にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

内野安打でも良い!、積み重ねれば打率は上がる!

2015年03月04日 00:00

古き良きアメ車

古き良きアメ車

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



ピート・ローズがイチローに対して「彼は内野安打が多いよね」、そんな皮肉をコメントしたとかしないとか。でも、ルールの中で競技を行っており、内野安打だってヒットはヒット。今日はそんなお話を・・・。

文末に廃な風景を幾つか掲載しているで是非最後までご覧下さいまし。

都内のお散歩写真でも郊外への旅でも「こりゃぁ~場外ホームラン級だな!」、そんな風景に出くわす事が多い。運が良いと言うべきだろう。

本ブログで何度も述べている通り、廃墟好きの割には、廃墟を撮りに行くぞ!、と言って旅する事は無い。旅をしていたら廃墟があった・・・、そんなパターンが大半だ。

都内をテキト~にウロついていても、ホームランとまでは行かないにせよ、二塁打くらいの風景には結構出くわす。

でも時折、わぉっ!?、今日はついてねぇなぁ~、好みの風景が全くないぜ!。ただ歩いているだけ、4つのエリアを歩いても、はぁ、4タコだよ~・・・、そんな日もあったりする。

国会議事堂のある永田町界隈に行った時は散々だった。その日は参議院を見学するのが主目的だったんだが、見学そのものは面白かったんだが、内部の撮影禁止と言われてあへ~・・・。

その界隈、1990年代くらいまではまだ古い町並みがところどころ残っていたんだ。それが今でもあるだろうと訪れたら皆無。議事堂前だからおまわりさんが一杯いて、何人かに古い町並みがある筈なんだが・・・、と問うても「うーん、知っている限りないな~」。結局、青山まで246沿いをウロついてカメラを構えたのはほんの数回!。

※青山とか外苑前まで行くと今度はお洒落な街に突入するし、乃木坂経由で麻布に行く道筋も面白いんだけど・・・

昭和風景を求めて下町を歩こう!、そう思って失敗するパターンもある。人形町がそうだった。初めてここを訪れた時は東野圭吾原作、阿部寛主演の「新参者」のロケ地巡りと題したお散歩写真だったので、それはそれで楽しかったのだが、なんだかんだと人形町はその後も訪れていて・・・。

新参者ブームが終わっちゃうともうそこは名ばかりの下町、きっちりと区画整理された単なる商業施設だらけの綺麗な街なんだな。これは日本橋もそうなんだ。

地方にお住まいの方は「えっ?、日本橋って下町の中心だろ!」と思われるかもしれないが、Google Mapで日本橋界隈をご覧になると判るだろう。1つの区画が大きいでしょう?。イコール、もはや商業施設しかない。

勿論、路地をくまなく探索すれば今でも昭和風景に巡り会えるが、昭和風景を目指すのなら、日本橋を南下して築地方面、もしくは北上し、岩本町へ流れた方が良いし、もっと言えば東京湾が近い隅田川沿いよりも、浅草よりも北へ向かった方が簡単に昭和に出会える。

浅草と言えばスカイツリーのある押上。ここもな~んもなかったね。駅前の派出所のお巡りさんに聞いても「再開発が進んじゃって、もう古い町並みはないよ!」と言われちゃったし・・・。結局、京島、曳船まで足を伸ばすしかなかった。

また今後は駄目だろう、昭和風景を探すのは難しいと思うが、勝鬨、月島だ。勝鬨は10年くらい前からただの港湾風景しかないし、月島は一昨年まではある一角で昭和30年くらいで時が止まったような、正に昭和にタイムスリップしたような場所があったのに、再開発が始まっちゃった。

去年だっけか、Google Mapの航空写真を見てお口あんぐりしたもんねぇ。皆さんもご覧になると良いかも。Google Mapで「月島一丁目」を表示させ、航空写真画面にすると、その辺り、工事しているから。この月島一丁目が唯一残っていた昭和30年代の風景だったんだ。

だから東京下町と呼ばれる日本橋、浅草、門前仲町、木場、月島、佃・・・、その辺はごく一部の路地に昭和は残っているけど、昭和三昧する場所じゃなくなっているんだ。

むしろ隅田川、荒川の河口付近でなく、都民でも地名を理解していない上流の東京東北部の方が昭和風情が仰山残っている。勿論、そんな場所は本当の下町じゃない。ぶっちゃけ浅草だって厳密に定義したら下町ではない。

つまり江戸時代の下町(江戸城から主に南東)は上述の通り、今ではほとんど商業施設化しちゃっていて、江戸郊外と呼ばれた場所(江戸城よりも東北部)が、今では下町と呼ばれ、そこに多く昭和風情を残している。

私個人、最近はまっているのが・・・。

Google Mapで浅草を表示したリンクが下。

浅草界隈の地図

浅草寺が真ん中辺りにある筈。地図をブリッと北に動かすと常磐線の南千住がある。この辺りは都電荒川線の起点(終点)の三ノ輪橋があり、左へ折れると町屋。この三ノ輪橋~町屋間はかなり昭和している。

南千住をそのまま北へ進むと隅田川と荒川に挟まれた地域があり、北先住。北千住はターミナル駅でとても発達した町だが、江戸四宿の1つ、千住宿があった場所。

今も宿場町の面影を残しているし、北先住を右方面へ行くと旭町、日の出町、柳原とあり、ここらも昭和の香りがプンプン。金八先生のロケ地もここらに仰山ある。そして荒川を越えて堀切菖蒲園、ここもまだまだ昭和だ。

そしてこの江戸時代は郊外でしかなかった東京東北部の下町はホームラン級の風景はさほどない。しかし辺りは全て昭和だからしてちょこちょこちょこちょこと立ち止まってパチリしちゃう。これがタイトルの通り、内野安打なんだ。

これは凄いと誰もがびっくりするような風景ではないけど、内野安打も安打のうち、こつこつ重ねればイチローのように3割5分を超える打率になってくれちゃう。

野球の打率とお散歩写真の好きな風景を見つける率、これって同じ数字に見えちゃうんだ。上のように先入観、日本橋は下町だから・・・、そんな意識で歩いているだけだと2割5分くらいの確率でしか良い風景に巡り会えない。

でも、そうじゃなく、色々と情報を仕入れ、こつこつと歩いていればイチローの全盛期くらいまで確率を上げられる。そこで必要なのが内野安打。千住界隈は確かにホームラン級の風景を見つけるのは難しい。でも小さな感動でしかないが、撮り溜めれば優れた記録写真になってくれる風景が仰山ある。

今日は2月中旬に都電沿線の荒川車庫前~三ノ輪橋を歩いて見つけた内野安打的廃な写真を掲載している。これって廃屋を探そうと思って歩いていた訳じゃない。都電沿線の路地をウロついて偶然出逢った風景達。

トップ写真にしても良いくらいな廃朝顔

トップ写真にしても良いくらいな廃朝顔

Pentax K-5, SMC M 50mmF2

廃工場?

廃工場?

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

商店街すぐ裏で見つけた廃屋

商店街すぐ裏で見つけた廃屋

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

住まいだったのか工場だったのか?

住まいだったのか工場だったのか?

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

界隈ではかなり大きな廃物件

界隈ではかなり大きな廃物件

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. tsunomagari | URL | -

    BigDaddy様、こんばんは。

    月島一丁目、もんじゃの値段が恐ろしく高いと感じるあの場所も再開発されているんですね。
    7年ほど前、長期出張中に築地に滞在していたので、月島、佃島はぶらぶらと何度か訪れたことがあります。
    Google Mapの航空写真、確かにクレーン写っています。ストリートビューを見ても愕然としますね。
    細い路地に植木鉢、雰囲気のある場所でした。もう見られないんですね。

    それよりも2枚目の便器の写真、秀逸ですね!
    上半分と下半分がまるで繋がりません。
    最初に見た時に横構図の写真2枚のコラージュかと思いました。
    この構図で切り撮るとかなり衝撃的です。

  2. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    物価の上昇、小麦粉もキャベツも高いですから仕方ないにせよ、観光用の店が増えた気がしますね。イコール、京都でも金沢でもそうですが、高い割には・・・って店ばかりになりつつあるみたいですね。

    では昔からの古い店はと言うと、今度は常連さんばかりで入りづらく、考えてみると21世紀に入ってから月島ではもんじゃは食べていないかもしれません(笑)。

    月島一丁目、大通りに面していて再開発が一番遅かった、土地買収に時間が掛かったのでしょうかね。でもそのお陰で、3年前だったか、地元のおばちゃんから、「もうすぐここの風景なくなるよ」と教えられ、2度も訪れて写真に収めました。近いうちに月島特集でもしましょうかね。

    便器写真、昔はガソリンスタンドか車の整備工場、そんな造りでしたね。今は空き地を利用して駐車場になっていますが、この便器だけがドーンとあるんですよ(笑)。バケツがある事から多分下水は今も繋がっていて、使えるんだと思いますが、あそこで用を足す度胸は私にはないです(笑)。通りから丸見えですから・・・。

    上を排除して横位置でも撮っているのですが、縦位置のこっちを採用した理由は背景の葉の落ちた桜で季節を表せると思ったからなんです。確かに言われて見るとコラージュに見えますね。なるほど、全く気が付きませんでした(笑)。今度は桜の季節でもまた同じ構図で撮ってみましょうかね。

  3. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    九州では30数年前SLが元気に走り回っていました。そんな写真を撮りだしたのが僕の写真の始まりです。その後鉄道写真が好きでしたが最近はさっぱりです。今は廃線が好きで是非撮りたいと探したことがありますが打率悪いですね。古い駅舎なんていいのでしょうね。アメ車の写真良いですね。あの様になっても充分存在感があります。

  4. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    東京近郊でも昭和40年くらいまでは幾つかの路線でSLが走っていたみたいですね。ちなみに私は走っているSLを初めて見たのは昨年です(笑)。秩父鉄道は今でも休日限定だったか?、SLが走っているんですよね。あの石炭の燃える匂い?、初めて嗅ぎました。

    そう言えば意外と関東って廃線路あるんですよ。以前、調べた事があって、備忘録で10箇所くらいメモしたんですが、そのメモが・・・(笑)。そのメモをどこに置いたか、それをメモする必要がありますねぇ・・・。

    打率は野球選手と同じで何もしないと上がりません。やっぱり下準備をせねば。まぁ元鉱山だった場所に行きまくれば打率は上がるかと。とにかくネットの活用でしょうかね。フィルム時代では考えられないくらい情報がありますもんね。

    アメ車写真、歩いていたら、突然、これがあったんですよ。合計8台かな?。恐らくマニアが部品取りで置いてあるのでしょうが、圧倒されました。

  5. taka | URL | -

    ブロック塀の隅にある小便器。マルセル・デュシャンのレディーメイドか赤瀬川源平のトマソンか。
    超現実的な現実の風景・・・あるんですねぇ。拍手拍手です。
    スクラップ寸前のアメ車、部品をとったらホントのスクラップになるんでしょうが、なんとも表情がいいです。

  6. BigDaddy | URL | -

    > taka さん

    地方では結構小便器の廃って見かけるんですが、だいたいが草まみれでかくれんぼしていたりして、この写真のはまさに「オブジェ」として鎮座していると言うか(笑)。

    マルセル・デュシャンは初めて知りました。wiki等で色々と調べてみるとなるほど「泉」ですか。何でもオブジェ化する、これは写真を撮る者としては確かに撮る際にはそんな思考で物を見ていて、人は何をもって美しいと思うか、アートと感じるか、この辺は写真に通じるのでしょう。

    あっ、この日のお散歩で本物のトマソン物件を見つけたのを掲載し忘れました(笑)。トマソンはやはり面白く見つけたら必ず撮るようにしています。いずれトマソンネタでも書く時に掲載したいと思います。

    廃のアメ車もあれは空き地にあるのでスクラップとして人は見ますが、では庭の真ん中に1台だけでーんとあったら、それはやっぱりアートになるのでしょうね(笑)。

    とにかく「朽ちた、自然に侵食されたアート」、私はそれに魅力を感じます。

  7. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんにちは!
    2枚めの写真の片隅にあるのは便器ですよね。
    なんだか丸見えですが 以前は建屋があったのでは・・。
    商店街の裏は廃宝庫  関西もそんな感じです。

  8. じん | URL | GCA3nAmE

    そうなんですよ・・・・

    こんにちは。

    便器の写真、参りました。
    未だに使ってる感じがもう最高ですね。

  9. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    そうです、便器です(笑)。

    恐らく仰る通り、建屋、小屋のようなのがあったのでしょうね。今では50メートル先からでも判っちゃいます。
    バケツがぶら下がっているって事は、今も使われていて、手動で流すタイプなのかと(笑)。

    東京はシャッター商店街は仰山ありますが、意外と商店街の裏に廃って少ないのですよ。だから商店街のメインストリートからたった10メートル横丁に入っただけでこれがあって心拍が上がりましたねぇ(笑)。

  10. BigDaddy | URL | -

    > じん さん

    おお!、ありがとうございます。
    便器写真、なんか人気ありますねぇ(笑)。

    仰る通り、廃便器ではなく、どうやら現役で、自分でバケツから水を流す、全手動タイプみたいですよ~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)