にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

何故今まで思い付かなかったんだろう?

2015年02月08日 00:00

ボート乗り場にて

ボート乗り場にて

Pentax K-5, Rikenon XR135mmF2.8

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



レンズの日干し、そしてネタ作りの為に、今年に入って単焦点レンズを多く使っていて、そのほとんどが電子接点の無いオールドレンズ。そして電子接点がないので、EXIFには絞り値情報は記録されない。

昨年まで、特にこの手のレンズの絞り情報なんてどーでも良かったが、ネタを書くに当たっては間違えちゃいけないから結構面倒だったんだ。

そして1週間程前に、、、

あっ!、なんて俺は馬鹿なんだ!

と叫んじゃったんだな(笑)。

絞り情報を手書きでメモしようなんて思わない。となるとあとは記憶しかない。だからその手のレンズで撮影したら、家に戻って即写真をチェックし、ネタに使える写真を見ながら、脳味噌の記憶域から情報を呼び出していた。

でもとっても簡単に絞り情報を得られる術を思い付いたんだ。恐らくこの手のレンズを使われている方は同じような手法を取られているに違いない。

それは、、、

最初の1枚は基準の絞り値で必ず撮影しておく


どんな風景であっても、その絞りが意図したものでなくても、基準の絞りで撮影し、それが意図した露出(適正露出)であれば良いだけ。

例えばどんなレンズでもF5.6で最初の1枚を撮っておく。それがISO200の1/500secだったとする。あとはそれを元に意図した絞りがF2.8なら撮るのなら暗算で1/2000secにセットすれば良い。そうしておけば何年経っても絞り値を特定出来ちゃうでしょう・。

とにもかくにもハイパーマニュアルは最初のF5.6の1コマだけ作動させ、以後、絞りを変えて同じ風景を撮るのなら、暗算でシャッタースピードをセットすりゃ絶対に間違う事は無い。2段絞ったら2段シャッタースピードを落とすだけ、2段開けたら2段シャッタースピードを上げるだけ。

それとK-5は拡張感度を使っているとISO80、そしてそれにRAWでも作用するハイライト補正をオンにするとISO160が最低感度になる。これだとシャッタースピードを変更して、手振れする値になったらISO感度を上げなくちゃならず、ISO80、ISO160スタートだと計算が面倒だから、この手のレンズを使う時はISO100、もしくはISO200をセットするべきだろう。

最初のコマは常にISO200のF5.6で撮るように癖を付ければ良いんだな。タイトルの通り。なんでこんな簡単な事に気付かなかったのか・・・。これをやっておけば電子接点のないレンズの絞り情報もEXIFTOOLを使ってEXIF内に記録出来ちゃう。自分のアホさ加減にゲンナリしちゃっている。

そもそも冒頭にも書いたが、絞り値に神経質じゃない。被写界深度を気にしないならF5.6~F8をシャッタースピードとISO感度を考慮して・・・、深度を深くしたかったらF8半~F11半をこれまたシャッタースピードとISO感度を見ながら決めるだけ。絞りを開け気味にしたい時だけ、ピントを外したら嫌だから保険で少し絞ってもう1枚撮るくらい。

だから電子接点の無いレンズでも、目の前の風景を見てF8だと思ったらF8しか撮らず、そしてその値が重要なんてちっとも考えていなかったから(笑)。多分、一連の単焦点レンズネタを書かなければ、これからもずっと絞り値なんてどーでも良いと思っていたろう。

本日の写真はRikenonのXR135mmF2.8で撮影している。このネタを書く以前の撮影だから、当然絞り値なんぞ判らん。こんな写真を撮った事すら忘れていたくらいだから、記憶も全くない!。

感度がISO100、シャッタースピードが1/500sec。Lightroomのデフォルトでは1段くらい明るく写っており(Lightroomのプリセットのブリーチバイパスで現像し、さらにシャドーを落としている)、F8の1/250secの法則を考えれば、絞りはF8かF11の二択だろう。

F5.6だったらオリジナル像がもっと明るく写る筈だし、この手の水面のキラキラはシャープに放射を出したいので出来る限り絞り込む筈。そしてAPS-CカメラだからF11までは絞らないだろう・・・。

そこまで考えてやっとこさ、絞りはF8だろうなぁ~と。でも撮影中、絞りリングを見ながらセットせずに、ファインダーを覗きながら感覚でクルリとしている事も多く、F11まで回しちゃった可能性も捨て切れず、あとは統計的に推察するしかない。ここではF8としよう!(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)