にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

木村文乃、こりゃたまらんラン!

2014年12月18日 00:00

田舎の駅にて

田舎の駅にて

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



木村文乃が大好き。「行くぜ東北」シリーズのCM、これを毎回楽しみにしていたりする。今冬のCMは福島県の只見線を撮る木村文乃。

「ラララ、ハイ!、行くぜ東北、カメラを持って、こりゃたまらんラン!」

JR東日本:行くぜ、東北。:CMギャラリー

カメラは何を使っているんだ?、ミラーレス?、いやいや、違うね、正面からのカットでは光学ファインダーが見えるし、横からのカットでフィルムの巻き戻しノブが見える!、こりゃぁLeicaじゃないか!。調べてみると、マニアの方が「M4」ではないかと・・・。

レンズは何だろう?、只見線第一橋梁を撮影しているシーンだから、場所は多分あそこだろう。行った事はないが、地元の方から「第一橋梁を撮るのならあそこが良い」と教わっていたから。CM中の構図、これがもし本物、もしくはそれらしいものとしたら、画角、そして本体から割り出したレンズの大きさからして90mmだと思うが・・・。

※昨年夏に会津を旅した時、柳津から東山温泉を抜けて昭和村、南会津へ行ってしまったので、第一橋梁のある三島には行かなかった、いつか只見線をそのまま西に向かってみたい

木村文乃が実生活でもLiecaを使っているかは定かではないが(2012年時点で彼女の愛機はNikon D80、これは判明している)、こういうのを見ちゃうと「やっぱりLeicaはええのぉ~」と思っちゃうただの機材マニアと化してしまう。

※そう言えば苗字が同じ、顔の雰囲気もなんとなく似ているから最初は親戚とか従兄弟かと思った木村佳乃はLeicaユーザーらしい

他の演者は地元のアマチュアカメラマンや役場の人との事。当然、それぞれ自慢のカメラ、レンズを持ち寄って撮影に参加しているんだろう。鉄道写真と言うとNikonのイメージがあったが、やっぱり白レンズが多いね。

そんな場所に、木村文乃じゃなく、男がLeicaのフィルムカメラに単焦点レンズで紅葉の季節にでもあそこを訪れたとしよう。「さぁ、どうぞどうぞ」、なんて決して言われない。確実に白レンズの人々に白い目で見られるだろう。Olympusなミラーレスを持ってアホな観光客を装って訪れるのとは訳が違う。ミラーレスなら「なんだ、観光客か」程度、要するに無視されるだけだろうが、モノがLeicaだったら、どうなる事やら・・・。

そう、Leicaを持っているだけで注目されるのに、あんな鉄っちゃんだらけの場所にLiecaで訪れたら超アウェイ状態を体験出来るのだろう。しかももしそれが私なら三脚大嫌いだからISO400のフィルムを詰め込んで手持ちでパチリする筈。手巻きカメラだから連写は出来ず、下手したら1コマだけ撮影してそこを後にする・・・。

※でもこの手の超アウェイ感、結構好きだったりする、ワクワクする

さて、このCMはJR東日本であるが、LeicaのイメージCMと言っても良い。私のような人間には大きな影響を与えてくれちゃう。だからLeicaカメラの中古市場を調べちゃった。買うとしたら露出計内蔵のM6だろう。ファインダー倍率が0.72なら程度にもよるだろうが、10万ちょっとで買えちゃうみたい。

勿論、レンズ交換式カメラだからレンズも必要。とは言え、Leica本体には憧れがあるが、Leicaのレンズには興味が無かったりする。興味がないと言うよりも、Leicaに付けば何でも良いやと思っている似非Leicaマニア。だからどこのメーカーでも良いから数万で買えるMマウントの50mmF2クラスのレンズ1本。15万円で一応Leicaユーザーになれる。

昔と比べたら安いもんだ。まぁ今更フィルムカメラに戻る気がないから、割と冷静ではあるのだが、そもそもLeicaを買って何を撮るのさ?、そんな疑問に行き着く。

このCMのように鉄道を撮る気もないし、ネイチャーでLeica?、うーん、何か微妙。廃墟でも馬鹿馬鹿しいし、人物スナップは今の時代、撮影する自体無理があり、結局は街撮り、お散歩写真に使うしかない。そして、現実に引き戻される。なんだ、お散歩写真なら、Leicaを真似たようなお弁当箱デザインのミラーレスカメラでいいじゃないか!(笑)。

まぁ、私がLeicaを買うとか買わないなんかはどーでも良い話で、「行くぜ東北シリーズ」、今後もずっと木村文乃を起用して頂きたい。これを切に願う。ホント、シーズンが変わる度に、どこぞのごり押し女優、アイドルに取って代わられちゃうんじゃなかろうかとドキドキしているんだ。

写真は勿論、只見線。雨の中、滝谷駅でのコマ・・・。只見線でもかなり東側に位置しており、秘境駅とは言えないが、雰囲気が良かったなぁ。今は使われていない昔のホームがあったり、どことなく廃っぽい。また駅前?、駅周辺の集落、これも味があった。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんばんわぁ
    これキハ系ですよね。
    鉄やってた頃はキハ系もよく写してました。
    列車の色や周りの色も渋く 好みです。
    僕が鉄やってたころはN社のF4でしたが、後にデジに切り替えましたが、撮影後次のチャージ完了までに5秒以上もかかり、シャッターもおりない。そんな時代のデジカメ(涙
    そんなカメラで山陰の餘部鉄橋を通過するブルトレの出雲をたった1枚写すことができました。
    今なら連写ですが、もうDD51の出雲も走ってないし、鉄橋も付け替えられてからは撮影意欲もなくなりました。

  2. i.Maks | URL | -

    こちらの方はJR東海管轄なので
    まったく東日本のCMは目にしませんのが
    このシリーズも東海のそうだ京都行こうと同じで
    良い、CMですね、はまりそうです(笑

  3. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    色合いは雨、風景を意識して、オールドフォト風でシアンを強調しました。

    そう言えば一昨日だったか、ヒストリーチャンネルで何時間も日本の列車の歴史を映像で何時間も流していましたね。当然終始「何々系」と言う言葉が耳に入るのですが、まぁ素人には暗号ですね(笑)。一応、先頭文字のモ、キ、クの意味だけは以前調べて覚えていますが、2文字目からはチンプンカンプンです。

    デジカメの初期ってやっぱりフィルムカメラのサブとして運用はもっぱら「記録」が主体だったのでしょうね。ブルートレインも運行が終わったと先日のニュースで言っていましたねぇ。

  4. BigDaddy | URL | -

    > i.Maks さん

    なんですと!、この行くぜ東北シリーズ、全国区だと思っていました。だからでしょうか、アクセス解析で、このリンクをクリックされた回数が半端じゃ無かったんですよ。えっ?、見慣れたこのCMを何故こんなに沢山見るんだろうと不思議でした。そう言えば、東京でも流石にJR北海道とかJR九州のCMってあまり見ませんもんね。

    ではついでに・・・。

    https://www.youtube.com/watch?v=7WOBT7ZlMLg

    これは新青森駅開業CMですが、ここで出てくるマドンナ役の女の子が、木村文乃の行くぜ東北シリーズの1本に出演しています。意図的なリンクみたいですね。どうか探されてください(笑)。

    そうだ京都行こうは、以前、これの企画、撮影風景のドキュメントをテレビで放送していて、いやぁ、たかがCMですが、莫大な時間とお金が掛かっていますね(笑)。でもCM界の名シリーズですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)