にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

横須賀ドブ板通りを散策する

2014年07月20日 00:00

まさにアメリカ~ン

まさにアメリカ~ン

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



横須賀、ついこの前訪れたような気がするが、そんな気がするだけで今回の写真達は3月の散策にて・・・。

ドブ板通り、記憶が正しければフィルム時代に一度だけ写真を撮り歩いた事がある。ぶっちゃけ「大した事ないな」、そんな印象しかなく、「もっと荒れた感じの本牧ふ頭近辺の方が写真としては面白ぇぞ!」、だった。

勘違いされないで欲しい。ドブ板通りがつまらないと言っているのでなく、イメージが膨らみ過ぎていて、風俗バリバリのいわゆる花街、三業地、大阪の飛田新地のようで、かつ外人(軍人)さんの多い地区を想像していたから「なるほど、横文字が多いだけで普通の商店街じゃん!」って。

15年振りくらいに訪れたらそのイメージは変わらなかった。少し綺麗になった気もするが、洒落た新しい店が幾つか増えているだけ?・・・。

この日は商店街の定休日だったのか、ほとんどの店でシャッターが下ろされており、下の写真のようにどこぞの下町のシャッター通り商店街と言ってもおかしくない風景だった。


2014-07-20-05


まぁ今回の目的は「ネイビーバーガーと海軍カレーを食する」だったから、風景なんて二の次だが、普段、ボロ屋ばかりを撮っている身としては「普通の商店街」だったとしても横文字が多い、それだけでアメリカ被れな人間だから楽しくもあった。

時に海軍カレーとネイビーバーガー。まぁ想定通りのお味(勿論、元祖のお店で食している)。前者は海軍云々と言うよりも昔のライスカレーの域を超えていなかったし、ネイビーバーガーは荒挽き系のお店に入り、実に美味であったが、荒挽きだからなのか牛独特の臭さが妙に気になったし、これでこの値段はねぇな!、と感じた。

それよりも横須賀を訪れたら是非とも軍港巡りのショップで販売している「海上自衛隊カレー」をお土産に買って帰られると良いだろう。今回購入したのは「ひゅうが」、「きりしま」、「しらせ」の3個セット。欧風カレーとでも言おうか?。ホテルや洋食屋さんで出てくるコクのあるカレーを思い浮かべれば良い。1缶600円とレトルトとしては少々お高いが、一合のご飯でも十分の量があり、大食漢には持って来い。

※「しらせ」のシーフードカレーが一番美味いと思った

勿論、その土地の名物、名産が美味い、不味いなんて実際にはど~でも良い。何事も経験が大切。横須賀で飯と言えば海軍カレーとネイビーバーガーなのだから食わない手はない。ただ、私個人の舌、そして価値観では二度目はねぇなって事である。

勿論、お店によって素材、味付け、値段は様々だろう。でももし今後、横須賀でカレーを食いたくなったらCoCo壱番屋に入るだろうし、ハンバーガーが恋しくなったらモスバーガーを見つけるだろう。反対に海上自衛隊カレーはその後、オンラインショップで売られているのを知り、今後も頂こうと思っている。

時に、横須賀でいちばんぶっ飛んだのは「ショッパーズプラザ横須賀」。ダイエー系列の専門店街とでも言えば良かろうか?。勿論、中にはダイエーも入っている。

ここが馬鹿でかいのなんのって!。そこらのデパートよりもでかい!。ダイエーでは食品や日用生活品を購入し、専門店街ではそれほど高くはないけど小洒落た洋服や雑貨を買えちゃう。車の展示、販売もしており、もしかしたら住宅やお墓の販売も?。正に「揺り篭から墓場」、生涯この「ショッパーズプラザ横須賀」だけで賄えちゃうかもしれない。

ではドブ板通りの写真を・・・。

今日は全ての写真をオールドコダクローム風、かつシアン被りに加工し、古き良きアメリカ、そんなイメージにしてみた。

トップ写真。恐らく、ドブ板通りを写した写真で一番見るのがこのお店ではなかろうか?。この、構図の中に一切の日本語がない、ここがミソで、アメリカ被れとしては最高級にランク出来るお店。この手のお店のほとんどは必ずどこかに日本語がある、これでゲンナリしちゃうんだなぁ(KARAOKEって元は日本語だし、実際には一箇所だけ日本語があるんだが、この構図だと2400万画素のK-3でも文字の判別は不可能だろう)。

例えば次の写真。これもパッと見、「おお!、アメリカしているなぁ~、アメリカの片田舎にありそうなお店!」と興奮しちゃうけど、ドアにでっかく「持込厳禁」なる日本語。嗚呼、惜しい~・・・。

この界隈、結構「Bring food or drinks into the bar」なんて文字があるが、日本語でも書かれているのだから、店内に食い物持ち込んじゃおう!、なる文化が昔の横須賀にはあったのかもしれない。


2014-07-20-02


次、レタッチで退色させているので地味に見えるが、実は60年代のアメリカ、サイケブームの頃にこんな店あっただろうな、そんな色彩だった。


2014-07-20-07


おっと!、アメリカナイズされた通りに英国の香りがプンプンするお店を発見。なるほど、英国ではなくアイルランド、いわゆるアイリッシュパブね。いやぁ、イギリスやアイルランド系のパブってのも好きなんだなぁ。何せ、シャーロキアンを目指そうと思っているくらいシャーロック・ホームズが好きだからして・・・。

※でもスコッチは飲めない、どうもあの香りが苦手で、ウィスキーはバーボン系が好き


2014-07-20-03


次の写真は2軒とも外人さん向けのスナックみたい。TOM&JACKと言う店でなく、1FがJack、2FがTOMと言うお店のようだ。Jackでは英会話の出来る女性を募集していた。


2014-07-20-04


Hookah、調べると水タバコならしい。水タバコってどうしてもシャーロック・ホームズ物に出てくるようなアヘン窟を思い出してたり(「唇のねじれた男」)、水タバコそのものが中東とかインドのイメージが強く、かなりやばい店に感じちゃう。

しかもここはドブ板通りから1本奥、山側の細い裏道にあり、米軍でも中東系やインド系の人もいるだろうから、かつてはそういう人達で賑わっていたに違いない。今はきっと普通のパブだと思う(トップ写真にも良く見るとHookanなる文字がある)。



2014-07-20-06


写真を撮る側として残念なのは、この手の横文字だらけでアメリカ被れ人がカメラを構えちゃうようなお店、ドブ板通りに仰山ある訳じゃない。一応、その手のおおよそのお店は撮影したが、通り全体で20軒もないだろうなぁ。

ただ、夜は本当に外人だらけだそうだ。沖縄の国際通りは観光地として成立しているから、夜に一人でほっつき歩いていても特にビビる事はないが、ドブ板通りはどうなんだろうか?。六本木の一歩裏に入った・・・、そんな雰囲気があり、流石に横文字だらけのお店に特攻する勇気はもうないな(笑)。

この日は時間がなく(旅はいつも時間との戦いだからして)、ドブ板通りとその前後の裏道を歩いたくらいだが、どうやら幾つか先だかの駅周辺、特に山側は昔の風情が残っているとの事で、いつかまた訪れてみたいと思う。

1つだけ残念なのが、ドブ板通りの三笠公園側の端っこ、16号との交差点辺りに、昔、スゲェボロいビル群があった。今回の目玉の1つになる筈だったのだが、なんと取り壊されていた!。状態からしてあと半年早く訪れていればと無念・・・。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    アメリカの西部にでも出てきそうな町ですね。
    こちらにもアメリカ村ってのがあるのですが、やっぱり商売の街
    大阪の下町感が拭えないです。
    この一角 そっくり神戸へ移築してほしいです~

    海軍カレー 舞鶴のロシア病院へ行った時食べました
    もちろん病院ではなく 赤レンガ倉庫です~

  2. tsunomagari | URL | -

    BigDaddy様、こんばんは。

    Tom & Jack 別々の入り口、かなり気になります。
    片方がゲイの店とかだと怖いなぁと想像しています。
    あと水タバコの阿片っぽいイメージ同感です。
    海外で勧められて麻薬だったらどうしようと吸ったことを思い出しました。
    日本でもトルコ料理屋とかで出す店あるそうですよ。

  3. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    大阪のアメリカ村も横須賀のここも、はたまた沖縄のキャンプ周辺も、やっぱり日本臭さがありますよね。その日本臭さが写真を撮る際に良い方向に転ぶか否かってところでしょうか?。

    ロシア病院でそれを食っていてたら完全に狐に憑かれちゃったってなりますよね(笑)。
    横須賀の海軍カレーは店によって全く味が異なるらしく、また海自カレーは船によって様々なレシピがあるようで、それを纏めた書籍があるそうですよ!。

  4. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    横須賀のここを楽しむのはやっぱり夜なんでしょうね。
    片方がゲイで、もう片方が女性募集で、レズビアン系だったら・・・(笑)。
    まぁそういうお店はメインストリートにはないとは思いますが、勝手に想像するのは自由ですもんね。
    水タバコ、なんか健康に良さそう、と言うよりも喉に優しそうな感じがするのはやっぱりその手のを知らないからそう思っちゃうのでしょうね。昨年末たまたまトルコ料理やで飯を食いましたが、その店ではなかったです。うーん、無念!。あったらきっと吸っていたでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)