にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

シルバーウィークでのお散歩写真 その5 やっぱり引込み線跡が好き

2015年10月26日 00:00

田浦の遺構風景

田浦の遺構風景

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



シルバーウィークでのお散歩写真日記、本日が最後。




次のリンクは昨年訪れた田浦側の倉庫群と廃線跡の本ブログ記事。

タモリが見た廃線 その1
タモリが見た廃線 その2

好き者と言うか、前回訪れた時は曇っていたんだ。曇り日は曇り日でこの手の産業遺構的物件は映えるのだが、それでもどうしてもあの倉庫群を青い空の下で撮りたかったんだ。

それといずれこの倉庫群は取り壊されるだろう。都心から車でも電車でも1時間ちょっとで行ける距離にこんなのがあるのだから、その前に存分に撮ってやらないと・・・、そんな使命めいたものもあったりした。

上記の通り、昨年散々撮影したのだけど、唯一の残念は曇り日であった事。だからドピーカン、青い空の下でこいつらを撮影したかったんだ。トップ写真、どーよ、この空!。彩度や明瞭度を高めているけどベルビア+PLフィルターで撮ったらきっとこうなるんじゃないか?、そんな絵。


2015-10-26-02


2015-10-26-03


そしてやっぱり次の写真の平面交差(ダイヤモンドクロッシング)でしょ!。これを少し離れて撮ろうと道路に反対側に向かった時、左手から単車がやってきた。するとライダーはこの交差のすぐ横に単車を止めやがった。

「うわっ!、なんだよ、邪魔だなぁ、この人、なんでこんなところに単車を止めるんだ?」

と思ったらこの平面交差に近付き、ポッケからコンデジを取り出しパチリ。そしてすぐに単車に乗って右手に走り去って行った。

本当はそうういスナップこそ面白いのに「単車止まる、ライダー降りる、線路に近付く、パチリ、単車に乗る、走り去る」、あまりにも瞬時の出来事だったのでシャッターを押せず・・・。単車のナンバーすら確認出来なかった。


2015-10-26-04


さて!。

この平面交差。これは車道部分の数メートル撤去されているが、上記のリンク通り、JR田浦駅まで続いている。よぉし、今回もポイントを手動で動かして遊ぼうじゃないか!、と思ったら、いやぁ、ビックラこいちまった!。

見てちょ~だい!。


2015-10-26-05


当然、海側に伸びている線路だって、ほれっ、この通り。長く伸びる雑草の合間にかろうじて・・・。


2015-10-26-06


唯一、民間企業の正門前の線路だけ草刈がされていた。これは恐らくこの企業の方達が正門前が雑草だと格好が付かないからとここだけ刈ったのだろう。


2015-10-26-07


前回の記事で「来年の春前にもう一度訪れて軍事遺構の倉庫群を撮る」と結んだのはその為。倉庫群と線路はセット、だから草木が枯れる、もしくは年度末に草刈を行われているだろうから、それまで待たねばならないのだった。

それと近くに軍事遺構ではないが、たいそうな廃物件があり、そこは年度末に草刈なんてやらないから、草木が枯れないとどうにもならないのだった(冬以外には蛇や蜂もいるし)。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    おはようございます。表紙の写真良いですね。秋の傾いた日差しと背高泡立草 倉庫の屋根の形 凄いまとまっていて、まさしくカラーです。僕も意識してみます。

  2. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    江東区の南砂町に越中島貨物線から汽車会社と荷役会社への引き込み線があり、小学生から中学生まで、リアルタイムで引き込み線への列車運行を見ていました。
    それに越中島貨物線は昭和45年まで蒸気機関車(D51)が運行されていましたから写真もよく撮りました。
    蒸気機関車は高校の友人と8ミリ映画を作って文化祭で上映したりしました。
    まあ、汽車会社も荷役会社も引き込み線も現在は跡形もありませんけど。

  3. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    ありがとうございます。なんて言いましょうか、日本なのに日本っぽくない風景とでも言いましょうか。廃と化したデトロイトの町、そんなイメージもあったりしました。妙な言い方ですが、この田浦は海軍の町だったのでどこか異国っぽい雰囲気がありました。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    私が初めて動いている蒸気機関車を撮ったのは昨年ですので、ご近所でD51が走っていたとは羨ましい限りです。どこかのサイトの情報だったのか、東京でも昭和40年代まで、常磐線などでも蒸気機関車が走っていたそうですね。もしかしたら良くうちのサイトで掲載していた王子からの引込み線の北王子駅(昨年廃線)にも蒸気機関車が走っていたかもしれませんね。

    日本は土地が狭いですから、古いものを壊してそこに新しいものを作る、破壊と再生とでも言いましょうか、それは仕方ないですが、海外のように新市街と旧市街に分かれている様をテレビなどで見るとそれも羨ましいですね。横須賀なんて埋め立てた港側と山側とで新市街、旧市街って感じはします。

  5. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    越中島貨物線の牽引機関車はずっとD51で、私は小学生に頃から蒸気機関車を日常でみていました。
    それに汽車会社は大手鉄道車両製造会社で、蒸気機関車から新幹線まで作っていたので、いろいろな鉄道車両を見ています。

  6. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    D51から新幹線まで見られたとは!。日本の昭和史をそのままご覧になっていたようなものですよね。性格や志向って子供の頃に形成されるものでしょうから、多分、私がそういう環境で育っていたら立派な鉄っちゃんになっていたでしょうね(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)