にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

画素数 2400 vs 1600

2014年05月19日 00:00

浮世絵

浮世絵

Pentax K-3, SMC FA50mmF1.4

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



「マグロの町、三崎 その3」は写真選定が間に合わず(笑)。今日は軽い機材ネタ、タイトルの通り、センサーの画素数について、アカデミックな要素ゼロで書いていきたい。

CanonとFujifilmが我が道を行き、現行のAPS-Cセンサーでは1600~2000万画素、それ以外のメーカーのAPS-Cセンサー搭載機は1600万画素から2400万画素にシフトしている段階。

NikonはD7000の1600万画素から後継機のD7100が2400万画素、PentaxはK-5系の後継機のK-3が2400万画素になっている。今後、中級機のK-50の後継機も恐らく2400万画素を搭載するんじゃなかろうか?。

高画素万歳なる立場でもないし、高画素反対派でもない。要するに技術(出てくる像の出来栄え)が優れていれば画素数なんてどーでも良いと思っている。

フィルム時代、135フィルムを利用しても定番のプリントサイズは六つ切ワイド~四つ切ワイドだった(A4~B4サイズとほぼ同じ)。これはフィルムからデジタルに替わるまでずっとそうだった。

となると、デジタルの今の定番サイズはA3ノビであろうから、プリントデフレ、A1、B1プリントが1枚3千円です!、なんてならない限り、今後もずっとA3ノビが定番サイズに君臨するだろう。

となるとA3ノビに必要な画素数、240dpiで約1400万画素、300dpiで約2200万画素になり、APS-Cで主流になりつつある2400万画素のカメラは300dpiからの高品質なプリントを作れるが、実際には160dpiもあれば観賞用の写真は成立するようで、するとA3ノビに必要な画素数はたったの630万画素。10年前の600万画素カメラでも及第レベルのプリントが可能だそうだ。

注目したいのはフィルムメーカーであった(今もそうだけど)Fujifilmが2400万画素でなく、1600万画素のカメラを発表している事。Fujifilmに2400万画素センサー、それに適合するレンズを造る技術の有り無しは別にして、創立80周年記念モデルとして自信を持って1600万画素のX-T1を発表した。

これは(しつこいけど2400万画素センサー、それに適合するレンズを造る技術の有り無しは別にして)、フィルムメーカーが1600万画素もありゃフィルム以上のクオリティでプリントが可能だとお墨付きを与えているようなもの。

また135センサーのNikon Dfはプロ機のD4系のセンサーを流用して1600万画素。単に数字だけを見れば135センサーでも1600万画素と言う低画素数なのに戦えちゃう訳。

加えて、どうもSony製もToshiba製も2400万画素のAPS-Cセンサーは消費者の心を捉えていない気がする。Nikon D7100は画質云々以前に画素数を上げちゃったからバッファが足りず長い連写が出来ないし、Pentax K-3は半月程使った限り、単に画素数が上がって高解像度になっただけ(高解像度と解像感の高さとは意味が違う)。

そして最新の技術を終結したであろうSonyのα6000とα7II(こちらは海外のプレス発表の写真を見る限り)、へぇ、この程度ですか・・・、なる描写。

ここからは実体験、Pentaxの話をしよう。

K-3は確かに良いカメラだ。断言して良い。2400万画素に耐えられるレンズを使っていれば幸せになれる。十分にCanon、Nikonに対抗出来るカメラだろう。

でも問題は2400万画素に耐えられるレンズ。残念ながらそれは単焦点レンズと一部の高級ズームレンズだけで、いわゆる標準ズーム、普及タイプズームと呼ばれるレンズでは画素数が多くなった分、レンズの解像力が負けちゃっている。

等倍で写真を見ちゃうと、(画素数が多くなった分、ピント位置もシビアになり)、ガッカリしちゃうんだな。ここで一部の方は「等倍で鑑賞するなんて意味が無いぜ」といつもの言葉を発するだろうが、違うんだよ。等倍で見られるから等倍で見ちゃう。そしてその像が悪いと感じるから悪いと書く。何か間違っているかい?。意味がある、ないなんて話をしているんじゃない。

上に述べた通り、当分の間、定番のプリントサイズのA3ノビだろう。だから等倍で見た画質のイメージがそのままA3ノビに反映されるなんて馬鹿でも思わない。縮小された分、人間の目はお馬鹿だから綺麗に見える。そんなの誰でも知っているの。

でも等倍でチェックした際、「ゲッ、ピント位置がずれてんじゃねぇか!」とか「うわっ、俺のレンズ、こんなに周辺部が悪かったっけか?」、これが人の正直な気持ちだ。色モアレが発生するリスクがあるのに何故今の主流がローパスフィルターレスか?。誰もが等倍でもキリリとしている像を見たいからだ。

ローパスフィルターがあろうがなかろうがA3ノビプリント程度なら全く気付かないし、シャープネス処理をしっかりと施してやれば良いだけ。だって人間の目はお馬鹿だから。なのにローパスフィルターレスが良いと説いている人が大多数。矛盾しているよね。

「人間の目はお馬鹿」、これがキーワードで、だったら1600万画素でも1200万画素でもいいんじゃね?。実際にPentaxのショールームだったと思うけど、K-5IIsとK-3のA3ノビプリントを比較してみてもどっちがどっちだか全然判らなかった。

2400万画素になって階調が良くなったと言うカメラマンもいる。まぁ画素数が増えるのだから当然だろう。でも階調が良いってなんぞや?。滑らかなグラデーションがとか色再現が高いって意味だろうけど、一目で「K-3の色再現は半端じゃねぇなぁ、反対にK-5IIsは絵だね、もう使えないぜ!」となるのだろうか?。

例えば、K-3以前のPentaxカメラは赤色がすぐに飽和した(これは他社のカメラでも言えるが)。階調がK-5よりも遥かに優れているのならK-5よりも飽和し辛いでしょ?。でも実際には(飽和し辛いのは確かなようだが)それを大きく体感出来なかった。

今、暇さえあればK-3で撮影した写真を眺めている。そして見れば見る程、K-3欲しい度が下がっていく。誤解を与えたくないのでもう一度書くけど、、、

「K-3は非常に優れたカメラで、K-5系でそれに勝る機能は一切ない」

と言い切っても良い。でも自分の撮影スタイル、被写体を考えると、欲しい度が下がる。勿論、これは値段との兼ね合い。もしK-3が7万円で買えるのなら即買っちゃうでしょう。でもようやく最安値が10万円を切るか切らないかに来た程度で、ケチケチ人間の私はこのカメラに10万円はない。

うちはK-7と2台のK-5を7万円台で買っている。これがカメラ本体に出すお金、今後も、仮に他社に移行しても変化はない。K-3が今から3万円下がるにはあと1年以上掛かるんじゃなかろうか?。そうなるともはやK-3は範疇外。

以前、K-3レビューをした際、最終的に(安くなった)K-3を買うのなら、K-5IIsはスルー、K-5を使い倒すべきだと書いたが、ここで朝令暮改発言をしちゃう。2400万画素は要らない。不幸せになるだけ。今日を持ってK-5に替わるカメラとして今後のお買い物リストからK-3を外し、K-5IIsを入れたのだった。

これはパラノイアと言われてもしょ~がないが、K-3は先の通り、全ての機能でK-5を上回っている。しかし、ユーザーインターフェースのある部分はK-5に劣る。ユーザーモードが5つから3つに減らされた、RAW/FXボタンで電子水準器のオンオフが出来ない・・・。

2400万画素も要らないとかK-3はまだ高価だから・・・、そんな理由の他に、この2つの間抜けな改悪があるからどうしてもK-3を欲しいとは思わないのだ。許せない仕様変更。前モデルで可能だった事が出来ないなんてあり得ない。

ユーザーモードなんて使わない、水準器なんて使った事もない、カメラの予算は10万円、そんな人は素直にK-3に行くべきだろう。

※今回の写真はRicohからモニターでお借りしたPentax K-3で撮影している


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    大賛成です

    フジのXT1が欲しくてしょうがないのですが中々厳しくて。(笑)
    店に最近ラボ(現像屋)で焼いてもらった写真を飾っています。K-5Ⅱsで撮った写真がどう見てもフィルム時代より綺麗に見えます。A3ですが。画素数より、ユーザーインターフェースに力を入れて欲しいと思いますね。あれがしたい、これがしたいにたどり着くまでに時間がかかりすぎ、fnボタンを多用してもどのボタンになにを入れたか覚えていない。歳は取りたくないですね。だから軍艦部で色々設定ができる昔のカメラのスタイルが好きです。苦労しています。

  2. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    Pentaxのカメラはフィルムの発色よりもかなり派手ですからねぇ。風景によっては確実にフィルムより綺麗に見える筈です。

    K-3でなくK-5IIsにする、これはほぼ決定かもしれません。しかし、またここで朝令暮改発言。サブとしてPanasonicのGX7と前回のコメントへのお返事に書きましたが、今はのっぽ親父さん同様にFujifilmが凄いぞ!、と思っています。

    近々、X-T1に限りなく近いカメラのレビューをしますので(借り物ですよ(笑))、2000コマくらい撮影し、突っ込んだ内容にするつもりなのでご期待下さい。

  3. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    楽しみです

    バリバリのレビュー楽しみにしています。もし私がフジを購入するとマウント三種類。KマウントはDA300 シグマ17-70 シグマ70マクロ シグマ8-16 パナは20と 14-45 M42は沢山ありすぎ(笑) さて、Xマウントは何を買うかレンズも含めてレビューお待ちしております。

  4. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    月末くらいから掲載していくつもりです。10回くらいのシリーズになるかと。でもレンズは残念ながら1本しか使っていません・・・。

    のっぽ親父さんの場合は、Pentaxの替わりにFujifilmなのか、Panasonicの替わりにFujifilmなのかでレンズ選択が変わってくるかもです。現時点で超望遠系がないようで、となるとどちらかと言えばPanasonic寄りの性格にも思えちゃいますねぇ、FujiのXシリーズ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)