にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

精密機器で下克上ってあり?

2014年09月07日 00:00

夕暮れ

夕暮れ

Pentax K-3, FA50mmF1.4

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



この記事はPentax K-S1が正式発表された直後の9月2日に書いている。レビューが掲載されるのはまだまだ先だが、スペックを見る限り、幾つかK-50から見劣りする面もあるが、エントリー機としては十分にゴージャスな内容だ。

デザインは好き嫌い分かれるようだが、私は好き。だからここ数日、K-S1を褒めまくっているが、今日はK-S1を出しちゃったPentaxを糾弾しちゃおう!。

このカメラ、新しいシリーズでK-01のように上位も下位もないとは思うが、防塵防滴じゃなかったり、水準器が省かれていたりとセンサーを除けばK-50よりも機能がなく、どう考えてもK-50よりも下の機種、Canonで言うKiss系のカメラだと思う。

初期値が7万ちょっとで、これは調べてみるとK-30もK-50もそんな価格だったみたいで、ふーん、結構強気なんだなぁ。後にも書くけどKissと対抗するのならすぐにでも5万円に下げないとねぇ・・・。

前回の記事にも書いた通り、デザインは嫌いじゃない。あとは質感が「プラスチックでござ~い」じゃないければ欲しいカメラに分類出来、久々に売れそうなカメラを出してきたなと感じてる。

スペックを見るとAFシステムだけは差別化をはかりK-50準拠のようだが、K-3同等のファインダー、K-3にしか付いていないローパスセレクターを搭載したりして、あれれっ?、またPentaxお得意、お家芸の下克上カメラかい?。

事ある毎にPentax K-7はPentaxの黒歴史だと書いている。これはK20Dと比較して画質の向上がほとんど認められかったのが最大の要因。そして一番の大きな問題は下位機種のK-rの方が高感度での画質が明らかに上だった点。

K-rは1200万画素とK-7よりも200万画素程度小さいが、確か当時のレビューでは1段以上K-rの方が良かったと記憶していて、K-rのISO1600はK-7のISO800と同等以上。他社に負けるのは仕方ないにせよ、フラッグシップ機が自社のエントリー機に負けるってどういう事だよ?。そりゃぁユーザーが愛想を尽かすの当たり前だって。

新しい2000万画素センサーがどの程度の実力であるかだが、単純に考えればK-5IIsとK-3の良いとこ取りなセンサーになっていると思う。そうじゃなきゃ誰も買わないよね。今は皆さんカメラを買う際にお勉強しているからね。

K-5IIsとK-50がいつラインから外れるか判らないが、K-S1のセンサーが優れていれば、現状のPentaxのKシリーズはK-3、K-5II系、K-50とあり、使い勝手は別にして、スペックを見る限り、防塵防滴、1/8000sec、水準器、そして暗所AFに拘らない限り、K-S1はK-3に次ぐ性能を持っていると言えよう。

K-S1の発表を知らずに極最近K-5II系やK-50を買っちゃった人、相当ショックだと思う。勿論、K-5IIsのデザインに惚れ込んでいたり、防塵防滴じゃないと駄目って人もいると思うが、問題はヘビーユーザー。すでにK-3やK-5IIsを所持していて、サブカメラとしてK-5IIsやK-50をもう1台、なんて人はガッカリだろう。

もし私がK-S1の発表前にK-5IIsを買っていたら販売店、もしくはPentaxのサービスと交渉して、なんとかK-S1と交換出来ないものだろうか?、と直談判したくなるくらい悔しがるに違いない。

そしてこのスペックでK-S1が出てきたのだから、防塵防滴でAFもK-5IIs相当のものが付いたK-70がいずれ出て来るだろうと思うし、K-3から派生した2000万画素センサーを使ったモデルや、無理矢理K-5にこのセンサーをぶち込んでK-5IIIsなんてカメラが出てくるんじゃないか?、と勝手な妄想を始める。

下克上の悪いところはこれ。新製品が出たらすぐに買っちゃうような熱心なユーザーじゃない限り、買い控えしちゃう。私なんてケチだからそのタイプ。

K-5で唯一不満なのが暗所AF。K-5はEV3(例えばISO12800、F5.6、1/30sec)がギリギリでEV2になるとAF補助光を使っても時折ミスを犯す。それを克服したのがK-5IIsだからして、K-5IIsが欲しいと思っていた訳だが、2000万画素のK-S1が出ちゃったから、思考は大きく変化した。

上述の通り、もしK-50の後継機種が発売されるのなら、今のK-50に2000万画素のセンサーを積んで、AFを暗所に耐えるK-5II系のAFシステムを積むスペックで出てくるに違いない。K-3を買う気がない時点で、K-5IIsよりもそのK-70を待った方が良いでしょ?。今日の段階で、K-5IIsを買うぞ!、これが白紙になった。

メーカーの立場からすると下克上って良いシステムなんだよね。デザインが斬新なK-S1で新しい層を取り込める可能性があるし(CanonのEOS Kissの対抗馬)、超ヘビーユーザーは下克上だろうがなんだろうがとりあえずK-S1を買っちゃうだろう。そして超ヘビーユーザーはK-S1に飽きた頃に出てくるK-70をまた買っちゃう。

ただ、Kissの対抗馬だとしたら年末商戦でボディ単体で5万円、本気で勝ちに行くのならブランド力がない分(そう言えばWiFiも積んでいないようだがスマホ世代にこのカメラが響くのか?)、Kissよりも値を下げ4万円にならないと全く勝負にならない筈だし、防塵防滴がないのと、K-01の投売りを見ている私にはこのカメラは(レンズ込みで)サンキュッパなんだよなぁ。またK-50の立場は?。これらをPentaxはどう考えているか?。

そしてヘビーユーザーでない私のような人間はK-S1の発表で、上の通りに次に買うカメラに待ったを掛けちゃう。ホント、これで当分Pentaxのカメラは買わないと思う。K-S1を買おうと思っても今述べた通り、Kiss以下の価格にならないと食指が動かないし、そもそも先を読めないシステムって怖いでしょ?。これで今後のレビューでK-3の2400万画素よりも高感度いいんじゃね?、とかなったらどーすんのかね。

その点、やっぱりCanonは上手い販売をしていると思うなぁ。エントリー機にEOS KissとEOS-Mがあり、EOS2桁、EOS1桁、そしてEOSは決して下克上をやらない。少なくともかつてのK-rや今回のK-S1のようなここまであからさまな下克上はやらないだろう。だからユーザーは用途に見合ったカメラの後継機種だけを見ていれば良い。

EOS二桁モデルのユーザーは素直に60、70、80?、90?とステップアップすりゃいいだけ。EOS-7Dユーザーは今度のフォトキナで発表されるだろうEOS-7DmkIIを待ちゃいい。実に簡単。カメラ選びに悩む必要が全くない。

Nikonもそうでしょ。Dfのような変化球カメラは置いといて、135とAPS-Cに分岐し、私のようなタイプのカメラマンならAPS-CのD7100か135のD610、そしてその後継機種だけを見てりゃいい。

Sonyもユーザーには優しいのかな?。Minoltaからのαシリーズの人はそのままαシリーズだろうし、α7の人は今後もその派生、後継機種だけを気にしていれば良い。旧Nexの人もα4桁モデルだけを見ていれば良いもんね。

RicohさんもK-S1に勝機あり!、と思ってK-70よりも先にこっちを発表したんだろうが、私個人は「また下克上かよ、K-7で懲りたろうに!」と呆れている状態。それともサプライズでフォトキナにK-70を出してくるんだろうか?。

いやぁ、K-5IIsは秋~年末にでも買おうと思っていただけに残念と言うか、買わないで良かったと思うべきか、ちょっと不思議な心境。これね、当分、K-5で行くんじゃないか?(笑)。何かを欲しいと思ったら毎日その事を考えるけど、一旦熱が冷めるともうどーでも良くなる。そしてこのカメラ欲しい熱を冷ましてくれたのが何を隠そうK-S1。

Riochになってからもう1年以上が経過しているのかな?。それでもまだRiochの思考を良く理解出来ていない。真のRioch体勢を理解するまで、私は待つなぁ。例えばだよ、K-01(これはHoya時代のカメラだっけ?)、これってどうやら一代限りみたい。後継機種は出ないようだ。とするとこのK-S1も一代限りなんじゃないか?、なる疑問も出てくる。

となると本流は一桁シリーズと二桁シリーズ。ならばK-70を待つし、またRicohブランドでミラーレスカメラが出てくるのか?、そんな疑問だってある。

そもそもRicohはGRレンズと言う最高のツールを持っているのにそれを活かし切っていない。PentaxをRicohが引き受けた時点で、誰もがGRレンズがPentaxで使える!、GRレンズならZeissに対抗出来るぜ!、と考えたろうし、そうでなくともGRレンズを使えるミラーレスが出てくるだろうと予測した。でもそんな話は一切聞こえてこない。この曖昧さも不安材料。

RicohブランドでもPentaxブランドでもミラーレスカメラが出てくれれば余程しょ~もない仕様でない限り、Ricoh、Pentaxユーザーを続けるつもりだが、あと1年待って噂すらなかったらメーカー替えの時期が来るのかなとも思うのだった。

本文執筆時の9月2日での噂ではFujifilmのX100の後継機種が2400万画素を載せるかもと言う。ホントにこれやるのかね?。80周年モデルのX-T1、そして一応フラッグシップなのかな?、X-Pro1が1600万画素なのにX100が2400万画素だったらこれまた下克上、ユーザーは納得するだろうか?。私がX-T1ユーザーだったら許さないね。

以前にも書いたけど、一眼レフはNikon D610に鞍替えした方がどれだけ幸せか。レンズはSigmaで揃えるだろうから24-70mmF2.8だか28-70mmF2.8にAPO70-300mmF4-5.6がありゃいいし、ミラーレスはPanasonicのGX7を買えば、手持ちのOlympusレンズが使えるしね。

元々一眼レフはK-5IIsで打ち止めと考えていたから、このK-S1のせいでK-5IIsに行くか、期待をしてK-70を待つか、はたまた何を買うにせよK-5は残すので防塵防滴でなくてもK-S1を買うか?、選択肢が妙な事になっている。

(私にとって)K-3がふざけた仕様なのが最大の誤算。まさかユーザーモードが3つに減らされるとは思わないって。それとファームウェアで修正されていなければ未だにRAW/FXボタンで水準器の表示、非表示切り替えが出来ない。何?、この糞改悪???。

Canon、Nikonを含めてもAPS-C機ならK-3が一番良いと思っているから、手に持てば最高のツールになるのは理解している。でもこういう細かいところに拘っちゃうと、2年後のK-3IIだかで、これらが解消されたのが出てくるだろうなる微かながらも期待もしちゃう。

出てくる絵に関してはK-5で十分だと思っているから、本気で欲しいと思うカメラがない限り、もうPentaxからは何も買わない。

とにかく新しい2000万画素の実力次第だよねぇ。早く海外のサイトで、原寸のJPGとRAWが出てこないものだろうか・・・。

本日の写真は今年正月、Ricohからモニターでお借りしたカメラで撮影している(レンズは私物)。やっぱりK-3はそこそこのレンズを付けておけば解像感はスゲェ。FujifilmのX-E2、X-Transなんて屁だよ。等倍で見て1600万画素のX-E2よりも2400万画素のK-3の方が遥かに良い描写をしている。

だからユーザーモードとか水準器なんて使わねぇよ!、なんて人は素直にK-3を買うべき。K-3が残念な仕様だと思っているのは少数派に過ぎない。

時に、水準器に関して、今もファームウェアでRAW/FXボタンでオンオフが出来ないのだったら、ハードウェア的に無理なんじゃなかろうか?。水準器の回路がそのボタンに行っていないとか・・・。

と言うのもK-3を借りていた時、お客様相談センターに問い合わせをし、RAW/FXボタンで水準器のオンオフは本当に出来ないのか?、と問うた時があり、その時の担当者は「出来ないのですが、これは出来て当たり前の事だと思うので、関連部署にリクエストしておきます」と言ってくれた。

それからもう8ヶ月が経過している。だから今も不可能ならば、ハードウェア的に出来ないと結論付けても良いのではないか?。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. 型落ちハンター | URL | 4ARdecsc

    K-3が出た頃、リコーはファインダーとローパスセレクターを大々的にアピールしてましたね。モデル末期になってからならまだわかりますが、わずか半年くらいで惜しげもなくエントリー機に載せちゃうと、K-3の威厳を自ら失墜させているようなものです。その点、ニコンやキヤノンは上位機が下位機に食われないように上手に棲み分けしてますね・・

    もしK-70が出るとして、K-50にK-3のファインダーとAFを載せ、センサーがK-S1と同じものに置き換わったなら、私だってK-3に行かずにK-70に行っちゃうと思いますね。だって2400万画素は邪魔でしかないですから・・。それも1年くらい経って底値になってからね(笑)。リコーはいったい商売する気あるんでしょうか?(笑)

  2.   i.Marks | URL | -

    昨日行ったセミナーのお話で、プロ機が何故2000万画素以下なのかが
    非常に興味深かったですが、それよりももっとこの先の8K〜16K時代になって行く
    過程で本当に怖くなりました、素人でこれですからプロのスチールカメラマンて
    これからどうなっていくんでしょうか・?。これも下克上・・?

  3. BigDaddy | URL | -

    > 型落ちハンター さん

    企業の戦略とユーザーの思惑、これが異なってしまうと、一流になれない、今のPentax、Ricohははそんな問題を抱えているのではなかろうか?、イコール、マーケーティング不足とも考えられますが、K-S1は売れそうな気もしますからねぇ(笑)。

    我々が望む仕様、それがK-70だとしたら多くは本文の通り、待っちゃいますよね。しかもK-01は最終的にはニッキュッパくらいまで落ちた筈ですから、K-S1が魅力的にせよ、いずれにせよ2年待とうと思っちゃいますよねぇ。

    2400万画素ってホントにウザったいんですよね。確かに低感度域でのディテール、階調は凄いとは思いますが、それだけだったらSigma SD1 Mirrelの方が魅力的ですし・・・。私なんて高感度にしか興味ないですから(笑)、1600万画素のままで新たなカメラを、もしくは今回の2000万画素でってどうしても考えちゃいます。

    やっぱり当分はK-5のままかなぁと・・・。


  4. BigDaddy | URL | -

    > i.Marks さん

    報道系のカメラマンなんて画素数要らないのでしょうね。聞いた話ではRAWすら不要とか(笑)。

    最近ユーザーも賢くなって画素数だけが写真じゃない、それは理解している、とは言え、画素数信奉のきっと多いのでしょう。また技術は止まっちゃならないですから、センサーメーカーも無理をしている部分もあるのかなぁと。

    m4/3が1600万画素ですから、そのドットピッチのままだと135だと6200万画素ですから、Sonyはすぐにでもそれくらい造れるのでしょう。でもSonyが1200万画素のα7sを出した時点で、当分技術革新はないだろうなと感じており、私はもうさほど画素数には拘りはないですねぇ。

  5. ななし | URL | mQop/nM.

    増税前にうっかりK-3を買ってしまったK-r使いとしましては、
    K-S1のスペックも然りですが、最近のK-3の価格の下落具合は、
    あまり見ていて気持ちの良いものではないですね(苦笑)

    K-3の2400万画素なのですが、私見で、
    どうもペンタックスの言う「味のある」レンズほど、
    あれれ??な描写が多い気がするだけに、
    高画素化に応えられる、というか耐えられるレンズが果たして
    どれぐらいあるのかと訝しいんでしまいます。
    ボディばかりにかまけてないで、早くレンズ群をアップデートしてくれと、
    呪詛の言葉を吐きまくりです(涙)

  6. BigDaddy | URL | -

    > ななし さん

    増税前に買われた方にこんな事を書くと失礼かもしれませんが、ようやく妥当に、Pentaxらしく値が落ちてきたなぁと感じています。K-5IIsの販売が終了したらさらに一気に落ちてくるでしょうね。まぁその時は新しいモデルが出てくるのでしょうけど。

    私がK-3に通した現行レンズは18-135mmと17-70mm、そして18-55mmの3本ですが、18-135mmと18-55mmは中央部は問題なく、17-70mmもしっかりとAF微調節をすれば、及第レベルであろうと感じています。A3ノビが前提であれば18-135mmの18mm側の像の流れとパープルフリンジを除けば、さほど問題は感じません。とは言え、周辺までビシッと気持ち良く解像するレンズは確かにPentaxにはないのでしょうね。

    SigmaあってのPentax、私はそう思っており、SigmaがPentaxを見捨てない限り、私もPentaxは見捨てません(笑)。
    ただ、そろそろ17-70mmくらいはアップデートしろよとは思いますねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)