にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

あらまぁ奇跡だねぇ!

2015年03月06日 00:00

光と影

光と影

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



大した話じゃないので、軽く読んで頂ければ・・・。

昨年末、PentaxにボディとDA17-70mmF4ALをメンテに出し、それでも納得が行かず、DA18-55mmF3.5-5.6AL、DA-L18-55mmF3.5-5.6AL、FA28mmF2.8、FA50mmF1.4も加えて正月明けに徹底的に再びチェックして貰った。

さらにSigmaにも愛用の17-70mmF2.8-4(旧型)の修理を依頼した。Sigmaのレンズはちょうど1年前と同じような不具合で、今回はOS(ブレ補正)と電子基盤の全て交換されて返ってきた。

そんな訳で1月~2月頭に掛けてPentax Kマウント関連の全て(連れのカメラも)ドッグ入りしており、Nikon D90とOlympus E-P3を使っていた訳だ(笑)。

2月も中旬になり、ようやくメインシステムで写真を撮れる状態になり、2度のお散歩写真。するとどうだろう!。あれだけ不満に思っていたAFのピントが完璧と言ったらちょっと言い過ぎかもしれないが、かなり満足するレベルに達していた。

FA28mmF2.8AL、FA50mmF1.4、DA17-70mmF4AL、そしてSigma 17-70mmF2.8-4を使い、500枚くらい撮影したのかな?。そのうち大きく誤測距したのがたったの8枚!。2パーセントに満たない。今まで4%前後も誤測距していたので、確実に測距精度が上がったと言って良いだろう。

特に驚いたのがFA50mmF1.4。こいつは20メートルも離れると絞り開放で撮ると数メートルの前ピンになる率が高く、使い物にならなかったのが、感動するくらい狙った位置にピントの芯が来ていた。そんな離れた風景を開放で撮るなんてあり得ないシチュエーションであるが、どんな状況だろうが、狂うってのが許せなかった訳だ。

これねぇ、不思議だよ~。K-5を購入したのが2011年。その時、FA50mmF1.4もFA28mmF2.8も後ピンで両レンズとも+7と+8くらいの設定じゃないと狙った位置にピントが来なかった。これは私がテキト~にテストした値ではなくPentaxが整備しての値ね。

その後、うちのK-5は何度も入院を繰り返し、K-5一号機に至っては基盤の全交換と言う大手術。K-5二号機はAF関連の修理はしていないものの、シャッターボタンの調整で2度部品を交換している。

そうこうしているうちにある時から何故か今度はFA50mmF1.4が強烈な前ピンになる訳よ(笑)。当然前ピンのレンズを+7とか+8にしているからどーにもならなくなる。それでAF微調節をゼロに戻すのだが、それでも前ピンになっていたから・・・。

何故そうなるのか良く判らないが、いずれにせよ、ボディ側のピント制御が変化した訳だから、他のレンズも合わなくなる。とにかく手持ちのボディ、レンズを全部メーカーに出して時間が掛かっても良いから完璧に治してちょ!、って事になるでしょう?(笑)。

今はFAレンズ、DAレンズの全てAF微調節値は0のまま。これはボディ側の内部プログラムそのもの変更したのと、FA50mmF1.4ではレンズ側でも何か施されたみたいだ。

下の写真、距離はさほど遠くなく、10数メートルと言ったところか?。入院前はこの程度でも前ピンになっていたが、今はジャスピン。

ピントのある部分も示そう(クリックで等倍)。主に球面収差であろう滲みが出ていて、ローパスフィルターの分厚いK-5なのでピンボケのようにも見えるが、しっかりと思った位置にピントの芯がある(ファインシャープネス+2設定)。


2015-03-06-02

Pentax K-5, Sigma FA50mmF1.4


2015-03-06-03


F2.8光束の測距点のあるK-5II系、K-3を使えばさらに精度は上がるのだろう。

そしてSigma 17-70mmF2.8-4だけは自分でテストせねばならなかったが、これも電子基盤を交換したせいなのか、AF微調節せずともジャスピンになった。本来、レンズ毎にAF微調節を強いられるのがおかしく、これが正しいんだよね。

但し、2014年12月6日の記事の通り、Sigma 17-70mmF2.8-4(旧型ね)は広角~標準域での像面湾曲がひどいので色々とテストして結果、50メートル前後の距離ならば-2、100メートルを超えてくると-3が良いようで、都内でのお散歩写真では遠景を撮る事はないので今は-2にセットしている。

これを機に、どうせならと、先日、DA18-55mmF3.5-5.6ALとTamron 18-200mmF3.5-6.3の像面湾曲のテストも行った。

DA18-55mmは像面湾曲があるレンズだからジャスピンでもAF微調節で後ピンにするのが好ましいものの、Sigmaよりも癖があると言うか、撮影距離と焦点距離によってかなり変化する。また右側に片ボケの傾向があるので、右側に合わせようと思うと中央がどうにもならなくなるので、中央と左側、これで色々とテストをし、近距離でも遠距離でも-3が適当のようだ。

Tamron 18-200mmはAF位置が狂っていた。どの焦点距離でも前ピンになるので-2が基準になった。でも目立つ像面湾曲が無いのにはびっくり。しかし、所詮は1000万画素時代の高倍率ズーム、(遠景では)そもそも周辺部はどの焦点距離も全く解像しない。

こうなると面白い現象に出くわす。DA18-55mmとTamron 18-200mmの中央の画質はほぼ同じくらい。でも前者は本来欠点である筈の像面湾曲があるからこそ、わざと後ピンセットにする事で中央部の解像は若干落ちるものの、(絞りF8で)周辺部の描写がある程度改善される。でも後者は像面湾曲が無いからAF微調整では周辺部の画質が回復しないんだ。

勿論、200mmまで使える利点があるので、それだけでTamron 18-200mmを全否定する気はないが、この周辺部の画質の悪さはA3ノビプリントでも判るくらいだから、今後も使わないだろうなぁ。売ろうにも安く叩かれるから馬鹿馬鹿しいし・・・。まぁ今回のように大半のレンズをメーカーに調整に出した時に使う保険レンズ、そんな位置付け。

話を本筋に戻そう。500枚撮影し、大きな誤測距が8枚。これは奇跡なの!。Nikon D90でさえ数パーセントの確率で誤測距するのだから。たまたま今回、誤測距しづらい風景ばかりを狙っていたとも言えなくもないが、現時点では時間を掛けて(年末年始となんだかんだと3週間近く)修理、調整を依頼して正解だった。

時に、、、

AF微調節のテストの際、皆さん、どうされている?。ここからこのコマまでは0、そこから-2が4枚続き、その後は-4で・・・。それをメモしたり、脳味噌に記憶したりされている?。

こういうのはEXIFデータの中のメーカーノートに値が入っているんだ。Pentaxの場合、「AFAdjustment」がそれ(Nikonだと多分「AFFineTuneAdj」、Canonは判んねぇ(笑))。だからExifToolで、、、

exiftool -T -filename -afadjustment *.JPG (or *.PEF or *.DNG)

とするとファイル名とAF微調節値をターミナル画面に表示してくれる。だからメモする煩わしさも、脳に記憶する必要も無い。

exifotoolの使い方が判らない方でWindowsマシンならExifToolGUI for Windowsと言う表形式でEXIFの内容を表示してくれるフリーソフトがあるのでそれでメーカーノートのafadjustmentの値を見れば良い。ただ、これもExifToolそのものをインストールしていないと動かない。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. bwcat | URL | 1wIl0x2Y

    こんにちは、初めまして。ピントの話で興味深く拝見しております。
    k10dを利用していた時にどうもシャキッとした写真が撮れなく眠らせたままです。
    カメラが悪いのか、お散歩で使っていたDA40-limが悪いのか、検査に出すべきか今更費用を掛けてまで調整・・・MFで撮ってもそう思えばそう見えてくるもので・・・
    そのうちにK7購入に迷いつつ、忘れた頃にK5がこなれてきていて検索していたら流れ着きました。
    現在K5を利用されておられるのでしょうか?k5Ⅱは必要なのか?takumarレンズでどうこうもしなくなっていたしいっそのことペンタックス辞めてしまおうか?こちらを拝見していたらますます判らなくなってきました(笑

  2. BigDaddy | URL | -

    > bwcat さん

    コメントありがとうございます。

    K10Dは1000万画素ですから、DA40limなら特にシャープネスをいじらなくても確実にシャキッとする筈です。東京、大阪近郊にお住まいならフォーラムに直接出向き、調節を願い出た方が良いでしょか。ハードウェア的に何かない限り、ピント調節なら無料だと思います(必ず事前にフォーラムに料金確認されて下さい)。私はDA40mmXSを使った事がありますが、K-5でもピントが合っていればカリッとします。

    K-5IIに関しては「K-5 K-5II 違い」で検索で確認して頂きくとして、K-5IIを買われるか、他社に移行するのが適しているかな何とも言えません。NikonもCanonも静物に関してもピント精度はPentaxとさほど変わりないでしょうし、個体差によって、全く合わないカメラもあります。 K-5に近いカメラとして「Nikon D7000 ピント」、「Canon EOS60D ピント」で検索されると判るかと。

    今後ともどうぞ宜しくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)