にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

K-5でK20Dを超えた!

2014年03月03日 00:00

水辺の風景

水辺の風景

Pentax K-5, SMC DA18-135mmF3.5-5.6ED

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



何の話?、撮影コマ数、そして所有している期間の話。K20Dが2年半で24000コマ、そして今、K-5が25000コマで2月の時点で2年半。やっとコマ数も期間も超えたのだ。

その間、K-7やOlympus E-P3も併用しているが、K20Dを所有していた時もK10D、K-7、Canon EOS30Dを利用していたから、撮影量そのものはほとんど変わっていない事になる。

ちなみにK-5の25000コマは一号機、二号機、そしてそれらが入院中に(2台合わせて2年半で延べ5ヶ月も入院している)Pentaxからレンタルした代替機を合わせた数で、うちは私が一号機のサブに二号機を、普段は連れが二号機を使用し、連れは私よりも撮影頻度、シャッターを切る数が多く、二号機に限っては昨年秋に30000コマを超えていた。

K-5を買った時、どんなに優れたカメラが発表されてもコマ数、期間で、K20Dを超えるまでは買い換えない、そう誓い、これが実現した訳だ。だから本来ならば、そろそろ次の機種をと考える。前回の記事の通り、次期メインカメラはほぼK-3に決定した訳だが・・・。

今すぐに、喉から手が出るくらいにK-3が欲しい!、とはどうしても思えない。ネックはやはり価格だ。K-3を2台、1台には縦位置グリップを付け、現状、K-3のセンサーに耐えられる標準ズームレンズはSigmaの17-50mmF2.8くらいしかなく、レンズも2本新調せねばならない。一体幾ら掛かるん?。

※Pentaxにはスターレンズの16-50mmF2.8があるが、高価な割には使った限り、大した性能ではなく、防塵、防滴くらいしか旨味は無いと思っている

2400万画素のRAWデータは当初思い描いていた程、処理に重さを感じず、今うちにあるパソコン(Windwos 7、Core i5、8GB、Lightroom 5.2にて)でもサクサクとは行かないまでも特に遅さは感じずに表示してくれ、カメラと同時にパソコンを買い換える必要がないのが唯一の救い。それでもカメラを買い換えるのが馬鹿馬鹿しく感じちゃう。

K-3を知った今、K-5はどう足掻いても勝てる要素は無い。これはk-5IIsでもそう。K-5IIsはローパスフィルターを廃して、解像感に関しては1600万画素でレンズにも負担が掛からず、ちょうど良い塩梅ではあるが、いかんせん、内部処理がK-5と同じだから、全ての処理がワンテンポ遅い。

※本ブログを最近お読みの方は持っていない癖にと思われるあろうが、K-5IIsは以前、Pentaxのご好意で借りて使った事があり、各処理に関してはK-5と変わりない事を確認している

それでもK-5にある程度満足している自分がいる。勿論K-5には多くの欠点があるが、それまでのPentaxのカメラが悪過ぎたから(私の要望に応える機能、画質が無かった)、それに目を瞑れちゃうとでも言おうか?。

K-3は良いカメラで、正当に進化している。しかし言葉を裏返せば、スペックや描写力が想定内だったとも言える。K-5で初めて写真を撮った時のワクワク感がなく、結局APS-Cの限界を感じただけとも言える。

最新の2400万画素センサーを積んでいるSony α6000がどの程度の画質かはこれを書いている今、知る術はないが、突然ISO3200がどんな風景にも使えるなんてあり得ず、ISO800からの高感度域は135センサー搭載のカメラの方が有利には変わりないだろう。Nikon D600のISO800~6400の写真を見て、高感度はAPS-Cでは適わないと悟った。

※一部のサイトではFujifilm X-T1の高感度は135センサーを凌駕するなる結論が出ているが、これは話半分くらいに考えていた方が良い

高感度、高感度と煩いタイプであるが、ISO3200以上の画質よりも、1600万画素のK-5にせよ2400万画素のK-3にせよ、多くのカメラマンが良く使うISO800~1600の描写に納得が行かず、非常に残念に思っていて、これこそがAPS-Cの限界なのだろう。

※描写力はレンズの性能に大きく左右されるので、センサー、画像処理エンジンだけのせいじゃない

(α6000の画質を見てからだが)うちがK-3を買うのはほぼ決定している。でも上に挙げたようにAPS-Cの限界が判っているから、高値を維持している今焦って買うのは馬鹿馬鹿しいなと思っている次第。

K20D、そしてK-7も連れが撮影したコマを加えればやはり2万コマくらいは撮影しており、この2機種は相当使い込んだ感があり、それで自分が撮りたい風景にはこの2台のカメラは不適当、そう判断してK-5を購入した。だから、K-5だともう望む風景が撮れない!、もっと使い込んでそう感じない限り、あっさりとK-3には行けない。

K20Dの撮影コマ数、期間を過ぎた今からK-5への真の評価が始まる・・・。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    良い心地の風景ですね!
    ニホンウナギでも生息してそうな池ですね。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    こういう地方の漁港よりも小さな、こういう風景、仰る通り、心地良く、郷愁を感じました。
    天然物がいるかどうかは判りませんが、ここはうなぎの養殖でも結構有名な場所で、周辺はうなぎ中心に川魚を食べさせる和食屋さんが沢山ありましたね。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)