出してくれます。パラメータもLightroom並みにいじれるので、設定次第でLightroomに遜色のない仕上げを得ることは可能です。

    一応SILKYPIXの名誉のために言いますと、SILKYPIXがクソなのではなく、PDCU4がクソなのだと思います。(笑)

    そういう意味では素のSILKYPIX(フル機能版)が付属するK-30は結構お得かも?と思っています。ですからしつこくK-50はやめとけ・・って言ってるんですね。(笑)

  2. BigDaddy | URL | -

    > SORA(仮) さん

    そうなんです。PDCU4のノイズリダクションはお粗末なんですよねぇ。これでも何度か修正が加わって良くなったらしいのですが、見る限り、酷いですね。

    これがPentaxから提出された仕様通りに作っただけなのか、Silkypixの仕様なのか判りませんが、加えてシャープネスが太い事、太い事(笑)、本文にも書いた通り、これだとローパスフィルターレスの意味が丸で無いので、PDCU4はやっぱりクソなんです。クソと言ったらクソに失礼、クソ未満なんです(笑)。

    そしてどうもK-3付属のDCU5、これもクソらしいんですよ(笑)。SilkypixはこのPDCU4、DCU5のせいで、営業戦略に失敗している気がしました。Silkypixの本家バージョンはすでにVer5とか6でしょうが、Pentaxユーザーが果たしてLightroomと比較してSilkypixを選ぶかどうか・・・。この辺はきっと大人の事情が絡んでいるのでしょうね。

    今月は中旬くらいまではこの手のネタで挑みますので、ご期待ください(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)