にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

新宿~大久保~早稲田を歩く

2015年02月16日 00:00

冬の風物詩

冬の風物詩

Nikon D90, Nikkor 16-85mmF3.5-5.6

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



久々にお散歩日記でも・・・。今日はタイトルの通り、新宿を起点に大久保を歩き、高田馬場を経由し、早稲田まで歩いた。距離にして12キロくらい。普通なら15キロ歩いて「今日は歩いたなぁ、流石に疲れたかも」と感じるくらいだが、この日は酷かった・・・。

この日の写真、もう1つのブログ、My Favorite Things ~写真生活~にも掲載しているので合わせてご覧頂きたい。

2月1日の写真
2月3日の写真
2月5日の写真
2月7日の写真
2月9日の写真

その前日、慢性腰痛を軽減するべく、整体治療院を訪れ、「今日はちょっと曲がらない方向に無理に曲げて行きますから痛いですよぉ~」と施術が始まり、「うぉぉぉ・・・」、本気で痛い!。でも施術後はスッキリ。ところが・・・。

お散歩写真行程の三分の一、大久保辺りで、「あれっ、これヤバイんでねぇの?」と言うくらい左足を前に出すと股関節から腰の奥辺りに痛みを感じるようになった。

腰痛の経験の無い人はどんな痛みか理解出来ないようで、良く「虫歯や歯茎の腫れの痛み、頭痛が腰全体にある感じ、心臓の鼓動と連動してズッキンズッキン」と表現すると、何となく皆さん納得して下さる。今回のはこの歯痛ようなズッキンズッキンに加え、股関節辺りをドリルでグリグリえぐられている感覚(一歩足を出す度に痛い)と表現しようか。

捻挫や筋肉痛と言った筋違いじゃない。と言うのも、痛みで歩くのが困難になると5分くらい座って休憩するのだが、それでまた30分くらい歩けるんだ。筋違いだと痛かったらずっと痛いから、神経の圧迫なんだと思う。となると前日の施術は失敗なのか?、治療院を変える必要があるかも。

痛くても途中で帰らない、これがケチ根性の表れだよねぇ(笑)。せっかくの休日、お散歩写真を途中で投げ出して帰宅するなんて勿体無い!。とにかく30分に一度休憩を挟めば歩けるので、なんとか目的地までの12キロを歩き通した。

機材はNikon D90にNikkor 16-85mmF3.5-5.6。Olympus E-P3は前の週に使い、うちにあるPentaxカメラを全て調整に出してしまったからこいつになった。

新宿駅、小田急百貨店側からスタート。そして思い出の新宿大ガード手前にある「思い出横丁」界隈。店は代替わりしているだろうが、雰囲気は学生時代、昭和の香りがプンプンする。高層ビルが立ち並ぶ新宿西口にあり得ない風景がそこに広がっているんだ。

ここの歴史は凄いらしい。昭和30年代まではなんと、甲州街道から青梅街道の間に300軒の店舗があったそうだ。そして西新宿再開発に伴い、今の新宿西口ガード下の一角だけが残ったそうな。そう、残っているからそこが昭和風景なんだ。

ここは昔から好きな一角で、女の子とのデートでも意味もなく歩いていたりしていた(笑)。その頃、すでにデートスポットで新宿を選択するのはあり得なかった。渋谷が中心で、神宮、代官山、青山、六本木、銀座、さらには吉祥寺・・・。

だから新宿で待ち合わせ自体がダサイと言われていたし、かつ、当時の若い女の子が昭和風景、汚い界隈なんて歩きたくもないだろう。「新宿=歌舞伎町=怖い&汚い」、そんなイメージが当時からあった(当時だからこそあったと言うべきなのかな?)。


思い出横丁1

2015-02-16-02


思い出横丁2

2015-02-16-03


大ガードを超え、大久保方面を目指す。この線路沿いの道は初めて歩く。下の写真の2枚目。都税事務所。裏門ではあるが、こんな公共的な施設の入り口に落書きとはさすが新宿!(笑)。消しても消してもやられちゃうのだろうな。

カメラマンにとって落書きは好撮影対象ではあるが、公共施設の入り口、そしてこのセンスの無さ、こういうのは頂けない。


新宿~大久保間の線路沿い

2015-02-16-04


都税事務所の落書き

2015-02-16-05


そしてもうすぐ大久保と言った場所に古い長屋ビル。JRの宿舎か何かと思ったらなんと都営だか区営だかの公団住宅だった。一瞬、廃物件かと思った程の寂れ具合。良いねぇ~。そしてこの辺りから住所が百人町となる。


廃ではない

2015-02-16-06


百人町・・・。そう、ブラタモリでタモリが訪れていたでしょ!。一度行ってみたかったんだ。いや、実は百人町には知らないで何度も通っているのだった。過去に10回以上は歩いている(笑)。

と言うのも、JR新大久保駅からすぐに「THE中古楽器屋」と言う中古楽器屋さんがある。東京の貧乏ロック系ミュージシャンなら多くが知っているお店だろう(ブラタモリでもドアップで映されていたのを覚えている、NHKがお店を宣伝!(笑))。ここで何本もエレキギター、ベースを手に入れているし、ストラト用のピックアップとかエフェクター類も何個か買っている。そこの住所も百人町だったんだ。

ブラタモリを見ていなければ一生そこが百人町だとは知らずに、また百人町をカメラを持って歩きたいとも思わなかったろう。周辺の駅が新大久保駅と大久保駅だから住所も新宿区大久保、そう疑わなかった。私の中ではそこはTHE中古楽器屋がある町でしかなかったから。

そもそもTHE中古楽器屋界隈だけしか歩いた事が無かったから、大久保、新大久保がコリアンタウンだなんてヨン様ブームの時に始めて知った程。あの辺は陸軍戸山学校や731部隊、さらには戸山団地と言う高齢者率が日本トップクラスなんてニュースがあったりと、戦中、戦後の日本、そんなイメージの方が強かったからねぇ。

さて、その百人町、江戸の昔、ここには徳川の鉄砲組百人同心の住まいがあった(いわゆる田舎侍、下級武士)。何だっけなぁ、間口を狭くして密集させた方が女、子供が安全、そんな配慮から間取りが決定されたとかブラタモリで言っていた気がする。

ところが天下泰平な訳だから、鉄砲組としての仕事が激減、副業、アルバイトとしてつつじを栽培していたらしい。詳しくは「百人町 鉄砲組百人隊」で検索して頂こう。

そしてその頃の名残りが今でもある。それは区画だ。新宿区百人町をgoogle mapでご覧頂くと判ると思う。1つ1つが細長いでしょう?。奥行き400メートル、間口20メートル、途中に横に抜ける路地が無い。それが江戸時代のままの区画なんだそうだ。それを見たかったんだ!。

実際に歩いてみると確かに横に抜ける小路がない。でもそれは意識して歩かないと気が付かないし、下のように写真に撮っても「ただの路地」でしょ?。微妙だな(笑)。ただ、地形に拘るタモリならではのお散歩コースとは言えるだろう。


百人町

2015-02-16-07


予定では一丁目から四丁目までくまなく探索し、少しでも江戸時代の名残りを見つけよう思っていたのだが(個人宅のお庭につつじが植わっているだけでも面白いでしょ)、何せ強烈な腰痛。数本の細長い路地を体験して、すぐに百人町を後にする。

心残りは新大久保駅からすぐの神社に訪れるのをすっかり忘れていた事。神社だからこそ、より江戸の風情が残っているのに!(この神社も江戸時代のまま細長い敷地)。この神社は、ブラタモリでは鉄砲組保存会?、そんな方達と交流していた場所。行きの電車の中ではそこを訪れようと思っていたのに、現地に着いて完全に忘却の彼方(笑)。アホでしょ!。

調べるとここは皆中稲荷神社。鉄砲組が近くにあった事から、「良く当たる」、そんな信仰の対象だったみたいだ。だったら最近凝っているスクラッチくじが当たるように絵馬でも奉納したかった。前述のTHE中古楽器屋の裏手にあったのに!(笑)。

そんな訳で神社をスルーしちゃって早稲田方面に向かう。陸軍戸山学校跡地辺りを経由。本当は戸山ハイツで昭和を探す為にウロチョロする筈だったんだが(盛土の箱根山近くの幼稚園に旧陸軍の名残りがあったりするらしい)、ここも腰痛だからとスルー(笑)。

以下数枚は新大久保から戸山を経て早稲田までの道中で見つけた風景。最初の1枚はPentaxデジタル一眼レフ使いがNikon D90を使うとこうなると言う典型(笑)。そう、D90の方がシャッターが軽いからカメラを構えようとしている段階でもうシャッターが切れちゃうのだった(笑)。


D90のシャッターは軽過ぎる

20125-02-16-08


本物は撮らないけど落書きは撮る

2015-02-16-09


もう営業していない

2015-02-16-10


私道だろうけど東京の真ん中に未舗装の路地

2015-02-16-11


冬の風景

冬の風景


上の「冬の風景」とタイトルした写真。ピント位置を変えて撮影したのが2月9日の写真なのだが、ボケ、汚くないよね?。どちらも78mmでF5.6(開放)で撮影している。

と言うのもこのレンズの評判をネットで見ると、やたらに「ボケが汚い」と書かれている。昨年秋にはコスモスを色々な焦点距離の絞り開放近辺で撮影しているが、このワンちゃんの写真も含め、特に二線ボケのような汚いボケにはなっていない。

ワンちゃん写真のように前ボケも後ボケも、球面収差が綺麗に補正されているのだろう、素直で違和感のないボケを持っているんじゃなかろうか(球面収差は補正を誤ると後ボケ、前ボケのどちらかが必ず汚くなる)。

だからねぇ、ボケに拘る人ってどこを見ているのか?、ちょっぴり興味があるんだ。これを汚いと言ったらSigmaのレンズなんてみんな汚くなるだろうし、FA50mmF1.4は二線ボケの傾向があり、F1.4から4段も絞り込んでいるから画質はカリカリするが、ボケ具合は16-85mmでは絞り開放になる絵よりも少なくとも良くはならないでしょ?。

好みは千差万別だから、Nikkor 16-85mmのボケが汚いと言っている人を否定するつもりはない。でも何を持ってして、何と比較して汚いのか、是非とも知りたいところだ。まさか単焦点レンズと比較している訳じゃないよねぇ~。

敢えてそんな彼らに悪口を垂れると、二線ボケがあるから不愉快なんてのは、そういう背景で撮ろうとするのが間違っている気がするし、FA50mmF1.4で二線ボケがあるかも!?、これは単焦点レンズでそりゃないぜと思っちゃうけど、この手の暗い普及タイプのズームレンズでボケ味どーのなんて言っている時点でおかしいと思うのだった。

私なんて長い間、糞未満の価値しかない像面湾曲がひどいDA18-55mmを使っていたから、像面湾曲を感じない、絞れば 周辺部まである程度の平面性が保たれる・・・、これだけでNikkor 16-85mmは十分価値あると思っちゃう。ボケだって、私が撮る風景では汚いとは感じない。

話を戻そう。何故早稲田か?。そりゃぁブラタモリ繋がりっしょ。何を隠そうブラタモリの第1回は早稲田を散策しているのだ!(その前のパイロット版は表参道散策)。

早稲田と言う神田川沿いの桜並木が有名で3月下旬から4月上旬にはアホみたいに人が集まるが、それ以外は住民がお散歩しているか早大の学生らしき人々がジョギングしているくらい閑散としている。

でもここはお散歩写真には最高の場所なのだ。何しろ新宿区、文京区、豊島区と言う3つの区境があるんだ。どこに区境があるかはその第1回のブラタモリで知ったのだが、都電の早稲田駅から一番近い橋を目指せば良いだけなんだ。

※みんな名前が名前だけに「面影橋」で降りちゃうんだな。それを終点の早稲田まで行かないと!

そのブラタモリ、録画して残されている方は再度ご覧になると良いだろう(ネットで転がっているかねぇ、NHKはその手のは煩いからね)。タモリらしく区境であるが故の面白い発見をしている。それを写真にしても誰も気付きはしないので撮っていないが、是非とも現場で実際に感動されて欲しい。タモリが何を見て歩いているのか?、その辺を理解出来る筈だ。

ここで歴史を感じるか否か。つまりだ。この辺りの神田川は以前は大きく蛇行していて、川が区境になっていたのを、水害対策から真っ直ぐにする治水工事を行った。でも区境は昔のままだから、こっちは新宿区、あっちは文京区、今立っているのは豊島区になった訳だ(そのまんまブラタモリで解説されている)。

そして早稲田と言えば早稲田大学があるし、東京大学ほど重厚で古い感じはしないが、建物大好きならそれでもたまらないだろうし、丘を登れば椿山荘、その先には超有名なカトリック系の東京カテドラル教会がある。そう、神田川沿いって台地の際(きわ)なんだ。台地の際では必ず面白い風景を見つけられる、これは昭和大好き人間なら定石のお話。

さらには新江戸川公園(細川家下屋敷跡)や関口芭蕉庵(松尾芭蕉ゆかりの地)と言った和の雰囲気バリバリの場所もあり(椿山荘も和である)、丸一日周辺をウロついていても飽きない。

ブラタモリの足跡を辿るお散歩は2年前の春に行った。椿山荘以外は全て歩いたのかな?。江戸小紋のお店でも何枚か写真を撮らせて貰ったが(タモリのサインがあったね)、この日はそういうのを全て省いた。目的は単純に冬の風物詩、雪吊を写したかっただけなんだ(本日トップ写真)。それは新江戸川公園で見られるのだった。

日本庭園ってどこでも造られ過ぎちゃってあまり好みじゃないんだが、季節物を撮るにはとても便利だったりする。


タモリも歩いた胸突坂

2015-02-16-13


胸突坂横の水神神社の大銀杏

2015-02-16-12


松、灯篭、雪吊、豪華3点盛り

2015-02-16-14


ところでこの手の雪吊の風景。皆さんはどう切り取られる?。トップ写真では水面に映る雪吊を主にし、実像は半分でぶった切った構図だ。また上の写真は和のてんこ盛り。

勿論、その他に様々な構図で撮影した。水面をカットし、空を多く取り入れて実像の雪吊構図。実像と水面の反射像の両方を捉えた構図。水面に映る雪吊だけの構図など・・・。

空も実像も水面に映るそれも全部入れちゃうと説明写真とか観光写真になっちまうし(それはそれで間違いじゃないのだが)、この手の風景を撮影する時(撮影は考えられる構図全て撮っているから、プリントやブログ掲載の際に)いつも悩んでしまう。

時に、名曲、「神田川」は早稲田辺りを歌ったとされている。桜の季節の神田川も良いが、冬の時期、赤い手ぬぐいをマフラーにした二人で行った横丁の風呂屋がどこにあったのか?、そんな事を考えながら歩くのも楽しい。

神田川の風呂屋は安兵衛湯(高田馬場と言えば堀部安兵衛)と言うらしい。今はもうないが、跡地もネット情報で特定出来た。その近くには現存する「松の湯」があるが、これがまた早稲田通り沿いだから横丁でも何でも無かったりする。

そして調べた。「神田川」にピッタリの銭湯が今も西早稲田にあった!。歌詞の銭湯でないのは重々承知。でもこういうのは妄想で成立させちゃえば良いんだ。私の中では横丁の風呂屋はソコしかない!。次回、早稲田を訪れた時に撮ってこようと思う。

あとは三畳一間の小さな下宿を見つけなくちゃならないが、多分、今でもその手の木造アパートは幾つか残っていると思うんだ。

赤い手ぬぐいは巣鴨で用立てて(早稲田周辺に赤いマフラーをしたお地蔵様でもいれば良いのだが)、石鹸箱とクレパスは100円ショップ?(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    お大事に

    まずはお大事にされてください。せっかくのお散歩写真の時間も大事ですがベットで寝る時間が増えては困ります。(笑)
    ボケ味の話、ボケはやはり主役のためのボケであってボケを主役にすることは少ないですよね。でも綺麗なボケだと思います。特に前ボケが好きです。しかしかなりの古物ですね。船の右舷燈かと思ってしまいました。
    東京にも雪吊があるんですね。時々大雪が降るので対策なんでしょうね。トビラの写真が好きです。

  2. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    お気遣いありがとうございます。

    腰痛は日によって調子良かったり悪かったり・・・。長い付き合いなので、どこまで無理したらが判るので何とかなっているとでも申しましょうか。

    ボケ、仰る通り、主役の為のボケであり、ボケ優先で何かを表現するのは何か違和感を持ちますねぇ。勿論、人それぞれ自由ですが、ボケ優先だったらレンズだけの力でしかなく、金さえ掛ければ良いだけ、撮影者はただのシャッターを押す係でしかないかなぁと。

  3. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    腰痛の持病ってたいへんですね。
    お仕事や撮影のぶら歩きにはきびしいですね。
    私も昔 膝を痛めまして、現在でも信号が変わりな時は走らず、次の青までがまんです。
    やっちゃうと階段も大変。
    冬の風物詩である雪囲いの縄、金沢の兼六園だけと思っていましたが、あちこちにあるんですね。
    「神田川」にぴったりの銭湯があるのですね。 写しに行きたいなぁ~
    ♪ ちいさな石鹸 カタカタなった~    いいねぇ~^^

  4. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    腰痛、ダイエットが一番効果があるみたいです。正月から初め、今の時点で-1.5キロ、微妙ですねぇ・・・。膝も痛いですよね。何年か前、ジョギング中にやらかしちゃいまして、実はこのせいで走れなくなり、太り始めたんですよ(笑)。

    雪吊、多分、東京にある和風庭園の大半はやっているんではないでしょうかね。この手の伝統的なものは継承する意味で、悪く表現すれば練習の意味もあるんではないでしょうかね(笑)。

    神田川、あとあと再チャレンジして風呂屋撮ってきました。来週くらいにネタとして掲載する予定ですので、またご覧下さい。

  5. taka | URL | -

     脊柱管狭窄症だったり、頚椎症だったり、股関節症だったりで、わたしも整形外科との縁がずーっと切れないでいます。それにしても腰痛のなか12キロの散歩とは、ご苦労様でした。今日の写真、水面に写った雪吊り面白いですねぇ。きれいな水面の反映って、めったに会えませんね。わたしは、郊外の水源地に水面の反映を撮りに行くのですが、いつもさざ波がたって、なかなか止まったような水面には出会えません。周りの森と空に浮かんだ雲の形、そして時間によって変わる空の色それが撮りたくて何度も通ってます。でもとてもとても12キロは歩けないです。腰、お大事に。

  6. BigDaddy | URL | -

    > taka さん

    お気遣いどうもです。整形外科も進歩はしているようですが、病院を変えたら病名も変わる(笑)、そんなパターンが多かったのと、腰痛に悩んでいはいても、例えば重度の狭窄症のように立っているのも辛い、と言う程でもないので、ここ2年ばかり、外科には通っていません。

    とは言え、整体治療も治る治ると言われてもう何年も・・・。結局、ダイエットと普段の姿勢を気を付けて、自分なりにストレッチするのが一番なのかもしれませんねぇ。

    さて、雪吊写真、この日は運良く風が無かったです。ただ元々この手の風物詩やネイチャー系フォトに向いていない、性格が短気なもので、ここは鯉も泳いでおり、時間を掛ければ洲宇宙を泳ぐ鯉と雪吊なんて写真も撮れたのでしょうが、2分くらい待っていましたかねぇ、でもそれでおしまい、撤収!(笑)。

    餌をやっちゃうと暴れちゃい、水面に波が立っちゃうから、自然に泳いで良い位置に来てくれないと駄目ですからね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)