にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

24mmと50mmで銀座お散歩写真

2015年11月27日 00:00

Tokyo Snap

Tokyo Snap

Pentax K-5, SMC P24mmF2.8

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると長辺1200ピクセル像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



前回の記事に引き続いてRetinexネタに行きたいところだが、RawTherapeeネタを連続投稿すると一気に来訪者が減るので・・・(笑)。

それにしても・・・。

何度も書いているけどRawTherapeeはホント、日本だけじゃなく世界的に見てもユーザー数が少ないのだろうな~。




さて、本日はタイトルの通り、24mm(Pentaxだと135換算約37mm)、50mm(同じく77mm)でのお散歩写真は辛いってお話を・・・。

フィルム時代、頻繁ではないが35mmに85mmと言うセットでお散歩する事はあった。でもやっぱり28mm、50mm、135mmと言う3本セットには勝てない。得手不得手があるが、35mmと85mmでは何もかも中途半端、被写体を大いに選ぶ気がしてならなかった。

いや、そう言うと嘘になるなぁ。35mmと85mm、今なら24mmと50mm、このセットは下町散策なら結構楽しめるんだ。要するに下町だと昭和風景を求めて狭い路地へ進む事が多いので24mmをセットしておけばおおよその風景を撮影出来るし、クローズアップ、背景をボカしたい時に50mmレンズに付け替えるだけ。

でも先日は銀座をお散歩したんだ。まぁ銀座の町ってのはそこそこの道幅がある。となると24mmだと被写体に近付かないとならないし、かと言ってそれほど広い道でもないので50mmだと被写体を見つけたらその場から何歩も後退しなくちゃならない。

下町だとこの道を進めばこ~んな風景があるに違いないと言った勘が働き、撮りたい風景も決まっている。でもお洒落な銀座だとあっち向いてもこっち向いても「かぁ、お洒落だのぉ~」って感じでカメラを向けたくなり、24mmを装着した直後、「あっ、やっぱり50mmだ!」、そして50mmで撮影してすぐに「うーん、次の風景は24mmの方が良いよなぁ~」、なんて事がざらにある。

良くあるパターンで銀座の中央通りと外堀通りの間にあるみゆき通りとか並木通りは二車線の両端に歩道があるのだが、周辺の風景は24mmがちょうど良い。でも車道を越えた向こう側のショーウィンドウを写そうと思うと今度は50mmじゃないと駄目・・・。

最初の1時間くらいはそんな時でもレンズを付け替えてるが、やがてそれが面倒になり今付いているレンズにマッチしない風景に出逢っても余程に撮りたいと思わない限り見なかった事にしちゃう(笑)。

1時間が経過した辺りから24mmレンズで撮影した写真が10枚続き、その後50mmを装着した写真が10枚続く。20枚撮るのに500メートル歩いたとしよう。その500メートルの間に本当は撮りたかったけどレンズ交換が・・・、そんな風景が4つ、5つは存在しちゃう。銀座なんていつでも来れるから次回この辺はズームレンズで撮るぜ!、と自分に言い聞かせる。

そう言えばOlympus E-P3に17mmF2.8(135換算36mm)を装着していても下町以外で結構イライラする(笑)。結局私にとって広角レンズとは常用レンズではなく、あくまでも非常用レンズでしかないのだろう。だからむしろ135換算なら28mmレンズの方が、より広角らしい写真が撮れるから、そういう表現をしたい時だけ付ければ済む。

28mmレンズはPentaxでは135換算約43mmになり、それだとフィルム時代の50mmレンズとほとんど同じ感覚で撮影出来るのだが、私にとって24mm(換算37mm)はまだまだ広角レンズの範疇なんだ。その24mmと50mmでの散歩写真だと、50mmは77mmの中望遠レンズになるから常用したいとは決して思わない。だから24mmが常用となるのだが、それだと画角が広過ぎるし、パースも気に食わない時もある。

いっその事、保険なんて考えずに24mmレンズ1本だけでお散歩するのが一番なんだろう。それだったら24mmじゃどうにもならない風景は本当に見なかった事に出来る。フィルム時代50mmレンズだけでお散歩していた時だってそうだった。50mmは万能だが、駄目な風景は駄目。そんな時に素直に諦められた。

欲を出しちゃって単焦点レンズを何本も持ち歩こう、それがいけないんだろうなぁ~。単焦点レンズは決してズームレンズの代わりにならないんだ。

でもそれを考えるとFA28mmF2.8があるし、待てよ、28mmなら・・・、FA35mmF2(135換算約53mm)を売らなきゃ良かったと後悔しちゃう。初夏にSonyからα7を借りて、Sonnar 55mmF1.8と言うセットがどれほど楽チンだったか!。50mm前後の標準レンズってのが自分には一番マッチしていると再認識した日だった。

本ブログで何度も書いているが50mmレンズが好きだからと言って「写真は50mmに始まり50mmに終わる」なんてアホ臭い台詞は嫌いだ。単に50mmレンズが楽に撮れるから使いたいだけ。写真テクニック、センスを磨くのなら苦手な広角レンズを使いこなし、「写真はやっぱり広角だよ!」とむしろ言いたいくらいだ。

だったらやっぱり24mmレンズ1本だけで、35mm前後と言う画角を徹底的に身に付けるべきか?(笑)。こうやって色々な事を考えているのが楽しかったりする。

そして写真HOWTOの定番の台詞、広角レンズは寄れ!、そんなもんは逆に無視するべきだと。それが本日の写真。自己満足でしかないが、都市風景を上手く、そして広角過ぎる訳じゃないパースが活きている写真だと思っている。

そして中望遠として使われる50mmレンズは次の写真のように徹底的にボカして遊ぶのが良いのだろう。


2015-11-27-02

Pentax K-5, SMC M50mmF2


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

     35~45mm(135換算)の単焦点1本で決め打ちで撮るのが好きです。まあ、サブで標準ズームのカメラをカメラバックに忍ばせていますが。
     確かに下町は広角系1本でどうにでもなりますね。下町に住んでいるので大体の光景はわかっていますから。
     60mmマクロ(135換算)というレンズを持っているのですが、標準でもあり中望遠でもあるという不思議な画角が面白いです。当然、接近戦は強いです。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    通常使うには換算35mmでも少し広いかなとは思っているんですが、下町なら狭い路地には35mmくらいが丁度良くフィルム時代からそこそこ使っていました。換算28mmともなると用途が異なりますよね。

    60mmですか、私は意外と保守的なのでそういう焦点距離は体験もせずに食わず嫌いかもしれません(笑)。ただ55mmと5mmの差ですから、ほぼ標準レンズ的な使い方に行けそうですね。Sigmaにm4/3用の30mm、これが換算60mmですから、いつか本格的にm4/3を使うようになったら考えたいです。

  3. auf | URL | 3eyVfeeo

    そもそもRAW現像する人ってかなり少ないのじゃないでしょうか.SILKYPIXもDXOも
    セールス的には苦戦してる感じですし(実際のところは知りませんが).

    Raw Therapeeは加えてとっつきにくさ,設定できる箇所が多すぎてわけわからん,
    ということで敬遠されるのでは・・・.慣れればどうという事ないのですが慣れる
    前に使わなくなっちゃう.(笑) 僕は記録されている情報は全て出したいと思う
    から使いますけど.

    35mmまたは換算35mm,以前はどうも使いにくくて(28mmに比べて)敬遠していまし
    たが最近は使えるようになりました.成長したんでしょうか.(笑)

    50mmはもっと苦手でした.画角がどうであれ,今持っているレンズでなんとかし
    ちゃうのが出来るようになった気がします.別にいい事でもないし悪いことでも
    ないですが.(笑)









  4. のっぽ親父 | URL | ibdEl2N.

    以前も書きましたがフルサイズはそのレンズの焦点距離で撮影出来ることが良いですね。28mm 35mm 50mm が鉄板です。僕は50mm前後が一番使いやすいです。ワイドはまだまだ腰が逃げてもう二歩前で撮影できないとだめです。(笑)
    落花啼鳥にリンクを貼らせていただきました。よろしくお願いします。

  5. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    以前は写真ブログをやっているような人の大半はRAW現像をしていると思っていましたが、どうも仰る通り、RAW現像を積極的にやっているカメラマンって少ないのでしょうね。白く飛んだ空とかシャドーをちょっとだけ上げたい、そういう時だけRAW現像をする、他はJPGの撮って出しのまま、そんな人の方が圧倒的に多いのでしょうね。

    RawTherapeeはマシンパワーをかなり必要とする現像ソフトなので遅いってだけでアンインストールしちゃう人もいるかと思います。それに我慢出来てもアカデミック過ぎる仕様は確かにこれからRAW現像をしようなんて人は無理かもしれませんね。でも結局は本人の「やる気」なんですけどね(笑)。

    135換算での28mmは苦手ですねぇ。単に狭い場所で利用する焦点距離、そんな意識しかないです。RicohのGRシリーズに興味が無いのもそのせいもあります。それとデジタルになってズームレンズに慣れ過ぎてしまったのもありますかねぇ。楽ですもん(笑)。

  6. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    リンクの件、了解しました。

    私も断固50mm派です。初夏にα7と55mmレンズを借りて確信しました。将来135に移行したら50mmレンズ1本だけでどうにでもなるなぁって。

    広角は本ブログで何度も書いていますが、遠近感を狙おうとかあまり思わずに単に後ろに引けないから使う事が多いです(笑)。今後は135換算での35mmレンズくらいは自信を持って使えるようになりたいですねぇ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)