にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Pentax K-3売れていない!?

2013年12月19日 00:00

K-3はK-7と同じ香りがする

K-3はK-7と同じ香りがする

Pentax K-7, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



少し前に生まれて初めてBCNランキングなるものを見た。これは国内の幾つかのお店の売り上げでしかないので、完全なデータでは無いが、統計学的には恐らく、指針にはなると思う。そしてそれを見て唖然・・・。

中旬の今、どうなっているかは判らないが(シルバーモデルも含めるとどうなるのか?)、その12月最初の週のランキング、K-3は80位以降の圏外。まじかよ!。では11月全体のランキングはどうだろう。11月初めに発売になったのだから、上位に食い込んでいるに違いない。

ところがである。50位までで見当たらない。いやいや、これは見落としたに違いないとまた1位から眺める。でもやっぱりない。果たしてK-3は圏外ギリギリの75位。これってほとんど売れていないのと一緒じゃないか!。

原因は何?。そりゃぁ値段でしょう。発売当初は、K-5IIsを遥かに上回っているであろう仕様を見て、初期値13万は高くは無い!、と断言したが、実際、各種レビューが出てくると、オヤオヤッ?。

Pentax関係者、Pentaxユーザーには申し訳ないけど、Pentax擁護の私でさえ、Nikon D7100の方が、価格がこなれて来たから良いんでねぇの?、どうしてもK-3が欲しいのなら、今のD7100くらいまで値落ちする来年春以降に買うべし、と思ってしまうくらい。

それとK-5II系からたったの1年で発売された、これも売れない要因だったかもしれない。常に新機種、そんな人、意外と少ない気がする。後述するが、K-5II系を買われた方は様子見をしているに違いない。ほんの数ヶ月前にK-5IIsを買ったなんてカメラマンはそりゃぁまだK-3は早いと思う。

さらにはK-5よりも部分的に大きく進化したK-30、K-50と言った二桁機が、手頃な値段でラインナップされていて、K-3の2400万画素なんて要らないなんて方はそっちに流れてもいるのだろう。

さて、K-3が発表された頃だったと思う。PentaxもRicohも馬鹿じゃないだろうからK-7での過ちは犯さないだろうと言い張った。ところがいざ蓋を開けていると、どうもこのK-3はK-7の香りがプンプンするんだ。

K20Dを利用中、K-7を買った。劇的に変わったのは内部処理、これはK20Dの倍以上の処理速度。そして丸っこいデザインを一新し、カクカクボディになった。さらにハイパーマニュアルが強化された。この3点は仕様を見るだけでは気付かないものの大きな長所。

また、ホワイトバランスにAWBの逆の作用をするCTEが追加され、カスタムイメージに「リバーサルフィルム」が加わった。これも私個人は長所としたい。特にCTEはK-5を使っている今も、廃虚の屋内撮影以外は全てそれで撮っていたりする。

しかしAFは多少は進歩したが相変わらず誤測距が多いし、高感度の耐久性が同等、もしくは人によってはK20Dよりも落ちてしまった印象を受けてしまった。ちょうどK-7が発表になった頃、高感度時代に突入していた為、ユーザーはK20Dから進化していないこれを批判した。

でも私を含めてPentaxユーザーは優しいから、HOYAが金を出してくれない状況で、なんとか頑張って(仕様では理解出来ない大きく進化した)K-7を出してくれたと暖かい目で見る心も持っていた。ところがK-5が出たでしょ。そうしたらそんな優しいユーザーもこぞってK-7を非難。

結果的に4つの長所は無視され、istシリーズを含め、Pentaxのデジタル一眼レフの中で一番のしょ~もないカメラに成り下がってしまった(いや、一番しょ~もないのはK-mかな)。

様々なレビューを見るとK-3はK-5IIsより機能面で劣っている部分はなさそうだ。正当に進化したカメラだと言える。しかし、それはK-7でも言えた。確かに高感度域でK20Dの方が良好な絵になるが、同じセンサーで基本的なハードウェアは同じなので、高感度耐性だけで言えばK20DとK-7はイコール。K20Dよりも劣っている点はない。

また、ユーザーはK20DからK-7に関してはHOYAがいけないと思い込んだ。だからHOYAよりも開発資金を提供してくれているであろうRicohになって同じ過ちをされちゃうと、欲望、ストレスの塊のPentaxファンは正当に進化しただけでは許さない。Ricohは市場を甘く見過ぎていたのじゃなかろうか?。

もう待ちきれないんだろうなぁ。従順な犬でも延々とおあずけされたら飼い主に噛み付いたりもするだろう。今、この謀反と言えば良いのかな、Pentaxを離れるユーザーが出てきている気がする。このブログを始めた当初、Pentax以外は考えられないと言っていた私でさえ、素直にNikonに行った方が幸せかと感じているのだから・・・。

しかも企業として、宣伝、情報漏洩対策が全くされていない印象を持つ。11月中旬にどこかから「春には135カメラが出るかも・・・」、そんな噂が飛び交ってしまった。K-3発売直後に信憑性が無かろうが、こんな話が出ちゃいけない。少なくともK-5(II含め)系ユーザーはK-3を飛ばして、そっちの135カメラを待つと決めた人も多いのではなかろうか?。

私がカメラに期待するのはいつかも申し上げた通り、超高感度の耐性。まだ結論は出ていないが、K-3はK-5系とほぼ同じか、せいぜい半段くらいの余裕がある程度だろう。一部の人は、画素数が5割増してK-5系と同じ高感度耐性なら御の字だなんて言っているが、画素数が多い少ないなんて大半のユーザーは関係ない。

K-3をK-5系と同じ1600画素に落とせばK-5系よりも綺麗に見えるなんて言っている人もいるが、訳判らない。なんで1600万画素に落とす必要があるのだろうか?。同一条件で比較するには1600万画素に落とすしかないと言いたいのだろうが、たとえ結果は同じでも方法は逆でしょ。K-5系を2400万画素にソフトウェアで拡大して比較するべき問題。

百歩譲って1600万画素でK-5系と比較しても良いとしよう。でもそれで劇的にK-3の方が高感度は上だね、そんな話なら、ケチな私でもギターを買わないで先にK-3にしようかとも思っちゃうが、実際はそうじゃない。結構意見が分かれているようだから、ここにK-7の香りを感じちゃう。

「今のハードウェア、ソフトウェアの技術だとAPS-CではISO6400を超えたら一般には使えないレベル」

現時点で、K-3(Nikon D7100もそうだろう)を見て得た結論はたったのそれだけ。ならば135は要らないと言い切った私も自分の撮影には135の方がマッチしていると感じちゃうのも仕方ない。

増してやそんなAPS-Cの限界を認識したK-3がK-5系よりも高い値が設定された。しかもNikon D7100の初期価格よりもそれは高かった。あれっ?、Pentaxっていつからボッタクリになったんだ?。

ユーザーはどんどんと賢くなる。Olympus、Pansonicのカメラはボッタクリ、1年が経過して初めて正しい値段が付く、これはだいぶ浸透したようだが、今後、Pentaxのカメラも発表直後には誰も目もくれなくなるんじゃなかろうかと感じてしまう。

こういう事を書くと「何故ここのブログ主は高感度の画質しか見ないだろう。デジタルカメラは総合評価するもの!、やだやだスペックオタクは!」なんて言う輩が出てくると思う。違うんだよね、高感度の画質しか見る必要が無いんだ。他の性能はどのメーカー、カメラもどんぐりの背比べ。

高感度は使わない、お散歩写真が中心で動体撮影はしない、だったらK-7でいいのよ(笑)。K-7が故障するまで使い続けても不幸せではない。でも上の通り、時代はすでに高感度モードに突入。

K-7からK-5では劇的に高感度耐性が上がった。ユーザーはK-3にもそれを求めた。結果、さほどの進化がないK-3を「今焦って買う必要は無い」と判断を下したと推測する。イコール、APS-Cセンサーの限界を感じている。

K-3にしか撮れない写真はありますか?、D7100じゃないと被写体を捉える事が出来ないんですか?、Canon EOS70Dじゃないと所有欲が満たされませんか?・・・。

挙げた3機種、それぞれ個性はある。でも「ここが凄いからこのカメラ以外あり得ない!」と言い切れる機能はざっと仕様や各種レビューを見る限り見当たらない。イコール、APS-Cは限界に来ていると判断しても良い。

※マイクロフォーサーズが元気だが、これは今までが悪過ぎただけで、今後は余程の技術革新がない限り、画質の面ではAPS-Cと同様に頭打ちに思える

私個人は何度も書くけど、K-3からユーザーモードの仕様が変更になった。これは撮影とは直接関係のない話だけど、自分のテリトリーでの撮影では今のところK-5のユーザーモードを5つ持つ仕様以外は考えられないんだ。

K-5の何が優れていますか?、その問いには「ユーザーモードが5つ設定出来る点」と堂々と答える。だからD7100もEOS70Dも眼中に無く、K-3への興味も次第に薄れていくのだった。無い物を付けるのは当たり前。でもある物を削っちゃいけない。

今のK-3の価格なら素直にセンサーのステップアップ、Nikon D600を見ていた方が結果的に幸せになる気がする。勿論、あと半年もしたら手頃なお値段になってくれるだろうK-3がその時に再び魅力的に映るのは間違い無い。値がこなれて来た時にもう一度、高感度耐性と3つしかないユーザーモードで満足出来るかを再考したい。

つまり、当分K-3は買わない。K-5IIsも先日までの検証の結果、K-5の欠点を多く引き継いでいる点、思った以上に価格が落ちない、この2つがネックで、(K-3を買うのならK-5IIsは要らないから)当面は手持ちのK-5で行こうと決めた。あとはPanasonicのGX7を買うか、買わないか。早く6万円を切ってくれないかなぁ・・・。

余談だが、K-3の魅力は進化したAFだと思う。測距点が増えたとか、動体に強くなったなんてどうでも良く、K-5II系よりも精度が増したと言われている。K-5でもK-5II系でも(しっかりと調整されていたとしても)外す時は外す。どうしてても苦手な被写体がある。

なんて言うのか、複雑な立体を撮ろうとすると奥へ奥へ合わせたがるようで、大概後ピンになってしまう。これはAF微調節では治らない。一部の風景だけが後ピンになるからだ。一眼レフの機構上、これはPentaxに限った話ではなく(カメラによっては反対に前ピンになる時もあるようだ)、仕方ない部分もある。

それでも1%でも精度が上がれば、幾らK-3がK-7の香りがプンプンと漂っていようが、高感度のアドバンテージが低かろうが、デジタル時代はそっちの方がカメラとしては上と見て良い。私個人は高感度を重要視するが、一般には一眼レフの命はAF精度であると断言しても良いくらいで、それがK-5系よりも上回っていたら、K-3しか選択肢は無い。

本日の写真、一般にはISO800以上は駄目と言われているK-7でISO1100、ファインシャープネス2を+2にして撮っている。またホワイトバランスはCTEでマゼンタ側に+2の補正、カスタムイメージは「雅」。

部分切り出しをしてみよう(クリックで当倍)。風景としてごちゃごちゃしているのもあるが、撮って出しのJPGで色合い、解像感、ノイズの全て、十分に良い絵になっていると思う(ちょっと後ピンだが)。だから実のところ、K-3がさほどK-5IIsから進化していなくても、喚く程のものじゃないのだろう。


参考1


参考2


ただ、未だに果たして本当にそうなのか?、と感じているのが、以前にも書いた事だが、K-5を買う際、K20Dを残すか、K-7を残すか選択に迫られた。Pentaxの人に相談したら、「絶対にK-7を残すべきだ。K-7のISO100、リバーサルフィルム、シャープネス-1、これは低感度フィルム(つまりベルビア50と言う意味だろう)とほぼ同じで、K-5よりも良い像が出ると言われた。

結果、それを鵜呑みにし、K-7を残した訳だが、本当にこのK-7のISO100、リバーサルフィルム、シャープネス-1がそんなに優れているのか疑問・・・。

でも私がどっちのカメラを売り払おうが、Pentax側としては関係のない話だから、嘘や勘違いをしているとも思えず。時間があったら検証してみようかなぁ。まぁCTEが使えるってだけで、K-7を残して正解だったとは思っているが・・・。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ココロトレール アキオ | URL | -

    相変わらずの分析、面白い、ペンタックスを建て直す会を立ち上げて下さい。カメラの開発は今随分前から頭打ちの様な気がしてます。それも買う側の方です、俺自体も今だにkー200Dの画像を見てまだまだイケると本気で思う。子供たちのイベントで他の親達のカメラチェックしますと10年前の物を使う人がかなりいます。そして写真を趣味にしてる人で今すぐ買い換えたいと、思ってる人が少ないし、金もないし、この人達の物欲を刺激させるカメラの開発は難しい。笑われると思いますが、超合金のマジンガーZ、あの重みこそ物欲の原点、ヒントかもしれません。

  2. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんにちは~
    昔 ニコンのD300を使っていたのですが、歳のため だんだんと重く感じ、D7000に変えました。
    D300の感覚で露出補正をしたら 凄く明るい写真に~
    明るい写真=きれいな写真
    初心者かカメラ女子さん向けみたいな画像になっちゃうので、短命でした。

  3. BigDaddy | URL | -

    > ココロトレール アキオ さん

    いつも応援ありがとうございます。

    何年も前のカメラでも十分だと思います。ユーザーが今のカメラのスペックに追いついていないのでしょうね。だって2400万画素あっても誰もポスター以上のプリントしませんし(笑)。コンデジなんて若干の不満はあるものの、今も700万画素のを使っています。

    高画素=高価、ステータス、そうじゃないと言う事をユーザーがようやく理解し始めたんじゃないでしょうか?。K200Dと恐らく同じセンサーのK10Dの写真を何枚かA3ノビにしましたが、全く問題ないですからね。

    物欲を刺激してくれるカメラ、超合金マジンガーZ、判りますよ!。手のひらくらいの大きさなのにやたらに重かったんですよね。Nikon Dfがそんなカメラでやっぱり売れているんですよね。私は幾つかの理由で、このカメラは認めませんけど(笑)。

    デジカメの家電でない部分、これが重要なのでしょう。中身K-3で軍幹部が真鍮で、ダイヤルだらけ(但し、配列は京セラContax準拠(笑))、それなら売れるかもしれません(笑)。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    D7000って確かRBG測光ですから、本来は色を見分ける力があった筈なんですけどね。K-5の露出が馬鹿なんじゃなく、D7000やK-5に付いていたSonyのセンサーがじゃじゃ馬で制御が難しいのかもしれませんね。私はほとんどの場面で、結局、中央重点測光に落ち着いています。

    デジカメ、特に一眼レフの場合は、家電でない本来のカメラの部分を如何に丁寧に作るかだと思うんですが、近頃のはそれがお座なりな気がしてなりません。

  5. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    始めてコメント出させていただきます。毎日のように覗かせて頂いてニヤニヤさせてもらっています。非常に勉強になります。ありがとうございます。
    大昔にカメラ小僧で、ニコンf. f2などたくさんのニコン機に囲まれて、最後はトヨビューの4x5でカメラを捨てて(笑)つい数年前にデジタルに戻ってきました。トライXを増感して喜んで使っていた時代とあまりの違いにびっくりしております。今思うことはカメラの性能よりデジタル現像のマニュアルに詳しいことの方が大事な気がしてしまいます。たまたま安かったkrから今はK5Ⅱs K-30
    パナのgx7を使っていますがどれもいいですね。。難しいことはわかりませんが素晴らしいカメラたちです。面白半分にカシオのQV10を買った頃にこんなにデジタルカメラが素晴らしい画像を出すとは夢にも思いませんでした。ペンッタクスの熱いファンのためにも辛口のブログをお待ちしております。長々とすみせまんでした。

  6. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    コメントありがとうございます。

    最後はシノゴですか!、モノクロ増感を楽しまれたり、フィルム経験が豊富とお見受け致します。仰る通り、今はデジタル現像処理でどう己の思考を反映させるかだと思っています。そしてそれはフィルムをやっていた経験が大きく影響を受けると思っています。

    反面、、フィルム時代の呪縛から逃れられずに自由度が減るとも思っており、それをどう克服、考えていくかだと思うんです。海外の写真サイトを覗くと日本とはデジタル写真の考えが丸で異なり、丸でCGのような美しい像を見られます。

    日本人はそうでなく、保守的と言いましょうか、なるべく肉眼で見た風景に忠実、記憶色とでも言いましょうか、それに固執し、派手なレタッチ、現像処理はしない人が多いように感じています。文化の違いなのでしょうし、どちらが良い悪いでもありませんが、デジタルになって、より一層広い視野を持つ必要があるとは感じております。

    ホワイトバランスのCTEは全体が青くなるから使えないとか、エクストラシャープネスはノイズが乗るから嫌だとか、人それぞれ考えがあって良いのでしょうが、それらをどう上手く使いこなすかによるのでしょう。

    K-5IIs、K-30、GX7、まさに理想的な機材、これこそ今、私が手にしたいシステムで、羨ましい限りです。K-3は良いカメラには違いなく、APS-C機種では最高の部類でしょう。でもどうも納得が行かない面もあり・・・(笑)。

    今後ともどうぞよろしくお願い致します。

  7. KADO | URL | SFo5/nok

    デジタル一眼について

    最新型が出るたびに高画素数競争が続いていますが、本当に必要なのでしょうか。
    仕事の関係上写真整理を行わなければならないのですが、高画素数のデーターを整理するたびにパソコンの動きが遅くなりパソコンを更新することになりました。PEN MからCOA2ですけど。
    たぶん御用聞きカメラマンはプロですからそれなりの機材を使用しているとは思いますが、ほかの方はどうしているのでしょうか。RAWで撮り編集されている方の機材もきになるところです。
    去年私もK5ⅡSを購入し風景写真を撮っているのですが。LXを購入し慣れるまで2年位掛かりましたので同じでしょうか。

  8. BigDaddy | URL | -

    > KADO さん

    コメントありがとうございます。

    高画素競争が必要なのはメーカーだけでユーザーは関係ないのでしょう。各自が何を求めているか、特にプリントサイズですよね、それをしっかりと理解していれば自ずと自分にマッチしたカメラを買うんだと思います。ただ、メーカーが勝手に画素数を上げちゃうのでユーザーはそれに従うしかないのでしょうけど(笑)。

    パソコンはうちはcore i5のメモリが8GB(2GBを特殊作業に使っているので実質6GB)ですが、2400万画素だとLightroomで編集していると、特に不満はないです。しかし、Lightroomは特別に処理が速いので、他の現像ソフトを利用するとうちの今のスペックでも腹立ちます。

    ですからこれから数年、写真編集を主目的に使うパソコンをとお考えなら、core i7、メモリは16GB、アマチュアでもこれくらいのスペックが必要になるかと思います。これでもDell辺りのメーカーならばかなり安くなりました。これで一般的なハードディスクのスピードがあれば2400万画素程度のRAWファイルならサクサク編集は可能です。

    「LXを購入し・・・」、この部分の意味がちょっと判りません。LXってフィルムカメラのPentax LXの事でしょうか?。

  9. naruhodo | URL | vAGFpJJs

    こんにちは、

    はじめまして、カメラを持つようになって2年ほどで、実はK5からK3に乗りかえようかと考えていろいろ検索調査している者です。
    ところがどうも考え方がかわりつつあります。その原因はミラーレス機の台頭です。
    なんかそっちに心が持っていかれてるんです。しかもそうなるとK5がまさかのサブ機になるかも。

  10. BigDaddy | URL | -

    > naruhodo さん

    コメントありがとうございます。

    月並みになりますが、カメラに何を求められているか、何を中心に撮りたいか、になるんだと思います。私は動体撮影はせいぜいウロチョロしている猫や年に何度か地方のローカル線を撮るくらいなので、便利さを考えると、断然ミラーレスとなります。

    ただ、私は廃墟を撮りますので、超高感度域の画質が問題になり、APS-CではどうもそれがSonyの1600万画素センサーが一番なのではないか?、と思っており、そうなると必然的にK-5、K-5IIsになるんです。勿論、K-3も2400万画素の割には頑張っていますし、カメラの基本機能は明らかにK-3が上なので、特別妙な用途がない限り、K-3をお勧めします。

    今現在、APS-Cミラーレスの代表とも言えるFujiのX-E2のレビュー記事を書いていますので、もしお読みになっておられなければ、過去の今年初めくらいのK-3レビュー記事と合わせてお読み頂ければ、多少なりとも方向性が見えてくるのではないかと思います。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  11. omizo | URL | aYDccP8M

    初めまして。面白く読ませております。
    物欲を刺激してくれるカメラ、超合金マジンガーZ
    月の行った。カメラレンズ、カメラ本体、フイルム(70mm)。腕時計。買ってしまった。使う機会がほぼ無い。マジンガーZは、人の頭脳を加えた時に・・・。 レンズとフイルムを使うための暗箱が、電気駆動になるとは。ハップル(欲しい)

  12. BigDaddy | URL | -

    > omizo さん

    コメントありがとうございます。

    が・・・、コメントの内容が、失礼かと存じますが、支離滅裂で何を仰りたいのかイマイチ理解出来ません。
    ご面倒でなければ、内容を吟味され、もう一度コメントを頂けませんでしょうか?。


  13. omizo | URL | aYDccP8M

    失礼を申し上げました

    誠に失礼を申し上げました。

    物欲を刺激してくれるカメラ、と言う意味で、Hasselblad/EDC・Zeiss Biogon 5.6/60mm・70mmマガジンというわけでもないですが。500EL(500cでもよかったかな)、Biogon ではなくPlanar CF 80mm/f2.8 T。70mmマガジンです。腕時計はスピードマスター。を買ってしまった。ただ、私には、持ち腐れです。 マジンガーZは、どのような超機械でも、人の頭脳で、超機械にもなれば、ただの置物にも。 超合金のマジンガーzは、買ってしまったのですが。 

    ローテクとハイテクの行き来する、職場で、電子化の恩恵は多く受けており、必要とするものと、物欲は、悩ましい事です。

  14. BigDaddy | URL | -

    > omizo さん

    お手数お掛けしました。なるほど、そういう事でしたか。


    ハッセルのEDCってスペースカメラなんですね。それを夢見て、実際には500ELを買われたと言う事ですね。スピードマスターは月に降り立った時にはめていた、これはなんとなく記憶していました。持ち腐れと言われますが、昭和世代の人間としては、それでも良いと思いました。歴史を感じられるだけで価値あります。

    確かに単なる置物になってしまう事もありましょうが、それはそれで道楽である、無駄こそが人として価値がある(無駄を省けば猿と同じ)そう楽観的に思うのも、これまた粋であるのではないでしょうか?。

    うちには歴史、昭和を感じる品なんてありませんもんね。何年か前に実家の大掃除をしてSonyのベータマックスや真空管ラジオも捨てちゃいましたし。ラジオはマニアに2万円で売れましたけど(笑)。

    私はフィルムカメラならMamiya New6に物欲を感じます。6x6フォーマットで写真を撮りたいだけなんですが、ハッセルはもう私には大き過ぎて・・・。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  15. riak | URL | IK9UWXHA

    価格の落ちどころ

    はじめまして

    面白い記事をありがとうございました。
    発売から一年以上経ち、価格も下がってきていますが今後、どれくらい落ちると分析しますか?

    ズバリ、価格面からみる買い時はいつでしょうか?

    宜しければ教えてくださいm(__)m

  16. BigDaddy | URL | -

    > riak さん


    コメントありがとうございます。

    アナリストじゃありませんから、何とも言えません。ただ勝手な憶測として・・・。

    時間が経過すれば当然どんなカメラでも値が落ち、すでにK-5IIsが生産ラインから外れており、ラインがK-3の一本化しましょうから、より大量生産が出来る筈で、K-5IIsの在庫が無くなった時(年内になくなるんじゃないでしょうか?)、一時的にK-3の価格が上がるかもしれませんが、K-3が今以上に生産を続けたら、来年の春にはもっと下がると思います。

    あと、価格.comや2チャンネルの機種専門板で数日に渡りコメントが滞ったら買い時、私はそう思っています。K-3はまだ会話が成立していますから、私個人はまだ買い時ではないと考えています。K-3のユーザーでさえ書き込みがなくなる、そこが狙い目かと。

    あとはCP+でPentax、Ricohが何を出してくるかでしょうか?。あくまでも私だったらですが、もしK-3が欲しかったとしたら2月くらいには買うかもしれません。価格としてはPentaxのカメラで8万以上出す気はないので、7.5万でしょうかねぇ。7.5万であったら、その後も値下がりを続けたとしても、価値以上の機能はあるので、損をしたとは思いません。

    怖いのは、上述の通り、K-5IIsのラインがもうないのと、K-S1が売れていませんから増産は有り得ず、暇なラインがきっと存在している筈で、いきなりK-3IIとか出てきたら・・・。でもそういう事を考えていたら、カメラなんて一生買えませんよね(笑)。

    こんなところで宜しいでしょうか?。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)