にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

風景をコレクションすると言う事

2015年01月11日 00:00



冬

Pentax K20D, DA18-55mmF3.5-5.6AL

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



型落ちハンターさんのブログDEJA VU ~いつか見た光景~が面白い。

昨年末最後の記事、ネイチャーはなぜ飽きるのか?、読み進む毎にウンウンと頷いている自分がいた。ネタが浮かばない時は他人本願(他力本願ではない)、今日はその記事を見て、思いついたネタ・・・。

自分は音楽コレクターだったりする。とにかく気に入ったミュージシャンはコンプリートしたくなってしまう。

ディープ・パープル、レインボー、レッド・ツェッペリン、ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、イエス、エアロスミス、ローリングストーンズ、マイケル・シェンカー、UFO、TOTO、AC/DCはベスト版と一部のライブ版を除き、コンプリートしているし(但し、2005年まで)、マイルス・デイヴィスは100枚以上、ハービー・ハンコックは50枚くらい集めていて、いずれコンプリートされるだろう。

そしてコンプリートに程遠いものの、60~80年代のブルース、ロック、そして50~70年代のジャズミュージシャンに関しては有名どころの主要CDは全て手にしていると言って良い。だから全部ひっくるめて少なく見積もっても2千枚くらいのCDを持っていると思う。

ただ、「CD」や「ジャケット」と言う「手に取れるブツ」が欲しいのではない。欲しいのは音源だけであり、半数は図書館やレンタルショップで借り、録音してハードディスクに収めているだけ。そこにないCDは買うしかないが、多くは中古ショップで買い付け、録音した翌日には売却しちゃう。

そしてうちのハードディスクはこんな感じになっているのだった。

オーディオマニアじゃないんだ。ハードディスクに録音しているのだからMP3方式、写真で言えばJPGみたいなもので、圧縮されているから、CDやレコードが本来持っている音ではないだろう。でも私は馬鹿耳だから(笑)、それで十分。

パソコンに音楽を入れられる、これを知ったのがWindows 95くらいの時だろうか?、足かけ20年で2千枚以上のCDを集めた事になる。

今思えば、パソコンが進化しなかったら、iPodも生まれなかったろうし、だとすると今頃音楽CDを買い漁り過ぎて、破産していたんじゃないかと(笑)。


また若い頃、関東に走っている国道を制覇するのに何故か燃えていた(笑)。国道の写真を撮るんじゃない(その頃は写真に興味がなかったから)。ただ車で走るだけ。それでも道路地図を見ながらどう走れば効率良く多くの国道を走れるかを考えているだけでも楽しかったし、実際に走った場所を後で地図上に赤線を引いて行くんだ。これも「手に取れるブツ」ではないが、「地図に引いた赤い線」が己の中ではコレクションなんだ。

ネイチャーカメラマンの全てがそうだとは思わないが、中にはこの感覚と同じように風景を写真としてコレクションしている人も多いんじゃないかと思う。

名瀑百選、名山百選を制覇するとか・・・。最初は近所にあるその手の百選風景を撮っていたら、それをコンプリートしたくなって行くのだろう。美しい風景を我が物にするのではなく、そこに行ったと言う証が欲しい。その方に執着しちゃう。

ネイチャーではないにせよ、そういう人は多い。型落ちハンターさんもコメント欄に書かれていたが、鉄っちゃんなんて正にそうでしょ?。幾ら鉄道が好きでも本物をコレクションするなんて出来ない。だから模型や写真でコレクトする。秘境駅を巡る人々も駅そのものを持ち帰れないから写真に収める。

廃墟好きもその傾向が強いと思う。私のように歩いていたら廃墟があった、ラッキー!、そんな人は少ないと思う。市販の廃墟本やネットで情報を得て、そこに行った証として写真を撮る。

そうなるともはやこれらは「美しいと思った風景を残す」、そんな観点からの写真ではなく、コレクションでしかない。上述したCDの音源だけ保存する、国道を走ったらそれを地図に赤線を引くのと何ら変わりはない。勿論それが悪いとは言わない。そういう楽しみ方があって然り。

だから飽きるか飽きないかは本人がコレクター志向なのか否かにあるんじゃないと思うんだ。一度行った場所には行かない、常に新しい場所を求めるタイプは前者なんだろうなぁ。

私は「ここいいなぁ」と思うと何度も通うタイプ。反対に連れは一度訪れた場所にはあまり興味を示さない。だから旅行の計画を練る時、喧嘩になったりもする。

連れと巡り会うまでは軽井沢は年に何度も通っていた。全く飽きないんだ。いずれここに別荘でも持ちたい!、ずっとそう思っていた。でも彼女は軽井沢に全く興味を示さない。若い頃何度も行ったから今更行ってもどうよ~?、それよりも未知の風景を望みたいと言う。

そこで喧嘩になる訳さ(笑)。勿論互いに大人だから最終的には譲り合って、初日は軽井沢、二日目以降は中軽井沢を経て、小諸、佐久方面へ流れる、そんな計画を立てる事になる。だから連れは写真に関してはコレクタータイプなんだろう。

時に浅間山荘事件ってあったでしょ?。あの場所って浅間山ではなく、遠く離れた南軽井沢のレイクニュータウンの中にあるんだな。年末、何かの番組で浅間山荘事件の映像が出て、「そうそう、これって今もあるんだぜ!」って話になったんだ。

いや、今もあるかはちょっと不明だが、10数年前にはあの場所に山荘は建っていた。この目で見たから。廃墟ではない。あの事件以降どこかが買い取り、新しい家屋が建てられたようだ(そりゃぁそうだよね、クレーンでぶっ壊したのだから(笑))。雰囲気は当時に近かったんじゃないかな?。ここで3名の死者出たのだなぁ、と感慨深く眺めていたのを思い出す。

レイクニュータウン、今はどこかが新たに運営を始めているが、三越だったかな?、それが撤退した10年くらい前はひどい有様だった。湖に面したメインストリートのホテルは廃墟化していたし、1階のフロントにビリヤード台があったりして、雰囲気抜群!。

周辺の山道を登ればあっちこっちに廃屋別荘を見て取れ、廃墟マニアでも結構足を運んでいた人、多かったんじゃなかろうか?。

その頃は北軽井沢(ここを軽井沢と名付けるのはどうかと思うが)も廃な風景を望めた。清里と同じ運命を辿っていた訳。バブル弾けてペンションや土産物屋の多くが閉鎖。そのまま取り残されていた建物が数多くあった。

当時はまだ廃墟ブームなんて無かったから怪しまれる事もなく、選り取り見取り。しかも夏を避ければ誰もいない。周囲の目を気にする事なく、楽しく探索出来た。その頃の写真が残っていれば良いのだが、多分捨てたと思う・・・。


若い頃から軽井沢に何十回も行っているから、そういうネタは尽きないんだ。例えば中軽井沢、浅間山近くに血の池、血の滝があるなんて皆さんご存じないでしょう?。単に鉄分を含んでいて赤茶けているだけなんだが、見る価値はある。

また白糸の滝は有名で誰でも知っているだろうが、白糸の滝の先、鬼押し出し辺りまで伸びている道沿いの横道、林道?、をヒュイッと入るととってもゴージャスが風景があるんだな。この前訪れたら立ち入り禁止になっていて、今は許可がないと入れないと思うが、人の気配を一切感じない風景、原野?、原生林?、小川が流れていたりと、そんな美しい風景を拝めたりした。

何て言うか、そういう場所も知らずに「もう軽井沢は飽きた」とか言われるとカチンと来るんだな(笑)。

今後は草軽電気鉄道跡なんて見たいのだが、ネットで情報を仕入れた限り、ほとんどが自然に帰しているようで、一人でウロついたら深い山の中だから迷って危ないかもしれない。

おっと余談が過ぎた。

根っからのネイチャー好きは、私が軽井沢を大好きなようにきっと同じ場所にも何度も足を運ぶんだと思う。今年は天候に恵まれなかったから来年もう一度!、今年はモミジの色付きが悪かったから来年リベンジ!。

でもコンプリートタイプのカメラマンは、そこに行った事実がありゃいいだけだから、天候が悪かろうが、モジミが茶色掛かっていてもさほど気にならず、とっとと次の目的地に旅立つんじゃないかなぁ。勿論、ネイチャー好きは美しい風景に出会いたいから撮るのだろうが、コンプリートする方が先になっちゃう気がする。

とにかく飽きる、飽きないかはネイチャーに限らず、それがコレクションの対象か否かによるんじゃなかろうかと思っているのだった。コレクションしているカメラマンはそれをコンプリートするまで決して諦めないと思うし、コンプリートしたら他の風景をまたコンプリートしようと動くに違いない。

コレクターの感情って何か違うでしょ?。インターネットが普及し始めた頃、駅の公衆トイレの写真を撮ってホームページ上で公開している人がいた。これは確か後に書籍にもなった。かな~りマニアック。

また、テレビのバラエティ番組で、町の一丁目一番地を紹介するコーナーがあったそうで、それに触発されて、とにかく一丁目一番地を探しては写真を撮っている知人がいた。

どちらも何が面白いんだと思うのだが、きっと本人達もある時点から強迫観念にとらわれていたんじゃなかろうか?。中にはコンプリートするのに苦痛を伴っている人、いるんじゃないかなぁ。

本日の写真、ネイチャー云々の話だけどこれはネイチャーじゃない(笑)。やっぱり山の中で写真を撮っていようが、人工物が入っちゃ決してネイチャーと言っちゃ行けない。なんかそれらしい、しかも冬をイメージする写真ねぇかなぁと思ってようやく見つけたのがコレ(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    寒々とした中の架け橋 シビレます~
    40代は四駆に乗り、国土地理院発行の地図で 1.5m未満の細道を探しては突入~
    最初は草花や風景写真が目当てでしたが、しだいにエスカレートしてガタガタ道を走破するのが楽しくて~^^
    今の四駆は高価なので、こんな道は無縁ですよね。

  2. taka | URL | -

    わたしの場合、20代から30代にかけてLPレコードを集めてました。ジャズが中心です。今も当時集めたレコードが300枚くらいあります。時々針を落として聞いてます。80年代から90年代にかけて、レコードはCDに駆逐されてしまいました。それとともにLPのコレクションも止まっています。一番よく聞くのはマンハッタン・トランスファーでしょうか。昨年末リーダーのティム・ハウザーが亡くなりました。
    さて、わたしもどちらかというと、ネイチャーかもしれません。撮った写真を眺めていると、風景が圧倒的に多いからなんですが、特段ネイチャー派とは自覚しておらず。結果的に風景が多くなっているんですねぇ。でも厳密にいうと、風景というよりも色でしょうか。夕日の海、木漏れ日、空と雲、冬の雪原に写る影、日が沈んだ後の空、朝日が昇る直前の空とか。なのでプリンターのシアン系のインクが他のインクの倍以上の早さで減っていきます。

  3. 型落ちハンター | URL | 4ARdecsc

    ネイチャーが飽きるか飽きないかは結局、個人の性格によるんだろうと思いますね。

    旅行で言うと、私も同じ場所に何度も通うより未知の土地を開拓したいと思うタイプ。同じ場所に何度も行くのは何となく損した気になっちゃうんですよね(笑)。それよりはいろんな場所に足跡を残した方が得じゃないかと・・

    私は日本の47都道府県のうち42くらいは行ったことがあると思いますが、これって明らかにコレクタータイプですよね。同じ場所に何度も通うタイプの人はたぶん5くらいしか行ってないんじゃないかと思います。北海道や信州が好きな人って、本当にそれ以外どこも行かないですから・・

    基本的に同じ場所に何度も通うのは良しとしないんですね。ただネイチャーの場合は一度行ったら次は一年後ですから、そのくらい時間が開くと年中行事として成り立っちゃうわけです。さすがに今日はダメだったから明日また行こうという気にはならないですね。でも本気でネイチャーやってる人はそれこそ毎日でもしつこく通い詰めてるわけでしょう? 自分にはそういうの絶対無理だから、初めから勝ち目がないと諦めちゃったんですね。

    これを個人の性格に当てはめると、ネイチャーに向いている人って基本的に安定志向で変化を好まないタイプ、一つの物事を突き詰めたいタイプじゃないかと思いますね。それに対して自分は安定より変化を求めるタイプ、一つのことよりあちこち手を出しちゃうタイプ(笑)ですから、やっぱりネイチャーには根本的に向いてないのでしょう。こういう人ってドキュメンタリーとかそういう方面に向いているんでしょうかね?

  4. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    いろいろな話が面白いです

    ジャズ好きはいいですね。私もジャズかボッサのみを店で流していますが、最近はどこでも同じような音楽なのでいっそのことキャンディーズにでもしようかと考えています。キッチュなほうが受けるかと(笑) 家でも聞きますがあくまでもコレクターではなく流れていればそれでいいのです。。雰囲気でいいのです。だから、アンプはラックスマンの管球でもCDはやすーーいプレーヤで聞いています。秋吉敏子とかピアノ系が好きでしたね。。今は日本にいらっしゃるようですが。。

    脱線しました。私は写真を分類することはしません。というより、風景というとらえ方でいますのでなんでもありです。ん?と思うから、綺麗と思うから、思うから写真を撮るのでしょうね。でも、野鳥や花はコレクションとして撮影しそうです。でも表情や色の分配など常に感じるものはあります。楽しく撮って自分で喜んでたまにブログでお話ができればそれで幸せです。

    本日のお写真 いいですね。。冬の雰囲気は渋さがあって好きです。

  5. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    ここは群馬県の碓氷第三橋梁です。いわゆる廃ですが、重文でもあり、単なる観光地と化しています。だから糞寒くて誰も来ない冬に行くのでした(笑)。

    オフロード野郎、いましたねぇ!。道が無いのが面白い!。実は私も20代後半から30代頭までハイラックスサーフに載っていましたが、これは四駆と言うよりも車高の高いハイソカー(笑)、これで悪路を走るなんてほとんどしませんでしたねぇ。でか過ぎて狭い林道とか悲惨でした。

  6. BigDaddy | URL | -

    > taka さん

    コレクターになるか否かは、廃れた時にもめげずに集め続けるかなのでしょうね。ですからtakaさんがもしCD中心の時代になっても細々とでもレコードを集めていたら、きっと今頃千枚くらいのコレクションがあったのでしょうね。ココが紙一重なんだと思います。私も最初はCDと言うブツを集めていましたが、いつしか・・・(笑)。

    ネイチャー派としての自覚がない、そんなタイプの方は反対に括られるのが面倒だったりするのではないでしょうか?。言い換えると、撮影対象を拝見すると、写真の一番の表現であり、一番フォトジェニックである「光と影」の私的コレクションとでも言うのでしょうか。

  7. BigDaddy | URL | -

    > 型落ちハンター さん

    ネタをパクらせて頂き、ありがとうございました!。

    42も訪れたんですか!。私は学生時代の修学旅行とか仕事での出張を含めても20未満でしょうね。連れは私よりもあっちこっち旅していますが、それでも30程度ではないでしょうか。とにもかくにもあと5つですから是非コンプリートを!。

    ネイチャーの人々って1日粘って1枚撮れれば良い、そんな人が多そうです。プロは効率優先でしょうからそんな事言ってられないでしょうが、アマチュアではそういうタイプこそが強く、だからこそプロをも凌ぐ写真を撮れちゃったりするのでしょうね。まぁ私には無理です。質より量ですから(笑)。

    一つの物事を突き詰めたいタイプ、確かにそうなんでしょうね。今書いたみたいに1枚でも秀逸なカットを撮れれば、そんなタイプ。

    そして私も型落ちハンターさんと同じくあちこち派で、今自分が面白いと思っているものだけ食いつく、型落ちハンターさんもそうじゃありませんか?。ドキュメンタリー、確かに私なんて20代からやり直せるんだったら事件記者をやっていると思います(笑)。

  8. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    ありがとうございます。

    キャンディーズだけじゃなく懐メロ歌謡曲とか良さそうです。

    またジャズに限るならウルトラマンのテーマを有名ジャズミュージシャンがジャズっているCDがあり、恐らく探せば日本の懐メロや歌謡曲をモチーフにジャズっている音楽とかありそうです。そういうのはどうでしょうかね?。ストーンズの曲でジャズしているのなんて有名ですよね。

    雰囲気となるとやっぱりピアノトリオなのでしょうね。管が入ると煩いじゃないですか(笑)。ピークを管に合わせると他の楽器音が小さくなってお店などでは結局管の音しか聞こえないとかありますもんね。

    さて写真ですが、綺麗と思う、面白いと感じる、写真ってまずはそこからがスタートな気がしますよね。モミジと言う品種を撮りたいのでなく、美しく赤く色付くから撮るのであり、結果それがモミジだった、そんな思考がきっと楽しい写真ライフを送れるのでしょうね。

  9. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    追伸でーす!
    ハイラックス・サーフのお乗りだったのですかぁ
    当時 同じ車種に乗るメンバーがいまして、登山道で小道を塞ぐ完全転覆!
    真夜中に登ってきたパジェロのウインチで起こしてもらったのですが、一時はどうしようかとマジ考え込みましたよ~
    なにせ翌日が親戚の結婚式でしたからね^^

  10. たくあん | URL | HfMzn2gY

    自分の場合、明らかにコレクションしてるんだな~と思います。
    写真の上達を考えるより、興味ある物件を調べて見つけて撮影に行くのが何より楽しみなんですよ。
    でも、同じところにも何度も行ってる(案内したり、撮り直しをする為)、色々なところもとにかく行きたいので何派だか難しいですけど(^_^;)

    音楽CDは5、600枚程あって最近は暇さえあればHDDに取り込んでいますが、2000枚以上とはすごいですね。
    今までWAVE形式で取り込んでいたものを最近はFLAC形式でやり直しています。
    面倒で仕方ないのですが。。。

    で、やはり好きなアーチストはコンプリートしたくなります。
    さすがに1アーチストで100枚もアルバムだしてる人はいないので大丈夫ですけど。
    それに自分にとっての1番はカーペンターズでもう増える事ありませんしね~(^_^;)

    最近の悩みは取り込んだあとCDを処分するのかどうかと言うところです。。。
    やはりCDもコレクションの1つですからね。

  11. ド素人志向 | URL | CjlWd7YA

    コレクション癖が止まりません・・・(汗)

    ジャズCDでHDDパンパンッスか!?

    ハービー・ハンコックとかマイルス・デイビスはBigDaddyさんと同世代なんで大好きです♪
    あとシャカタクとか(爆)
    20台の頃は給料日に部下を引き連れてミナミで洋楽CD5万くらい爆買いして飲みに逝き飲○運転で帰ってました・・・(時効?)

    最近とんとCDは買いも借りもしませんが個人的にはシャラマーとアース、HEART、LEVEL42が好きです。
    邦楽では角松敏生、浜省、拓郎、一青窈といったところでしょうか。

    年明け以降カメラ関係は何も買ってませんでしたが、給料出ての夜勤明けまたまたズームレンズコレクションを増やしてしまいました(汗)

    昨年詐欺で入手できなかったトキナーATX124PROのⅡ型、シグマ10-20mm暗い方のKマウント、助言もいただき悩んだ末のDA16-45の3本デス♪(サザエさんかww)

    超広角デビューで近場のイルミ撮りに逝こうと思ってましたが空腹と寒さで帰宅し食後に飲んでしまいPCの前でネットしながらD90にトキナー付けてニヤニヤ(笑)
    多分先週コレクションした風景のため満足してしまい逝かなかったと思います(汗)

    あ、型落ちハンターさんのご忠告どおりボディは買いませんでしたよ(爆)

  12. ド素人志向 | URL | CjlWd7YA

    追伸

    イエスのロンリーハートは私の青春のテーマソングです♪
    屋上から飛降りるPVは当時ベストヒットUSAかなんかでベータ録画して死ぬほど観てましたが
    行方不明です・・・(爆)

  13. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    でっかい車に憧れがありまして、本当はチェロキージープが欲しかったのですが、4リッター車でしたから無茶苦茶燃費が悪いと評判で、ハイラックス・サーフにしました。

    その頃は携帯電話も無かったのでしょうから、山道で車が故障したり事故ったら悲惨でしたよね。

  14. BigDaddy | URL | -

    > たくあん さん

    そうですね、たくあんさんの場合は、ブログを拝見する限り、100パーセント!、風景をコレクションとして集められていると感じます。写真よりも先に興味をあるものがあり、それを記録する為のツールとしてカメラがあるんだと思います。何派に属しているかと言えば、写真云々でなく、やはり「建築マニア」であり「レンガマニア」なのでしょうね(笑)。

    FLAC方式は音質の劣化はありませんが、写真のRAWと同じでスペースを食うのでうちは全部MP3に圧縮しています。またCDそのものにも興味が無いので、私は本文の通り、図書館とレンタルショップだけで半分以上、残りも買って録音したら即売却しています。

    ふと思ったのですが、CDのジャケット。これが小さいのであまりコレクションっぽくなく、ならばいっその事、CDジャケットをしっかりとブツ撮りし、昔のLPジャケットくらいの大きさにプリントされて、ご自宅の壁に飾られてみてはどうでしょうかね?。味のあるジャケットならそれも面白いかと。

  15. BigDaddy | URL | -

    > ド素人志向 さん

    HDDパンパンって事は無いのですが、調べたら223GB、ファイル数3万6千以上ですから、1CD10曲入りとすると3千タイトルくらいあるんでしょうかねぇ。私も若い頃は同じですね、給料が入ったら音楽関連に数万費やしていました。

    LEVEL42はハードディスクがクラッシュする以前は相当持っていたんですが、今は哀しいかな、ベスト版だけです。80年代のアルバムだけでも集めたいのですが・・・。何せフェイバリットベーシストがマーク・キングですから(笑)。この人のベースライン、最高に好きですね。しかも歌いながらの人ですし。シャカタクはコンプリートには至っていませんが31枚ありました。

    そう言えば型落ちハンターさんのところのコメントで気になったのですが、シリアルシール無しのレンズ。これ売却される時、受け付けない店やオークションでも叩かれる時があるので注意されて下さい。マップカメラと、どこだっけなぁ、少なくとも大手の家電店の1つがシリアルシールのないレンズは買取しません。

  16. ド素人志向 | URL | CjlWd7YA

    >BigDaddyさん

    私の場合はレンタルDVDのイメージデータで各HDDがパンパンです(爆)

    音楽に関しては聴くだけで楽器や演奏には全くの無知ですが私等の世代はオーディオブームの時代で
    カメラと同じく当時買えなかった中古高級機をオクで必死に集めていた時期もありました(笑)
    ケセットデッキ世代なんで今でもたまにアイワやアカイ、ビクターで当時のカセット聴いてます(爆)

    マーク・キングのスラップ奏法は健在みたいで今月大阪でライブがあるみたいです。
    something about youのPVがサイコーで当時LEVEL BESTのVHSビデオも買いました。
    LEVEL42しかりナタリー・コールやアニタ・ベイカー、ジョディ・ワトリーも本国で売れてないのか
    新聞広告みるとかつて聴きこんでいたメジャーどころが極東の島国で毎週のようにプレイされてます。

    DA16-45mmに関しては焦点距離が被るうえに設計が古く過去2回取り寄せ後キャンセルしたんですが、
    今回のものはポチった時にシリアルシールなしにはひっかかったんですが相場2万前後より5000円近く安く触った感じも試写した画像にも不具合はなさそうだったんでまたボディ増やすよりいいかって勢いでカードきってしまいました(汗)

    断舎利苦手で多分売らないので、軽いからk-r普段使い用にしたいと思ってます。

  17. BigDaddy | URL | -

    > ド素人志向 さん

    ナカミチのデッキなんて当時は高嶺の花でしたねぇ。

    最近はジャズのライブすら行っていないのですが、少なくとも5年くらい前まではジャズミュージシャンはアメリカでは食っていけないから日本に来るとか言われていましたね。また日本では妙なジャズ評論家が新人でもスゲェ、スゲェと言い張ったりして、またそれをみんなが信じちゃうから、アメリカでは全く売れていないような新人ジャズメンの癖して8千円だと!、誰か行くか!、なんて事もあり・・・(笑)。

    レンズはシールがなくても売れるお店もありますしね。でもまずはせっかく入手されたのですから、大事に使われて下さいませ!。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)