にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Canonの底力を見た

2014年10月09日 00:00

都市寸景

都市寸景

Pentax K-3, FA28mmF2.8AL

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回のフォトキナで各社どんなカメラ、レンズを発表したか、すでに忘却の彼方、と言うより、記憶に留まるような目玉製品が無かったのかもしれない。では今年のフォトキナは?。やっぱり度肝を抜いたのはCanon EOS 7Dmk2だろうなぁ。

今日は仕様を中心にこいつを語ってみたい。

とにかくPentaxにとっては残念な年になってしまった。昨年K-3が発売されたばかりで、エントリーモデルのK-S1しか発表されなかったのは仕方ないだろう。では何が残念か?。

それはこのCanon EOS 7Dmk2の発表。K-3は昨年、鬼の居ぬ間にとでも言おうか?。Nikon D7100が意外にも連写に弱かった事もあり、APS-C一眼レフ機では(カメラのメカ部において)トップの機能を持っていた。三日天下ならぬ一年天下と言ったところか?。

それでも一年間も天下を張れたのだから、Pentaxとしては御の字かもしれない。本来ならばD7100があんな間抜けな仕様になる筈も無く、また昨年にEOS 7Dmk2が発売されていてもおかしくなかったのだから・・・。CanonとNikonが睨み合っている、けん制し合っている隙に割って入ったなるパターン。K-3ユーザーはこの一年間、大いに威張れただろう。

まだ高感度域のサンプルを見ただけでEOS 7Dmk2の仕様だけの想像でしかないので実能力は未知ではあるが、20万円くらいで売り出すとかで、言い様によっては初期値が13万円強のK-3なのだから、EOS 7DmkIIとは土俵が異なると考えても良く、Pentaxユーザーはこれで哀しんではいけない。Nikon D7100には勝っていると思えば良い。

とは言え、(APS-Cでの)高感度番長の座をFujifilmに奪われ、連写の座もEOS 7Dmk2に持って行かれ、無冠の帝王のK-3、情報があやふやだが、ファインダー倍率さえもEOS 7Dmk2に抜かれたんじゃなかったっけ?。今後の売り上げ、展開がどうなる事やら。競争力を無くして一気に値が落ちるのか、EOS 7Dmk2の半額以下で買えちゃうから畑の異なるカメラマンが今後もお世話になるのか・・・。

EOS 7Dmk2の高感度域、ISO6400とISO12800のJPGサンプルを見た。K-3をリサイズし、EOS 7Dmk2と同サイズで比較するとEOS 7Dmk2の方が何故かシャープでノイズも少ない。またK-5IIsとマッチするように1600万画素に縮小すると同じく見た目はEOS 7DmkIIの方が勝っているように感じる。

CanonのセンサーはSonyのセンサーに負けていると言う巷の評判、本当なのだろうか?。EOS 7Dmk2のセンサーはEOS70Dのものと同型であるようなので、(シャープネスとノイズリダクション処理はK-3より勝っていても)センサーの技術革新ではないだろう。いずれにせよこの事から今の技術ではAPS-Cセンサーの高感度耐性の限界サイズは2000万画素と言う事になる。

※CanonのAPS-CセンサーはPentaxのそれよりも1割程小さく、それを加味して計算するとK-3とEOS 7Dmk2のドットピッチはほぼ同じになり、EOS 7Dmk2は単にK-3から周辺10%トリミングしただけの面積と言う事になる

たらればでしかないが、もしK-3が2000万画素センサーだったら高感度域はEOS 7Dmk2にもFujifilmのX-Transよりも優れていたかもと溜息。またRAWでの連写限界が30枚に到達したかもしれず、高感度耐性もFujifilmのX-Transセンサーらと同等になったろう。

でも高感度も含め、センサーの画質で言えば、EOS 7Dmk2でも135センサーには適わず、Nikon D610と比較すると(同じ絞りならば)D610の方が上。しかもお安い!。カメラのメカ部分の基本性能はEOS 7Dmk2が上だが、もし私が廃墟用としてPentax以外のカメラを買い足すのならNikon D610になるかなぁ・・・。

D610の方がノイズは若干目立つ気もするが、D610の画像処理エンジンが凄いところは(135センサーの凄いところと言うべきか?)、シャープネスが穏やかなのにISO6400、ISO12800像がクッキリ写っている。このカメラ、ローパスフィルターがあるんだよね?。

暗がり廃墟では輪郭を線で強調するシャープネスよりもA3~A2プリントが前提の場合、濃淡、コントラストだけでクッキリになった方が遥かに素直な写真になる。

※EOS 7Dmk2のRAWレベルでどうなるか?、K-3の画像処理エンジンでのノイズリダクション処理法が嫌いなので、LightroomやCapture One Proで両者に加えてNikon D610の比較をしないと正当な評価は出来ない

あとはとにかくPentax K-S1の2000万画素センサーの画質だどの程度の力があるのか。Pentaxの将来を占うと言っても過言ではない。EOS 7Dmk2と同レベルの高感度耐性なら今後のPentaxにも期待出来るが、そうじゃなかったら、残念ながら見限る時期が来ているのかもしれない。

それにしてもPentaxはレンズの1本くらいはフォトキナまでに仕上げ、各レビューサイトでK-S1と共にテストして欲しかった。順調に行けば参考出品のDA16-85mmF3.5-5.6は年内に発売されるようで、来年早々のレビューを楽しみ半分、不安半分で待つしかない。

私個人はPentaxのレンズはSigmaに任せた!、と思っているが、Simgaの欠点は2つ。クイックシフトフォーカスが使えないのと、防滴処理されていない事。DA16-85mmはWR仕様の防滴機能があるようなので、魅力は高い。

とは言え、DA18-135mmF3.5-5.6のように18mmでの四隅の異常なまでの流れ、これはA3ノビプリントでもはっきりと判る流れであり、18mmでこうなのだから16mmだともっと流れちゃうんじゃないか?、そんな不信感もある。だったらリーズナブルなDA18-135mmでいいでしょ?。私には16mmなんて焦点距離は不要だし。

時に、Nikonにも全く同じスペックのレンズがあり、広角側でF3.5、望遠域でF5.6といわゆる暗いレンズであるが、良く写る。おっと、何故断言しちゃっているのか?。このレンズはちょっと使った事があるんだな。ちゅーか今も手元にあるんだな。えっ!、とびっくりされなくて良い。大した話じゃないので(笑)。いずれネタにするつもりだ。

このNikonのレンズ、今の今まで全く気にしていなかったから、キットレンズで3万くらいか?、と思っていたら、結構お高いのね。道理で写りが良い筈だ!。

当然、こいつを意識してのDA16-85mmだろうから、しょーもない描写のままで市販化するとは到底思えず、ブレ補正がない分、Nikonレンズよりも安いだろうが、 WR仕様だから、なんだかんだとDA18-135mmの初期値と同等、もしくは描写優先のレンズなら少し高めの設定で出てくるんじゃないかと思う。

話をCanonに戻そう。隣の芝生は青い、(仕様を見る限り)さすがCanon、満を持してEOS 7Dmk2を出してきたなぁ。Nikonですら太刀打ち出来ない。私の撮るような風景にはオーバースペックではあるが、一眼レフと言うシステムは、どんな風景、シチュエーションでも乗り切れる、それが理想だから、羨ましい限り。

65点全てでクロスセンサーでしょ?。AFエリアもどんな構図、どんなピント位置でも可能なくらいに十分に広く、これくらいなくちゃ本格的なゾーンフォーカスなんて出来ないのだろうな。半月程前にCanonからAFとブレ補正を取ったら何も残らず、一番興味の無いメーカーと書いてしまったが、流石にAFのCanonだ。ちょっと、いや、かなり見直した。

最後に、一応はPentaxユーザーだからK-3を擁護しよう。

まずお値段。EOS 7Dmk2は2年、3年を経ても強気の価格で流通しているだろう。でもK-3はどう?、来年の今頃はきっと7万円台になっているだろうから、2台買ってEOS 7Dmk2の1台分にも満たないかもしれない。先にも書いた通り、EOS 7Dmk2とK-3は同じ土俵で考えちゃならない。

AF性能、ドライブ機能はその2倍以上の価格のEOS 7Dmk2に負けるのはしょーがない。でもスポーツや鳥と言った動体、そして連写を常に強いられるカメラマンは除き、普通の撮影ならばK-3のAF、ドライブ機能で十分であり、言い換えればAFとドライブ機能だけで10万円以上高いのがEOS 7Dmk2だ。

EOS 7Dmk2は動体に命を賭けたカメラ、K-3はそう言った類いのカメラでないが、「動体や連写も出来るカメラ」、そう思っていれば良い。ドライブ機能でもK-3は一応8.5コマ/secを実現出来ているからこれくらいありゃ十分(実際にはそんなに出ないなんて話もあるが・・・)。

デザインも素敵だ。最近のCanon、Nikonのデザインはどうしてあんなに丸っこいのか?。カメラに空力特性なんぞ不要だし、やっぱりフィルム世代、昔ながらの角ばっているカメラをカッコイイと思うし、一眼レフタイプのデザインだけを考慮すれば、K-3かFujifilm X-T1、Olympus OM-Dしかなく、その中で正真正銘の一眼レフ機はK-3だけだ。

若い頃は見栄を張ってEOS 7Dmk2を買ったろう。でもオッサンの今、見栄を張る必要もなく、己の用途にマッチしたカメラを使うだけ。2400万画素と言う無駄に多い画素数、仕様を含めユーザーインターフェース部に不満があり、是が非でもK-3が欲しいとは思わないが、2000万画素のK-S1が発表された今、K-5IIsでは物足りないと感じるかも知れず・・・。

それと2400万画素、利点もある。トリミング耐性に強いこと。なにしろ半分切っても1200万画素もあるんだ。17-70mmレンズ1本だけでも実質17-150mmくらいになってくれる。これは楽だし便利だ。

Ricohの技術であるらしいマルチパターンホワイトバランス、あまり宣伝されていないようだが、これが人工光のある中では実に素晴らしい働きをしてくれるのも見逃せない。

とは言え、ホントは素直にNikon D610を買うのが一番幸せなのかな(笑)。

※本日の写真はRicohから今年正月、モニターでお借りしたカメラを使用している(レンズは私物)


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. tsunomagari | URL | -

    BigDaddy様、こんばんは。

    7Dmark2 凄すぎるんじゃないでしょうか。
    諸事情により、Canonには手を出さない私でさえも欲しいと思わせます。
    仕様だけでなく、バッテリーグリップ無料キャンペーンって何ですかね?
    バンコクの免税店では70Dに50mm単焦点とスピードライト無料キャンペーンってのも見ました。
    売り方も半端じゃありません。
    前回の記事じゃありませんが、Nikonなんてマーケティング出来ていませんよ。
    D300s後継出して来ないし、D7100のAF性能とバッファ不足では太刀打ちできません。
    カワセミ撮ってるおいちゃんが、ダメだこりゃって長介ばりのコメントで、すぐに買い替えてましたから。
    鳥撮ってる人達からすると焦点距離の稼げるAPS-Cで動体に強いカメラ欲しいと思います。
    7Dユーザは近所の鳥撮りさんも多いので、mk2予約してるかもしれません。暫らく顔出していないので不明ですが。
    Nikonユーザとしては、悪口だけじゃなんなので、キットレンズはなかなか優秀だと追加しておきます。
    DX18-105/18-200とか、24-85とか。
    ボディは更に安いあのD600はどうですか?
    サービスセンターで無料清掃してくれますよ(笑)
    私は自分でやってますけど。

  2. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    ええっ!、バッテリーグリップって2万円以上するあれがですか!。Canon凄いですねぇ。一気にNikonを置いていこうと考えているのかもしれませんね。

    EOS 7Dmk2、時間が掛かりましたが、ホント、凄いと思います。そしてこれはプロ機じゃないんですもんね。あと10歳若かったら、動体なんてほとんど撮りませんが、買っていたでしょうね。それほど魅力のあるカメラだと思います。

    海外でEOS 7Dmk2の最初のレビューが出た時、アンチさんでしょうかね。画質が悪い、悪いと掲示板に書いていましたが、そのレビューを見る限り、K-3よりも良いんじゃないか?、と思うくらいの描写でした。

    Nikonレンズは本文の通り、16-85mm、これしか知らないのですが(笑)、いやいや、周辺までシャープで四隅でほんの少しボケますが、これならD7100やD5300でしたっけ?、それらの2400万画素のセンサーでもかなり解像感が高いんじゃないかと思っています。

    それにしてD7100はどうしてバッファを増やそうとしないでしょうかね。

    Nikonに移行するかどうかは、またNikonカメラの大きな欠点もおおよそ把握し、結論が出ているのですが、申し訳ないです。これは今後のネタになるので、その時までは(今月末くらいにネタになるかと)秘密って事で(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)