にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

シルバーウィークの旅 その2 引込み線跡

2015年10月16日 00:00

突端まで残っている線路

突端まで残っている線路

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



船越町の色街と商店街を後にして、今回の旅のメインイベント!。

前回三浦半島を訪れた際に見ようと思っていたが天候とスケジュールが合わずに目にする事が出来なかった船越町側の長浦港に立った!。




ここでの見ものは線路だ。引込み線跡である。廃線跡(正しくは休線のようだが)は東側の田浦港周辺の田浦駅からのものと、道路に沿ったものが有名だが(直角交差の線路はタモリ倶楽部で放映された)、長浦港側にもあるんだ。

この長浦港側の廃線跡がネット上であんまり紹介されていないのは恐らくみなが一般道ではなく敷地内で立ち入り出来ないと思っているからではなかろうか?。

確かにあちこちに立ち入り禁止なる看板があるのだが、それは何度見ても立ち入り禁止区域はロープが張られた岸壁部分に限っており、岸壁に沿っている道は誰でも歩けるんだ。勿論地元の人と何度かすれ違ったが叱られもせず・・・。

確かに次の写真を見れば「港湾関係者以外立ち入っちゃいかんだろう!」と思っちゃう。


2015-10-16-02


でも歩けちゃう。そしてそこから岸壁の突端までずぅぅぅぅっと線路があるんだ。かつて列車がここに止まり、船へ荷物の積み下ろしをしていた図を容易に想像出来る。

下、涎ものでしょ!。真ん中の線路は突端まで延々と直線で、こうやって恐らく昔は船着場毎に、工場毎に線路が分岐していたんだ!。


2015-10-16-03


そしてショックだったのが次の写真。ヨットが止まっているから桟橋かドッグ?、違うんだ。もっと大きな立派な産業遺構だ。何だと思われる?。


2015-10-16-04


こいつはガントリークレーンの基礎部分らしい。いやぁ、ネットで見た写真にはガントリークレーンそのものが写っていたのでてっきり今も存在していると思った。老朽が激しく何年か前に取り壊されたそうだ。はぁ~、見たかったなぁ~。

さて、この辺りは民間と海自が共同で使用しているようで海自の船が停泊していたりもする。下の1枚目は曳船、つまりタグボートの3兄弟。長浦港の写真ではおおよそこれが写っているのでいつもここに停泊しているのだろう。

2枚目は反対側の海自専用の港に停泊している「しょうなん」。海洋調査船との事で、この日、後述するが、自衛官の方とお話しする機会があり、「しょうなんで何するの?、普段はどのあたりを航行しているの?」と問うたところ「それは秘密です」って言われちゃったからしょ~がない、こっちは「しょうなんだぁ・・・」と(笑)。まぁ潜水艦対策の海底調査が主なんだろうから本当に秘密なんだろうなぁ~。

3枚目は手前の小さいのが掃海艇「はつしま」。もう一艘掃海艇らしきものがあって奥のでっかいのが潜水艦救難母艦の「ちよだ」。

ちなみにこの対岸の港にはなんとっと!、「海上自衛隊艦隊司令部」があるのだった!。多分左側の白いビルがそれだと思う。


2015-10-16-05


2015-10-16-06


2015-10-16-07


さて、話を線路に戻そう。下のように船着場にそのまま列車を付けられもしたみたい。とは言えこれは引込み線と言うよりも船着場から工場内までの短い距離を移動させるだけのベルトコンベアーのような役割だったんじゃなかろうか?。


2015-10-16-08


そして上のような線路があるって事は・・・。そう、引込み線と直角交差する部分があるんだ!。さすがに田浦駅からの引込み線の近くにある交差ポイントよりも風化が激しいが、今でもしっかりと残っている。ちなみにこの交差を正しくは「平面交差」、英語では「ダイヤモンドクロッシング」と言うようだ。


2015-10-16-09


2015-10-16-10


そんな訳で引込み線跡、堪能した!。

冒頭にも書いた通り、ここは本来、前回三浦半島を訪れた時にクリアする予定だったのだが、とにかく天候に恵まれず、ここを撮るにはどうしても海バック、空バックになってしまうので、曇り日だと全く面白くない画になるのが判っていたので断念したのだった。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    タイムリーに自衛隊の鑑観式の話をしていました。横須賀も近いのできっとかっこいい(笑)船も見れそうですね。
    引き込み線羨ましいです。線路の最終が見れるなんて楽しそう。ブルーの空と海、赤い縞の煙突 カラーが綺麗です。

  2. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    観艦式って明日なんですね。それは知りませんでした。横須賀はいつでも仰山カッチョイイ船が見られますよ。昨年は船で軍港巡りクルーズし、米艦含めかなりの写真を撮りました(笑)。やっぱり空母が一番カッチョイイです!。ジョージ・ワシントンだったかな?。今はレーガンが横須賀にいるようですね。

    引込み線跡、これだけが目的と言っても良いくらいでした。こういうのってネットがなかったら地元の人とマニアしか知らないでしょうから、Googleの航空写真、ストリートビュー、さらには廃墟情報と、ありがたい時代になったものです。

  3. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    昔、観艦式にいったことがありました。乗艦した護衛艦は先代の「むらくも」だったような記憶です。
    米軍では空母「ミッドウエー」の艦内をぐるぐるしたな、横須賀の空母は航空機が載ってないのが残念でした。

  4. NOBUNOBU | URL | -

    引込み線の素性

    おはよございます。

    長浦港の引込み線の件、
    どこかで、なんか見た気がする…と記憶がありまして、

    思いつく限りで検索してみたら、ありました。

    これです。

    http://keitandan.blog76.fc2.com/blog-entry-367.html

    戦前のこととなりますが、

    この辺りを再度散策する際には、
    まぁ、知っていると、味わいも違うかも…といったところでしょうか。

    なにかのお役に立てばです。

    では。

  5. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    確かに軍港巡りで見た空母にも航空機が載っていなかった気がします。本当はFA18とかが載っているんですよね。ゲーム大戦略からの知識ですが、陸軍の兵器はおおよそ記憶しているんですが、海軍となるとゲーム上では揚陸艦くらいしか使わないので良く判っていません(笑)。

    一度、横須賀、田浦辺りの高台に登って上から超望遠で狙いたいですね。

  6. BigDaddy | URL | -

    > NOBUNOBU さん

    海軍時代の地図ですか。面白いですね。拡大して隅々まで見ました。今の第2術科学校、昔も学校だったのですね。米軍基地のある島、軍港巡りで間近で見たんですが、線路があったかなぁ~、ちょっと記憶にありません。軍港巡りにはまた乗ろうと思いますのでその時要チェックですね。情報ありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)