にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Pentaxユーザーは広角レンズをGRで賄っているのだろうか?

2015年10月08日 00:00

森にて

森にて

Ricoh GR

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



タイトルの通り、ちょっとした疑問。何しろ街を歩いていてPentaxユーザーになんて出会わないから判らんのよ(笑)。

RicohのGRってフィルム時代から「判っているカメラマン」が使うカメラ。だから常に注目する存在だった。だからもし広角レンズの代替になるんだったら・・・、そんなネタを思い付いたのだった。買う、買わないじゃない(笑)、あくまでもネタだ。




今後、Pentaxが135フォーマット市場に参入する訳で、当然135フォーマットにて広角レンズが充実していくだろうが、APS-Cで広角の単焦点なんで出てこないと思っている。

現在、Pentaxで広角レンズと言えば14、15、21mm(それぞれ135換算約21、23、32mm)。3本もあるんだけど実に中途半端な焦点距離。

この中で一番使い易いのは15mmだろう。しかしこいつの開放絞り値はF4、アホみたいに暗いレンズで、だったら16mm側でも1段絞ればある程度の描写を確保してくれる16-85mmF3.5-5.6で賄うでしょ!、なる思考になっていく。

春にPentaxから借りたDA16-85mmF3.5-5.6をK-3II、K-S2に付けて半日撮り歩いたところ、遠景において全体の画質は単焦点レンズには勝らないのだろうが、16mmでF4.5まで絞っただけで周辺まである程度解像しているのには驚いた(周辺光量が落ち着くのはF6.7くらいから)。

これは像面湾曲を含めた各種収差は上手く取り除いた結果だろう。今までうちにもあるDA17-70mmF4だけがPentaxズームレンズの中で各種収差の少ないレンズだったが、これを上回る性能を持っていると思う。だからDA15mmを持つのならDA16-85mmを買った方が遥かに便利でお徳。

DAズームレンズにはお買い得な18-135mmF3.5-5.6がある。WR(簡易防滴)仕様だし、望遠側が135換算で206mmになるので旅にはうってつけ。私も欲しいと思っている1本。

しかしこのレンズには大きな欠点があり、18mm側の周辺の像が流れるんだ。DA17-70mmやDA16-85mmの周辺部は中央には劣るものの像が流れないから後からシャープネスを効かせられ、見た目の解像感を簡単に上げられる。でもDA18-135mmの18mm側は像が流れてしまっているからシャープネスが一切効かない。だから風景によってはA4程度のプリントでも周辺部の荒さが目立ってしまうんだ。

DxO Optics Proのシャープネスとレンズブラー機能、もしくはRawTherapeeのシャープネス、ウェーブレット機能を使えば像が流れていなければ周辺部でもかなりカリカリの描写に仕上げられる。

但し、両者ともにハロは目立ってくる。これは細かい部分の濃淡をはっきりさせる事からハイライトが飛ぶんだ。それが白い点のように見えたり、エッジ部分が白い線になったりする。

これをもってこれらの処理は偽解像だ!、言う人がいるみたいだが、所詮シャープネスだってそこにない輪郭を盛り付けているのだから偽解像の1つであると考えており、またこのハロは余程馬鹿でかいプリントをしない限り、実際にはほとんど見えない。

しかしDA18-135mmの18mm側は像が流れているからDxO Optics ProもRaw Therapeeもそこに輪郭を見つける事が出来ない。輪郭がなければ施しようがないんだ。

そんなDA18-135mmもほんちょっとズームリングを捻ると画角はおおよそ21mmになり、そこらからまともな描写になっていく。だからこのレンズで注意するのは最広角の18mmだけ。

そこで思ったんだ。今後自分がPetnaxレンズを買うのならきっと18-135mmになるだろう。そしてこのレンズの18mm側の描写は糞。だとすると18mmレンズとしてRicoh GRって手があるんだよねって。

GRの事を書く前に・・・。

ここまでDA18-135mmをボロクソに書くと「えっ?、じゃぁDA18-135mmな駄目レンズ?、と感じられるだろうが、そうではない。手持ちのSigma 17-70mmF2.8-4(旧型)は像の流れはないもの、広角側の像面湾曲が酷く、周辺はピンボケを起こす。これも輪郭がないから後からどう頑張っても改善しない。

像面湾曲の場合、ピント位置を奥にずらし被写界深度をより深くする事である程度解消されるが、それでもピンボケているのに変わりなく、そんなレンズでも不満はあるにせよこうやって使えるのだからDA18-135mmだって普通に使える。

いわばほんの少し前までのズームレンズはPentaxだけでなく他社でも実は周辺部に関しては大した事がない。ネットで写真を検索している限り、SonyのEマウントのAPS-Cの普及タイプのズームレンズも周辺部は褒められたものじゃない。
Ricoh GR、APS-Cセンサーになった初代はもう生産していないのかな?、GR IIでも1年くらい経ったら値が落ち着くと思われるし、GR中古ならその頃にはそこそこ安くなっているだろう。いずれにせよ広角単焦点レンズを1本買うのと同じくらいの価格帯にあるのがGR、GRIIなんだ。

近い将来、Pentaxから135用の28mmF2クラスのレンズが出てくるだろうが、当然今のGR II以上の価格になる筈だ(Pentaxの事だからF2.4とか訳の判らないF値にしてきそうだが(笑))。

勿論APS-Cの18mmF2.8レンズと135の28mmF2レンズとでは遠近感に違いもあるだろうし、被写界深度も絞り開放で2段も違ってくるのだから色々な面を考えると135の28mmF2を選ぶべきだろうが、私のように広角レンズはパンフォーカスでしょ!、遠近感よりも画角よ、画角!、そんな人には将来135システムを構築したとしてもAPS-CのGRで十分だったりする。

ではAPS-C以前の1/1.7型のGR Digitalはどうだろうか?。私のようないつでもどこでもパンフォーカス!、そんなタイプならセンサーサイズは小さい方が良い。しかし最終型のGR Digtal IVでさえ1000万画素しかない。

高画素のレンズ交換式カメラをメインにしているカメラマンにはこの1000万画素の単焦点レンズ搭載カメラはかなりネックにある。トリミング耐性が皆無だからだ。135換算28mmの広角レンズだからこそトリミング耐性がなくちゃいけない。時には35mmレンズくらいになってくれないと・・・。

ではここでGRの画質を見よう。トップ写真、なんでこいつがGRを使っているのだ?、と思われるでしょう?。当然ケチな私が買う筈も無い。初夏にPentaxからK-3II、K-S2、DA16-85mmF3.5-5.6を借りた時に同時にGRも借りていたんだ。

そこで見た風景は・・・。下はトップ写真の等倍像。絞りはF8、Lightroomで現像をし、カメラプロファイルにAdobe Standard、アンシャープの値は適用量50、半径1.0、ディテール25、マスク0とした。

※以下当倍切り出し像はマウスクリックで1000x1000ピクセルとなる


全体

2015-10-08-02


中心

2015-10-08-03


左端

2015-10-08-04


右端

2015-10-08-05


当たり前だが確かに良い描写だ。解像感も高いし、レンズプロファイルで補正していないのに恐らく大きな歪曲はない。これくらい完璧に描写してくれたらDA18-135mmと併用し、18mmだけは(GRのレンズは18.3mmF2.8)はGRに任せても納得出来る。いや、納得出来るんじゃないく、任せるべきなんだ。

では次の写真。これはK-3IIにDA16-85mmを付けて16mmで絞りをF8にして撮影したもの(撮影場所が異なるし焦点距離も2mmの差があるのであくまでも参考としてご覧頂きたい)。リアルレゾリューションはオフ。

現像はLightroomでGRと同じでレンズプロファイルだけオンにして歪曲補正を行っている。また画素数はGRと同じ1600万画素に落としている。


全体

2015-10-08-06


中心

2015-10-08-07


左端

2015-10-08-08


右端

2015-10-08-09


1000x1000を切り出しているだけなので判りづらいかもしれないが、明らかにGRの方が1つ1つのコントラストが高い、イコール解像感が高い。さすがGRレンズ!、と唸る画質。DA16-85mmの周辺部は踏ん張ってはいるが、当たり前に単焦点レンズには勝てない。

しかしDA16-85mmの周辺部はある程度解像しているので、この程度のコントラストの差は現像処理でどうにでもなっちゃうのも事実。特にプリントしたら大きな差は無いだろう。

ここでケチな私は「あれれ?」と思っちゃう。DA18-135mmをメインとし、18mmだけをGRに任せるよりも、素直にDA16-85mmを買ってそれ1本で全てを賄う方が費用対効果が高いじゃないか!。

そもそも一眼レフをメインにし、広角側の28mmだけをGRに任せるってのはGRに失礼なんだろう。そういう使い方をしちゃいけないカメラだと思う。GRは1/1.7型のGR Digitalも含め、これ1台で機動力を活かして街中をせっせと歩き回り、ユニークな風景を切り取る為の道具なんだと思う。

ただそれだと私にはGRは不要なんだ。そういう用途なら135換算で35mm~40mmのレンズが搭載されていないと・・・。28mmレンズはに画角に関しては街のスナップには広過ぎる。画角を狭くするには被写体までの距離を詰める必要が出てきて、それは嫌なんだ。元々50mmレンズを使った時のワーキングディスタンスがとっても心地良いと思っているから・・・。

RicohのGR、私には今後も無縁のカメラなんだろうなぁ。GRはファインダーがないからやっぱり風景コピー機でしかないと思えば憧れの対象にはならない。

ふと・・・。昔、Nikonに35Tiと言う35mmレンズ搭載のコンパクトカメラがあった。確か最初に28mmレンズ搭載の28Tiが発売され、その後に35mmレンズ版のコレが出たと思う。こういうコンパクトカメラがあったらなぁ~。フィルム時代には各メーカーが優れてコンパクトカメラを出していた。

勿論、Ricohがデジタルの今でもGRシリーズを継続しているのは素晴らしい事だ。このシリーズの初代カメラはR1。調べると1994年の発売。その後プロフェッショナル版としてGR1が1996年に発売された。実に20年以上、コンセプトを守り続けているシリーズなんだ。

ユーザーからはGR21(21mmレンズ搭載)のデジタル版を!、そして私のように35mmレンズ搭載のGR35を!、なる声が多い筈だが、Ricohは28mmレンズに固執しているようで・・・。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    GRデジタルは2代目を持っております。外付けファインダも持っておりましたが、会社でAPS-CセンサーのGRを購入した人が欲しいとゆうのでこれは譲りました。
    まあ、GRで本格的に撮影することもないので。
    ミラーレス一眼のFujiXシリーズで27mm(35mm換算41mm)を使用していますが、小回りがきく画角で重宝しております。
    銀塩カメラの時代ではミノルタの45mmもよく使っていたので、この辺の画角は大好きです。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    私はEVFでもOVFでも覗くタイプのファインダーがないカメラはカメラとは思っていないので、わざわざお金を出して外付けファインダーを買わねばならないGRはそもそも購入対象外なんです(笑)。

    また28mmと言う画角に苦手でして、35~55mmくらいのレンズだとパースが強調されないので使っていて楽なんですよね。28mmとなるとちょっとカメラが上下しただけで上すぼみ、下すぼみになり、そんな風景が大嫌いなもので・・・。

    今は現像、レタッチでそんな風景も修正出来ますが、フィルム時代はそうはいかなかったですから、その癖が今もあるとでも言いましょうか?、後ろに引けない狭い場所でない限り、広角は使わない!、そんな意識すらあります。

    特にファインダーのないGRともなるとカメラが上下しているのが判りづらく、私には使いづらいカメラなんだろうなぁと思っています。実際に半日使って「こりゃ駄目だわ、使いこなせないぞ・・・」と思いました(笑)。

    Lumixのm4/3で20mmF1.7ってのがあるんです。換算40mmですからスナップには最高ですよね。ピンぼけ小僧さんもm4/3ユーザーならきっと勝手の良いレンズだと感じられるかと。でも大きな欠点があり、AFが無茶苦茶遅いんですよ。販売店でテストして一気に購入意欲がゼロになりました。今度出る25mmF1.8ってのはAFが速いんですが、40mmの画角の方がいいなぁと・・・。

    50mm、55mmってやっぱり部分的に切り取るイメージなんですよね。でも40mmだと気軽にスナップ出来そうな気がするんです。とにかく銀座とか有楽町を気軽にスナップするカメラ、レンズが欲しいんですよ。

    ContaxのGシリーズの標準レンズは45mmだったんですが、カメラの視野率が90%くらいしかなく、あんまり5mmの差ってのは判らんかったですが、デジタルの今、視野率100%だからこそ40mm前後の勝手が良いに違いないと考えているんですが・・・。

    手持ちにOlympusの17mmが換算34mmですが、それだとほんのちょっと画角が広く感じちゃって。だから換算で40mmのレンズが欲しくてたまらんのです。そうかぁ、Fujiには27mmってレンズがあったんですね。うーん、非常に魅力を感じちゃいます。Sigmaの19mmF2.8、換算38mm、これでもいいんだろうなぁ~(笑)。

    すみません。ほとんど独り言、妄想モードになっちゃいました。


  3. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    m4/3ではsigmaの19mmは3年前から使用しています。Xの27mm同様使いやすいし、画像も価格が安い割にしっかりしております。

  4. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    GRデジタルは28mm固定焦点ありきでいくと最終的にはLeicaQ同様、フルザイズで28mmが最終形です。
    まあ、価格は30万円以下でないと勝負になりませんが、リコーはpentaxブランドでフルサイズを出すようなので、ありえない話ではないでしょう。

  5. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    ルミックス20mm 1.7 使ってます。あれねフォーカスが遅いってあまり感じなかったのですが良く写ります。。食べ物や建物の中では重宝しています。

    気がついたら α7が手元にあって(笑)Eマウントのレンズが何もないのにマウントアダプターだけは3個も到着しています。
    とりあえずペンタコンのレンズで試写中です。オールドレンズ遊びでしばらくは楽しめそうです。しかしフルサイズなのに安くて面白いカメラです。これもBig Daddyさんのお陰かと。(笑)

  6. ふく | URL | -

     GRDⅢを持っています。購入当時、妻がメインでpentaxの一眼を使っていたのですが、常に持ち歩くには重いのと、広角側を賄うということで、GRを購入しました。その後、sonyのRX100が広角で明るいレンズだったので購入し、今ではMark4を使っています。(妻は、レンズとインテリジェンスオートが気にっているようでRX100がメインになってしまいました。)
     K-3の購入時にも、sonyのα7と悩みましたが、Kマウントの手持ちのレンズがあるのと、広角側はRX100でと割り切りました。
    結局、自分はAPS-Cでも135でも現在、欲しいレンズがないといったところでしょうか。(買える範囲で…)
     リコーで交換GRレンズを造ってもらえればなぁと思っています。

  7. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    おお!、m4/3、そしてSigma 19mmをすでにお使いでしたか、これは失礼しました。うちの場合、これを買ったらOlympusの17mmF2.8があるのでそれとどう差別化をはかるかでしょうね。となると30mmF2.8の方が良いかも知れません。換算60mmですから若干使いづらそうですけど、慣れればなんとか・・・。

    確かにGRデジタルの135化はGR好きにとっては最終形でしょうし、ある程度高価でも買われる人も多いのでしょうね。あとGRの135化に成功したらPentax、GRユーザーの望むPentaxで使えるGR交換レンズって夢もまた蘇るかもしれませんよね。Pentaxに興味の無い人でもGRレンズがあるからPentax!、そんな人も出てくるかもしれませんしね。

  8. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    15mmとOlympusの25mmかで比較したらLumixの20mmF1.7は強烈に遅いです(笑)。手持ちのOlympusの17mmと標準ズームが速いだけに余計遅く感じましたねぇ。Panaの人も今度出る25mmの方が遥かに速いので値段はほとんど変わらないのでそっちがお勧めだと・・・。

    そしてα7!、なんと!、もう手元にあるんですか!。さてはピーキングテストをしないで買われましたね!(笑)。はぁ、羨ましいです。うちは未だにα6000かGX7か、それとも何も買わないか、状態ですから・・・。

    α7&オールドレンズネタ、期待しております!。

  9. BigDaddy | URL | -

    > ふく さん

    やはりPentaxユーザーとしてGRが広角レンズ代わりと言う方、いらっしゃったんですね。でも確かにRX100の方が勝手は良いでしょうね。

    恐らく違いはGRは光学的にレンズ補正をしていてRX100系はデジタル補正なんだと思います。その差をどう感じるかでしょうが、まぁRX100はズームレンズですから遥かに便利ですから、マニアックに単焦点か、それともズームか、そんな選択なのでしょうかね。

    Mark4、お値段を見てびっくり!。ケチな私には到底買えませんです(笑)。一眼レフを捨てるのならMark4で私が撮る写真の90%以上を賄えるのは判っているつもりなのですが・・・。

    Ricohの交換GRレンズ、Pentaxが135の一眼レフを出してからになるのでしょうね。ただ一眼レフの場合、設計が通常のGRレンズとは違うのでしょうから、微妙な線ですが、せっかくPentaxを買収したのですからそこまでやって欲しいです。まぁ私にはきっと高くて買えないのでしょうけど。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)