にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

あのレンズを使いたいから・・・

2015年03月10日 00:00

廃・・・OGAWA

廃・・・OGAWA

Contax AX, Planar 50mmF1.4

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



レンズ交換式のカメラシステム、どのメーカーにするか?。デジタル時代の今はセンサーや画像処理エンジン、AF性能などを見がちだが、フィルム時代は・・・。

「あのレンズを使いたいから・・・」

そんな理由でメーカー、カメラを決定している人も多かった。メジャーなのがZeissレンズを使いたいからYashicaマウントのKyoceraのContaxがカメラになる・・・。

私もその口。Ziessの85mmF1.4を使ってみたいからContax RXを買った。そして85mmだけじゃどうにもならないから一緒に35mmF2.8も手に入れた。その後なんだかんだとお散歩写真には50mmが便利だろうと50mmF1.4を買い付け、どんどんとレンズが増えていく。

Canon FDも同じ。元々私の最初の一眼レフシステムはCanon EOSだった。EOSカメラ、EFレンズだけで写真を撮っていても不便も何もありゃしない。

でもEF85mmF1.2L、85mmでF1.2の超大口径レンズ。これを使いたかったけど高くて買えなかったんだな(笑)。記憶が曖昧だが、その頃、28-135mmF3.5-5.6ISと70-200mmF4ISと言うブレ補正付きズームレンズを立て続けに買い、これ以上EOSでレンズを増やすのがアホらしくなっていた時期だったと思う。

※その後なんだかんだと135mmF2、300mmF4ISを買っているんだけど(笑)

そんな矢先、周囲で手巻きカメラブームが起こった。Nikon F4やF5じゃなくNikon F3を使う、Minoltaユーザーは既にα一桁シリーズが現行だったのを、わざわざ初期のα9000を買う・・・。右手の親指に仕事をさせろ!、である(笑)。

※そう言えば当時の写真仲間にPentaxユーザーはたった一人、女の子でMZ-3を使っていた

私も多くにならってNikon F3に行く筈が・・・。待てよ、EF85mm1.2Lは高いけど、初期タイプのFD85mmF1.2Lなら買えるぞ!、そこで選んだのがCanon NewF-1AEなんだ。カメラありきじゃない。FD85mmF1.2Lが使いたいからNewF-1なんだ。

※デザインを見るとNikon F3よりもCanon NewF-1AEの方がカッコイイと思ったのは確かだ

ただ、日中にF1.2の開放なんて1/2000secが最高のNewF-1じゃ使える筈も無い。そこで1/4000secが使える(手巻きじゃないけど)T90を買い足す事になる。T90なんてかっこ悪い訳、こんなカメラ使いたくもないのだが、85mmF1.2を使う為にしょ~がない。

Contaxでは85mmF1.4の絞り開放でしっかりとピントを捉えたいからフィルム面が動くタイプのAFカメラ、今のデジタルカメラよりも大柄で分厚くてカッチョ悪いContax AXをメインカメラにしちゃった。

そう言えばCanon EOSには特殊なティルトシフトレンズが広角、標準、中望遠と揃っており、それを使いたい、それでCanon EOSに移行する人もいたみたいだ。

このように先にレンズがあり、そのレンズに合わせてカメラを買う、これが結構周囲では当たり前の行為だったと思う。

知る限り、フィルム時代のPentaxで優れたレンズ性能を持っていたのはFA24mmF2、FA85mmF1.4、FA200mmF2.8の3本だ(MFのA85mmF1.4も名レンズならしい)。だから今も尚、この3本をお持ちの方は、そのレンズを長所、短所全てを見極めたいから、Pentaxの135デジタル一眼レフを望んでおられるのだろう。

私は残念ながら大したレンズを持っていないからPentaxの135カメラがどうなろうと今のところ興味は無い。それどころか他社で最近とても惹かれるレンズを見つけてしまった。それは2月28日の記事の通り、DC Nikkor 105mmF2。レンズの位置をずらして球面収差をコントロールしちゃおう!、そんな凄いレンズ。

確かにそのレンズを使いたいとなるとD90や最新のD7200と言ったAPS-Cカメラじゃ駄目なんだ。周辺部までのボケを理解しなくちゃこのレンズを使う意味は無い。だいたいAPS-Cだと105mmが160mmの画角になり、その瞬間、街中では用途の無いレンズに成り下がる。そうなるとどうしてもNikon 135カメラを買う必要が出てくる。

だから将来、Nikonに移行する!、なんてなる日が来たら、きっと(現行なら)Nikon D610にDC Nikkor 105mmF2、それに50mmF1.4、これが最初のセットになるだろう。広角レンズはあった方が良いから標準的な28mmF2.8が妥当か?。そしてNikonで使いたいズームレンズはないので、Nikon 135ならこの3本単焦点レンズだけ揃えておしまい。

※廃墟の屋内を撮るには28mmだとパースが付き過ぎて嫌だし、50mmだと画角が狭く、35mmF2も買うのだろうな

Pentaxでそういう「使いたいレンズ」がありゃ、Pentaxの135カメラにも興味を持つのだが、多分、今後もDC Nikkorのような特別なレンズをPentaxが出してくれる筈も無く・・・。仮に同じような仕組みのレンズが発売されても中古も存在しない新品。かなり高価になるだろう。

あとカメラをNikonにするとCosinaのZeiss、Voigtlanderシリーズが使えるのも嬉しい。腐ってもZeissだし、Voigtlanderは安価なりにも味のある描写をしてくれるらしい。Pentaxが135に参入した後、Cosinaが再びKマウント用のレンズを再販してくれるか否か、そこも鍵。

135フォーマットの利点は空気感とか立体感とか良く判らない「個人的感覚」ではなく、フィルム時代のままの焦点距離で写真を撮れる事と、選り取り見取りのレンズを使える点にある。

Sonyも自社製レンズとZeissブランドがあり、(135ではないけど)マイクロフォーサーズは賛同する企業は今後も増えていくだろうから沢山のレンズが使える。今から135に参入するPentaxにはその選り取り見取りが(今のところ)ないんだ、そこがネックだな。

先日も述べたが、Sigmaも単焦点レンズに力を入れており、もしズームも単焦点もSigmaにするのならPentaxカメラじゃなくても良い訳でしょう?。一般に後出しジャンケンの方が有利ではあるが、Pentaxの135は茨の道だ。

先日のネタで、「Pentaxは645と135でガッポリ儲けて貰ってAPS-Cは消費者に還元、コスパ重視になってくれれば幸せ」、そうコメントして下さった方がいらっしゃった。言い得て妙で、私もそれに大賛成だったりする。

本日の写真は、冒頭に書いた通り、Zeissを使いたいから、それだけで集めたシステムだ。他のメーカーのレンズと何が違う?、と言われても「うーん、コントラストが高いのかな?」と受け売りくらいしか言えないのであるが、何しろZeissである!。そしてドイツ製だ!、それだけでいいの(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. SD16 | URL | -

    多重露光という手は...

    いつも興味深く記事を拝見しております。最近の記事で球面収差を活かしたDC-Nikkorが気になる旨をちょくちょく書いていらっしゃいますが、BigDaddyさんは多重露光はされないのですか?ふわっとした描写ならば、まずマイナス1段露出補正をかけてきっちりピント合わせをして撮って、然る後にピントをズラしてボカした像を同様にマイナス1段露出補正して多重露光すればいいような気がするのですがどうでしょうか。わたし自身はフィルムカメラを使っていた頃にそういう撮影をほんの2、3コマしてみたことがあるだけで、今使っているSIGMA SD15には多重露光機能自体備わっていないので、DC-Nikkorのことが話題に挙がった最近のBigDaddyさんの記事を読むまで、そんな撮影方法があったことすら忘れていました。
    ふと疑問に思ったのでコメントを初めてお寄せしてみました。失礼しました。

    心底どうでもいい追伸 : 変わり種で使いたいレンズと言えば、わたしはSIGMAにミラーレンズを作ってもらいたいと密かに思っています。リングボケは楽しそうだし、絞りをどうするかで頭を悩まさなくて済むし、色収差がないのですし、何より憧れの超望遠レンズでありながら安いでしょうから。SAMYANGのミラーレンズを使えるカメラのユーザーが羨ましいです。

  2. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    Zeiss沼も底なしですね~^^
    4本ほど揃えたいですが安い年金受給者なのでVoigtlanderで我慢です^^;

  3. BigDaddy | URL | -

    > SD16 さん

    コメントありがとうございます。

    多重露光はフィルム時代も含めほとんどしないですねぇ。仰る通り、同じ構図でピントの合ったコマ、ピントを外したコマを多重露光すればソフトフォーカスになりますが、もはやこれはPhotoshopで1枚のピントの合った写真からレイヤーを作りボカして合成、これで成立してしまうのでやっておりません。

    そう言えば今の多重露光機能のあるカメラは合成枚数毎の露出係数計算とかいらないみたいですね。カメラが自動でやってくれます。

    http://bigdaddyphoto.blog41.fc2.com/blog-entry-1348.html

    上のリンクの4枚目の写真でまさにそのPhotoshop合成を行っています。

    でも一昨年だったか、山梨県を旅している時、宿の屋上から綺麗な町の夜景が見え、そこで三脚を立てて、夜景を撮影し、次のコマで点光源を主体に絞り開放でボカして大きい丸ボケを作り、それを多重露光ではなく、Photoshopであとから2枚合成したりしていました。

    ミラーレンズ、Pentaxの場合、手振れ補正がボディ側にありますし、ISO感度を上げれば500mmのミラーレンズを750mmの画角で頑張って手持ち撮影!、なんて事も出来ますよね。750mmってどんな世界なのでしょうね(笑)。リングボケも含め、猫撮りで使ってみても面白かもと思いました。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

  4. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    使いたいですよね

    私もシグマの望遠マクロが使いたかったのです。kマウントは中々作ってくれそうにないし。
    内緒ですが(笑)SD15に続きSD1メリルを新品(シグマ応援では中古では申し訳ないので)で購入ほぼ半額でした。
    極めて使いにくいカメラです。SD15より数倍使いにくいですね。データ大きすぎです。しょうがないのでサイズ落として使ってますが。 ツアイスに惚れたくても小遣い少ない身には無理です。(笑)

    横入りで申し訳ない。SD16さんに タムロンのミラーをお勧めします。500mm 私もSD15で使っていますが良いですよ。

  5. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    ふと思ったのですが、ハッセルじいちゃんはα7なので、マウントアダプターにフィルム時代のyashicaマウントのZeissレンズなんてどうでしょう?。ディスタゴン35mm、テッサー40mm、ゾナー135mmとかが2~3万円で買えるみたいです。それだとCosinaのZeissよりも安く上がりそうです。

  6. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    私もSigmaレンズ万歳人間です。とは言え望遠系は70-300mmで十分と思っているので、望遠マクロとかには食指が動く事はないのですが、APS-Cの広角単焦点が欲しいですねぇ。18mmF2.8、普通のスペックでいいんです(笑)。でも多分SigmaもPentaxも出してくれないでしょうね。

    そこで出てくるのはm4/3なんですよ~。Panaに14mmF2.5ってあるじゃないですか。しかもこの値段だったら買えます!。GX7と14mmF2.5、25mmF1.4、望遠は手持ちのKマウントの55mmF1.8をマウントアダプターで110mmとして、この3本あればお散歩写真が楽しい筈なんです(笑)。

    Zeissを使うのなら、ハッセルじいちゃんさんのへのお返事にも書いたのですが、α7にマウントアダプターでヤシコンZeissレンズを買うってのが一番安上がりかと思います。

    時に!、SD1メリル行っちゃいましたか!。うーん、素晴らしい!。このカメラはフィルム時代の中判カメラだと思って使うと良いのではないでしょうか?。少なくともブローニーフィルムを装填する煩わしさはないですし120ロールで12枚しか撮れないのですから、そう思えばSD1メリルもきっと楽勝です(笑)。

  7. Mfotos | URL | mQop/nM.

    私も以前話してましたように、今回の日本訪問でコシナツアイスの50mmマクロプラナーポチってしまいました。
    やっぱりツアイスのレンズはピントリングがマクロ撮影にこれほど最適なレンズはないのではと思うくらいトルク感程よく、幅があって微調整効きますし、そんなことは置いといても理屈抜きの所有する満足感があります。私もそういう理由から昔CONTAX持ってました(笑)

    DCレンズは私も欲しいレンズの一つです。
    後処理とかで同じことができたとしても、撮りたいときに面倒なく自由自在なボケ写真撮れるのが魅力ですよね。

    チルトとかできるPCレンズも魅力あるのですが、価格が価格だけになかなか手が出ません。

  8. SD16 | URL | -

    お返事ありがとうございます

    BigDaddyさん、お返事ありがとうございます。ソフトでボケた画像を作るのはわたしには難しいかもしれませんが、レイヤー作成して合成するくらいならできるかもしれません。多重露光するつもりで2枚撮影して、それぞれをSIGMA Photo ProでTIFFに現像してからPhotoshopに渡して試してみようかなと思いました。あまり使う機会がないのですが、一応父に貰ったのをPCにインストールしてあるのです。目玉のアイコンだった頃のPhotoshopを...。
    猫を換算750mm手持ち撮影できるなんて。PENTAXの手振れ補正機能と高感度の画質の優秀さは常々話に聞いていますが、さらっとそんなこと聞かされますと、やはりISO100固定で運用せざるを得ないSD15とは次元が違うのを感じます。

    のっぽ親父さんもコメントをありがとうございました。SD1 Merrillでの撮影、楽しんでくださいね。

  9. むーみんぱぱ | URL | hlU7JFps

    PENTAXで使いたいレンズ

    PENTAXですぐれたレンズはFA24mm F1.4ではなくてFA24mm F2ですね。他社のF1.4に比べて手ごろでフィルムでは良かったのですが、デジタルではあまり相性がよくなさそうです。その分中古価格も高騰してませんが。FA 85mmはデジタルでも使えそうで、PENTAXのフルサイズを心待ちにしています。あとPENTAXで優れたレンズとしては、A135mm F1.8が有名ですがあまりにもプレミアがつきすぎて手がでません。

  10. BigDaddy | URL | -

    > Mfotos さん

    コシナのって確か京セラのとほぼ設計は同じなんですよね。だからきっと味があるに違いないんです。

    そして仰る通り、所有する満足感、それに尽きます。偉そうな事を書いていてもZeissと他のレンズのブラインドテストしろと言われても判らないので拒否しますもん(笑)。フィルム時代はEOSをフラッグシップを含め数台持っていたのにメインで使うのはCanonのFDだったりContaxだったり。AFなんぞ糞食らえ、男は黙ってMFだぜ!、そんな粋がりもあったんですよね(笑)。

    今のデジタル技術でDCレンズと同じ事って多分出来ないと思います。可能だとしてもかなり面倒になるんじゃないでしょうか?。普通に綺麗にボカすだけでもマスク処理をしてレイヤーを作ってとかったるいですからねぇ。

    だったら10万円でもDCニッコール欲しいぜ!、となっちゃいます(笑)。チルト、シフトは逆にデジタルで簡単に出来るのであんまりそれ用のレンズって欲しくないんですよねぇ。

  11. BigDaddy | URL | -

    > SD16 さん

    ソフトでボケ画像、これは簡単です。慣れれば30秒以内で完成します(笑)。「photohsop ガウス ソフトフォーカス」で検索されて下さい。Elementsでもフリーソフトのgimpでも出来るので目玉アイコンphotoshopでも可能です。

    あっけなく簡単に出来ちゃうから多重露光はもはや過去のテクニックだと感じてしまうんです。今日、このコメントを見た後、すぐにご自分のお写真ですぐに試せると思いますよ~。

    SD15がISO100を強いられるのなら一脚のご使用は如何でしょうか?。大砲レンズさえ使わなければ数千円の携帯にも便利な一脚で十分だと思います。一脚に固定ししっかりと構えれば135換算50mmの画角でも1/8secくらいは耐えられると思いますので。

  12. BigDaddy | URL | -

    > むーみんぱぱ さん

    あっ、失礼しました!。無意識って怖いですねぇ。そうです、24mmF1.4なんて存在しませんもんね。仰る通り24mmF2です。先ほど本文も変更いたしました。ご指摘ありがとうございます。

    Pentaxにかつて135mmF1.8なんて大口径レンズがあったのですか。それは存じませんでした。うちはRikenonの135mmF2.8で十分です(笑)。rikenonの55mmF1.2とかも写りは悪いそうですが、使ってみたいレンズの1つかもしれません。私は開放近辺の球面収差とは気にしない人なので(笑)。

    どうも情報をありがとうございました。

  13. むーみんぱぱ | URL | hlU7JFps

    リコーのポータルサイトのPENTAX+にAレンズ以降の一覧があります

    リコーのポータルサイトにPENTAX+というのがあり、Aレンズ以降の全レンズの情報
    (アクセサリー対応表)がでていますので参考にされてはいかがでしょうか。
    http://pentaxplus.jp/focus/lens/lens_acc/index1.html

  14. BigDaddy | URL | -

    > むーみんぱぱ さん

    なるほど、そんなデータが存在していたんですね。今後参考にしたいと思います。
    わざわざ情報をどうもありがとうございました。

  15. hiro | URL | h7oH0Y02

    初めまして。
    ツァイスで撮った写真って、絶対的に何かが違うと思わせる強烈な個性があると思います。
    最早フィルム一眼を持ち歩くのも億劫で、手元にあるのはコンタックスTvs2一台ですが、それでもキヤノンFD時代には体験出来なかった何かが確実に存在します。

    今、フジのミラーレスも持っていますが、世間の評判とは裏腹に、鮮やかながら軽々しい色が嫌いで、ツァイスの時の様な満足度は有りませんでした。

  16. BigDaddy | URL | -

    > hiro さん

    コメントありがとうございます。

    多分、EOSのEFレンズと比較するとレンズの解像度はZeissの方が悪いのでしょうが、マニア曰く、コントラストが強いので写真に力があるなんて言いますね。FDレンズは地味なイメージがありました。厳密に比較した事が無いので実のところ私には良く判らないのですが(笑)。

    フジのミラーレスはやはり好き好きが出ちゃうのでしょうね。色々とやってみましたが、劇的に変化したってイメージがどうもなんですよね。アスティアとプロビアは単なるコントラストの差でしかないような気がしますし、将来フジのカメラを買ってもやっぱり自分でRAWから色を作り上げると思います。

    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)