にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

デジカメ業界は右肩下がり

2014年03月05日 00:00

Cafeの風景

Cafeの風景

Pentax K-3, SMC FA50mmF1.4

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事にも絡む話。

スマホの台頭でコンパクトデジタルカメラの売り上げが各社落ちている。Canonは低価格のコンデジをラインナップから外すなんて話もあるし、他のメーカーもそれに倣えの傾向があるみたいだ。

確かにスマホのカメラで日常を写すのが流行りのようだが、本当にそれだけでコンデジが売れないと各メーカーが思っているのだったらアホだと思うし、スマホがあるから・・・、これってマスコミが勝手に作り上げた・・・、嘘とまでは言わないが、大袈裟な表現ではなかろうか?。

要はフィルム時代のコンパクトカメラと同じ現象が起きているだけなんじゃないか?。私のように三度の飯よりも写真を撮るのが好き(って程でもないのだが(笑))なんて人は一握りしかない。多くは記念写真用にカメラを持つ。

フィルム時代、一度コンパクトカメラを買ったら、それが壊れるまで使うのが普通だったでしょう?。そうなるとおおよそ3年以上は一機種を使い続けていただろう。

デジタルカメラでも同じだと思うんだ。実際うちもそう。うちが普段、記念、記録写真に使っているコンデジはLumix DMC-FX55、Ricoh GX100、Canon IXY920ISで、2007年と2008年の発売。どれも中古での入手だが、4年以上使っている。

これが現実でしょ。カメラ関連の掲示板を見ていると、新しい機種が出る度にみんなが買い換えているような気がしてしまうが、それは錯覚でしかない。メーカーだってそんな事、とっくの昔に知っている筈で、何を今更、スマホのせいにするなんておかしいでしょ?。マスコミも一緒になってスマホのせいにして互いに傷をなめ合っているとしか思えない。

センサーがCCDからCMOSになった時にコンデジも高感度の画質が向上したが、それ以外にカメラ本来の機能なんて5年前からちっとも進化していない。2007年発売のしょ~もないうちのコンデジでも最新の2000万画素のコンデジと比較しても(低感度域なら)2L程度のプリントならさほど差は出ず、コンデジでの記念写真は2Lよりも大きな絵なんて望んでおらず、2Lプリントで綺麗に出力されれば何の問題も無い。

どのメーカーも、ほとんどのコンデジは単にセンサーの画素数が上がり、内蔵のソフトウェアでアート的なエフェクト機能を満載しているだけ、メーカーはユーザーに良品を提供する義務を果たしているのでなく、毎年、新発売合戦をしているに過ぎない。それじゃぁ誰も買わないって。

安価なコンデジでもこれからは優れた質のカメラを長い期間売る時代に突入するのだろう。今まで毎年モデルチェンジしていたのがおかしかったのだ。3年サイクルくらいが丁度良いのではなかろうか?。

でもここで別の問題が湧き上がる。レンズ交換式のカメラでもコンデジと同じ現象が起こりつつあるのではなかろうか?。

K-m、K10D、K20D、K-7と立て続けに購入したが、K-5を買ってからは知人からOlympus E-P3を譲り受けただけで、前回の記事の通り、2年半使い続けている。そしてK-3が発売になった今もそれには手を付けず、最低でもあと1年はK-5を使おうと決めている。私が撮る写真ならK-5で十分だからだ。

そして特殊な、高機能なカメラでないと撮影出来ないような風景を切り取らない、そしてポスター大の写真プリントなんて生涯しない、そんなカメラマンは私だけでなく、手元にあるカメラで十分な写真を撮れるだろうし、それを各自が十二分に承知している。

暫定ではあるが、K-3が次期メイン機種になろう、しかし何度も同じ内容になり申し訳ないが、APS-Cの限界をK-3で知ってしまったから、ならばAPS-CはK-5で終わりにして・・・、そんな浮気心も実は存在していたりするのだった。

フィルム時代、カメラを趣味とする・・・、そんな人以外でも一眼レフを手に持つ人はいた。でも多くは1台買えば以後、それを長く使った。

レンズ交換式のデジタルカメラもこれと同じく、少なくともここ2、3年に発売されたカメラの多くは一般の撮影に十分な機能を持っており、1台手に入れたらそれが壊れて機能しなくなるまで使い続ける人が多いだろう。

手持ちのK-5が故障し、修理代が半端じゃない!、そうなったらもはやK-5は用済みとなるが、運良く故障しなかったら、K-3じゃないと絶対に撮れない写真なんて自分の中には存在せず、写真機材につぎ込める金額に上限があるのだから、K-3を買わずに良いレンズを揃えた方が幸せ感は強い。

要するにコンデジでもレンズ交換式カメラでも革新的な技術が今後生まれない限り、デジタルカメラ市場や右肩下がりは必至。デジタルカメラ業界は創成期が終わり、成長期も過ぎ、今は安定期に入っている。ユーザー優位でメーカーを取捨選択する時代だ。

スマホ云々なんて話ではない。白物家電と一緒。冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器の新商品が発表されたら、次々に買い換える人なんてほとんどいない。デジタルカメラだって同じ。フィルムカメラは趣味、嗜好品である事が多かったが、デジタルカメラは単なる実用品でしかない。

本来、パソコンがそうであったと同じく、そんな業界商品は価格破壊が起こる。Sonyがある程度価格破壊を起こしてくれているが(先日発表のα6000も安いと思う、Olympusのボッタクリ感がより強調される価格(笑))、どうもそれに続こうなるメーカーが見当たらない。そしてアホノミクスのせいで為替の問題もあり、海外生産なる理由があるのか、近頃のデジタルカメラは高値を維持している。

売れないから高く金額を設定する(売れているから強気、そんな機種もあるのだろうけど)・・・、メーカーとしては当然の戦略であろう。K-3は非常に優れたカメラで、歴代のPentaxデジタル一眼レフカメラで最高のモデルだろう。しかし、Ricohの強気の価格設定で売れていない。ユーザーも馬鹿じゃない。値下がるのをじっと待っているのだ。安いからPentaxを買う、安くないのだったら意味が無く、私ならとっととNikonに鞍替えする。

加えて、デジタルカメラの場合、センサーの性能がモノを言う。Sony、Toshibaと言った汎用センサーを製作しているメーカーが優れたセンサーを今後も開発するかに掛かっており、困った事に、APS-Cのセンサーには将来が見えてこない。

どうもカメラ業界は安定期に入るのを嫌っている節が見られ(当たり前と言っちゃ当たり前)、早急にAPS-Cから135センサーにシフトしようとしている気がしてならない。ユーザーがAPS-Cセンサーに限界を感じているのはここにある。そこを上手く汲み取って、これ幸い、135カメラをさばこうとしているのがメーカー。そうは問屋は卸さない。

ただ、NikonのD300s、CanonのEOS 7Dの後継機種が噂だけで、ずっと出ていない・・・、これは135にシフトしているのではなく、NikonもCanonも判って延ばしているんだと思う。D300sは旧モデルって感じもしないが、EOS 7Dは現行機種で、きっとそこそこ売れているんだと思う。

Pentaxはそこを間違ったかもしれないなぁ。K-5IIs、K-5IIがそこそこ売れていたのだから、もう1年引っ張ってさらに完成されたK-3を今秋に発表するべきだったんじゃなかろうか?。それともNikonとCanonが今秋にD400、EOS-7DmkIIを発表するのを予期して、鬼の居ぬ間に作戦を敢行したのだろうか?。

今現在、Pentax K-3がAPS-C至高の商品だと断言出来る。今後CanonやNikonからこれ以上優秀なAPS-Cカメラが生まれる可能性はあろうが、PentaxユーザーはK-3で満足してしまうのも事実で、なら昨年11月発表で正解だったのかな。

いずれによせ、RicohのカメラはK-3を買っておしまい。優秀であれば優秀である程、次のカメラを考えないもの。そして他社のK-3とは性格の異なるシステムに目が移っていく。これがPentaxユーザーの将来にも見えるのは考え過ぎか?。

そんなユーザーを引き止めるのは135センサー搭載一眼レフじゃない。135センサー搭載カメラは「必ず出す、期待してちょ!」と明言しとけば良いだけで、先ずは早急にK-01に変わるEVF内蔵のミラーレスカメラを発表すべきだと思うのだが如何だろうか?。そうじゃないと、私個人は確実にPanasonicのGX7、もしくはFujifilmのX-Eシリーズに浮気する。

ミラーレスシステムは一度浮気したら、まず戻らない。浮気じゃなくて本気になるからだ。PentaxはミラーレスでKマウントを捨てない限り、他社のレンズで遊ぶのはほぼ不可能なのだから、そういう遊びが出来る他社カメラを買ったら、戻る気にはならないでしょ。そんな気にさせない為にKマウント維持でも素早くEVF内蔵のK-02が出なくちゃいかん。

※本日の写真はRicohからモニターでお借りしたPentax K-3で撮影している


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. hidemaro2005 | URL | 8EVplz.w

    そのとおり!

    あたしなんか、出たてのデジKISS
    まだ使ってるし・・・

    基本、レンズにはこだわってますが、それでいいと思います

  2. やす | URL | hCrKFkBc

    BigDaddyさん

    高感度と安さにひかれて結局FujiのX-A1を購入しました。
    X-トランス機はどうもあのモヤモヤした解像感のない絵が気になって、X-A1より高感度には強いというのは分かっていたのですが食指が伸びませんでした。

    RAW比較では、X-A1はペンタのK-50と同程度か少し良いくらいではないでしょうか?

    http://www.dpreview.com/reviews/image-comparison/fullscreen?attr18=daylight&attr13_0=fujifilm_xa1&attr13_1=fujifilm_xe2&attr13_2=pentax_k50&attr13_3=sony_nex6&attr15_0=raw&attr15_1=raw&attr15_2=raw&attr15_3=raw&attr16_0=1600&attr16_1=1600&attr16_2=1600&attr16_3=1600&normalization=full&widget=1&x=-0.00916247077505189&y=0.81818266224785

    ペンタからAPS-Cのミラーレスを出していれば、ペンタのことなのでUIや機能面で変なケチり方をせず、しかも低価格で提供するのではないかと思います。
    X-A1を買う前に「ペンタから使えるミラーレスが出ていればな」と同じことを考えていました。

    Fujiのミラーレスはまだまだ発展途上と感じてますが、次期有機センサーがのり軌道に乗った頃が買い時だと思います。
    それまではX-A1をお散歩カメラとしてつなぎで使うつもりです。
    しかし、コントラストAFは風景にはもってこいですね。

  3. ハル | URL | -

    新製品好きなので飽和状態ってことはかんがえたことなかったです。
    確かにカメラの根幹部分は数年進歩してるかといわれれば。。。ですもんね。
    高感度の写真は新しいのが強いですが、晴天の写真などでは十分昔のでもきれいですもんね。
    K-5II所有ですが長く使いそうなのでメーカーには悪いですが暫く新製品には手を出せそうにないです。
    でもレンズは欲しい!レンズの方はどうなんでしょうね?一眼ユーザー少ないからあまりカメラ業界にはかんけいないのかな。

  4. BigDaddy | URL | -

    > hidemaro2005 さん

    Pentaxの600万画素のistDを持って下町散歩しているおじいちゃんを見る時がありますが、うん、そうなんだよなぁ、高画素は意味ないのだろうなぁと。

    レンズには拘りたいのですが、いかんせんうちが使っているのはPentaxですから、これを一生使うか否か、その辺の事があり、もうしばらく動向を見ようと思っています。まぁ私にはSigmaのレンズで満足しちゃうんですけどね(笑)。

  5. BigDaddy | URL | -

    > やす さん

    新しいカメラを買われたのですね。おめでとうございます。

    確かにローパスフィルターレスでこの程度か?、と思う解像感なんですよね。ネットを見ていると、あのモヤモヤの解像感がプリントするとゴージャスになるらしいんですが、実際はどうなんでしょうかね。フジの純正プリントじゃないと駄目とか(笑)。

    比較写真、確かにX-Eシリーズは群を抜いていますね。ただこれもネットを見ていると、実効感度が低いなんて話もあり、私個人はPentaxのさほど変わりはないんじゃないかと思っています。

    PentaxってRicohになってからも何かワンテンポ遅いと言うか、商機を逃してばかりいるようにしか見えないんですよねぇ。私はレンズマニアではないので、ミラーレスをオールドレンズを利用する母体にしようとはあまり考えておらず、KマウントであってもPentaxからちゃんとしたミラーレスが出ればそれを使うんですよ(笑)。Fujiのミラーレスはもうちょっと安くなってからでしょうかね。X-E1は中古では安いので、考えどころです。

    ところで、以前話に出たRawTherapee。これの最新を使ってみたところ、どのバージョンからなのか不明ですが、ノイズリダクション処理がLightroomと同等のクオリティになっています。これはちょっとびっくりしました。見る限り、DxO Optics 7より確実に良いですね(Optics 9はかなり良くなっていますね)。

  6. BigDaddy | URL | -

    > ハル さん

    もはや、コンデジもレンズ交換式のカメラも壊れるまで使う、これが普通になったのかもしれませんね。高感度もAPS-Cではほとんど数年前のモデルと変わりなく、高感度優先ならばもう135しかないんですよね。

    メーカーはレンズを売りたいのでしょう。カメラは1台でもレンズを数本持つ人が普通ですから、キットレンズ以外に買わせたくてしょ~がない筈なのですが、Pentaxは微妙なんですよねぇ。レンズ開発も遅れている気がしてなりません。

    K-5IIは壊れるまで使い込んで下さいませ。余程の事がない限り、K-5IIでほとんどの被写体を撮っても不満はないと思います。

  7. ココロトレール アキオ | URL | -

    マニア垂涎の物を造る事と儲けは比例しない

    カメラマニアの人口が元々少ないので儲けには繋がらないけど一個の単価を上げて、アクセサリーとレンズの充実そして肝心要の写り、オーラ漂うデザイン、ボディーだけの値段を20万円に設定しても売れる気がします。別のラインナップにカメラ女子が喜びそうなふわふわハイキーカメラをと
    はっきり分けて売る、俺が社長ならそうします、儲けは少ないけどカメラには独特の収集癖を持つマニアはお得意様になると離れない、ペンタックスにはそんな血が流れていると信じてます。

  8. BigDaddy | URL | -

    > ココロトレール アキオ さん

    645Dが商売として成立しているのなら、そういう20万円のカメラでも「あり」かもしれませんね。私は絶対に買いませんけど(笑)。やはりPentaxの良さ、一番の特徴は、Nikon、Canonよりも安い事にあり、それがなくなれば、魅力は半減します。ですから、K-3は使えるカメラで、非常に実用的ではありますが、魅力は薄いと感じています。持つ喜びを感じないカメラとでも言いましょうか。

    勿論、デジカメは白物家電と同じ、そんな意識がありますから、K-3はそれで十分のカメラですが、その実用品が、一流メーカーの一流品と同じ値段だったらやっぱり買いませんよねぇ。

    確かに仰る通り、独特の収集癖を持つようなマニア層はいましょうし、Pentaxはその手の人達の心を揺さぶるメーカーではありましょうが、ほんの一握りの人達の為に、大多数が待ちぼうけ、これはいかんと思っています。

    レンズがそうですよねぇ。ほんの一握りしか使わないような外観にお金を掛けたLimtedレンズがありますが、Limtedをラインナップするのに文句はありませんが、一般の人達が使えるレンズを先に出せよ、と言いたくなるんです(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)