にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

ひょんな事からFujifilm X-E2を使ってみた エピローグ

2014年07月04日 00:00

光と影

光と影

Fujifilm X-E2, XF18-55mmF2.8-4

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



X-E2の話を中心に書くのは今日が最後。書き足りない事を徒然に・・・。

とにかくEVFの凄さね。X-E2の云々ではなく、EVFと言うデジタルカメラの機能が凄い。

最初にEVFを覗いたのは意外と早く、5年前の2009年。Sony Cybershot DSC-H50で。翌年にはRicoh GX100を購入し、これは外付けのEVFが装着可能、そして昨年、Olympus E-P3にVF-2のセットと、EVFは継続的に5年も覗いているのだった。

DSC-H50とGX100のEVFはたかだか20万画素で、構図と露出のチェックしか出来ない代物であるが、それでも設定した露出が判る、特にE-P3を使い出してからはPentax K-5の分割測光が馬鹿露出で全く信用出来ない事もあり、非常にあり難い。

だからOVF(光学ファインダー)には何の思い入れもなかったりする。明日、各カメラメーカーが「もうOVF搭載カメラは一切造りません。今後はEVF1本で行きます!」と発表してもちっとも残念だとは思わない。

確かにOVFの見え方は美しい。ほぼ肉眼と同じように見えるし、目への疲労感も少ないのだろう。でも優れたファインダーを持っているデジタルカメラってないでしょ?。

Nikonの高級デジタルカメラは及第以上を保っているらしいが、それでもかつてのフィルムカメラ、PentaxならLX、CanonならNewF-1、NikonならF3、Minoltaならα9と言った最高峰のファインダーを持つデジタルカメラなんてこの世にもはや存在していないと思う。

私の中ではOVFは今挙げた4機種のファインダーに限定される。それ以外は鼻糞レベルでしかない。ContaxのファインダーなんてMFレンズしかないのに糞だったからね。

デジタルの今、Pentax K-3のファインダーが凄いと言っている人をネット上で見掛けるが、K-5系より良くなっているのは確か、でも決してあれを凄いと言っちゃいけない。正しくは「K-5よりは良いが、Ricohさんよ、もっと頑張れよ!」と言わなきゃならない。

今は開放F値の暗いズームレンズが主流だからただ明るいだけでピントの山が見えにくいファインダー及びスクリーンが採用されるのは仕方が無いし、カメラを小型化、低価格化にしようと思えばどうしても倍率も小さくなる。K-3でLXのあの馬鹿でかい倍率のようなファインダーと同じものを載せようと思えば軍幹部のでっぱりでデザインが崩れ、内蔵フラッシュもなくなり、さらに価格もプラス数万は覚悟せねばならないだろう。

K-3のファインダーを凄いと言っている人達は、今までガストのステーキしか食った事のない人間が、ロイヤルホストのステーキを口にして「嗚呼、ロイホのステーキって最高だぜ!」、レベルでしかない。ガストよりもロイホの方が美味いだろうけど、最高じゃないよね。

何もA5等級のステーキじゃないと駄目と言っているんじゃない。技術革新がない限り、コストを抑えて上述したフィルム時代のファインダーに匹敵するファインダーを造るのは無理だろう。Pentaxだからいつかはやってくれるとは思っているが、そんなのに大きな期待を寄せるくらいなら、ステーキじゃないけどローストビーフだって「あり」だぜ!。そんな訳で時代はもはやEVFに傾いている。

中途半端なOVFなら最新のEVFの方がまし。だから一眼レフに限りなく近いトランスルーセントミラーを用いたSonyのαシリーズには非常に興味を持った。何年か前、α77や純粋なミラーレスであるNex-7のファインダーを量販店で見て、「これからはもうEVFの時代だ」、そう思った。

そしてE-P3を得た訳だが、このカメラはアイセンサーがない。露出などの撮影情報は背面の液晶で確認、写真を撮る時はボタンを押してEVFに切り替える。撮影後、再び、ボタンを押して背面液晶を表示させる・・・、慣れはしたが、不愉快な操作には変わりない。

そんな時にX-E2だ。初めてアイセンサーのあるカメラを使った。いやぁ、快調、快調!。しかもX-E2のInfo画面(撮影情報)はK-5のステータススクリーンとほぼ同じ情報を表示しており、K-5と同じように扱えるのが良い。

流石にK-5とX-E2を一緒に使っていると、EVFを覗いた瞬間に違和感を覚えるが、同時に露出を確認出来ないOVFのK-5が不便だと感じちゃう。

でもPentaxカメラはまだいいんだ。デジタルプレビューなる機能があるから。これはSDカードでなくバッファに像を保存する機能で、そこで構図、露出、被写界深度などをチェック出来る。

※実際に撮影中にチェックするのは露出くらいだろうけど・・・

他社の一眼レフカメラならシャッターを押してカードに保存し、それを再生して初めて露出の確認が出来る。失敗していたら削除する手間がある。Pentaxカメラから他社へ移行し辛いのはこういう細かな機能がユーザーに優しいからだ。でもEVFだと露出のチェックはファインダーを覗くだけで良いからPentaxのデジタルプレビューよりも手間はない。

また、今回のレビューでは期間が短過ぎて、MF時のアシスト機能である構図の拡大とフォーカスピーキング機能は使っていないが、この2つがある限り、手持ちのPentax KマウントのレンズはPentaxのデジタルカメラで使うよりもX-E2で使ってやる方が効果的に決まっている。

しかもマウントアダプター経由でPentax Kマウントを含めた他社のレンズを装着しても絞り優先AEが働くのだから、オールドレンズの母艦としてAPS-Cセンサー搭載カメラならデザインもクラシカルなX-E2しかないと言い切っても良い。

撮影中、一番気を配るのは露出とピント、この2つはOVFは適わない。だから総合的に考えると、一部のカメラを除き、動体撮影は及第点レベルみたいだが、静物に関しては、「写真を撮る、結果だけを求める」のならOVFカメラはもはや旧式でどんどんと廃れていくと思う。

K-5に替わるカメラ、これは現状、同じ一眼レフのK-5IIsになると思うが、ではその次、3年後、5年後の自分を想像すると、恐らくOVFカメラは使っていない(K-3はなぁ、良いカメラなんだけど・・・)。

Pentaxユーザーの中には私のようにFujifilmのカメラにとっても興味を持っているカメラマンは多いと思う。今回、X-E2を使う機会に恵まれ、ホントにラッキーだった。グッバイOVF!、そう自信を持って言える。

そしてそれは私一人じゃないだろう。だからこそ、そんな人間達を繋ぎ止めるには135センサーの一眼レフを発表する前に、PentaxはEVF搭載のレンズ交換式のカメラを世に出さなくちゃならない。

Ricohは、変化球カメラではあってもGXRと言うEVFが使えるレンズ交換式カメラを作っているのだから、ノウハウはある筈なんだ。RicohブランドだろうがPentaxブランドだろうがどっちだって良いから、今度のフォトキナで何かしらの新しい試みをしないと、ユーザーの心は離れるに違いない。

Canonは何もしないでも売れちゃうのだろうから、EVF未搭載のEOS-Mしかラインナップがないのは判る。でもPentax、Ricohは何かしないと駄目でしょう。GXRは現行カメラだがもはや死に体。Canonを除いて、いわゆるミラーレスカメラを生産しているメーカーでEVF未搭載なのはPentaxだけでしょ?。

あくまでも自分勝手な話として・・・。

FujifilmのX-E2やX-T1はしょ~もないユーザーインターフェースだったり、拡張感度ではRAWが保存出来ないと言った大きな欠点があったから良かったものの、そうじゃなかったら、とっくにPentaxカメラなんて捨てている。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    やはり、とてもペンタックスに愛情を感じるお話でした。EVFの進化は確かにすごいですね。GX7もまったく不満は感じません。只、撮影後の瞬間のブラックアウトは辛いですね。動きものは勘で追うしかない。でもプレビューは素晴らしい。全てを満足させるものは難しいということですね。おかげさまで今回はスッキリとマウントを浮気しなくて済みました。(笑)

  2. shu | URL | PBcfH1xE

    K-5<<X-E1な小生

    こんばんは。以前にもご挨拶したことのあるshuと申します。その時以降もずっと貴兄のessayを熟読させて貰ってます。
    ほんとにこんなに情報ゆたかでしかも面白い文章をタダで拝読できるのは申し訳ないなあといつも感じるのです。心から感謝しています。ありがとうございます。
    小生のデジカメ歴は、ist*Ds→K-10D→K-5ときて単焦点レンズも結構買い溜めてきました。ところが一年半前にサブ機のつもりで購入したX-E1にはまり、この頃は出撃機会はだんだんK-5<<X-E1となってきております。その理由は一番には携帯性があるのですが、それ以外の因子は貴兄が詳しく述べてくださったことがまさにあてはまります。貴兄の文章を拝見しながら、そうそうっ!と膝を打つことしきりでありました。今回のシリーズは、私にとりうってつけのessayでしたよ。これからも面白くてためになるSoWhat?をどうかお続けください。ありがとうございました。

  3. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    中判デジタルを持っているので、APS-Cがお座なりになる期間はどうしてもあるのでしょうが、一ユーザーとしては市場をもっとしっかりとマーケティングして欲しいなぁと。今EVF搭載のミラーレスを出さなければ確実に多くのユーザーを失うと思っています。頑張ってほしいんですけどねぇ、Pentaxには。

    Fujfilmは先日も申し上げた通り、X-T1は買うべきカメラではないと思いますし、X-E2は非常に優れたカメラだとは思いますが、Pentaxユーザーからすると「えっ?」、と感じる仕様、ファームウェアでなんとかなりそうなんですがね。

  4. BigDaddy | URL | -

    > shu さん

    今回のX-E2レビューを気に入って下さり、ありがとうございます。

    K-5からX-E1、これは良い選択だと思います。レビューの遠り、Fujifilmのカメラは頭にクエスチョンマークが大きくともるような仕様、ユーザーインターフェースですが、普段持ち歩くにはX-E2どころかX-E1で十分だと感じています。

    無理にX-E2を買わずにX-E1に良いレンズを揃えた方が結果的には得かも知れませんよね。私も廃墟を撮らないのならX-E1やE2で十分なんです(笑)。Fujifilmの悪口になりますが、現状では決してメインカメラにはなれませんが、スーパーサブ的、言い換えれば普段撮影にはFujifilmカメラ、良いと思います(ただ、そんなスーパーサブだとするとマイクロフォーサーズもいいかな?、とも思っちゃうんです)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)