にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Lost community - 失われた集落 その1

2014年04月02日 00:00

自然に帰る・・・

自然に帰る・・・

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



スリーピー・ホロウと言えばジョニー・デップ主演の18世紀のアメリカを舞台としたオカルトサスペンス映画。

「戦争の犬達」では主演の傭兵、「ディア・ハンター」では主演のロバート・デニーロの友人役、「007美しき獲物達」では悪役を務めた好きな俳優クリストファー・ウォーケンが首なし騎士役で、ジョニー・デップと言うとドタバタを連想するが、結構面白かったのを覚えている。

この映画の映像は、数年前からデジタルカメラ界でブームになっている銀残し手法が使われているのが印象的。勿論デジタル処理でなくホンモノのフィルムをブリーチバイパス処理したもの。

今日はここから話を広げて行きたい。

今、FOXにて同じタイトル、スリーピー・ホロウが連続ドラマとして放映されている。同じくオカルトサスペンス映画で、毎回楽しみにしていたりする。

これは映画版と同じく、アメリカのスリーピー・ホロウ伝説が元となっており、前回の話がロアノーク植民地をモチーフにしたもの。

ロアノーク植民地 - wikipedia

失われた植民地、最後にそこに残った100名が3年の間に全員姿を消した・・・、これはどうやら史実のようで、wikipediaを見る限り、今も尚、解明されておらず、研究が進められているようだ。虐殺か?、はたまた天災や疫病?、それとも単に徐々に他所の地域に移っていっただけなのか?。

映画「サイレントヒル」はホラーゲームから派生したとの事で、そのホラーゲームがヒントを得たのが実際に消滅した町、セントラリアである。そしてそのセントラリアもオカルト的な要素は一切無く、人災+天災によって有毒ガスが噴出し、退去命令が下り、移住したに過ぎない。

セントラリア - wikipedia

こういう伝説は日本にもあったりする。

杉沢村伝説

「杉沢村は時空の歪みの中に存在し、現われたり消えたりする村である」

素晴らしい結論ではないか!。実際には津山事件が大元で、それがかつて青森県に廃になった集落があって、上手く合致したから伝説となったのだろう。

そして日本各地には過疎化によって廃になった集落が多数あり、廃墟マニアは情報を頼りに、蛭、蛇、熊、スズメバチ等と戦いながら廃集落探訪をするのだった。今回もネットをウロチョロしていて「おおっと!、ここは是非行かねばならん!」と思った廃集落。

次の写真の踏み切り、ここから世界、風景が豹変する。


2014-04-02-02

Pentax K-5, SMC FA28mmF2.8AL

この踏切を抜けると、用水路に沿った細い道が続いており、その左右に幾つかの廃な家屋がある。結構な朽ち方をしているのもあり、ここ数年って感じじゃない。10年くらいはこうやって放置されていたのではなかろうか?。

山奥の集落でこのように放置された廃は東京近郊でも今でも幾つかあるが、少し歩けば市街地、15分も歩けばJRの駅がある、そんな場所での放置プレイ、これは珍しい気がする。

では放置された幾つかをご覧頂こう。


2014-04-02-03

Pentax K-5, SMC FA28mmF2.8AL


2014-04-02-04

Pentax K-5, SMC FA28mmF2.8AL


2014-04-02-05

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


2014-04-02-06

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


2014-04-02-07

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

とまぁこんな感じで、地区の地図を見ると50戸くらいあるようだが、取り壊された家屋もあるだろうし、植物に侵食されていたり、また今回はどうやら完全な「廃」ではなく、今も尚、住まわれている家屋を2つ程見つけたので、(礼儀正しく?)立ち入り禁止区域には入らないようにしたので、確認出来たのは10数戸。

それと今回、ここを探索する時間、リミットが1時間半、別の入り口から進めば、さらに多くの廃屋を望めた筈なのを涙を呑んで断念。あと1時間余裕があったらなぁ。ほぼ制覇出来たのに・・・。

さて、この集落。一体何故こんなになってしまったのか?。それはまた次回。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)