にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

ひょんな事からFujifilm X-E2を使ってみた その2 高感度域の描写 JPGレベルでは・・・

2014年05月29日 00:00

昭和廃屋探訪

昭和廃屋探訪

Fujifilm X-E2, XF18-55mmF2.8-4

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事ではFujifilm X-E2とPentax K-5の実効感度はほぼ同じと言う結果が出た。ならば比較は簡単だ。同じ露出で撮影すりゃいいのだから・・・。

今回はカメラが吐き出すJPGを元に検証をしたい。センサーの性能よりもX-E2とK-5の画像処理エンジンの違い、これを見てみよう。

※以下、掲載する写真は手持ちで撮影している為、構図やピント位置が若干異なっているが、ノイズの傾向を見る分には問題はないと思う

まずはISO800。左がX-E2、右がK-5で、全体像はマウスクリックで長辺960ピクセルまで拡大され、部分切り出し像は等倍だ。

全体像
2014-05-29-01 2014-05-29-02

部分切り出し(クリックで等倍)
2014-05-29-03 2014-05-29-04


うん、多分、ほとんど一緒だろう。まぁそうだろうなぁ。今時、APS-CセンサーでISO800の像でノイズが目立つなんてあり得ない。

では一気に感度を上げてISO5000の像をご覧頂こう。同じく左がX-E2、右がK-5だ。

全体像
2014-05-29-05 2014-05-29-06

部分切り出し(クリックで等倍)
2014-05-29-07 2014-05-29-08
2014-05-29-09 2014-05-29-10


おっと、ISO5000で一気に違いが出た。

まず明るさが違う。おや?、前回の記事の結論で同じ明るさになるんじゃないのか?、と疑問を持たれた方・・、これは撮って出しのJPGである事を理解して頂きたい。

X-E2はフィルムシミュレーションでも一番軟調と思われるプロネガスタンダード、K-5は雅(miyabi)を利用しているが、X-E2の方が少しコントラストが高い。だから暗く見えてしまう。X-E2の色作りはあくまでもフィルムシミュレーションしたもので、デフォルトのダイナミックレンジはコントラストが高い分、狭いと思って良いだろう。

ではノイズは?。明らかにK-5の像は汚い。しかし、これが一概にX-E2の勝利とは言えない。X-E2のJPG像を見ると、ノイズリダクションの様がOlympusのE-P3にかなり似ているんだ。

E-P3のそれはアウトフォーカスになっている部分や、全体から考えると明らかに暗い部分(ノイズが乗りやすい部分)の描写を滲ませる。だから輝度差のある写真だと明部と暗部で全く違って絵に見え、だからOlympusのノイズリダクションは塗り絵と言われちゃう。

X-E2のノイズリダクションもそのE-P3に似ている。方やK-5の処理は全体のディテールを残すようになっており、X-E2よりもデフォルトではかなり軽めのノイズ消ししか行われていない。しかもこの像はファインシャープネス+2で現像しているので、ノーマルシャープネスよりも少し汚い像になるのはしょ~がない。

これをどう見るかだなぁ。恐らくA4プリントなら両者ほとんど差はないだろう。でもA3ノビプリントだと若干、K-5がノイズを敢えて消していないだけに解像感は高いが、少し煩い絵になるんではなかろうか?。

先に進もう。Fujifilmのデフォルトでの上限ISO6400の写真を次に・・・(ここでのK-5のカスタムイメージも雅(miyabi))。

全体像
2014-05-29-11 2014-05-29-12

部分切り出し(クリックで等倍)
2014-05-29-13 >2014-05-29-14
>2014-05-29-15 >2014-05-29-16


傾向はISO5000と同じだ。X-E2はノイズを消せるだけ消している反面、若干ディテールが失われており、K-5はディテールを保持しつつノイズを半分くらい取り除いているとでも言おうか?。

いずれにせよX-E2のノイズリダクションはデフォルトだとかなり強い。E-P3と同じく塗り絵と揶揄されかねない。そこで最低値の-2で撮影してみた。だってせっかくのローパスフィルターレス。高感度域では見た目、K-5のファインシャープネス+2よりも解像感が悪いのだから勿体無い。

それがトップ写真。これはグリーンハウスではない。山梨県まで出かけて行ってお気に入りの昭和廃墟で撮影したコマでISO6400像だ。確かフィルムシミュレーションはプロビアにしていたと思う。下は部分切り出し、マウスクリックで等倍になる。

2014-05-29-18 2014-05-29-19

どうだろう?。K-5のデフォルトのノイズリダクションと同じくらいの像になったのではなかろうか?。ローパスフィルターレスだからシャープネスを弄っていない分、K-5よりも綺麗な像に見えるが、これくらいだとA3ノビプリントだとほとんど区別は付かないだろう。

今回のテストはセンサーのテストではない。あくまでもFujifilmとPentaxの画像処理エンジン、ノイズリダクションの傾向を示したものに過ぎない。

結論としてX-E2のノイズリダクションは0設定だと強過ぎ、E-P3に似た不快な処理をしている。また-2だとディテールは十分に出て、4年前のカメラであるK-5とノイズ耐性は半段以上の違いが出る。たかが半段と言うべきか、されど半段と言うべきか・・・。

とにかくA3ノビプリントが前提とするのなら、X-E2のノイズリダクションはマイナス設定が好ましい。-1か-2は好みによるだろう。またJPGだけで語るのなら、K-5は(綺麗、汚いだけで判断すれば)逆立ちしたってX-E2には勝てない。が・・・、以外に差は狭いのも事実。

次回はRAWレベルで、センサーそのものの実力を見る・・・。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)