にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

マグロの町、三崎 その2

2014年05月17日 00:00

高台から望む

高台から望む

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事では三崎の町のユニークかつふと笑いが出てしまうスナックや喫茶店の写真を掲載しただけだったので、今回は歩いた経路、そのままを紹介したい。

車は事前にGoogle Mapを見て、町の一番東側に止めた。ここは無料駐車場になっているようだ。駐車場はすでに湾に面していて小型船が停泊している。


2014-05-17-02


散策開始だ。すぐに見つけたのが下。前回の記事のルンルン、ダンディの近くにある廃店。

花政、三崎にある、店構えも、そして「政」と言う名の多くは魚関連のお店だからてっきり寿司屋かと思ったが、なんと花屋さん!。


2014-05-17-03


そしてスナックルンルン横の路地はこ~んな感じ。良さげなトタン家屋があるでしょ。これはもうすぐ廃屋と呼んでも良いくらいの空家になっていた。


2014-05-17-04


2014-05-17-05


メインの商店街「日の出通り」を入るとすぐに見えたのがマグロのかま。勿論、三崎マグロを出すお店で有名ならしい。

2014-05-17-06


商店街はこんな感じ。古い家屋が結構多いが、宿場町のようなイメージを持っちゃ駄目。あくまでも昭和の商店街、そのイメージを持ってお散歩すると楽しい。そしてこの廃蔵の近くの路地を折れると前回の記事のセニョールがある。


2014-05-17-07


セニョールの路地から高台へ。趣のある階段のある路地である。流石にここまでになるとGoogle Mapのペグマンは行ってくれない。未知の世界だ。高台には2つのお寺と学校があった。

2014-05-1-08


2014-05-17-09


2014-05-17-09


2014-05-17-10


お寺さんからから眺めた図が本日トップ写真で、右奥にちょこっと見えるのが城ヶ島、中央奥の橋が三浦半島と城ヶ島を繋ぐ城ヶ島大橋だ。

この橋、徒歩や自転車は無料で通れるようだが、車の通行には100円を取られた(城ヶ島京急ホテルに宿泊するとその100円が戻ってくる)。

結構長い橋だが1キロ程度だから徒歩でもさほど辛くはないと思う。200円で渡し舟に乗れるので、電車で三崎を訪れた方で、城ヶ島も目指すのなら渡し舟をお勧めしたい。

高台で海を眺めながらボゥッとするのも素敵だが、今回の旅は分単位で動かないと全てのスケジュールを消化出来ず、行きとは異なる階段で下へ降りる。ちょうどトップ写真からカメラを下方に振るとこんな路地。そして、降りた路地から、先の紹介した廃蔵があり、再び海に戻り、大型マグロ漁船をパチリ(この漁船、廃っぽい)。


2014-05-17-12


2014-05-17-13


2014-05-17-14


この行程で三崎の町の半分、三崎1~3丁目まで歩いた事になる。時間にして1時間弱。三崎は5丁目まであるが、この日はすぐに横須賀方面に戻らなければならず、無念、タイムアウト!。

そんな訳で後日、再訪しちゃった。それはまた次回!。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    いい雰囲気の漁港ですね
    阪神間の港は ドロの回収船ばかりです。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    寂れているとは言え、マグロ漁港ですからね。また私はこの寂れ方が好きですから、この町、虜になってしまいました。

    大阪周辺は再開発でドロ回収船が多いのでしょうかね。でもそれはそれで、その手の作業船ってこれまた味があり、好きなんですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)