にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

知らぬ間にPentax K-3が安くなっているじゃねぇか!

2014年08月14日 00:00

印旛沼

印旛沼

Pentax K-3, SMC DA18-135mmF3.5-5.6ED

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



今日はPentaxカメラに関して、色々と好き勝手に書いていこうと思う。

興味あるカメラしか価格チェックをしない為、K-3の価格を見たのは3ヶ月振りくらい。日によって大きく変動しているようだが、最安値で9万円を下回る価格を出す店が現れた。確か3ヶ月くらい前はまだ11万前後を推移していたから、2万も落ちた事になる。

この調子だと秋の紅葉シーズン前には多くの店舗で8万円台、冬のボーナス、新春初売り辺りで8万円を切る店も出てくるんじゃなかろうか?。

PanasonicもOlympusも一時の持ってけ泥棒な投売りを止めたように、PentaxもRicohになってからなのか、生産調整、価格調整をしているようで、K-3はPentaxの癖にNikonの同等カメラ、D7100より高いなんて何様だ!、そんな自虐的発言が出る程だった。

でもようやく手頃な値段になってきた。しかし困った事に次期メインカメラになる予定のK-5IIs、いずれはラインから消えるカメラで、K-3よりも厳しい生産調整がされているみたいで、かつ、私のようにK-3に納得が行かないカメラマンにきっと人気があるのだろう。値が全く落ちてくれない。多少の上下はあっても春からほとんど下がらず・・・。

このままだとK-3とK-5IIsの差が2万円になるのも近い。K-5IIsは中古市場でも強気の販売だから、そうなるとどうも購買意欲がなくなる。また迷い箸・・・。

「K-3を買わないでK-5IIsを買う、そして一眼レフタイプのカメラ購入はこれが最後だろう」

数ヶ月前にそう断言した。でもたかだか2万円の違いともなれば、幾ら不愉快な仕様の多いK-3でも食指が動いてしまい、またまた朝令暮改になっちまうかもしれない。

それでもK-3は買い辛いんだ。2400万画素カメラ、これがネック。皆さんご存知のように、現在APS-Cセンサーは1600万画素と2400万画素が混在している。そして一回り小さなセンサーのマイクロフォーサーズは1600万画素が標準だ。

となると今、2400万画素のカメラに手を出すのは時期尚早な気がしてならない。K-3に搭載されているSonyの2400万画素センサーは決して優れているとは思わない。ローパスフィルターを取り払っているので解像感は高いが、超高感度は1600万画素カメラと同等でしかない。

800万画素も増えてノイズ量が同等、確かに進化はしているだろう。しかしその進化は十分でない。だいぶ以前、K-3はK-7の香りがプンプンすると書いたが、今もそう感じている。

比較するのは間違いなのは判っているけど、マイクロフォーサーズは1200万画素から1600万画素になって、大きく進化した。単に1200万画素時代のPananosicセンサーが糞だっただけでもあるが、高感度域が弱い、そんな定説は崩れた。国内外のレビュー記事を見る限り、ISO3200が問題なく使える。

1200万画素から1600万画素の面積比は1.3倍、1600万画素から2400万画素は1.5倍。この差が超高感度域の違いを生んでいるんだと勝手に思っている。APS-Cの限界は2000万画素ではないのか?、Sonyが高画素でも超高感度域をなんとしちゃう新技術を見つけない限り、間違いじゃないと考えている。

※Sonyはそれが出来ないから画素数を1200万画素に抑えたα-7sを出したのだろうから、当分は技術革新は望めないかも・・・

また、いずれサブシステムとして、Olympus E-P3に変わるEVF搭載のミラーレスカメラを買うだろう。それがFujifilmのX-E1(X-E2はまだ高いから要らない)になるか、PanasonicのGX7になるか、思案中であるが、いずれにせよ両者1600万画素だ。

※3:2のアスペクト比は縦写真にした時に気持ち悪いので、4:3のアスペクト比、手持ちのOlympusレンズを活かせる、この2点からGX7を買う可能性が遥かに高いし、GX7なら手持ちのOlympusレンズが使えるから望遠レンズだけ買えばシステム構築出来ちゃう

だったらメインカメラも1600万画素でいいんじゃないの?、いや、メインとサブが同じ1600万画素だからこそ、その日の気分でカメラを選べるのではなかろうか?。

これを被写体別にシステムを組んじゃうと、ネイチャーフォトのような細かい遠景ばかりを撮るのなら、描写力の優れたレンズを装着した2400万画素のK-3は最高のカメラ。では仮にK-3とGX7を所持していたとする。そうなるとK-3を使う機会は旅行や郊外ドライブ、それと廃墟撮影にしか使えず、年に10数回しか出動しない事になる。これは無駄遣い以外の何物でもないでしょ。

また、メインカメラとサブカメラの法則。メインカメラとサブカメラは同じ機種、もしくは同等の性能が望ましい。だからメインがK-5IIsなら出てくる絵がローパスフィルターの有無の差でしかない手持ちのK-5がサブとして今後も使えるけど、K-3のサブにK-5、これはあり得ない。K-3を使ったらK-5(IIs含む)には決して戻れないのは判っており、K-3のサブはK-3以外に存在しないのだ。

連れも写真マニアだからして、今はK-5を2台にK-7を所有し、上手く使い分けているが、K-3がメインカメラになればK-3のサブはK-3しかなく、K-3を3台買う羽目になる。1台6万円になってくれない限り、流石に無理!。

それとK-3を買うと、今使っているSigma 17-70mmF2.8-4(旧型)が役立たずになるのも痛い。まぁいずれSigmaの17-50mmF2.8を買うつもりであるが、今焦ってK-3を買うのなら先に17-50mmF2.8を買うだろう。

Canonの動向も気になる。噂されているEOS7DmkII。これの画素数が幾つになるのか?。現行は1800万画素、そしてEOS70Dが2000万画素だから、EOS7DmkIIがいきなり2400万画素になるとは思えないんだ。Canonは画素数に関して保守的であり、普通に考えればEOS70Dのセンサーを流用するだろう。そしてEOS7DmkIIが2000万画素に抑えた形で発表されるのなら、APS-Cでの高画素化を否定した事になり、次期メインカメラはK-5IIsに決定だ。

そしてどうも納得出来ないのが、ついこの前、PentaxがQ-S1を発表したでしょう?。いやぁ、今更に1/1.7型センサーにEVFがアクセサリーとして存在しない。これには脳味噌クエスチョンマークだらけ。コンパクトカメラ分野もRicoh体制になっている筈だから、何故センサーを据え置いたのか、EVF未搭載なのか?、どうしても他社よりも周回遅れに見えてしまう。

となると来年早々には出てくるであろうK-50の後継機種。これが2400万画素になるのか1600万画素のままなのか、Pentaxだからまた何か間抜けな事をやらかしそうで、その辺を見定めない限り、2400万画素のK-3は(私のような写真を撮るのなら)意味のないカメラになってしまう。

K-50の後継機種が2400万画素になればK-3のサブカメラとして使えるから、そうなればK-3も範疇に入ってくる。でも1600万画素のままだったらK-3は要らない。

難癖を付ける気はないし、一部仕様を除き、K-3はK-5、K-5II系よりも遥かに優れたカメラであるのは間違いない。でもPentaxと心中する気がすでにない身としては、石橋を叩いて渡らないとならないと感じている次第だ。

※本日の写真は今年初め、Ricohからモニターとしてお借りした機材で撮影している


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. Kan | URL | 30oPJyPA

    画素数・ISO高感度耐性っていったい何なんでしょうね。
    私は昨年までISO設定800くらいが限度のE-620を使っていたので、画素数は1000万画素もあればいいし、ISO高感度時耐性がどうのこうのなんて気にしたらキリがない、と思っています(ISO1600まで実用的ならなんだっていいや状態)。(爆)
    そんな私が一番重要視する(気になる)のは筐体の大きさやデザイン。自分の手に扱いやすいかどうかってとても大事ですから~。(^^;;

    カメラメーカーのスペック競争に振り回されないようにしたいものですね。とかいいつつ最新機種が出たらどうしても手を伸ばしてしまう私って・・・。(~_~;)

  2. 型落ちハンター | URL | 4ARdecsc

    長らく価格チェックをしてなかったのですが、久しぶりに見るとK-3はもちろん、K-5II, K-5IIsもずいぶん安くなっていることに驚きました。K-5IIとK-5IIsの価格差もほとんどなくなってますね。原価はK-5IIsの方が安いはずですから当然でしょう。

    おそらくあと半年もすればK-3とK-5IIsの価格差は2万くらいに縮まるでしょうから、さらに悩んじゃいますよね。私としてはK-3の機能は欲しいが2400万画素が邪魔!ってとこです。

    そしてK-3が6万円台に落ちる頃にはたぶんK-3IIが出てるでしょうから、ますます悩みは尽きませんね・・(笑)

  3. BigDaddy | URL | -

    > Kan さん

    難しいですよね。スペック競争をするから、近い将来凄いカメラを我々は得られる、これも事実だと思うんです。

    デザイン、使い勝手は私も一番重要だと思っています。どんなに優れていても自分が見てカッコ悪いと思ったカメラは丸で興味ありませんし、使い勝手も、例えばX-E2などのミラーレスのAF測距点変更方法はどうして各社しょーもないんだろうと嘆いたりで・・・。

    私は廃墟を撮影する事もあってISO6400が常用出来ないと駄目ですが、普通の人は仰る通りISO1600で十分なんですよね。Sigmaのフォベオンなんてその点、良いと思っています。

  4. BigDaddy | URL | -

    > 型落ちハンター さん

    時折、勝手にフラッシュスペースにどーんとカメラの価格が表示されますが、不思議と興味のないカメラの値段って、目にしているんですが、脳にまでその情報が伝わらないんですよねぇ(笑)。

    K-3を使いこなすには自宅での現像作業の方が重要だと思っており、今のうちのパソコンだとLightroomだとさほど気にならないんですが、その他の現像ソフトを使うともうイライラしますねぇ。K-3レビューでも書いた気がするんですが、K-3を買うとパソコンもセットで買う事になり、やっぱり今は2400万画素要らねえなぁと。

    K-3が6万円になってK-3IIが出た時、きっとK-3の不愉快な部分が解消される筈ですから、それはそれで悩んじゃいますかねぇ(笑)。

    まっ、今はK-5が不便だと思っていないので、先ずはK-50の後継機種の画素数が幾つになるか、それで今後のPentaxのAPS-Cの考えが判るのでそれを見てからでしょうか?。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)