にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

CP+で見るRicoh、そして妄想・・・

2015年02月22日 00:00

Tokyo Snap

Tokyo Snap

Ricoh GXR, A16 24-85mmF3.5-5.5

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事ではPentaxがCP+で135一眼レフを出すと明言した内容を中心に色々と一ユーザーの立場から書いてみた。

今日はPentaxに加え、Ricohについて・・・。2つのネタを1つに纏めたので例によって超長文。ご勘弁あれ!。

最初に前回の記事で書き足りない部分を補足したい。

しついこけど、、、

PentaxユーザーがPentaxを愛する最大の理由は安いから!

なのに、一部の掲示板のコメントを見ると、何だろうなぁ、見栄を張っているのか、高くても良いから質のよいものを!、なんて言う輩がいる。高くて良いのならNikonに行ってくれ、SonyにZeissレンズでも付けていれば良いじゃないか、誰も止めはしない。

質が良いのは当たり前の話。K-5は露出制御に難があるが、それ以外は素晴らしいカメラだ。それでいてライバルのNikon D7000よりも安かった。K-30、K-50もミドルクラスのカメラとして防塵防滴機能もあるし、多くが納得するカメラだろう。そう、「安くてそこそこ質が良いからPentaxファンを続けられている」、これを忘れちゃいけない。

それを履き違え、「高くても良いからNikon、Canonに勝てるカメラを出してくれ!」、そんな変なファンがいると、その他大勢の「Nikon、Canonよりも安く、それでいてそこそこ満足出来るからPentaxを買う!」、そんな大勢の人間が迷惑する。特に今、強気のボッタクリ戦術が始まっちゃってるから、不快でしかない。

Nikon、Canonに勝たなくても良い。カメラとしての基本的な機能を網羅し、かつ安価、それを望んでいる人、多いと思う。勿論、プライドは大切。(今は知らないが)「警察の鑑識で使われているカメラ、それがPentax」、それぞれの心の中で思っていれば良いんだ。


2015-02-22-05


高くても良いからNikon、Canonに勝てるカメラを出すのはもっと先の話で良く、今は地道に新規ユーザーの開拓をして欲しい。それにはやっぱり今のご時勢「安い」、これしかキーワードが見当たらない。5年後、「Pentaxもやるなぁ」と自信を持って言え、10年後、「おお!、Pentax、やるじゃないか!。とうとう、Nikon、Canonの牙城を崩したね!」とニヤリ出来れば多数のPentaxファンは満足するんじゃなかろうか?。

世界初の機能が満載されると噂されているPentaxの135一眼レフ。そういうカメラがあっても良い。もしかしたら光学ファインダーに電子ファインダーを組み込んでくるかもしれない。超解像の為にミラーを固定しちゃうのかもしれない。背面の液晶が取り外し出来るなんて噂もある。

そういう最先端の技術をどんどん盛り込んでも構わない。Canonが失敗した視線入力AFでもやってくれたらそれこそ夢のカメラ。そしてそれはフラッグシップとしてラインするのだろうからそこそこの金額になるのは仕方がない。

でもその他にNikonのD610、CanonのEOS 6Dだけをライバルにしたカメラとして基本性能がしっかりした安価な135カメラ、多くはそれを望んでいるんだと思う。単なる推測だが、PentaxユーザーはNikon D610とNikon Dfを足して2で割ったようなコンセプトのカメラを待っているんじゃないかなぁ~。

K-5、K-3、はたまたK-30、K-50ラインからステップアップするのに超解像なんて要らないでしょう?。2400万画素ローパスフィルターレスの135センサーが使えるだけで良いのだから。

そしてD610、EOS 6Dよりもファインダーに拘りを持ちました!、視野率100%でファインダー倍率0.8倍を確保!、シャッターは1/8000sec、当然の事として防塵防滴!、(AFはもっと強化して欲しいが)K-3のセンサーが135になっただけのカメラをみ~んなが待っている。Ricohだって馬鹿じゃないからそれくらい気付いているだろう。

時に、デジカメinfoでファインダー倍率を0.95倍とか1倍にせよ!、とか言っている妙な人がいた。勿論、0.95倍を実現出来たら凄い事だろうが、今の135カメラは0.7倍が一般的なのだから、0.8倍でいいんだ(Canon NewF-1AEやNikon ノーマルF3が0.8倍でしょ)。頑張って0.85倍だろうし、それで十分ではなかろうか?。

「ユーザーのご意見に沿ってファインダー倍率を0.95倍にしました。だから価格は20万円を超えます・・」・、今の時代、AFが主流だから、そこまでの倍率が本当に必要なのか?。0.8倍、もっと言えば眼鏡使用者も考慮し、F3HPのようなハイアイポイントの0.75倍でも良い。「落としどころを考えて15万だよ!」、その方が確実に売れるでしょ。

それとみんなファインダー倍率の話しかしていないようで、MFで合わせたいのならむしろ倍率よりもファインダースクリーンの方が重要だと思うのだが・・・。

かつてMinoltaのα-9用に出たアキュートマットだっけ?。ファインダー像は暗くなるけどピントの山が判り易い代物でこれをContax RTSIIIとRXにヤスリで削ってぶち込んでいた(Canon EOS系に付けるよりも簡単な作業)。これだけで大きく改善される。

だからどうしてもオールドレンズでMFしたいのだったらファインダー倍率で騒ぐのでなく、ファインダースクリーンでMF用を出してくれ!、と主張するべきなんだ。

勿論、各自、「僕の考える理想のカメラ」があっても良いし、それをブログや掲示板で発表するのは自由だ。うちだって結局は「安いのが理想のカメラ」と結論付けているのだから。本気でPentaxを愛している人は、今は欲張っちゃ駄目だ。傍から見ていて単なるマスターベーションにしか見えず、見ているこっちが恥ずかしくなる時がある。

それと交換レンズ。前回の記事の通り、最低でもNikon、Canonが持っている主要焦点距離のレンズを新設計で出さないと魅力は無い。

フィルム時代、Nikonユーザーの友人がMinoltaの85mmF1.4をどうしても使いたいからとF5とNikkor 85mmF1.4を売却し、Minoltaのα-9に85mmF1.4を買った。Pentaxでもそういう他社ユーザーが買い換えたい欲求を満たすレンズを作らないと商売として成功しないだろう。

また私自身もCanon EOSユーザーで満足していたのにFD85mmF1.2L、これを使いたい、それだけの理由でCanon FDシステムを組んじゃった過去があるし、やっぱりZeissだろう!、って事で高価なContaxでそこそこのシステムを構築していた。

PentaxのライバルはNikon、Canonだけじゃない。センサーメーカーのSonyは今後も魅力あるボディを出してくるだろうし、Zeissレンズも持っている。SigmaもFoveonを強化するだろう。

レンズに目を向けると最近のSigmaは単焦点に力を入れており、例えば85mmF1.4は10万円を大幅に切る値段で販売している。Sigmaのレンズに魅力があれば(Pentax純正レンズと大差ないのなら)、何もボディはPentaxじゃなくても良い。

135を利用するカメラマンの大半は50mmレンズは普及タイプでも良いけど、85mmレンズは最高級のものを欲しがる。特に人物がメインのカメラマンは85mmレンズは命の次に大切なもの。PentaxはSigmaを加えたライバルにその85mmレンズの描写で勝たなくちゃいけない。それだけでも大変だ。

※フィルム時代のFA85mmF1.4やMFのA85mmF1.4はそれなりに定評があったが・・・

Nikonのレンズで魅力を感じているのがDC Nikkor 105mmF2。将来、このレンズを使いたいだけでNikonの135カメラを買うかもしれない。果たしてPentaxがDC Nikkorに匹敵するようなレンズを作ってくれるであろうか?。

うーん、まだ書き足りないけど、エンドレスになりそう。Pentaxネタは今後、Pentax K-S2のレビューが出揃ったらまたやってみたいと思う。と言う訳で本題に入る。




RicohがPentaxを買収して煽りを食らったのが真のRicohファンではなかろうか?。中には「なんでPentaxなんかを買収したんだよ!」と怒り心頭な人もいるでしょう。

今のRiochブランドのカメラ・・・、1つ1つのカメラがどーこーよりも、この情けないラインナップ!。いわゆる昔ながらのカメラはGR、GXR、そして業務用の現場監督系のGシリーズしかない。買おうとしていたコンデジCXシリーズなんて知らぬ間に消えているし。

Ricohブランドはどうなるん?、それを心配している人、結構多いんじゃなかろうか?。まずはおさらい、RicohのサイトからRicohブランドのカメラシステムがどうなっているか?。

GXRシリーズ、まだ現行なんだが、ボディの販売がすでに終了している。またレンズユニットも1/1.7型センサーのS10(24-72mm)とAPS-C1600万画素のA16(24-85mm)の2つしか販売していない。しかもS10はかなり古いセンサーだから高感度がめっぽう弱いし、A16はGRの称号のないレンズを搭載している。

ユーザーには申し訳ないけど、もはや死に体、システムとしての魅力を一切感じない。ボディが販売終了だからアクセサリーのEVFも恐らく販売終了。となるとこれからGXRを使いたい人は(そんな人はまれだとは思うが)販売店の売れ残り、もしくはEVF付きの中古ボディを買わないと、どうにもならない。将来性もなく、使い捨てカメラでしかない。


2015-02-22-02


Ricohもこんなに早くセンサーが進化するとは思わなかったのだろうなぁ。どうだろう?、GXRが更新される事はあるんだろうか?。ないような気がするなぁ~。

そうなるとGXRに変わるシステム・・・、まずはGXシリーズの復活。CP+を見るとGRのズームレンズ化を望んでいる方も多いみたいだが、いやいや、GRシリーズは完璧なGRレンズ、単焦点を搭載したカメラ以外は認めちゃならず、ズームレンズを搭載しているカメラはGX300として2/3、もしくは1インチセンサーで復活させれば良いのではなかろうか?。

今、余程の機能がない限り、コンパクトカメラは売れないらしい。ならばもうミラーレスしかないだろう。海外のカメラマンがどんな反応をするのか何とも言えないが、少しでもレンズ交換式のデジタルカメラをかじっていたら「RicohはPentaxを救ってくれた恩人」、その認識は必ずあり、「Ricoh」と言うブランド力も有る程度浸透している気がするんだ。

PentaxブランドでK-01の後継機種のようなミラーレスを出そうと思うとどうしてもKマウントの呪縛から逃れられない。でもRicohブランドならマウント設計は自由で良い訳でしょ?。是非ともRicohブランドでミラーレスカメラを出して欲しい。

そして純正のマウントアダプターを使えば、Kマウントレンズが使える。しかも絞りリングのないDAレンズでさえも絞り情報を伝達出来る・・・、その反対も然り、GRレンズが純正マウントアダプターによりKマウントカメラで使える・・・、そうなったら最高でしょう!。

良く、DAレンズに絞りリングを復活させろ!、と言う人がいる。実際に絞りリングの方が早く絞りをセット出来るから、1/3段露出を使わない人にはレンズに絞りリングがあった方が遥かに効率が良い。

そしてメーカーはおおよそ「コストが掛かるから省略している」と言っているでしょう?。勿論、嘘ではないと思う。どうせ本体で制御出来るのだからと、少しでも安く上げようと思ったらレンズの絞りリングを取っ払った方が理に適っている。

しかし本音は違う部分にあるんじゃないかな?。と言うのも、今現在、マイクロフォーサーズや他社のAPS-Cのミラレースカメラではマウントアダプターを使って様々なレンズが使えるようになっている。レンズに絞りリングを付けちゃうと、他者のボディにレンズを付けられちゃう。

絞りリングのないレンズだと、絞り開放しか使えない、イコール、実質利用出来ない。言い換えるとマウントアダプターで利用させる気がない!。各メーカーはそういう細かい事までチェックしているのだろうな。

ところが時代は進む。そういう絞りリング無しのレンズを絞り込んで撮影する為に、今は、絞り羽根付きマウントアダプターなんてものが出てきちゃっている。凄い時代になったねぇ(笑)。


いずれにせよ、マウントアダプターを使われる・・・、私がメーカーの人間だったらこんな不愉快な事はない。Sonyのα7にPentaxのレンズを付けているカメラマンを見たら、きっとぶっ飛ばしたくなるだろう。多くのメーカーが絞りリングを付けなくなったのは、このマウントアダプターの存在もあるんじゃないかと睨んでいる。

Ricohと言えば巷ではZeissレンズよりも優れていると言われているGRレンズがあるのだから、GR称号の付いたKマウント用の交換レンズを発表したとしよう。そしてそれがオールドスタイルで絞りリングがあったら、Sony α7な人達にPentaxのボディを買わずにGRレンズだけ買われちゃう。それは阻止せねばならない。


2015-02-22-03


誰もがRicohがPentaxを拾ったからにはPentaxカメラでGRレンズが使えるだろう!、とワクワクした筈。でも実際には作る気配が皆無。

以前、Riochはミラーレス用のレンズ(GXRも一種のミラーレスと考えて良いだろう)の設計は得意だが、一眼レフ用の設計が出来ない、出来るにせよ、GRレンズの称号を与えられる程のものは作れないんじゃないか?、と書いた事がある。

これが正しいか否かは置いといて・・・、だったらまずはやっぱりRicohブランドでミラーレスシステムを作って欲しいと思っちゃう。Pentaxファンだけでなく、Ricohファン、フィルム時代からのGRファンもきっと単体でGRレンズを使ってみたいと思っている筈だ。

そう言えば、かつてRicohはGRの称号が付いた交換レンズを作っていた。Leicaスクリューマウントでだ。21mmと28mmの2本かな?。アホみたいに高かった記憶があるが、LeicaオヤジでGRファンには結構売れたようだ。そういう人達がいるのだから、自前でボディも用意すりゃ良いでしょう?。いっそこの事、Leica、Epsonのようなデジタルレンジファインダーカメラでも作ったらどうだろうか?。

写真、カメラにはまると、システムを複数持つ人が結構いる。私だってケチな癖になんだかんだとPentax、Olympus、Nikonと使っている(昨年まではCanon EOSもあったし)。こういう人間をPentax、Rioch軍団で取り込めるのが一番だと思うんだが・・・。

メインシステムはどうぞNikon、Canonを使ってください。でもサブシステムを組むのだったら、我がRicoh、もしくはPentaxを!

そんなスタンスで行くしかないっしょ?。もしRicohがミラーレスシステムに着手したら、マイクロフォーサーズ一派、そしてSony、Fujifilm、これらをサブシステムとして使っていた他社ユーザー、そしてPentaxユーザーでさえもRicohを買ってくれるかもしれないでしょう?。

私個人は各社のミラーレスシステムを見ると、どれも一長一短と言うか、どんぐりの背比べと言うか、どのメーカー、カメラを使おうがさほど大きな変化はないと考えている。注目しているのはPanasonicのGX7とSony α6000であるが、Ricohが年内にミラーレスを開発するよ!、そんな情報を出してきたら、100%待つ。

だから今回のCP+でPentaxブランドに対しての未来は確約されたのは嬉しい反面、Riochブランドのカメラに対して、GXRの後継システムに加え、GRが今後どうなって行くのか?、EVFは搭載されるのか?、GXシリーズの復活はあるのか?、その辺が全く不明、ちょっぴりどころかかなり残念な気持ちになっている。

開発者のインタビューでもGRに関してはかなりお茶を濁していたし、GXRは無かった事にしている節があった。何も語らずに近い将来にサプライズ?、うーん、Riochはそういうメーカーじゃないと思う。まだ何にも決まっていないんじゃないかなぁ~。

それともう1つ。前回の記事に書いた通り、RicohになってからPentaxブランドのカメラの初期値が高過ぎる。これが方針なら、Ricohブランドで仮にGXRの後継機種としてミラーレスシステムが出来ても、かなりぼったくる可能性が高い。

せっかくPentaxとRicohでシステムを揃えてみようかと思っていても、結果、どちらも捨てちゃう、そんな人だって出てくるだろうし、私のように各社のミラーレスカメラってどんぐりの背比べだよなぁと思っている連中は、「なんだよ、高ぇじゃんか!、ミラーレスでこの値段はないね!」、なんだかんだとマイクロフォーサーズに行っちゃう。

Pentax K-3は発表直後からそこそこ売れたらしい。それで味をしめちゃったのかなぁ。K-S1で強気に出ちゃって惨敗。今度のK-S2だってミドルクラスのカメラで10万円なんてPentaxブランドではあり得ねぇって。ちゃんとマーケティングしてんのかね?、そう疑いたくなる。

そうそう、Pentax Qについても書かないとならない。どこかの掲示板で「PとRの架け橋としてQがある」なんて表現されている方がいて、言い得て妙だなぁと感心しちゃった。

私はPentax Qが今後もEVFを拒否するのなら単なるレンズが交換出来る風景コピー機でしかないからこれからもケチョンケチョンにけなし続けるが、後付でも良いから、「P」entaxと「R」icohの架け橋としてメーカーがPentax Qを大切に思っているのなら、Qこそ大きく発展させる、させねばならないシステムだと思う。

多くが望んでいるであろう2/3型や1型センサーの搭載。これがGR、GX、GXRのミラーレス版として機能させるべきだと感じる。「Q」が「P」entaxと「R」icohの架け橋なら、Ricoh GRレンズがPentaxブランドに使える最初のシステム、そうするべきかもしれない。

QにEVFがないからNikon 1に行っちゃった人だっているでしょう?。私ももしこの手の小型のミラーレスシステムを必要としたら、今後もEVFを付けてくれなかったらNikon 1、もしくは昨秋発売になったPanasonicのGM5に行く(GM5はデザインが完璧だよね、惚れ惚れする美しさ!)。

Qと同じく頑なにEVFを拒否し続けたCanon EOS-MシステムがEVFをアクセサリーとして装備する事が発表された。時代はもうミラーレスにはEVFがあって然り。何故Ricoh、Pentaxはいつも他社に遅れを取るのだろうか?。ホント、イライラする。

先日も述べたっけ?。Ricohにせよ、Pentaxにせよ世界初とか世界最小などの「世界なんちゃら」なる言葉が大好きなんだろうね。それも大切なのは判る。でも既存の技術で賄えるものを装備せずに世界初なんてやっていても誰も見向きもしねぇよ。

少なくともRicohブランドではEVFは当たり前に装備されていた。何故PentaxブランドのQには付けない?。誰もが疑問を持っている事、それに対してRicoh、Pentaxは明確な答えを出していない。

超解像の前にノイズ軽減用のコンポジットを何故機能に加えない?。Pentax K-5は何故売れた?。それは高感度の画質が良かったからだ(勿論、安かったのもあろうが)。だったらどうしてそれをとことん追求しようと思わないのか?。これらに対していつも「要望があるのは理解している」とだけ言っているに過ぎないメーカー・・・。

※超解像もコンポジットなのでノイズは減るとは思う、しかしPentaxの超解像は4枚のコンポジットであり、ISO12800で最低6枚、ISO25600では8枚は必要になり、超解像とノイズ軽減は別物だと思う

かぁ、Ricohブランドに対してもまだまだ書き足りない。でも流石に自分でも今日の文章は長いと思うので、一旦終了しよう・・・。

本日は以前Ricohから借りたGXRから4枚。レンズユニットは全てA16の24-85mmを使っている。このレンズはGRレンズではないので、特に広角側の樽型の歪曲は半端じゃない(笑)。なのにあれだけ大きなレンズなのだから、GRレンズとして歪曲補正をするのならさらに大きくなり、GRにズームレンズを、これは明らかに現実的じゃない。


2015-02-22-03



にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    大好きなんですね。

    今日の文面を見させて頂き思ったこと、それはBigDaddyさんが凄いペンタックスを愛していると感じました。その点僕なんか安くて使えるからペンタックスに移った外様ですよ。(笑)PENTAXのQ、Q7使ってました。オールドレンズ用に。私もEVFは欲しかった。だからサッサと手放してしまいました。135でのPENTAXには最後の参入だけに売れるものを作って欲しいです。

    昨晩店が終わって自宅でアルコールを入れながら書き込みしていたら 変な事ばかり書き込んでいたので今朝、大至急編集しました。(笑)今から撮影いってきます。

  2. taka | URL | -

     ブログ内容と関係ないかもしれませんが。ペンタックスって日本の自動車メーカーでいうとどこのメーカーなんだろう、とふと思いました。
    以下妄想(順不同です)、キヤノン→トヨ○、ニコン→○産、オリンパス→ホ○ダ、富士フイルム→ス○ル、パナソニック→○菱、シグマ→マツ○、ソニー→○ズキ、ペンタックス→ダイ○ツ。ダイ○ツって面白いスポーツカーを出すなど独自路線で、ユニークなメーカーです。ちなみに私はス○ルに乗ってます。

  3. nowarl | URL | -

    RICOHのラインナップで新開発はTHETAだけですからね。それも、カメラ部門じゃない所が開発したとかいう噂…。
    PENTAXを買収してからRICOHのカメラ部門が生きてるのか不安に思う人が多いのも仕方ないですよね。
    PENTAXのフルサイズに期待を込めつつ、GRでも何でもいいからRICOHの開発チームの仕事も見たいです。

  4. tsunomagari | URL | -

    BigDaddy様、こんにちは。

    妄想いいですね。
    GX200を所有しておりまして、GX300というご意見はいいなぁと思います。
    ちょっとセンサー大きくして、EVFを付けて貰って、ステップズームを継承のコンデジが希望ですが。
    何れにしても、お安くというのはどこのユーザーも歓迎だと思います。

  5. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    私もそうですよ、安いからです。そもそも初のデジタル一眼レフのPentax K-mも、予算5万で!、と言って店員さんに見繕って貰ったものですし(笑)。

    愛しているか否かは別にし、Pentax、Ricoh内部の人への疑問が多々ある訳です。Qでも何故EVFを付けたがらないのか?、何故そこまでEVFを拒否し続けるのか?、意味不明でイラッとするんです(笑)。後出しジャンケンどころかジャンケンするのを拒否しているんですから・・・。

    今回のCP+でPentaxのおおよそ方向性が判りますが、今度はRicohブランド宙ぶらりん・・・。結局、135にリソースを掛けちゃうとどこかがお座なりになる、これが露呈しちゃった訳じゃないですか。嘘でも良いので、次期、GR、GXRに期待して!、とか言って欲しかったですねぇ。

  6. BigDaddy | URL | -

    > taka さん

    2強は決まりでしょうね。センサーも作っているソニーがホンダって気もします。価格破壊を起こしてくれていますし。

    他はどうでしょうかね。シグマがマツダってのは唯一のFoveonセンサーがロータリーエンジンとダブって納得しますが、そうですねぇ、ようやく市販にこぎつけた60年代のマツダが今のシグマではどうでしょう?。

    ペンタックスは国産で唯一135よりも大きな645を出していますから、トラックやバン、はたまた「重工業」の方ですが、戦車とか戦闘機もやっていますから、ミツビシのイメージがあります。ミツビシってラリーでも活躍したりと好きなメーカーですが、ラリーではスバルにしてやられたりと何故かパッとしませんよね。それが如何にもペンタックスらしいかなと。

    そして今はちょっと判りませんが、唯一の水平対抗4気筒エンジン、それがフジのX-Transセンサーとだぶるのでフジがスバル、上の通り、ラリーでは今はスバルの方が上でしょうから、ペンタとフジの超高感度戦争に似ています。これは意見が一致しますね(笑)。

    オリンパスとパナは現状、レンズ交換式ではm4/3しかないので、軽自動車系のメーカーかなと思います。

  7. BigDaddy | URL | -

    > nowarl さん

    THETAも私には広範囲風景コピー機にしか見えないのでありゃカメラにはならんです(笑)。

    ですから本文の通り、そして頂いたコメントの通り、真のRiochファンはイライラ、不安に思っているでしょうね。GRはファームウェアのアップデートで機能がどんどんと増え、育てていくカメラとか言われていて、まぁそれはそれなら良いとして、GXRはもう駄目ですから、GXRユーザーがカンカンだと思いますねぇ。

    公開されたCP+でのインタビュー動画しか見ていませんが、ホントにあれしか語ってくれていなかったから、真のRiochファンはガッカリでしょう。GRユーザーもGRは手元に残すにせよ、別システムで他社に移行しているでしょうし、一度移行したら戻るのは大変ですからね。

  8. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    GX200、お持ちですか!。私も一応GX100ユーザーなのでGX300の夢は持っています。一時期、OlympusのXZ-2を買おうかなと思っていましたが、いや、GX300がすぐに出るだろうと待っていたんですよ(笑)。そうしたらこの有様ですから(笑)。結果、どうなるかと言うと、中古でもかなり安くなったXZ-2を買っちゃう可能性があり、Ricohはここで1人ユーザーを失うわけですよねぇ。

    やる事なす事、ユーザーの思考スピードよりもワンテンポ遅いのが今もPentax、Ricohなのでしょうねぇ。だからイラッとするんですよねぇ(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)