にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

妄想炸裂、フィルムカメラはやっぱりLeica?

2015年01月21日 00:00

何だろう、コレ?

何だろう、コレ?

Contax AX、Planar 50mmF1.4

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



今日のネタは真面目にご覧頂かないで頂きたい。ほんの戯れ、軽~い気持ちで書いているので・・・。

そう言えば少し前に初めてスクラッチくじを買った。一等が30万円の奴かな?。勿論、外れ。そしてふと妄想した。もし30万円当たったら・・・。

こういうのって現実的な発想をするとつまらないし、とっても虚しくなる。Pentax K-3とNikon D7100、レンズは何にしようかな?、なんて真面目に考えると馬鹿馬鹿しくて(笑)。

それに超現実的に思考したらギブソンのES-335を買うわな。だいたい25万くらいだから。そして5万円でネックをスキャロップド加工し、ジョン・マクラフリンごっこをするに決まっている。

※私はスキャロップド加工されたギターしか弾けない(笑)

そこでフィルムカメラを買わなくちゃいけない!、そんな足かせを設けちゃう。はなっから買う気がないから妄想としてちゃんと成立する。

一点豪華主義ならPentax LXチタンで決まりだろう。中古価格を見たらちょうど29万8千円で1台見つけた。これに手持ちのMFレンズを装着して夜な夜な空シャッターを切って遊ぶ。そして毎年正月、撮り初めとして1年に1度だけフィルムを通す。いいんじゃないの?。

ただ妄想とは言え、例えばRicohがLXチタンユーザーに限り、生涯修理受付なんて特典があったら買っても良いなとは思うが、そうでないのだから、この手のプレミアの付いているボッタクリ商品って不快でしかない。

となると・・・。やっぱり誰もが憧れるLeicaで決まりじゃないか?、と思うのだった。まぁLeicaこそボッタクリカメラの最高峰ではあるが、すでにフィルムカメラが淘汰された今、Leicaと言えども一部のマニアックな機種を除き、とってもお買い得になっている。

Leicaについて知識は乏しい。それでもレンジファインダーカメラとしてどのモデルが良いかはなんとなく想像出来る。

まずバルナック型やM3と言ったモデルはカメラと言うよりも工芸品だから、そんなものは欲しくもない。となるとM4以降となるし、M5はデザインがなっていないので対象外。

そうなるとM4、M6、M7系しかない。そしてこの場合、1つのファインダーに異なる焦点距離の枠を表示させる方式なのでどのレンズを多用するかによって自ずと決まってきちゃう。

ファインダー倍率は一眼レフと同様に高い越した事は無い。構図も決めやすいし、ピント精度も高くなるらしい。しかしそこでじゃぁM6の0.85倍だろう!、とは行かないんだ。調べてみると0.85倍は28mm枠がなく35mmスタートなんだ。

だからM6の0.85倍で28mmレンズをどうしても使いたかったら外付けの28mm専用光学ファインダーを買うしかない。そして外付けのファインダーだからピントを合わせなんて出来ず、被写界深度で見せる写真しか撮れなくなる。

それとレンジファインダー用のレンズの場合、とにかく寄れない。一眼レフ用のレンズで28mmレンズだと30センチくらいまで寄れるのが普通だが、だいたい70センチとか下手すると1メートルくらいだったりする。

つまり、「広角レンズは寄って撮れ!」と言う写真界の常識が通用せず、こんな事を書いちゃうと失礼かもしれないが、Leica使いで28mmを使っているカメラマンの写真を見ると、こいつ、やっちまったよなぁって・・・(笑)。

それと外付けファインダーを装着すると、これはこれで通っぽくてカッコイイんだけど、Olympusのペンデジが外付けのEVFを付けるとせっかくのデザインが台無しになると同じく、Leicaと言う完成されたボディを使うのなら、まずは本体だけでなんとかするのが第一歩だろう。

だから28mmレンズを使いたいのなら必然的に0.72倍モデルを買うしかない。私なら28mmは使わないだろうから、35mmと50mmの枠が大きな0.85倍の方がマッチしている気がする。

そうなるとM4系は0.72倍だから不要となり、M6かM7の二択となる。M6は機械式のマニュアル露出、M7は絞り優先AEが使える電子制御カメラ。詳しくは知らないが、外観はほぼ同じとの事なので、その違いくらいしかないみたい。

実用的なのはM7に決まっているが、Leica使いは勘で露出を決めなくちゃならない、そんなポリシーがある。いわゆるF8の1/250secの法則だ。これはISO100のフィルムで晴天時の露出。これを元にドピーカンなら、曇天なら、日陰なら、夕暮れなら幾つと己が露出計になる。

セコニックのスタジオデラックス(単体露出計)を持ち歩くってのも良いだろうが、やっぱりそれは露出計のないM4とかM3でやってほしいものだ。露出計内蔵のM6にスタジオデラックスを持ち歩くのは単なるカッコつけている勘違い野郎にしか見えない。ファッション雑誌でモデルさんが身に着けている衣装そのままで原宿を闊歩しているような・・・。

当然、勘露出だからして、リバーサルフィルムのように1/3段単位で露出を制御するなんぞ無理。Leicaにはモノクロのネガフィルムが似合う。デジタルカメラのRAW保存と同じく、それなら万が一2段くらい露出をミスっても後からど~にもでなる。

ついでに・・・。50mmレンズだと流石にちゃんと二重像を見ながらピントを合わせた方が良いだろうが、35mmともなるとF11まで絞り、レンズの距離を3メートルにしておけば六つ切りプリントベースで手前1.5~30メートルまでピントが合うので、スナップでピント合わせなんかやっちゃならない。

カメラを構える前に露出値をセットする、ピント合わせはしない。だからカメラを構えたら1秒以内にシャッターを押すべし。これで誰でもLeica使いになれちゃう。

露出セットも立ち止まっちゃ駄目。進む先の光を読み、歩きながらセットする。日向から日陰に入った瞬間に絞りはそのままでシャッターを1/60sec、1/30secまで落としておけば良い。要するに被写体を見つけてから露出をセットするのでなく、見つける前にセット。

Leica使いは写真が下手糞でもいいの。人に見せなけりゃいいんだから。でも写真を撮っている様、それを如何に周囲に印象付けるか、目立つんじゃない、さりげなくお洒落にカメラを扱い、撮影をする。

ボクちゃん、憧れのLeicaを使っているから意気込んで写真を撮っちゃっています!

それじゃ駄目なんだ。18歳になったら大学入学のお祝いに親に買ってもらった外車に乗っている甘えたガキンチョがいるでしょ?。はっきり言ってジェラシーメラメラ、ムカつく輩だが、こいつらは外車に乗るのが当たり前だから、さりげないんだよね。そのさりげなさがお洒落でこれまた腹が立ってくるんだが・・・。

無理して外車なんて買うタイプは日曜日になったらどこへも行かず車を手洗いなんかしちゃったりして・・・。それと少しでも傷を付けたら、恋人であろうが怒鳴りだす。あと喫茶店などに入るとキーをこれ見よがしにテーブルに投げ出したり、周囲を意識し過ぎちゃう人ってのも嗚呼惨め・・・。

「Leicaは特別な品じゃないよ、生活の一部だね」

そう言い切れないと。生活の一部だから、ある場所に何秒も突っ立って露出やピントを合わせたりしちゃカッチョ悪い。増してや目を凝らして如何にも写真を撮っています!、そんな様を見せちゃいけない。それは非日常だから!。散歩しながらパチリする、だからこそカメラを構えたら1秒以内にシャッター切る。1秒しかその場に止まらない。

それとレンジファインダーカメラは左目でファインダーを覗く事。何故って右目で覗いちゃったら、左目を閉じちゃうでしょう?、その閉じている体(てい)、目じりに皺が寄りまくっているのが「一生懸命写真を撮っています」と印象づいちゃう。

中には両目を開けていればいいんだなんて言う人がいるけどそれはファインダー倍率が1倍に近いM3使いだけの特権。0.72倍、0.85倍のLeicaで両目を開けていたら気持ち悪くていけない。反対に、0.72倍のLeicaで両目を開けて写真を撮っていたら「あっ、こいつ写真雑誌の受け売り人間じゃん!」と思った方が良い。

まぁ1秒以内でシャッターを切るのだから我慢して両目を開けるって手もあるが・・・。構図なんてどうだっていいんだ。さっきも書いたが、Leica使いは写真が下手糞でもいいの(笑)。

写真屋さんに頼むにせよ自分でやるにせよ現像が上がり、プリント、もしくはスキャンしてLeicaで撮影した写真を見る。きっと水平が出ていなかったり、ワーキングディスタンスをミスって寄りの足りないしょ~もない写真を大量生産しているだろう。

「俺って写真が下手だなぁ」と反省する必要は全くない。その写真を見て、自分が撮影していた様を思い出し、、、

「あぁ、ピント調整に手間取ってモタモタしちゃたコマだなぁ~、そうだ、この時近くに可愛い女の子がいて意識しちゃったんだ!」

そういう反省をするべきで、近くに可愛い女の子がいても、平常心を保ち、さりげなく撮影する術をマスターしよう!。シャッターを切ったら、その女の子に軽く会釈して「こんにちは」。これが出来るように努力すりゃ良いだけ。

そして人間誰しもフロックはある。35コマで失敗していても何故か1コマは「おっ!、どうしちゃったんだ、俺っち?」、そんな写真に巡り会える。露出を大幅にミスってドアンダーだったりするが、それがローキーで素敵な写真になっていたり、水平が全く取れていなかった写真が動感を表現出来ていたり・・・。

そういうのはレタッチでメリハリを付ければ十分に作品になる。そんな写真だけを人に見せれば良いの。毎月フィルム1本を消費するのなら1年で12枚も秀作が生まれるっしょ。当たり前だけどレタッチしたなんて決して口にしちゃいけない。

「M6と35mmレンズの組み合わせ」

この一言だけでいい。それを言えば「通さま達」は「やっぱりLeicaだよね」、そう賞賛してくれるに違いない。

何故28mmレンズじゃなく50mmレンズでもないのか?。それは散歩と言う日常を切り取るには35mmレンズが丁度良い。

散歩をしていてお店の店先やショーウィンドウなど、興味を引くものがあると人は近寄るでしょう?。これが50mmレンズだと下手すると後ろに下がらないとならず、これは非日常の行動。28mmレンズはレンジファインダーの場合、先に書いた通り、最短撮影距離が長く、寄り切れないつまらん写真になる。だから被写体までの距離が適度で、変なパースも付きにくい35mmレンズがベスト。

さて、ここで問題が起きる。Leicaの35mmレンズって無茶苦茶高いじゃないか!。価格.comで現行のレンズを見て仰天。20万、30万当たり前・・・。これってZeissレンズよりもボッタクリかいな?。

しょ~がねぇ、そうなったらCosinaさんにお願いするしかない。それか昔の古いLレンズにLMアダプターを装着するしかない。この辺は丸で詳しくないので、まぁ10万以下のレンズを何とか探す事にしようではないか!。先ずは10万円の35mmレンズが存在する、と思おう!。

M6の0.85倍の市場価格が15万円くらい、レンズが10万円で、5万円残るから、残りは高級スキャナーとフィルム代に消えていく・・・。

どうでしょ?、この妄想。

最後に!。

もっと妄想力を高め、妄想上級者となればLeicaはLeicaでもMシリーズなんて当たり前過ぎて買わない。そこでこんなんは如何か?。

「男は黙ってLeica R8!」

Rシリーズを調べてみると・・・。レンズは優秀ならしいが、ボディ、R8は知れば知る程、決して欲しいとは思わないカメラなんだな(笑)。露出補正レバーがどうしてあの位置に!?、ドイツ人ってアホちゃうかと思うくらい。でもそんなアホなカメラでも買ってしまう、アホなカメラだからこそ買ってしまう、これが「妄想」の良いところ!。

ちなみに本気で30万円を使ってフィルムカメラを買うのなら・・・。

MamiyaのNew Mamiya 6に3本のレンズセットしかあり得ない。見つかれば多分20万円くらいでなんとかなるんじゃなかろうか?。

本日の写真。本当はレンジファインダー繋がりでContax G1、G2で撮影した写真を掲載しようと思ったのが、まぁ見つからない。段ボールを10分ガサガサして嫌気が差しちゃった。

そこでテキト~に見つけたのがコレ。なんだ、この重機は?、と思っただけの写真(笑)。カメラもレンズも判らん。35mmレンズっぽい描写だが、前後のコマを見る限り、50mmレンズが使われているようで、これだけ35mmって事は無いだろう。

そして幾つかのコマで見覚えがあり(ピントとボケテストをしている)、となるとカメラはContax AXだろう。そこでキャプションは一応、Cnotax AX、Planar 50mmF1.4とした。

まぁこれが本当はCanon NewF-1AEで撮られていたり、実はやっぱり35mmレンズだったとしても誰も気にしないでしょう?(笑)。「これはプラナーの描写ではない!、オマエは嘘吐きだ!」なんて人、いないでしょう。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    欲しいですよね

    先日近所の中古カメラ店の親父と話をしてきました。(笑)チョッピリ覗いてみてうーーん、ライカはm5でもボディーは5.6万ですね。えらく安いのですね。問題はレンズです。いいなと思うと7.8万。。厳しいなぁ。ライツミノルタCLは6.7万だそうで、露出計はほとんどプルプル動いて使えないとか。もっともモノクロでは必要ないので良いのですが。現実的にはローライ35 40mmゾナー f3.5あたりでいいですね。露出計もないしピントも確か良い加減だったような気がします。大昔CLの後に使っていた。オリンパスのハーフより小さいボディで面白かった思い出が。でもね結局フィルムが一種類でしょ。店の親父にネオパンってあるの?聞いたら苦笑いしていました。長尺もないだろうし、自分で現像もきっとやらないだろうし(今更全て揃えるも億劫ですよね)考えていくと中々ハードル高いですね。

  2. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    Leicaの場合、状態によってピンキリみたいですね。M5は昔から人気が無かったようですがそうですか、その値段で買えちゃうんですねぇ。デザインに不満がなければ露出計もあるM5でもよいかも知れませんね。

    レンズはホントに高いですね。びっくりしました。本文にも書きましたが、ボッタクリ度は半端じゃないです。日本ではZeissの方が人気があるので玉が豊富なのでしょうが、それにしても高過ぎます。あとは中身はMinoltaのR7とか。一眼レフ用のレンズは結構安いみたいです。

    ネオパンって調べたらあるみたいですよ。プレストは消滅していましたが、ネオパンアクロスと言うみたいです。ISO400ならコダックのトライXがあり、この2つは当分消えないでしょうね。現像をカメラ屋に投げるか自分でされるか、その辺がポイントになるのでしょうか?。

    そう言えば恥ずかしながらローライ35に時期によってテッサー、ゾナーとか何種類かのレンズがあるって初めて知りました。

  3. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    あるんですか

    私もカメラ屋の親父も無知ですね。トライXもあるんですか?コダック云々でないのかと思っておりました。ちょっと嬉しいですね。少しググってみます。

  4. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    在庫のみなのか、生産もしているのか、イルフォードとかロモグラフィからもモノクロ出ていますね。あと知らないブランドでしたが、長尺ロールもありましたねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)