にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

ズームと単焦点で話を膨らましてみる その4

2015年02月04日 00:00

untitled

untitled

Pentax K-5, FA28mmF2.8AL

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



うーむ、この話を膨らましてみるシリーズ、無限大にネタがあるかも(笑)。

今日はズームレンズと単焦点レンズをどう使い分けるか、その辺から切り込んでみたい。そして最終的に、、、

「レンズは最大で4本しか使っちゃいけない論」

を展開する。

1月9日の記事に書いたように、ズームと単焦点の使い分けは気分次第、これが多分正解なんだと思う。でもそれじゃぁ面白くないから・・・。

Pentaxの標準域をカバーするズームレンズでお勧めは2本だけ。DA16-85mmF3.5-5.6とDA17-70mmF4だ。スターレンズのDA16-50mmF2.8やLimitedレンズの20-40mmF2.8-4と言う描写力に優れたレンズもあるが、(お持ちに方には申し訳ないけど)ただ高いだけで何が良いのかさっぱり・・・。

DA20-40mmは使った事は無いけれど、この中途半端な焦点距離は私には不要なのと、DA16-50mmは以前Pentaxから借りて使ってみたものの、確かに素直な描写で解像力も高いが、恐らく描写力はSigma 17-50mmF2.8の方が上。純正の安心感と完全防塵防滴のメリット以外ではDA16-50mmF2.8を選ぶ意味はない。


勝手ながらDA16-50mmF2.8ならSigma 17-50mmF2.8を、DA20-40mmF2.8-4ならSigma 18-35mmF1.8を選んだ方が遥かに良いと思っている。

それにしてもSigmaと言う会社はホント成長したなぁ。フィルム時代は「貧乏人が買うメーカー」でしかなかった。今じゃぁどうよ、どのメーカーの純正レンズをも超えている描写を幾つかのレンズでしかも純正よりも安価で提供してくれている。

工場が福島県の会津若松にあるってのも、東北を応援したい気持ちは震災以降ずっと変わりなく、その点でも今後もSigmaを使ってあげたいと感じちゃう。

時に今まで当たり前だと思っていたけど、何故純正レンズって高いんだろう?。ブランド力?、信頼感?。いやいや、デジタルの時代、そんなの流行りじゃないし、SigmaやTamronのレンズを評価している人が多い今、そんな事を考えている人ってそんなにいるのだろうか?。

DA16-50mmF2.8、完全防塵防滴機能があるからある程度は高価なのは仕方ないにせよ、価格.comデータでは最安値が8万円台、そしてSigma 17-50mmF2.8の最安値は3万を切っている。5万円以上の差はなんだろうか?。

昔はSigmaを含めたレンズメーカー製品は安かろう悪かろうだった。でも今はそうじゃない。これはCanonやNikonにも言える事で、カメラメーカーはちょっと胡坐を掻き過ぎちゃっているんじゃないかなぁ。信頼感だってメイドインジャパンじゃなくなった時点で失われているのだから。そしてSigmaはメイドインジャパンでしょ?。

おいおい、のっけから話が明後日の方向に・・・。修正しよう。

Pentaxのお勧めズームはDA16-85mmF3.5-5.6とDA17-70mmF4の2本。広角~中望遠で捉える風景の100%をこれで撮り切れると言っても差し支えない。事実、私はこの数年、単焦点レンズの稼働率なんて10%ないと思う。

ここからDA16-85mmF3.5-5.6が最初の1本だったら・・・、そう仮定して話を進める。

このレンズは幾つかのレビューを見る限り、「味のないレンズ」だ。これは悪口じゃないんだ。味のないレンズ程良い、持論だ。絞り開放から普通に使え、絞るに連れてより解像力が高まっていくレンズ。ボケ具合と被写界深度が違うだけでどの焦点距離、絞りでも同じような描写をする、味がないけど、こういうレンズが一番使い易い。

コレクト癖があるのならしょ~がないけど、そうでない人がレンズをやたらめったら買い足すなんて薦めない。私も含め、多くのカメラマンはほとんど使わないレンズが何本もラックや防湿庫にしまわれているだろう。そして売却時を逃しちゃって今売っても二束三文・・・。だいたいこのパターンに陥る。

勿論、そういう人が多いからカメラメーカー、レンズメーカーが儲かり、新製品を作ってくれるから、経済を考えると、欲しいと思ったら迷わずに買え!、でしかないが、反面、ユーザーはもっと賢くなるべきだ。

だからまずはDA16-85mmF3.5-5.6の1本だけでどれだけ写真を撮れるか、己が望む風景を得られるか、それを検証するのに最低でも10回くらいはこれだけで撮影に出て欲しい。月に2回の撮影で半年と言ったところか。

その間、必ず不満が出てくるだろう。人によっては最初の撮影で、嗚呼、もっとこういう事が出来たら・・・、と感じちゃうかもしれない。明らかに描写力が劣っているのは別にして、そう感じても半年くらいは1本で粘るべきだ。そうやってそのレンズの一番美味しい撮影法を学べる。

うちにはDA16-85mmF3.5-5.6とほぼ同じスペックのnikkor16-85mmF3.5-5.6がある。昨年秋に購入したものだが、何せNikonレンズはこれしかないから、Nikon D90を使う時はこれだけで出掛けている。ぶっちゃけ、ほとんど不満はなく、これを最新の2400万画素クラスのローパスフィルターレスセンサー搭載のカメラで試してみたいぜ!、とワクワクしちゃっている。

勿論、初心者ではないので、己が撮影する風景でこのレンズだけではどうしても表現出来ない事もあるから、単焦点レンズが1本欲しいなとは思っている。

それは・・・。DA16-85mmも同じ欠点を持っているのだが、寄れないレンズなんだよね。Nikkorはズーム全域で38センチ、DAは35センチ。

うちにあるズームレンズはDA18-55mmが25センチ、DA17-70mmが28センチ、Sigma17-70mmが22センチ。それらと比較すると一歩寄れないんだ。望遠側は85mmまであるからほとんど気にならないが、広角~標準域で「うーん、もう一歩前に行きたい!」とNikkor 16-85mmを使っていて何度か思った事がある。

私はその手の撮影では望遠側にズームしておおよそ対応するが、中にはそうじゃない人もいるだろう。画角をある程度確保しつつ、かつ寄れるレンズがきっと欲しくなる筈。

そこでちょこっと現行のNikkorレンズを調べてみた。20mm~35mmでFX、DXフォーマットを合わせると結構な数の単焦点レンズがある。こりゃPentaxユーザーからすると羨ましいね、選り取り見取り。

そしてマッチするレンズを見つけた。Nikkor35mmF2だ。35mmレンズはF1.4、F1.8もあるが、大きさ、値段、そして寄れるレンズ、この3つを考慮するとこの1本になる(F1.4は寄れるけどでかくて高い、F1.8は小さいけど寄れない)。

35mmF2(135換算画角約53mm)は25センチまで寄れる。開放F値はF2と一番暗いのと多分ジーコジーコと煩いレンズであろうが、それでも16-85mmの35mm域より2段も明るい。しかもこいつはFXフォーマットだから将来、135センサーのカメラを買っても継続して使える。これはありがたいぞ!。

2本目のレンズは1本目のレンズの欠点、もしくは表現出来ない部分を補う、そうやって決めると良いだろう。では3本目は?。

3本目は望遠ズームだろう。これはSigma APO70-300mmF4-5.6の一択しかない。こいつの描写はKマウント用で見ていて2400万画素のK-3に耐えられる画質を持ち、これも135フォーマットで使えるレンズなので将来も安心。

4本目は?。これは2本目の35mmF2で表現出来ない風景を撮りたい。そうなるとこれも一択だなぁ。扱い易く、大きなボケが欲しいだけだから、お値段を考えて50mmF1.8Dだろうなぁ。Nikkorの50mmF1.8にはGタイプもあり、違いは超音波モーターと非球面レンズを採用している点。

超音波モーターは欲しいけど、欲しくないのが非球面レンズなんだ(笑)。非球面レンズとは主に球面収差を補正する為のレンズであり、結果、絞り開放から滲みの少ない良好な絵を結んでくれ、ボケも一般には良くなると言われている。

でも非球面レンズを採用していない方が絞り開放から半段くらい絞ったくらいまで、ソフトフォーカスレンズのような光の滲みが出来る事が多く、ズームでカッチリした描写が得られるのだから、あえて非球面レンズを使っていないほんわかな写りをするであろう50mmF1.8Dが自分には最適だと思っている。

ただここで問題発生。これは結果的にPentaxでのレンズ集めと全く同じなんだな(笑)。35mmと50mmを手にしていた。そして35mmと50mmは上手く使えば50mmの方が表現が多彩で、かつうちには28mmレンズもあったので、結果的に35mmレンズを手放してしまった。

それを踏まえると・・・。

2本目に50mmF1.8Dが正しく、3本目は変わりなくSigmaの望遠ズームとなり、16-85mmを加えたこの3本だけで頑張るのが正しい選択だろう。

欲を言えばNikkonの28mmF1.8がありゃ鬼に金棒だとは思うが、お値段を見てびっくり。こんなレンズを買うくらいなら、ミラーレスカメラ一式を買うわい!。

一般的な風景、旅行やお散歩写真ならレンズは3本もありゃほとんどの表現を賄える。花や昆虫が好きな人は標準ズームと望遠ズームに中望遠のマクロレンズ、そんな3本セットになるだろうし、鳥や飛行機、鉄道が好きならマクロレンズの代わりに超望遠ズームか超望遠単焦点になるだろう。

余裕があれば4本目、これは防湿庫に眠る可能性は高いが、遊び感覚で非日常の風景を捉えられるレンズが良い。私は興味は無いが、超広角レンズとか魚眼レンズなんて面白かもしれない。また廃墟専科ならやっぱりSigma 18-35mmF1.8はお勧めだ(これはいつか欲しいね)。

となるとレンズは1つのシステムに付き4本ありゃいい。ぶっちゃけ、それで賄えない人って、手持ちのレンズを使い切れていないセンスのない奴かコレクターくらい。

ところで現在の私はお散歩写真にどんなレンズを持って行くか・・・。

都内の散歩なら17-70mmと28mmレンズの2本。28mmレンズは保険。一昨年、旅行中に連れの17-70mmが故障したのを機に、使わなくても万能の単焦点レンズである28mmレンズは必ずバッグに入れている。

またちょっと遠出しようとか、大好きな場所、もしくは絶対に失敗しちゃ駄目な場所(主に廃墟)だったりするとこれに50mmレンズと70-300mmの望遠レンズが加わる。これで4本。

そして単焦点レンズだけでお散歩する場合、年末年始なんかそうだったけど、そんな時は24mm(28mm)、50mm(55mm)、135mmの3本セット。

仮に現行のKマウントレンズで揃えるのなら、DA15mm、DA35mm、DA70mmかな。DA21mmスタートならDA40mm(もしくはDA50mm)、そしてPentaxには残念ながら85mm~105mmクラスの単焦点レンズがないからTamronの90mmF2.8マクロになる(コレ、持っていたけどだいぶ前に売っちゃった、大失態だね・・・)。

※2/5追記

そうだ、コメントを頂いて思い出した。

PentaxにはDFA100mm MacroF2.8ってのがあったじゃないか!。値段を気にしないのであれば中望遠レンズとしてDFA100mmを使うのが良いだろう。


とにかく初心者の皆さんは、このように先ずは1本を使いまくって欠点を探り、それを補う為のレンズを買い、次に新たな表現力を見出す為に異なる焦点距離のレンズを手にし、最後にお遊びレンズ。5本目が欲しいと思った時点で「本当にそれを欲しいのか?、それでどんな風景を撮るつもりなのか?」、と自問自答されたし。

本日の写真。手持ちの単焦点レンズの中で万能と言えるレンズ。焦点距離(135換算43mm)もお散歩写真にはぴったりだし、解像感も1段絞っただけで十分過ぎる程。

今回の写真はF4で撮影していて、感度はISO1600。この写真は心象的な風景なので浅い絞りでも良いが、夕暮れ時ともなるとズームレンズだとF5.6までは絞りたいところで、そうなると感度は3200になってしまう。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ななし | URL | -

    85mm~105mmクラスの単焦点レンズに、DFA100mmMACROはダメでっかぁ?涙
    何気にWRで、何気にクイックシフトフォーカスで重宝してます。
    このレンジのマクロはタムキューを筆頭にペンタにしてもシグマにしても
    ツァイス(ペンタのフルサイズ発表記念にKマウント復活させてくれないかなぁコシナ)
    にしても、どれもよさげでありますけれど。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ななし さん

    あっ、そう言えばDFA100mmってのがありましたね。完璧に忘れていました(笑)。
    100mmマクロがあるね!、そう記事に追記しておきました。

    そう言えばコシナも以前、100mmF3.5マクロでしたっけ?、そんなレンズもあったし、フォクトレンダーブランドで90mmがあったんですよね。ものがあれば、このフォクトレンダーの90mmも良いかも知れませんね。

  3. tsunomagari | URL | -

    BigDaddy様、こんばんは。

    レンズ構成、悩みます。
    確かに使わないレンズは防湿庫の中に眠りっぱなしです。(先日、思い切って売却しました。)
    私の場合は、標準、望遠のズーム、単焦点35mmか、50mmで良いのですが、
    最近、純正には無い40mmに手を出している始末です。
    しかし、中古レンズでも高いものは、いつまで経っても高いですね。

  4. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    私も同じですね。135換算で35mmか50mmがあればお散歩写真ではどうにでもなると思っています。

    40mm、ULTRONですね!、拝見しました。私はAPO Lantherの90mm、Pentax用で手頃な中古があれば欲しいところです。Pentaxの場合、正式に135開発を発表したので、今後、どんな単焦点レンズが出てくるか楽しみですねぇ。

    とは言え、135カメラを使うのならボディもレンズも中古がゴロゴロしているNikonを選ぶと思いますけど(笑)。

  5. ふてくされパン屋 | URL | -

    ご無沙汰しております。

    HD DA 16-85mm買いました!18-135mmとDA35mm F2.4を売却し、その他もろもろ売り飛ばして笑

    が、なかなか時間が取れず、本気の試し撮りにいけていないので家の前とかで数枚パチリでしたが。。。
    全部入れたい病の自分にはやはり16mmスタートか必要だったようで、これまで何回か画角的に悔しい思いをしてきたのが一気に晴れやかになりました笑

    画角の違いだけでも買った甲斐がありました。

    レンズのバリエーション持論、またまた参考になりますと言いますか、自分にきれいに当てはまりました笑

    ズームはHD DA 16-85mm、SIGMA 70-300、望遠端、広角端を補うHD DA70mm F2.4、もうなにも必要ありませんね笑

    ただHD DA 16-85mmは18-135mmより湾曲はかなり抑えられてますが逆光や点光源に強くなく、夜景や太陽を入れるなら、、、と無い物ねだりは続きそうです。。。まぁコレクターではないので本当に必要でなければこれ以上買い足すつもりはありませんが。

    お陰様で無駄のないレンズバリエーションになっていました。ありがとうございます。

  6. BigDaddy | URL | -

    > ふてくされパン屋 さん

    おお!、16-85mmを買われましたか!。70-300mmがあればそれが一番賢い選択だと思います。

    18-135mmはいずれもっと安くなるでしょうから、その時が買い時ではあるでしょうが、どうにも18mmの像の流れと135mmのボヤけた像がネックで結局はフィルム時代の28-200mmと言う便利ズームでしかないのだろうなと思っています。

    写真の他に機材のコレクトを楽しむのなら、1つのメーカーで仰山集めるよりもPentaxで3本揃えたらNikonで3本、Olympusで3本・・・、そうやった方がきっと楽しいし、その方がそれぞれがラックの肥やしにならずに済むんだと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)