にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

船渠を望む

2014年06月04日 00:00

浦賀ドック

2014-06-04-01-_IGP6361-2.jpg

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



Fujifilm X-E2レビューは終わった訳じゃない。ネタ書きが間に合わなかった・・・。そんな訳で今日は浦賀ドックを見に行ったってお話を・・・。

文章は最初から最後まで悪態を吐いているので、そういうのが嫌いな方は読まれない方が良いだろう。ただ、掲載した写真そのものは遺構ととして貴重だろうし、そこそこ気にっているのでご覧になって頂ければ幸いだ。

浦賀ドックの説明は(詳しく知らないから)wikipediaに任せたい。

浦賀船渠 - wikipedia

産業遺構も戦争遺構も廃墟の1つとすると被写体になってくれる。浦賀ドックは戦争遺構でもあるし、巨大な産業遺構でもあるので、以前から一度はこの目で拝んでみたかった。今回、それが実現した。


このクレーンみたいのは両サイドにあったのだろうか?

2014-06-04-02-_IGP6367-2.jpg

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


ドアップで、錆がたまらん!

2014-06-04-03-_IGP6381-2.jpg

Pentax K-5, Tamron AF70-300mmF4-5.6Di


左側のクレーン頭部、昭和20年6月と書いている

2014-06-04-04-_IGP6376-2.jpg

Pentax K-5, Tamron AF70-300mmF4-5.6Di


ところが・・・。浦賀って町は観光に力を入れていないのだろうか?。歴史の教科書に必ず載っているから日本人なら誰でも「浦賀」と言う地名は知っている。そしてこの手の遺構があるのだから、浦賀ドック近くに駐車場の1つや2つあってもおかしくないのに皆無だぜ、皆無!。

浦賀ドックの横に馬鹿でかい空き地があるんだが、フェンスに囲まれて出入りが出来ない。どうやら、年に何度か浦賀ドックツアーが組まれるらしく、その際にそこがイベント会場、そして臨時の駐車場になるらしいが、それ以外では開放していないみたい。

浦賀港に沿った一本道を行ったり来たり・・・。ペリー記念館だったか?。そこに行けば駐車場があるだろうと思ったけどない!。こういう時は観光協会に電話だ!・・・、でも誰も出やしない!。

結局、浦賀ドックの真正面にある生協のスーパーに駐車場に車を止めたのだが、訪れたのが土曜日だったか日曜日だったから結構混雑していて、係員が誘導している。

そんな時、カメラを手にして車から出て、スーパーに入らずに浦賀ドックをパチパチしていたら何を言われるか・・・。しょ~がないので、ちょうどうちの冷蔵庫の生鮮食料品が切れ掛かっていたから、幾つか野菜を買ってから浦賀ドックを撮影。

富岡製糸場のようにゴールデンウィーク前、突然に世界遺産云々なるニュースが流れ、観光客も関係者も駐車場がなくてあたふた・・・、これはしょ~がない。周辺整備の予算が付くのはこれからなのだから。

でも今も申し上げた通り、浦賀ドックの横には野球グラウンドくらいの空き地があるんだ。スペースはあるのだから、休日だけでも観光客に開放しても良いと思うぜ。駐車料金1日500円でいいんだよ。

本当は浦賀の町を湾に沿って観光し、どこかで昼飯を食おうと思っていた。当然渡し舟で対岸へも行こうと。予定では浦賀散策に3時間を充てていたんだ。だけど生協に車を止めたまま、観光し、ご飯を食べに行くのも気が引けるでしょ?。

生協にお金を落としたが、駐車場さえあればしっかりと観光し、ご飯も頂くし、土産物屋でペリー云々のお菓子でもあれば買うでしょ?。

浦賀駅まで戻ればコインパーキングがあるは知っていた。でも駅からだと浦賀ドックまで1キロ以上あるのかな?。駅周辺は観光どころなんてないのだし、無駄に歩くのも不快でしょ。車で移動している観光客は駐車場が無かったら、決してその土地に金は落とさない。

後日、一部の全国展開をしているチェーン店の駐車場がコインパーキングも兼ねているのが判ったが、当日、知る筈もない。事前にチェックしていなかった私も悪いが、浦賀はただの地方の町じゃない。観光スポットでもあるのだから、行けば簡単に見つかると思うでしょ?。

結局、浦賀ドック周辺にいたのはドックを外からパチリした15分ってとこかな。駐車場を探す気も無く、当然町を散策する気力も失せ、とっととそこを後にしたのだった。一観光客からすると浦賀への印象は悪い。

その浦賀ドックも、なんて観光客に優しくないのだろう。勿論、ここは現在も民間の所有となっているそうだから、厳密には観光地ではない。しかし、遺構として多くに知れている。

そこがドックとして今も使われているのなら判るけど、もはやイベントにしか使われていない。言い換えれば見世物でしかない。ならば外の道路から写真を撮れるように、部分的に塀を低くしたり、絶好の撮影ポイントだけは塀に窓を設けるとかしても良いと思う。

私は背があるので塀の上からなんとかファインダー越しに風景を望めたけど、連れは20センチ以上も低いから肉眼で背伸びしてドック内が見えるくらいだったか。両手を伸ばして、K-5の使いづらいライブビューでパチパチしていたけど、その姿があまりにも悲惨だから、どういう写真を撮りたいかを聞いて、代わりに私が写真を撮ってやった。

どうも(あくまでも未確認情報だが噂によると)所有している住重が不特定多数にこのドックを見せたくないらしい。本当はネットのブログなどにも公開して欲しくないと耳にした。しかも上述したドック開放日でも撮影した写真は公開するなと偉そうな事を言っているらしい。また市側の表現も「背景にドックが写っているくらいなら自由に写真を撮っても構いませんが・・・」だからねぇ。

関係者にも言い分はあろうけど、観光客(特に車で訪れる)にもうちょっと優しい町にして欲しかったりするし、浦賀ドックのあり方については所有している住重側ともっと行政が話し合わなきゃ駄目だろう。

確か足尾銅山もそうだった気がする。邪魔臭いから壊したくてしょ~がない古河と、観光地化したい県だか市がもめていたでしょう?。結局、本山のほとんどは解体されちゃった。足尾銅山こそ、20年くらい前からしっかりと保存に向けて民間と行政がタッグを組んでいたら今頃世界遺産・・・。


嗚呼、この階段を歩きたい!

2014-06-04-05-_IGP6384-2.jpg

Pentax K-5, Tamron AF70-300mmF4-5.6Di


ドックの最下部

2014-06-04-06-_IGP6391-2.jpg

Pentax K-5, Tamron AF70-300mmF4-5.6Di


さて、浦賀にはこの浦賀ドックの他にもう1つのドックがあった。それが川間ドック。ここは間近で見られちゃう。但し、民間のマリーナ内にあり、すでに海水に満たされている。ドライドックとして見学出来ないが、浦賀ドックよりも近くで楽な姿勢で写真を撮れるのでポイントは高い。


もはやマリーナの生簀?

2014-06-04-07-_IGP6445-2.jpg

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


頑張れば進入は出来そうだ

2014-06-04-08-_IGP6439-2.jpg

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


良い色でしょ?

2014-06-04-09-_IGP6453-2.jpg

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


海中都市への入り口のよう・・・

2014-06-04-10-_IGP6486-2.jpg

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


聞くところによるとこの手のレンガ造りのドックは日本でこの2つしか残っていないらしく、歴史的な遺産である筈なのに、上述の通り、浦賀ドックは駐車場が見つからないし、外から写真を撮るにはかなり苦痛を強いられ、内部見学会は年にたったの数回。川間ドックはマリーナが今後これを保存し続けてくれるか判らない。

※そもそも川間はドライドックに海水を入れてしまった時点でもはや産業遺構としての価値はなく、見ようによっては人工の入り江でしかない

川間ドックも見物する為の駐車場はない。ただ、マリーナに有料駐車場があり、近くのコンビニにだだ広い駐車スペースがあるので、周辺を時間を掛けて散策するのならマリーナへ。ドックの写真を何枚かパチリするくらいな浦賀ドック周辺と違い、混雑していないのでコンビニ駐車が良いだろう。

最後に・・・、浦賀ドックの見学会、なんと4月末に行われていたんだって!。うーむ、情報を見逃した!。その日、空いていたのに・・・。

次回の見学会は暫定だそうだが7月26日との事。夏休み企画として子供なんちゃらなるイベントに含めての見学会になるみたい。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. たくあん | URL | HfMzn2gY

    いいですね~レンガ造りのドッグ2連発!

    浦賀ドックは2度行きましたが、1度目は公開時間を間違え敷地には入りましたが外観だけ・・・。
    2度目は雨になり下に降りるイベントが中止に・・・。
    運の無い場所でした。
    http://takuan21a.blog35.fc2.com/?q=%E6%B5%A6%E8%B3%80

    写真をネットで公開するなと言うようになった経緯には、
    以前、ここの写真を使い無断でカレンダーに使った人がいるそうで「民間会社の敷地のものを撮影して無断で営利目的に使うなんてけしからん!」と言った事があったからです。

    横須賀市はここの土地を無償提供してもらおうと思ってるそうで、住友側はタダなんてとんでもない!と話が平行線だとか。

    以前見学に行った際に「横須賀建築探偵団」の方から聞いたお話しです。
    今では状況が変わってるかもしれませんが。

  2. アルファ | URL | 0DW/rr8Y

    こんばんは。
    確かにこのあたりは道も狭いし、駐車事情は決して良くはないですね。
    浦賀の町そのものも、あまり観光地として積極的に集客に力を入れているようにも感じられない気はします。
    ただ、基本的に三浦半島は駅を拠点にして、歩き(あるいは自転車)とバスで回ってこそとも思っています。横須賀市内は道も狭く浦賀も同様ですが、路地に古い建物もあったりするし、開発が進んでいないゆえに、変わらない良さみたいなものがあるのが三浦半島の魅力でもあると考えています。
    スローライフなエリアなので、楽しむ側ものんびりとまわるのが良いかなと思います。あくまで個人的な意見ではありますけれど。

  3. BigDaddy | URL | -

    > たくあん さん

    日本に2つしか・・・、どころじゃなく世界に4つしか現存していないんですか!。
    だったら尚更、住重と行政が話し合わなくちゃならないですし、何故国が助成しないのか不思議です。川間にせよ、マリーナ所有ってのもどうも解せませんよねぇ。

    浦賀散歩のページ、拝見しました。そうなんですよねぇ、風情ある町、駐車場さえ素直に見つかれば、きっと同じような風景を撮影していたと思います。

    私が聞いた情報ではとにかく住重が嫌がっているって事だったんですが、営利でカレンダー出せれちゃそりゃぁ怒っちゃいましょうが、ならば誓約書か何かで非営利に限り公開可としても良いと思うんですけどねぇ。

    ドッグのマルヒ話があるので、あとでたくあんさんのブログにシークレットコメントを残しますのでお読み下さい。


  4. BigDaddy | URL | -

    > アルファ さん

    コメントありがとうございます。

    勿論、そういう散歩もありだと思います。田浦で廃線、トンネル巡りした際は、ここは観光地ではないので、事前に駐車場の位置を確認して出かけましたが、浦賀は役所関連で散歩マップなども発行している観光地であり、初めて来訪する、観光する側としてはまさか駐車場がないと思いませんよねぇ。しかも観光協会はその日休みだったようで、電話をしても誰も出てくれませんでしたし、ドラッグストアの駐車場が時間貸ししているなんて全く知りませんでしたから(笑)。

    仰る通り、三浦半島って谷戸が多く、山と谷の狭間辺りの風景は非常に風情がありますよね。浦賀にはもう一度、訪れる予定で、その時はそのドラッグストアに車を止め、周辺を堪能したいと思っています。浦賀だけなら電車で行きますが、浦賀に行く際は、観音崎と城ヶ島辺りをセットにするので、効率を優先するとどうしても車移動になります。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)