にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

小湊鉄道の旅、ローカル線の駅舎はやっぱりいいなぁ~ 後編

2015年05月13日 00:00

上総久保駅

上総久保駅

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



5月9日の記事からの続き・・・。今回も合えて列車を構図しない写真ばかりを掲載してみた。

尚、本日の写真は全てLightroomのAdobe Standardで現像し、DxO Filmpack 5のGeneric Fijifilm Velvia 100でフィルムシミュレートしている。

今回の旅のテーマは「鉄っちゃんになる!」である。一部の時間を「廃」関連に割いたが、行程の8割は時刻表を確認し、列車と連動して動いていた。

改めて鉄っちゃんって凄いと思う。何せ時間を贅沢に使っている。小湊鉄道は上総牛久より南は上下線含めて1時間に2本、時間帯によっては1本しか来ない。

それに合わせて行動するから、列車を撮影するたった数十秒の為に時間を切り詰めたとしても10分はそこに待機してなきゃならない。

馬立駅の使われていない引き込み

馬立駅の使われていない引き込み


鉄っちゃん初心者だからして、また入念にロケハンをしている訳でもなく、駅以外のポイントでは車をどこに止めるか、止められなかったらどうするか、またどこからどの構図で撮影するかを検討する為に列車が通過する15~30分くらい前にそこに立つ。そして上下線を撮るのなら結果的にそこに1時間以上の待機を強いられんだ。

まだ車で移動していたから1日で4つ、5つの駅とその周辺を巡れたが、これが乗り鉄となったら大変みたい。ある駅で乗り鉄の行動を観察していたら・・・。

お目当ての駅まで当然列車でやってくる。そして乗ってきた列車を見送って次にやってくるのをそこで待ち、それを撮影する。だから当然その列車には乗らず、2本目の列車でようやく移動となる。だから確実に1時間半をたった数十秒列車を撮影する為だけに費やしているんだ。

こういう人達は始発から日没までそんな行動をしているのだろう。鉄道、ローカル線と山里の風景を撮るのは好きだけど、いやいや、私は決して真性鉄っちゃんにはなれないと彼らの行動を見て悟ったのだった。


また昼飯も考えなくちゃならないでしょう?。5月9日の記事では弁当を買えず、午後3時近くまで昼飯にあり付けなかった。

だからこの日は小湊鉄道南部で一番栄えている街、牛久でガストを見つけランチを頂く。でもこのランチがびっくりする程不味かったなぁ。ガストはちょくちょく利用するお店でおおよそ外れ商品はないのだが、これはアウト!、二度と食わん!。

ミスジステーキってのを頂いたのだが、ミスジと言う部位そのものが口に合わないのか、ガストが仕入れている肉の品質が悪いのか、生涯食ったステーキの中で自信を持って一番不味い!、と言える代物だった。スーパーの安売り200グラム500円くらいの肩ロースを買って自宅で調理した方が遥かに美味い!。

上総久保駅

上総久保駅


さて、この日は上総川間、馬立、上総久保、高滝の4駅を制覇。本当は上総山田駅にも寄る予定だったが、例によって予定は予定でしかなく、この4駅とその周辺はどれも味のある風景であり、それぞれ長居し過ぎた(笑)。

鉄っちゃんになり切るとは言え、ローカル線を撮影するなんて年に1度あるかないか。そうなるとあれもこれも撮りたくなる。特にローカル線の駅にありがちな、使われていない廃ホームや裏手に回ると仰山ある鉄道関連の廃品と言った類い、また駅舎を離れた山里の風景。結果、1つの駅で1時間以内の予定が1時間15分になり、1時間半になり・・・。

しかもこの旅では馬立以南の駅を全て制覇し、加えて下り終点の上総中野駅で運が良ければいすみ鉄道もパチリ!、そんなスケジュールを組んでいたのだが、結局、タイムアウト!、養老渓谷、上総中野には行けず・・・。この2つの駅は以前に撮影しているからと訪問中止を決定したのだった。

夜の高滝駅

夜の高滝駅


時にこの高滝駅、幾つかのブログを見ているとニャンコの駅のようで何匹かの猫が可愛く写っている写真を見つけられる事が出来た。

ただ私が訪れた夕方、半径50メートルくらい探したのに関わらず一匹も出会えず・・・。猫の餌などは置いてあったのでそこに数匹の猫がたむろしているのは確かなようだが、ついていないぜ。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    思わず噴きました。ミスジのくだり面白すぎ。。ガソリンだと割り切り口に入れることができたと思って下さい。
    確かに美味くないでしょうね。肉類はあの手の店はやめたほうがよろしいかと。 料理話に飛びつきました。(笑)

  2. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    ミスジは初めてでネットで調べると希少部位で美味いと書かれているんですがね。多分焼肉屋さんで出てくるような代物じゃないと思いました。とにかく固いし、肉としてのコクはあるんですが、牛肉の悪いコクってお判りでしょうかね(笑)、鼻にモワッと残るのあの感じ・・・。

    ガストって地方にも仰山あるんで、結構旅先でランチのお世話になっていたんですが、今回はとにかく不味い一言でした(笑)。

  3. taka | URL | -

    まるで毎朝のNHKBSの「ニッポンの里山」に出てくる風景そのものですね。最初の写真、田んぼと駅舎(というより乗降場)、ほんとにのどかですねぇ。2枚目の写真の線路の向こうの平屋の屋根にたつTVアンテナ、パラボラつけた家はあるんでしょうか。最後の駅舎、空の明るさ(暗さ)が絶妙の時間帯で、寂しいような、でもまだ照明がともっているから、現役感がかろうじて感じられます。猫がいたら完璧だったのに、残念でしたね。
    私がよく通る国道沿いのガスト、いつも組員っぽい車が止まってるのでもうずいぶん入っていません。

  4. BigDaddy | URL | -

    > taka さん

    ありがとうございます。今回は足早に駅から駅への旅でしたが、まさにそんなイメージで旅をしたいですねぇ。

    最後の写真、普段の旅ですと宿で夕飯を頂くのでどうしてもこういう風景が撮れず、今回は最終日に粘って午後7時までウロウロしていました。猫を探したり(笑)。

    ニッポンの里山、いいですよね。10分足らずの長さも丁度良いかもしれません。それの前の番組だったでしょうか、にっぽん木造駅舎の旅ってのもあり、それも良く見ていましたね(今はネットで配信されています)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)