にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

築地市場をウロつく

2015年11月21日 00:00

なっ、なぜシーサー?

なっ、なぜシーサー?

Pentax K-5, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



築地市場、来年の今頃にはもう閉鎖されているだろう。だから記録として残そうとこれから1年、何度か通おうかと思っている。今日はその第一弾。




「築地を撮る」、そんなコンセプトの場合、誰もが競りなどで賑わっている風景を残そうと思う。Pentax K-mを使っていた時、そんな人物スナップを仰山撮った。ところがこのご時世、幾ら観光地化していてもそこで働く人々を個人として特定出来る写真を公開するのは忍びない。

またどうしても人物スナップを撮りたかったらそれは豊洲に移転してからでも良い訳で、だから今回は休日を敢えて狙った。


2015-11-21-02


築地市場は原則として休日の一般人の立ち入りを禁止している。上の写真、ちゃんと入り口に注意書きがある。目を盗んでのこっそり入場が可能かもしれないが、後々問題にならないように許可を得た方が良いだろう。

その日も一般車輌が場内に入り込み、何度もマイク放送で直ちに出なさいと連呼されていたし、アジア系の観光客も注意を受けていた。勿論私はその横を堂々と歩いている。
休日とは言え、昼も過ぎると業者さんやトラックの出入りも多くなるようなので下をご覧あれ!。これは夕方ではない!。こんな時間に有楽町駅に降り立ったのだった。とは言え結局なんだかんだと寄り道をして市場に着いた時にはすでに9時を回っていたけど・・・。


2015-11-21-03


どーでも良いっちゃどーでも良いんだけどトップ写真。キャプションの通り、なんで築地でシーサーなのか?。また阿吽を表しているのなら立ち位置が逆だろ?、と思うのだが・・・。

そもそも口の開いている左側には牙が全く無いじゃないか!。虫歯でも煩ったのか?、それともこれはシーサーでもなく阿吽像とも全く関係ないのか?、紛らわしいのぉ!、と突っ込みを入れつつ市場へと・・・。

さて、今回はこの段階で本日の目玉写真をご紹介。今まで築地市場は3度かな?、訪れているのに一度も気にしなかった部分。そう、ここはかつて鉄道が敷かれていたんだ。この雰囲気、お判りでしょう?。プラットフォームの状態がそのまま残っているんだ。


2015-11-21-04


2015-11-21-05


段差が低いのが気になる。貨物駅って段差が低いところもあるらしいが、ここは今でも線路が埋まっているそうだ。昔の写真を見ると段差は1メートル程度ある。実は探したんだ!。アスファルトが掘れて線路が見える場所があるらしいんだ。でも今回は見つからなかった。これは次回への宿題。

ああ!、これってロマンだよねぇ!。もし埋まっているのだったら来年11月以降、ここを解体する時に数十年前の線路、枕木が仰山出てくるんだぜぇ~!。

今現在、築地市場として利用されているのでこのプラットフォームを産業遺構と言うかは微妙なところだが、かつて列車が走っていた場所の名残りがあるのだから、それはそれで貴重だ。しかも来年11月以降には跡形も無く消えてしまうのだから・・・。

この引込み線。歴史を紐解いたらビックリ(単に庶務課の方に話を伺っただけだが(笑))。昭和62年1月31日まで運行していたとの事。

昭和オヤジだからして「ええっ!、そんな最近までかつての汐留貨物駅(今の日テレのある辺り)から鉄道輸送があったんだ!」と唸っちゃう。だから「築地 引込み線」などで検索すると結構当時の風景を見る事が出来ちゃう。

跡繋がりと言う訳ではないが、築地市場は隅田川に面していて埠頭(桟橋)がある。ここは現在も羽田沖で漁をしている漁船が荷揚げする為に利用されているそうだが、利用率は全体の0.0018%(築地には空港は無いので他は全てトラックだろう)との事で、ほぼ「跡」と言って良いかもしれない(笑)。

次の風景も豊洲に移転したらここは閉鎖され、すぐに道路の拡張工事やショッピングモール開発などで来年11月以降は見られなくなる。

プチ情報。

0.0018%と言う数字、これを船に数えると昨年の実績で77隻が接岸したとの事。1日ではない。1年で77隻。ただ、これは考えようによってはこの77隻の船から荷揚げされた海産物は正真正銘の江戸前なんだよねぇ。

そして船からの荷揚げのピークは昭和36年、昭和44年と2回ありそれ以降は右肩下がりで鉄道、トラック輸送に切り替わって行ったらしい。

2015-11-21-06


手前のひび割れなどを見れば老朽化が進んでいるのが判る。当然この埠頭だけでなく80年の歴史があるのだから、場内全てがこんな状態なんだそうだ。一部では未だに移転を反対している人達がいるとの事だが(豊洲が適正かどうかは置いといて)移転は仕方がないだろう。

上の写真の位置から振り返ると次の写真になる。新しい橋だ。すでにほぼ完成しており、市場が移転したら即工事に入るのだろう。実際、市場内の一部だろうか、すでに新しい道路(環状二号線?)とかが出来ているんだ。


2015-11-21-07


2015-11-21-08


そしてこれも「跡」ではないのだけど、跡っぽく見えるもの。当初、これは水門跡で昔は上のような立派な桟橋があった筈も無く、隅田川の注ぐ運河のようなものが何本もあり、そこをせき止めるものだと勝手に思っていたが、なんて事はない。高波防止の扉らしく、現在も天候によっては開け閉めされるとの事。

下の台形のコンクリの護岸が勝鬨橋の袂まで続いているんだ。元々はこの位置までが陸であり、上写真の埠頭は桟橋な訳だ。護岸に設置されているでっかい扉、昔は水門だったんだろうなぁと思っちゃうっしょ!。

※船が出入りする運河、支流のようなものは昭和初期には存在していたらしい


2015-11-21-09


2015-11-21-10


2015-11-21-11


そしてこれは跡だろうなと思ったのが次の写真。多分「築地川東支川水門」だと思う。ここはすぐに勝鬨橋があり、築地市場の端っこ、普段は恐らく誰も入り込まない場所。この場所が好きで市場を訪れると必ずここに足を向けるんだ。

なんちゅーか、このホントにダウンタウン、場末!、って雰囲気が好きなんだ。夕暮れ時や雨の日なんてきっと映えるに違いない。


2015-11-21-12


2015-11-21-13


少なくともここにはかつて運河と言うか支流があったのだろう。また先の埠頭の写真、これは大型船が入るようになってから出来た桟橋だろうから、その昔はその辺りにも荷揚げようの支流、運河があったと推測出来る。

そんな訳で今日は築地市場の遺構、もしくは遺構っぽく見える古い建造物だけにスポットライトを当ててみた。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. taka | URL | -

    シーサー看板、よく見ると、金属ベースにシール貼り。金属ベースとシールが同じ形をしていますねぇ。この絵の軽さとは不釣り合いなくらい、作りには力がはいってますょ。でもすごい錆びてますよ。設置されてからかなりの年数が経っているんですね。どれくらいなのでしょうか。錆び具合から、数年とは思えないです。
    コメント久しぶりです。やっぱり楽しい写真には食いついてしまいます。
    シーサーのバカバカしさと、ベースの錆び具合のミスマッチがとてもいい、グッドです。

  2. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    年末の正月の買い物は築地が定番なんですが、今年で築地は最後と思うと感無量です。
    まあ、豊洲は住んでいる区内なのですが、行き難い場所です。ただ、セブンイレブンの一号店は豊洲にありますよ。
    そうそう築地場内の吉野家1号店は豊洲に移るんですかね。



  3. BigDaddy | URL | -

    > taka さん

    今、ふとこれってシーサーでなく「獅子舞」か?、と思ったんですが、どうでしょうかね。築地だから獅子舞の方がマッチしていますし、獅子舞だったら阿吽と言うルールも関係ないですもんね。

    しかし良く観察されていますね。金属ベースにシール、金属がシールと同じ形とはこうやって言われるまで気付きませんでした(笑)。

    金属板は昔からあってそこにはこの金属板の形状に見合った何かが貼られており、それが劣化したからシーサーだか獅子舞だかのシールを新たに金属板と同じ形状に加工し貼った、そんな推測はいかがでしょう?。そうなると昔は何が貼られていたか、気になりますよねぇ(笑)。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    私は正月の買い物は毎年上野のアメ横で済ましており、築地は場外は良く銀座に行くと食事で立ち寄りますが、実は場内は写真目的以外では立ち入った事はほとんどないんですよ(笑)。

    仰る通り来年11月に引越しですから、築地の正月の買出しは今年が最後ですよね。残念な事に引越し後、建物公開とかのイベントはないそうです。今でも騙し騙し利用しているのでイベントなどは危険で利用出来ないそうです。また閉鎖したらすぐに道路拡張が始まるなんて庶務課の人が言っていましたね。

    そう言えば豊洲には築地の場外のようなものは出来ないだろうって言われていますが、そうなると場外のお店はどうするんですかねぇ。当分は豊洲に引っ越しても場外の人達用に築地前にちょっとした出店が出るそうですが、それも再開発が始まったらなくなるでしょうし・・・。

    吉野家の1号店が築地、初めて知りました。これは何となくわかりますが、セブンイレブンの1号店が何故豊洲だったんでしょうね。

  5. tsunomagari | URL | -

    BigDaddy様、こんばんは。

    築地市場は移転してしまうんでしたね。
    7年ほど前に長期出張で場外のマンスリーマンションに滞在していたので、少しだけ記憶があるというか、懐かしいと言いますか、思い入れがあります。
    あと1年、頑張って記録を残してくださいね。

  6. BigDaddy | URL | -

    > tsunomagari さん

    ありがとうございます。記録と言うよりも今まで見逃してきた「もの」をなんとか撮って行きたいと思っています。

    東京の大きな昭和が来年には消えちゃうんですよねぇ。日本は狭いので海外の観光都市のように旧市街って感じで時代を残せないのがちょいと悔しいです。

    築地の場合、オリンピックの事もあり、即取り壊しで新たな都市計画がスタートするようで現時点では見学会も計画されていないようです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)