にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Sony α7を使えてなんだかんだと楽しかった

2015年08月17日 00:00

Tokyo Snap

Tokyo Snap

sony α7, FE28-70mmF3.5-5.6
※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



本ネタに掲載している写真は全てSony αアンバサダープログラムのモニター企画にてSonyからお借りした機材で撮影しています。
写欲って外部からの3つの刺激で増したり駆られたりする。「好みの風景を見た時」、「他所様の写真が優れていた時」、そして・・・。

「機材が変わった時」

である。今日はそんなお話を・・・。




とその前に・・・。

先日、一昨年くらいから?、話題になっているクールベッドパッドなるものを我が家で導入した。もう普通のベッドパッドだと暑くて暑くて・・・。

某有名布団メーカーのものを購入。あのね、良くテレビショッピングなどで「触った瞬間のヒンヤリ感が丸で違う!」なんて発言を聞くけど、それは嘘八百!。ヒンヤリなんてしないよ!(笑)。いや、確かに一瞬ヒンヤリするけどそれが持続するのは1秒くらい。極々普通の化繊繊維の感触でしかない。

エアコン、もしくは扇風機が不要になる筈もなく、快適とは断言出来ないにせよ、それでも背中が暑くて目が覚める事はなくなった。 ヒンヤリはしないものの、熱を素早く逃がしてくれるからなのか繊維そのものの温度があまり上がらないのは確かなようで、それなりに効果はある。価格相応とでも言おうか。合わせて枕カバーも購入したが、これは不要だったな(笑)。

では本題へ。

Olympus E-P3はひょんな事から知り合いのカメラマンから譲り受けた。発売して2年くらい経過していたのかな?。だから耳年増で触らずともE-P3のおおよその性能は理解していた。だから全く期待していなかったんだ。

EVFが撮影に便利であるが、その他の使い勝手はコンデジレベルだろうし、画質に関しても当時のPanasonicセンサーのへたれ具合を知っていたから・・・。

でもそんな箸にも棒にもかからないカメラでも普段とは異なる感覚を持てるし、非ユーザーでは知りえない、新たな発見もあったりする。結果、楽しいんだ。今でもそう。E-P3で出掛けると面白い。

E-P3が良いカメラだ・・・、とは決して言わない。本ブログで何度も述べている通り、Olympusのボッタクリ、バカメラでしかない。

E-P3の中古市場、おおよそ1.8万円前後みたいだ。

友に「かつてのフラッグシップのE-P3が中古で2万円弱で買えるんだが、遊びで買っちゃうかな」と相談されたら、、、

「このカメラを今買うのなら上限は1.5万円!。その程度の価値しかない。それより高かったら手を出しちゃ駄目。そして1.5万出すのならE-PL5を買った方が遥かに幸せ!」

と即答する。
でもE-P3を使うと、Pentax K-5を使っている時とは異なる感覚で写真を撮る自分がいてそれが新鮮なんだ。単純な話、3:2ではなく4:3の縦横比、この違いだけでもその日の感情に変化があったりするんだ。

そしてマイクロフォーサーズセンサー(以下m4/3)だから絞りを開けても背景は大してボケない。しかし被写体までの距離や、被写体と背景の距離によって、つまり構図の取り方次第で綺麗に背景がボケてくれる時がある。そして「おおっ!、m4/3だけど上手くボケているじゃないか!」と小さな感動を覚える。

例えば135センサーなら1:3の比率、被写体までの距離が1メートルなら背景が3メートルの位置でボケを楽しめたとする。これがAPS-Cになると1:4の比率になり、m4/3ならば1:5の比率と考えれば、ボケを楽しむ為にそういう風景、構図を見つける努力を怠らない。

m4/3だからボケなんて気にしない。むしろ浅い絞りで奥までピントが合うのが特徴でそれが自分に向いている、そう信じて疑わないのに、時々、おっ!、この風景はm4/3でも背景がキッチリとボケてくれるんじゃないのか?、とレンズを絞り開放にしてカメラを構えてしまう。

だから借り物で1ヶ月と言う短い期間とは言えα7にレンズ2本、これが手元に来たのだから楽しくない筈がない。しかも生まれて初めての135センサー搭載のデジタルカメラであり、フィルム時代と同じ感覚で写真を写せる、これも魅力的だった。

そしてα7はかつて愛用していたPentax LXとほぼ同じ体積なんだ。シャッターを巻き上げる動作は出来ないものの、カメラを構えている感覚は(ファインダーの違いはあるのだけど)まさにフィルム時代と一緒。しかもお借りしたレンズの1本がZeissブランドのSonaar 55mmF1.8。標準レンズ大好き人間にはこれほどのご褒美はない。

APS-Cセンサーの場合、標準レンズと言えば35mm前後の焦点距離となる。FA35mmF2を持っていたがPentax K-5を購入と同時に売却してしまい、今はFA28mmF2.8(135換算約43mm)で担っているが、若干広角寄りなのと開放F値がF2.8なのでフィルム時代の50mmF1.4と比較すると感覚的に違うなと判ってしまう。

今回は135センサーで55mmF1.8を使うのだから、昔の感覚そのままでレンズ描写の全てを楽しめてしまう。Sonnarレンズの癖に8万円もするボッタクリレンズではあるが、使っていると至福の時を重ねられる。

何しろフィルム時代であっても町のお散歩写真では滅多に絞り開放なんて使わなかったのに今回F1.8~F2の使用率はこのレンズの撮影数の23%に及ぶ。約4枚に1枚でF2までの浅い絞りを使っていたんだ。

せっかくなのでLightroomのフィルター機能を用いて今回の撮影データをまとめてみた。

撮影回数 18回
撮影枚数 4735枚(うちRAW保存が4279枚)
マルチショットNR撮影枚数 456枚(JPG撮影枚数からRAW撮影枚数を引いた数)
FE28-70mmF3.5-5.6使用枚数 2262枚(以下全てJPG)
28-70mm 28mm撮影枚数 358枚
28-70mm 29~35mm撮影枚数 211枚
28-70mm 36~55mm撮影枚数 846枚
28-70mm 56~70mm撮影枚数 847枚
Sonnar 55mmF1.8使用枚数 2473枚
55mmF1.8 撮影F値 F1.8~F2 589枚(23.8%)
55mmF1.8 撮影F値 F2.2~F2.8 516枚(20.8%)
55mmF1.8 撮影F値 F3.2~F5 710枚(28.7%)
55mmF1.8 撮影F値 F5.6~F8 643枚(26%)
55mmF1.8 撮影F値 F9.5~ 15枚(0.6%)
ISO100~2000撮影枚数 3406枚(DxO Markが認めるISO感度)
ISO2500~8000撮影枚数 609枚(私が等倍で納得しているISO感度)
ISO10000~16000撮影枚数 557枚(A3ノビ~風景によってA2ノビで行けるだろうISO感度)
ISO20000~51200撮影枚数 163枚(A4プリントで写真として使える感度)

※超高感度域はマルチショットNRも含む

約1ヶ月の使用で撮影回数が18回って凄いでしょう?。これは今までマイルールとして設けていた「仕事中はカメラを持たない」、つまり平日はカメラを使わない、写真脳をオフにする、そんなルールを破って30分早起きして出勤前の風景を撮ったり、仕事を終えてからも何度か撮影していたから。

それと東京は運良く6月中の休日にあまり雨が降らなかった。だからなんだかんだと撮影回数が18回になっているんだ。

※しかしそのせいで(Sonyさんのせいではないが)、7月からずっと、ここ数年で一番酷い状態の腰痛に悩まされていたりする

その回数の割には撮影枚数が少ない。これはバッテリーが切れちゃうからしょ~がない。休日にお出掛けしてもα7は何も考えずにバシバシと撮っていると時間にして3時間でバッテリーがなくなるし、平日、仕事終わりの18時から撮影を始め、日没を迎えこれから本腰を入れて撮影するぞ!、と思ったらもうバッテリー残量が50%、そして俄然調子が出てきた頃にシャッターが切れなくなる。なんでバッテリーをもう1個貸してくれなかったんだ!、と何度Sonyを恨んだ事か!。

もし予備バッテリーがあったら8000ショットくらい撮ったんじゃなかろうか?。今までのレビュー四方山話をご覧になれば、α7と言うシステムをとっても気に入っている訳じゃない。不愉快でしかないSony独特の不思議な仕様や55mmF1.8の値段を考えると是が非でも欲しいとは感じない。

それでも基本機能、写真を撮る機能はしっかりとあるから撮れば撮る程、デジタルで初めての135センサーである事も含め、モチベーションが上がる。久々に「写真を撮る行為」を楽しんだと言えよう。Sonyさん、ありがとう!。

本日の写真、誰が撮ってもどうにでもなる風景だ。だからもしこれを手持ちのカメラ、レンズで撮影しても何の感動も沸かない。しかしα7を使っているから、こんな陳腐な風景でもワクワクしながらカメラを構えているのだった。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    写欲・・・ 正しくですね。特に機材が変わった時は 燃えますが、がっかりすることも多くて。
    最近写欲が湧かない。(笑)
    撮っても撮っても ガッカリの連続です。
    機材はふやせないし。出かけてきても良い写真がないのでネットで写真を漁ってヒントをいただくとしよう。(笑)

  2. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    私は多分どんなカメラを使ってもガッカリはないと思います。バカメラだったとしてもこのブログで糾弾しますからストレス発散になるからでしょうかね(笑)。またケチ人間ですから、予めバカメラだと判っていたら手持ちのE-P3のように正規の値段じゃ買いませんし。

    撮ってガッカリと言うよりも情報を見誤って実際に歩いてみると魅力のない風景ばかり、そんな時はガクッと来ますねぇ。廃墟があると思って行ったら整地されていたとか(笑)。

    ネットで写真を漁る、これでジェラシーを掻き立てられれば良いのでしょう。私もそうですもん。なんでこの人はこんなに写真が上手いのだろうとか、こんな場所があったんだ!、とか羨ましいを超えて腹が立つくらいが一番だと思いますねぇ。

    カメラに関して、今はGX8の発売で中古が投売り状態になりつつあるGX7、魅力を感じています(笑)。中古で買うのならお値段と手荒く使われていないでしょうからGX7でしょうかね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)