にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Raw現像の薦め 8、Lightroomだけでオールドフォト風

2015年05月11日 00:00

小湊鉄道

小湊鉄道

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前々回の記事前回の記事で紹介した写真の全てはLightroomのデフォルト現像からDxO Filmpackのアルカディアと言うプリセットを元に、オールドフォト風を作っている。

今回はLightroomだけでオールドフォトっぽい像を作れるか、それをやってみたい。あくまでも私が考えるオールドフィルム像であり、より皆さんに判り易くする為に多少オーバーな表現をしているのをご了承頂きたい。

オールドフォトの基本は「彩度が低い、色転びしている、色褪せしている」。彩度が低いと色褪せは似ているようで似ていない。色褪せとはプリントされた写真が日焼けしたような状態と考えて頂きたい。

とにかくやってみよう。先ずはLightroomのAdobe Standardのまま明瞭度だけ+20にした像が下。

※以下Lightroom画面はクリックすると長辺1000ピクセルに拡大する


2015-05-11-02


次に色転び。これは4月11日の記事でFujifilmのクラシッククロームに似せる手段の1つ、色かぶり補正を利用する。これをグリーン側に-20くらい振ってやる。ついでに彩度も下げちゃおう。


2015-05-11-03


次にAdobe Standardはダイナミックレンジが広いのでフィルムっぽくハイライトやシャドーを調整して、ダイナミックレンジを少し狭くし、コントラストも上げてやる。


2015-05-11-04


これでおおよそオールドフォルムっぽくなっているが、私はこれだけでは満足出来ない。まず空と緑の輝度を下げたい。彩度を下げるのでなく、輝度を下げるんだ。


2015-05-11-05


良く見ると雲の白さが出ていない。今回は段階フィルターを空部分に掛けて、コントラスト、ハイライト、明瞭度を上げてやる。かなり「らしく」なった気がする。

これはオールドフォトレタッチだけじゃなく、青い空と白い雲のコントラストを強調したい時にも使えるので、私は頻繁に使っていたりする。


2015-05-11-06


そしてトーンカーブを駆使する。まずパラメトリック状態になっていたら下の図のように非パラメトリックのトーンカーブに変更する。


2015-05-11-07

2015-05-11-11


チャンネルはRGBのまま中央を少し下げて、左下の基点部分を少し上げる。この起点を上げる事で色褪せが出るんだ。これを一部の海外のカメラマンは「ミルキーブラック」と呼んでいるみたい。要するに黒の締まりを悪くする手法。

続いてRチャンネル、Bチャンネルをいじってやる。これは写っている風景や各個人のオールドフォトのイメージにも寄るので一概には言えないが、とにかくRチャンネル、Bチャンネルをほんのちょっと動かすだけで、よりオールドフォト風になってくれる。

今回はレッドチャンネルの中央を下げ、ブルーチャンネルの左下の基点部分を上方に移動した。


2015-05-11-09

2015-05-11-10


最後に微調整、今回はハイライトとミドルの輝度(露出)が下がりすぎたので、トーンカーブをパラメトリックタイプに戻して、ハイライト+40、ライト+40にセットした。

また列車と、左端のこいのぼりが暗く目立たなかったのでブラシを利用してその2つの部分だけ露出を持ち上げてた。それが本日のトップ写真。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. Mfotos | URL | mQop/nM.

    なるほど、こういう風に行うのですね。φ(..)メモメモ
    懐かしい気持ちになれます(*^-^*)

  2. BigDaddy | URL | -

    > Mfotos さん

    この手のオールドフォト風ってのも実は日本人は大して興味がないみたいです(笑)。だったらモノクロにするぜ!、そんな思考なのかもしれません。この手の発色に外人がどう食い付くか、またはそっぽを向くのか、気になるところですので、是非、色々と試されてFacebookなどに投稿されてください。

    時に、オールドフォトレタッチはDxO FilmpackやAlien skinのExposureを使うのが一番楽です(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)