にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

メーカーサイトってどうして面白くないのだろう

2014年10月07日 00:00

都市寸景

都市寸景

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事を踏まえ、Pentax(Ricoh)に物申したい。

Pentaxの商売が下手なところはカスタムイメージの設定を変えるだけで、全く異なるイメージに仕上がるのに、それを宣伝していない点。メーカーサイトやFacebookにユーザーコミュニティのようなものを作って、これらの情報交換をする場を設けたり、Pentax自身が「カスタムイメージでこんな事も出来ますよ!」と発信しても良いのではなかろうか?。

だいたい未だにノーマルシャープネス、ファインシャープネス、エクストラシャープネスの違いを明確に述べているページが皆無っておかしい。これはカスタムイメージの最大の売りで、他社に無いシャープネスを持っているのだから何故もっと宣伝をしないのか。

どのメーカーにも該当するかもしれないが、コミュニティってものを全く無視している。価格.comが何故あんなにコメントがあるのか、デジカメinfoがどうして噂情報だけで意見を戦わす事が出来ているのか?、アングラな2ちゃんねるが何故盛り上がっているのか?、偏った思考しか持っていないうちのブログがどうして1日に千人も来訪するのか?、みんな情報が欲しいんだよ。

リコーイメージングのサイトにはコミュニティなるページが存在する。

リコーイメージング - コミュニティ

上を見て、なるほど、このコンテンツは面白いぜ!、継続して見よう!、と思うだろうか?。facebookも単なる宣伝だけで終わっていて、幾つかのコンテンツをとりあえず作ってみました、そんな事務的なやっつけ仕事にしか見えない。

そうじゃなく、Pentax内部の人だからこそ発信出来る、自分のK-3はこんな設定にしていて、そうするとこんな写真を撮れる、こんな風景ではエクストラシャープネスを使っているよ、そんなユーザー寄りの情報が見当たらないのが残念でならない。

買った事がないのでどんな内容か知らないけど、カメラ別のMook本ってあるでしょ。ユーザーガイドのような・・・。恐らく、そこには開発者の秘話だの、使える設定集みたいのが掲載されているのだろう。でもそれはカメラ、そしてMookを買った人じゃないと見られない。

そうでなくサイトにてMook本のような発信が可能ならPentaxカメラを使った事の無い人も目にする。特定の人物しか閲覧しないような閉鎖じみた現在のコミュニティを開放されたコミュニティに発展して行ける気がするのだが・・・。

新宿にあるリコーイメージングスクエア、ショールームとサービスステーションを兼ねていて、平日の昼過ぎ、雨降りと言った暇な時に訪れると、やたらに色々な事を教えてくれる。ここでピントズレしているレンズの正しい本体微調節の方法や、ファインシャープネスとエクストラシャープネスの違い、HDコーティングの意味を教わり、しかもその違いを示した写真も見せてくれたりもした。

ここはPentaxとRicohユーザーが集う1つのコミュニティだ。時折、有名プロカメラマンもウロチョロしてもいて(写真展等で)、色々と話を聞けたりもする。だったら何故インターネット上で同じような発信が出来ないのか?。

メーカーサイトに価格.comのような掲示板を作る必要は全くない。それでももっとユーザー視点で優れたコンテンツを作れると思うのだがなぁ・・・。

例えば、カメラ部門とは全く関係のないRicohの事務機器を扱っているサラリーマン、OLにカメラを持たせてブログを書かせたり(Olympusがかつてそれをやっていたんだっけ?)。また先程も書いたが、開発者だから語れる通なカメラのセッティングとか・・・。

そう言えばRicohはGR系、GX系ユーザー用にブログがなんか持っていたよねぇ。該当カメラで撮影した己の記事をトラックバック出来る。GX100を買って間もない頃、結構見ていた記憶がある。これを何故Pentaxブランドでもやらないのか?。

そもそもPentaxだけじゃなく全メーカーのサイトがおかしいと思うのは、各カメラ、レンズのサンプル写真が少な過ぎる。等倍表示出来ない、サンプルの意味を理解していないメーカー、サンプルを簡単に見つけ出せないようなメーカーもあったような記憶がある。

たかが5枚、10枚でそのカメラの特性を見つけろとは無理な相談。反対にこれしかサンプルを出せないって事は、余程、自分とこのカメラの絵作りに自信がないのだろうなと思ってしまう。比較されるのが嫌だからサンプルを出さないんでしょう?。それ以外の理由、何かあるかい?。

例えばK-5の作例を見るとISO12800が1枚ある。そりゃそう、K-5は高感度耐性だけで売れたようなカメラなんだから。これは評価に値する。ISO12800の写真を堂々と掲載したのはPentaxが初めてではなかろうか?。

ところがK-3はどうだ?。ないでしょう?。なるほどK-5と比較されたくないんだ、この時点でK-3の高感度耐性はさほど良く無いのだろうとユーザーは判断してしまう。

ここでミスリードさせちゃうのは嫌なので・・・。

K-3はK-5から800万画素増えてドットピッチが物凄く小さくなった。だから高感度耐性がK-5よりもない、これは理論上では間違いじゃない。しかし実際にK-3のISO12800辺りの像を見ると、K-5にほんの少し劣るくらいか?、程度。

よってK-3の像を1600万画素に縮小すればその分、ノイズも小さくなるのだから、1600万画素で比較をすれば、K-5と同等以上のレベルになってくれる。

但し、K-5を遥かに上回るか?、K-5より1段のアドバンテージがある、なんて事は100%あり得ない。だってそうでしょ。K-5の上を行くFujifilmのカメラもK-5よりも半段近く高感度耐性があるだけでしかなく、それと比較したらK-3は確実に負けるんだ。K-3、K-5、X-E2で高感度テストを行ったから信用して頂いて結構。

そして本ブログで何度も書いている通り、K-3、K-5系、X-E2の三機種であればCapture One Pro7やRawTherapeeを使えばISO12800の像でも(Fujifilmの場合はISO6400を-1EVローキーに撮影しRAW現像で1段増感)、風景によって十分に鑑賞に値する絵になってくれる。

それでも私よりも高感度に煩い人間はここが不満なの。高感度番長の座をFujifilmに奪われちゃった。無理して2400万画素にする必要はなかったろ!、それが本音。だからK-S1の2000万画素センサーに期待しており、K-5III、もしくはK-3の亜種がそのセンサーを積んでくれる事を祈っている訳だ。



またK-3の最大の売りは2400万画素と言う高画素による「解像度」と、ローパスフィルターレスによる「解像感」だ。本来ならばそれを活かした遠景のサンプルを掲載すべきところ1枚も見当たらない。イコール、K-3の高解像度、ローパスフィルターレスを最大限に発揮出来る遠景の解像度に長けている広角レンズがないのだな・・・、そう考えるユーザーもいる。

ローパスセレクターも同じ。これは画期的なアイデアだと思う。ならば100%色モアレが出る風景でローパスセレクターOFFとONの比較写真をしっかりと掲載するべきでしょう。色モアレなんて波板になっているアルミ荷台のトラックを撮ればすぐに確認出来るのに。何故そうやって売り込まないのか?。

K-3はAF性能も大幅にアップした。でもこれまた見合う作例が一切無い。これも性能は従来よりもアップはしたけど他社と比較したら実は大した事ない?、AF-Cの追従は良くなったかもしれないが、等倍で見られちゃうと駄目なんじゃないの?、きっとピンボケしているだろう・・・、と疑問を持つのは自然な事。

新しいK-S1、最も知りたいのは2000万画素センサーの高感度耐性。しかしサンプルには最高でISO400しか掲載されていない。あれれ?、もしかしてやっぱり駄目?、なんだかんだとK-5系が一番かい?、と不安になってしまう。

まだある。先のファイン、エクストラシャープネス。Pentaxカメラの売りの1つなのに作例でそれを推しているような写真を見ない。作例担当カメラマンはメーカーからカスタムイメージの設定は弄らないようにと言われているのだろうか?。

これらのコンテンツを作った人間、そしてそれにOKを出した人間は想定内の作業を想定内でしかやれないお馬鹿さん。そう結論付けても良いと思うのは私だけじゃないでしょう。

こんな事を書くと決まって、、、

「経営戦略に関してドシロウト、内部事情も知らない癖に社長面してんじゃねぇよ!、メーカーは色々とマーケティングをしているんだよ、おまえ如き素人が何をほざいている!」

我々ユーザーがネガティブな発言を述べる度に冷ややかな目でそんな発言する人がカメラ系の掲示板で見掛ける。しかしそんな言葉を吐く人間に限ってこの手のしょ~もなく、夢の無いつまらないコンテンツを作っているのだろうな、そう確信してしまう。

コンビニ等の外食産業だって今じゃ女子高生やOLさんをモニターにして意見を募っている。どの産業も内部の人間が想定する範囲にユーザーはすでにいない、そんな気がしてならない。

PentaxはRicohと言う新しい血を注がれたのだから、旧Pentax人間とRicoh人間とで色々な話し合いが持たれたろう。それでもこの程度なのか?、ユーザーとして大きなクエスチョンマークが灯る。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ひげ | URL | -

    メーカーサイトのつまらなさ、まったく同意いたします。
    もうちょっとなんとかなるだろうと。
    今回、K-3の販売促進として、リコーはアンバサダーなんちゃらでブログ書いてる方々にK-3をレンタルして記事書いてもらっていましたよね?いい面も悪い面も書いてOKということで、口コミ要素のある内容物に関しては、あくまでリコーの外側でやってほしい、リコーが全面に出るのは嫌、なのでしょうか。なにせ口コミというものはかならずどこかで揉め事に発展するものです。

    それはそうと、あたらしいボディがでたら既存のレンズの作例も更新して欲しいですね。Flickrなどで探すのも良いのですが、撮影条件やレタッチの有無など、お目当ての物にたどりつくまで大変です。ひょっとして個人ユーザーのクオリティの怪しいモニターで判断されるのが嫌なのでしょうか。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ひげ さん

    ホント、メーカーサイトはやっつけ仕事って感じがしますよね。

    そのアンバサダー、私もそのプログラムでK-3を使った口ですが、これがPentaxのサイトに反映されていないんですよね。どこかにレビューリンク集があるとは聞いていますが、私自身それがどこにあるのか知りませんから、果たして、一般の人がそこを見つける事が出来るたか?。3回か4回に渡って貸し出したようですから、少なく見積もっても数十人がレビューを書いていたと思います。

    レンズの作例、そうですね、仰る通りですね。Fujifilmは自社のレンズに自信があるのか、レンズ毎にそこそこの作例がありますが、では他のメーカーは・・・?、結果、「自分とこのレンズに自信がないんだろうな」と思われても仕方ありませんよね。

    「クオリティの怪しいモニター」、それもあるかもしれませんが、ならば、作例ページに「xxx基準以上のモニターでご覧になるとうんたら」と注釈を付ければ良いだけですから、結果、「やっつけ」なんですよね。そうしか思えません。

  3. tsunomagari | URL | -

    BigDaddy様、こんばんは。

    本当、メーカーさんって、どんなマーケティングしているんでしょうかね?

    欲しい製品の情報って、メーカーサイトより、価格ドットコムや他のユーザーコメントを参考にしてるのが現実です。
    でも各メーカー信者やネガキャンもあり、結局、悩んだ挙句、お財布と相談、買ってみて、おぉ!とか、えーっとか、悲喜交々の結果になってしまいます。

    本来の趣旨とは外れますが、昨日、職場の女の子がPEN欲しいんです!あおいちゃんのCM見るとカメラのことわからないけど欲しくなるんです!って、彼女、女子カメラには最強キャラだなと改めて思った次第です。

  4. 型落ちハンター | URL | 4ARdecsc

    そのアンバサダーのレビューページ、私のレビューもリンクされていたんです。1月頃は結構なアクセスがあったと思います。
    ただすべてのレビューがリンクされたわけではなく、(ご想像の通り)メーカーにとって都合の良いことが書いてある記事しかリンクされてないんですね。私の場合、1~2記事だったと思います。ほとんどケチョンケチョンに貶してましたから・・(笑)
    おそらくBigDaddyさんのレビューは全部辛口なんで、嫌われちゃったんでしょうね。(笑)

    ところがそのレビューページを今探してみても、なぜか見つからないんです。消されたんでしょうか?(爆)

  5. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    各メーカーともマーケティングの専門家が一生懸命になっているのでしょうが、私がずれているのか、何か違うなぁと感じるこのごろです。

    掲示板や個人サイトからの情報は仰る通り、信者、ネガキャン含め、全てを信じちゃ駄目よねぇ。しかも「嘘」が「真実」になっちゃう某新聞社状態(笑)。量販店でチェックすると言っても限界がありますしね。だから本来はメーカーがサイト運営で頑張るべきなのでしょう。

    宮崎あおいは天使と悪魔の2つの要素を持っていますから、彼女のを起用したOlympus、大成功でしょう。彼女の貢献度半端じゃないと思います。

  6. BigDaddy | URL | -

    > 型落ちハンター さん

    事務局からのメールをチェックしましたが、どこにそんな情報が・・・(笑)。モニターした本人ですら知らない訳で、これってやっぱりPentax、RicohのK-3公式サイトにコミュニティページを作って、そこからちゃんとリンクさせるべきですよね。

    それと事務局の最後のメール、なるほど、その消えているページからサイトが変更になったお知らせでした。

    http://review.fansfans.jp/campaigns/review/1242/review_1202_0.html

    見ると私のレビューも載っていますね(笑)。でもこれって記事1つ1つを抽出するのでなく、全レビューを掲載するべきですよね。そこで書いていない重要な情報だったあるんですから。まぁただでK-3を2週間も堪能させて貰った身としてはあんまり文句は言えないのですが(笑)。とにかく楽しみましたし。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)