にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

猿島には縁が無く三笠を見てきた

2014年04月06日 00:23

海洋研究開発機構深海潜水調査支援母船「よこすか」を狙う

海洋研究開発機構深海潜水調査支援母船「よこすか」を狙う

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



うーー、本当は前回記事の続き、廃集落ネタを予定していたが、掲載予定時間に全く間に合わず・・・、そこで急遽、記事を差し替え・・・。

※廃集落ネタは8日か10日にもう一度!

そんな訳で猿島だ。20代の頃から行ってみたいと思っていたのが猿島。猿島とは?、それを書くのは面倒なので下を参照されたし。他にも「猿島 遺構」で検索すれば色々と情報を見つけられる。

猿島 - wikipedia

記憶が曖昧、学生の頃だ、当時のトレンド系の雑誌にある島が紹介されていた。関東近郊で探検特集のような記事で、船で行ける無人島、軍事遺構が仰山ある!、そんな内容だった。当時、軍事遺構なんて丸で興味が無かったから、「そんな場所がある」、その事実だけを脳に植えつけていた。

写真を撮り出すようになってから、廃墟に興味を持ち、軍事遺構も廃墟、「果て、あの雑誌に書かれていた島はどこだっけか?」、それがずっと頭の片隅に疑問として残っていた。そしてデジタルカメラを始めた時、インターネットでそれが猿島であると理解する。

昨秋、そうだ!、猿島へ行こう!、そう思い立ち、航路などを調べていたら、なんと!、無人島のそこで夜間に火事があり、レストハウスが全焼。当分の間、立ち入り禁止、欠航中との事。おいおい・・・。行きたい!、そう強く思っていただけに辛い!。

そして冬になり・・・、冬に無人島なんて寒くてしょ~がねぇ!、そんな訳で先日ようやく、20数年越しの夢が適って訪れた訳だが・・・。


トホホ・・・

2014-04-06-02


その日は小雨と強風で、昨日まで暖かかったのに!、なる腹立たしい天気。でもこの程度の雨風なら湾外に出る訳でもなく、当たり前に船が出港するだろうと思っていたら、この有様よ!。なんだよ、つくづくついていない、猿島には縁が無いって事かい!?。

そんな訳でせっかくここまで来たのだから戦艦三笠でも見るべ!、って事で、桟橋隣の三笠記念館を訪れたのだった。三笠について、これも面倒だから解説はwikipediaに任せよう。

三笠(戦艦) - wikipedia

そう、この三笠、遠くから見ると海に浮かんでいるように見えけど、実は陸地に固定されているのだった。当然、wikipediaの通り、砲身部分はハリボテである。


一見、海に浮かんでいるように見えるが・・・

2014-04-06-03


実は陸地に埋め込まれている

2014-04-06-04


この手の記念館や資料館と言った類には全く興味が無い。三笠の知識も皆無、恥ずかしながら昨秋に猿島を調べていて、初めて三笠の名を知ったくらい。しかも何故かその時は勘違いをしていて、日露戦争、第一次世界大戦でなく、第二次世界大戦で使われた戦艦だと思っていた始末。

だから雨が大粒にならなければこの記念館をスルーし、すぐに横須賀のドブ板通りを散策していたと思う。とにかく雨宿りする為だけに500円を払ったようなもので、全く期待をしていなかった。

ここは当時を可能な限り再現してはいるが、あくまでも船の形をした記念館であって上述の通り、砲身などは単なるハリボテレプリカで、人様を感動させられる写真を撮る事は出来ない。ところがどうだろう!。意外や意外、面白かったのだった!。

見学出来るのは地上甲板と居住スペース(地下1階?)だけで(蒸気エンジン部分はワシントン軍縮条約によって再現出来なかったのだろう)、展示品などをゆっくり見て1時間程で巡れるところ、2時間近くあっちこっちをウロチョロしていたくらい。

トップ写真、そして次の写真は、副砲と言うらしい。勿論これもレプリカであるが、来場者が自由に砲身などを動かせちゃうのだ。流石に大人の今、他人の目を気にしちゃって、「なるほど動くのね!」と冷静な対処をしていたが、子供時代に訪れていたら、この副砲で1時間くらい一人海兵さんごっこをしていたろう。


2014-04-06-05


2014-04-06-06


丸い窓を見ると船だって判る。ところで、何故船の窓は丸いのか?。インターネットの凄さ、googleで「船の窓は何故丸い」と入力したら仰山ヒットした。

なるほど、船は航行中に波などで船体が至る方向から力が入り捩れるらしい。そして特に昔は強度の問題で四角よりも円形が良いとされていたようだ。飛行機でも同じ理由との事。


2014-04-06-07


2014-04-06-08


上が三笠の主砲(勿論レプリカ)。なんと30センチ砲だそうだ。弾のレプリカもあり、確かにでかかった。発射時の反動を軽減する装置は当然付いていたろうが、それでも半端じゃなかったと思う。短時間で連射したらきっと壊れちゃうのだろうなぁ。

ところで戦艦大和の主砲はさらにでかく、なんと46センチ砲だそうだ。うーん・・・。大和が沈んでいなければきっとどこかに大和記念館が出来て、46センチ主砲を拝めたのだろう。

ふと思う。宇宙戦艦ヤマトの波動砲。当然、あれだけの出力のある武器だからして、その反動も半端じゃない筈。逆噴射どころの話じゃない。幾らSF、未来の話とは言え、波動砲を撃ったら船そのものが遥か後方へ移動しちゃうんじゃないかと思うのは私だけじゃない筈(笑)。

それとも現実の世界では昔から無反動砲が存在しているから、波動砲も無反動の設定になっているのか?。とりあえず、「波動砲、反動」で調べたら、どうやら「重力アンカー」なる反動を吸収する装置があるらしい。

アンカーと言うくらいだから錨を下ろしてそこに止まる、そんなイメージだろう。そしてそれを解除しちゃうと、波動砲が推進力となってやっぱりヤマトは後ろにすっ飛んで行っちゃうんだって(笑)。実際にこのアンカーを切って後ろにすっ飛び、窮地を脱出するシーンがあるらしい。なるほど、無反動設定にしちゃうとその話が成立しなくなるのね。たかがアニメ、されどアニメ、良く考えられているなぁ。

※でも波動砲はヤマト全体を砲身に見立てているから、そのアンカーを切ると船内の人達もエライコッチャになる筈で、星を平気で消滅させちゃう波動砲を推進力としちゃうのだから瞬時に、つまり超短時間で反作用が伝わるのだから相当なGが掛かるだが・・・


このような人形を配置して、音声解説があったり・・・

2014-04-06-09


士官クラスの部屋が再現されていたり・・・

2014-04-06-10


士官クラスの作戦室が再現されていたり・・・

2014-04-06-11


操舵室はやっぱりカッコイイ

2014-04-06-12


同じ500円でも富岡製紙場のように、あれだけ広大な敷地、複数の大きな建物がある癖にほんの一部しか見せない、触らせないセコさよりも、遥かに面白かった。

富岡製糸場を敵視している訳じゃないが、世界遺産を目指しているの関わらず、観光で訪れても、非公開部分が多過ぎて、ユネスコに登録される程の文化遺産としての価値を見出せない。ユネスコの関係者に理解させるよりもまずは観光客、日本国民に文化遺産としての価値を理解させるべきでしょ。我々が理解出来ないのにユネスコ登録なんて話がおかしい。

何だろう、世界遺産に登録されたら2千円くらい取って全部公開しようと思っているのか?。今見せたらもったいないと思っているのか?。物理的に危険などの理由で(2月の雪で一部倒壊したらしいし)見せられない箇所があるのは判る。でもあれは行った人間にしか判らない。ホントにセコいぞ。500円でも無駄だと思った。

しかも訪れた時、怪しい人物だと思われたのか、係りの人が後ろから付けてきて、ずっと監視していたんだよねぇ。ありゃ不愉快だって。

だからこそ、この日、夢の猿島には行けなかったけど、この記念館は旅行のイベントとしては非常に楽しいものに感じたのだった。

最後に、まぁど~でも良い事なのだが・・・。

上記の主砲は後部にあった主砲。これをしっかりと撮ろうと思ったら、カップルが記念写真を撮っていた。スマホでカシャ!、1枚撮っては2人で眺めて構図がどーのこーのと撮り直しを始める。時間を掛けながら2枚、3枚・・・、と撮っている。

パブリックスペースだから先にそこにいた人達優先、何枚も写真を撮るには別に構わない。終わるのを待っていれば良いのだから。その程度では全く腹なんて立たない。

でもこいつらにカチン!、と来たのは、私が主砲を撮ろうと横で待っているのは認識している。なのに関わらず、いわゆる世界は二人だけのもの、そんな馬鹿ップル行動が甚だしいんだ。

パチリと撮って、スマホを2人で見ながらペチャクチャペチャクチャ。普通さぁ、常識のある人間だったらそのペチャクチャは後回しにし、「すみません、あとxx枚撮らせてください」とか声を掛けるもんだぜ。それと記念撮影が終了したら「お待たせしました」と一礼くらいするだろ。雨風で無茶苦茶寒い甲板でこっちはずっと待っているんだからさ。

これだから若い奴はよぉ!、と思っていたら、この馬鹿っプル、良く見たら私よりも若いかもしれないが、いずれにせよ昭和生まれでだろうオッサン、オバサンなんだよな。いやぁ、ホントに非常識や奴らだ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. shio | URL | z8Ev11P6

    初めまして、写真拝見しました。
    ダークな感じなんですが、なんか好きです。
    ありがとうございます。

  2. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    20年越しの島探検 残念でしたね。
    3年前の僕と同じです^^

  3. BigDaddy | URL | -

    > shio さん

    コメントありがとうございます。

    天気の悪い日は露出を抑え気味に、またこの手の金属とでも言いましょうか、冷たい感じがあるので、あえてダークなイメージにしております。

    今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    そうですねぇ、前日まではポカポカの陽気だったのが、突然の春の悪戯・・・。でも確かに強風だったのですが、湾外に出る訳でもなく、あの程度で出航しないとは、全く思わなかったです。このせいで全てのスケジュールが変更になり、大変でした。

    でも無念だったからこそ、実は・・・、ここから先はどうぞ、もうすぐ更新される10日のネタをご覧くださいませ!。



コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)