にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

秘密の場所

2010年05月11日 00:00

秘密の場所

Sony Cybershot DSC-H50


インターネットが普及して、カメラマン同士は、以前にも増して、互いの撮影地を報告し、共有するようになりました。

でも私は心の狭い人間、すでに観光地化されている場所は別にして、撮影地を明かすなんて考えられません。今回の写真も、ある廃墟の裏庭ですが、絶対に誰にも教えません(笑)。

撮影地が明かされちゃうと、盗作云々の話に発展する事もあります。数年前から大問題になっている小林伸一郎氏の盗作疑惑・・・、彼は裁判になっている丸田祥三氏だけでなく、池尻清氏の写真も盗作したのではと噂されています。

写真は絵画と違って、同じ場所で同じ趣味を持ち合わせている者、同じ感覚、嗅覚を持つ者が撮れば、類似するのは仕方がないと思っています。

例えば、群馬県の碓氷峠、ここに旧丸山変電所があります。今は世界遺産暫定リストに掲載され、復元されていますが、10年前までは完全な廃墟と化していました。その廃墟時代、廃墟好きの友人がそこを訪ね、ありとあらゆる方向から写真を撮っていたのですよ。

そして先だって、ようやく念願の旧丸山変電所を訪れました。復元されていますから特に面白い被写体ではないのですが、その友人が撮影した写真を思い浮かべると、やはり、ほとんどが同じ構図になるであろうと感じる事が出来たのですよ。

その友人の情報、写真を知らなくても、私自身がたまたま廃墟と化していた旧丸山変電所を撮影していたら、きっと友人と同じような写真になっていたでしょう。確信を持てます。

ですから、小林伸一郎氏が盗作した!、とまでは言い切れないのですが、少なくとも撮影地の情報を先人達の写真集から得た、そしてそこからインスピレーションを養った事だけは確かな気がします。よって、自分がここだ!、と思った撮影地は明かしちゃならない、そう思いますね。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. malta_shozo | URL | kPpsgdyA

    はじめまして

    はじめまして

    この裁判は、偶然似た写真を撮った方を訴えた、などという類のものではございません
    http://blogs.yahoo.co.jp/marumaru1964kikei
    裁判関連のブログです。
    こちらをぜひ、ご覧ください。

    小林氏に関しては(情報がほぼ皆無だった時代に)私の作品に事前に依拠している点、
    解説文を複数、誤記ごと盗用している点、
    (類書が私のものしかない時期に)これをプロのオリジナル作品として発表された点、
    そういった点などを問題にさせて頂いております

    (似た文も似た絵もつくることは物理的に可能です。が、先行作品に依拠した上、
    プロが複数、後発し続けたら、それは問題な訳です)
    あと場所を教えるか否かという点に関してですが、私は平素、むしろ信頼できる方でしたら
    (おそらく自分しか知らない場所であっても)同行して頂き、一緒に廻ったりもして参りました。

  2. BigDaddy | URL | -

    >malta_shozoさん

    ご本人からコメントを頂くとは、これがブログの世界の醍醐味かもしれません。

    この件を知ったのはだいぶ前、確かテレビ朝日だったと思うのですが、紹介され、その時は、同じ趣味を持つ者、撮影地が同じだったら写真が似るのは当たり前じゃないか!、と思っていたのですが、その後、同じ局の追跡報道だったのか、別の局だったのが、それを見てから、うん?、これはK氏側が盗作と言われても仕方ないかも・・・、そう思うようになったのです。

    その後、インターネットで色々と調べて、私個人(実はmalta_shozoさんの写真集は拝見していますが、そのK氏の写真集は見ていない程度の)、対岸の火事とでも申しましょうか?、あくまでも部外者の立場から、「プロでもアマチュアでもプライドが必要だな」、そう感じたのです。

    百歩譲って写真は似る事があるにせよ、そのキャプション、文章まで類似するのはあり得ないと思うのです。ご指摘の通り、誤記までがコピーされているとの事ですし。これは松本零士氏と槇原敬之氏との低次元の争いとは訳が違いますよね。

    写真の場合、アートに加え、ドキュメント、報道の分野と絡む事もあり、撮った者勝ち、先に発表した者勝ち、これが大前提、それを踏まえ、直接的か間接的かは判断出来ませんが、K氏はmalta_shozoさんの写真などから情報を得ていた、素人ながらそう考えざるを得ません。ならば、プロとして、いえ、人としてプライドがあるか否か、それをそのままそっくり流用するのか、改めて再考、咀嚼して自分なりのテーマを導くか・・・。

    法に関する事項は、上述した通り、部外者ですから、何も述べられませんが、一カメラマンとして率直な感想として、「K氏はプライドのない人物であろう」、これが私の結論です。

    場所を教えるか否か、仰る通り、仲間であれば一緒に撮影に出掛け、楽しむ、これは趣味としてそうあるべきだと思っています。

    しかし、これほどまでにインターネットが普及し、情報が共有出来るようになると、1つの問題として、これはmalta_shozoさんも危惧されているように、立ち入り禁止区域にまで入り込んで撮影してしまう、近頃鉄道マニアのモラルが問題になっていますが、廃墟マニアの方がマナーは悪いと思っています。そんな人がどんどんと増殖して行くでしょう。そりゃぁそうですよね。日本人は1人が右へ行けと言えば全員が行く種族ですから(笑)。

    個人的には、立ち入り禁止区域に入る、入らないはカメラマンの自由。確固たる信念を持っていれば入らざるを得ない事もあろう、そう考えていますが、問題は、これだけ情報が共有できてしまうと、それを遊び感覚で気楽にやってしまう輩が増える事でしょうね。

    ですから、むやみに、単に「僕はこんな凄いとこに行ったんだ」なる自慢ネタ、インターネットで場所を提供するような情報は流さない方が良い、そう考えています。

    もし、話し足りない、他にもご意見がおありなら、またこちらにコメントされて下さい。

  3. tettyan | URL | -

    こんばんわ

    写真を学んでいる、友人の息子さんが
    母校の高校野球の写真を撮り、学際に展示したところ

    どこかのメディアからクレームがはいり
    彼の作品だけ展示から外されてしまい悔しがっている
    と、話を聞きました

    多分メディアも同日同日時に撮っていたのでしょうが
    学生の撮った写真に盗作もどきのいちゃもんをつけるなんて・・・
    プロのプライドってこんなもんなんでしょうかね。

  4. BigDaddy | URL | -

    >tettyanさん

    古い記事にコメントありがとうございます。

    写真の盗作問題は難しいようですね。記事の丸田氏VS小林氏の件も何年も争っているそうですからね。

    その息子さんのお話。写真を見ていませんし、どんな経緯かも判らないので、何とも言えませんが、どうも学校の対応がおかしい気がしませんか?。マスメディアからクレームが付いても、学際内での展示ですし、学校側が生徒を守るのが普通だと思うのですが・・・。学校側が外したと言う事は、盗作を認めたと言う事になりますからね。

  5. tettyan | URL | -

    単に想像ですが

    クレームをつけたメディア社が
    卒業生の就職先の一社で・・・・

    力関係が働いての処置だったのかもしれません。

  6. BigDaddy | URL | -

    >tettyanさん

    なるほど、学校側は就職先の確保に走った訳ですね。となると学校側の保身以外のなにものでもなく、奇麗事にはなりますが、それが学校教育かねぇと感じます。

    ある意味、先輩が後輩を売ったって事になりますかね。起こった事は仕方がない。その息子さんはそれを反面教師とし、そんな大人達にならないように気持ちを入れ替えるしかないでしょうか。

    私が親だったら、クレイマーと化しますね(笑)。教育委員会だとか全てに文句を言うでしょうね。学校が守ってくれないのだったら、もう親が守るしかありませんからね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)