にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

フィルムとデジタル

2015年12月03日 00:00

山里の風景

山里の風景

Pentax K20D, Sigma AF17-70mmF2.8-4OS HSM

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



11月7日の記事にてフィルムとデジタルの違いを以下のように書いた。




仲の良いAさんとBさんが同じ場所で同じフィルムで写真を撮ったら、AさんのカメラがNikonのフラッグシップ、BさんのカメラがCanonの普及タイプだったとしても大きな差は無い。

でも今の時代はどうですか!。AさんがNikon、BさんがCanonって違いだけで発色に大きな違いが出る。それはPentaxでもFujifilmでも一緒。さらには各個人がRAW現像を手掛けたら全ての写真がオンリーワンになってくれる。
もっと言えばフィルム時代、レンズの描写の良し悪しはあるけれど極論を言えば、CanonやNikonのフラッグシップに10万円を超える高価なレンズを持つカメラマンと、千円くらいで売っているレンズ付きフィルムでパチリしたカメラマンの写真とでは2Lプリント程度なら大きな違いは生まれない。

人が多く集まる観光地やイベントにて・・・。フィルムが同じならお隣さんの写真と自分の写真に違いを見出すのは難しくなる。勿論、各個人のセンス、思考、レンズの焦点距離によって写真に違いを見出せるかもしれないが、日光で華厳の滝や東照宮本殿を正面から撮ったら誰が撮っても同じでしょう?(笑)。

でもデジタルの今は各メーカー毎に発色やコントラストに違いがあり、同じメーカーでも新旧ってだけで大きな違いが出る時がある。同じ構図であっても東照宮をヴィヴィッドで撮影したコマと銀残しで撮影したコマとでは全く様相が異なる。

連れと一緒に写真を撮る事が多いが、同じPentax K-5で撮影しているとおうちに帰って互いの写真を見比べるとカスタムイメージで違いを出しているものの(連れは「鮮やか」、私は「風景」を多用する)発色傾向は同じだから撮って出しJPGだけを見ているとどうしても写真が似通ってしまう。

好きな構図が連れと私とで全く異なる為、ブラインドテストされても多くの写真で判断は容易に付く。

しかし定番構図ってあるでしょう?。この風景はこの構図じゃないとありえない!、そんな風景ではカメラが同じだから撮り手が違っても同じ写真なんだ。せいぜい露出補正による明るさが違う程度。
でも近頃、Nikon D90にOlympus E-P3、そんな機材で出掛ける時もあり、そうなるとアスペクト比が3:2と4:3と違うのが大きいし、同じ構図で写していても発色が全く異なるから面白かったりするんだ。嗚呼、この風景だったらE-P3のi-Finishのえげつない発色がいいね!、とか、Nikonのピクチャーコントロールの「風景」がお気に入りだったりするから「いやいや、Nikonの方が良いぜ!」・・・。

増してやそれぞれがRAWから現像すれば同じ場所、同じ構図で撮影されていてもカメラマンの意図によって全く異なる写真になってくれる。

Pentax/Ricohに力を入れて欲しいのが自社ブランドの現像ソフト。Digital Camera Utility 5(以下DCU5)は本ブログで散々けなし続けている。これがもっと使い勝手があり、進化してくれれば現像において不満はなくなるだろう。しかしそんな間抜けなDCU5でもオンリーワンは写真は作れる。

本日トップ写真。DCU5で現像している。オリジナルの撮って出しJPGは下。カスタムイメージには「雅(miyabi)」を使っている。


JPG撮って出し、miyabi

2015-12-02


カスタムイメージの雅は青の濃度が濃くなるが、同時に緑の発色も強くなる。またこの手の快晴とは言えない空でも青色が多く乗ってくるが、それでも物足りないし、せっかく左側の雲の形が良いのに空に溶けてしまっている。

今回はK20Dの写真であるが、それが最新のK-3IIであろうが、他社の、特にJPG撮って出しの像が優れていると言われているFujifilmのカメラを使おうが、皆さんはどこかで妥協しているのではなかろうか?。「もっと空の青さが強調されていれば・・・、もっと雲の形状が浮き出てくれれば・・・」。

NikonやPentaxのカメラの一部にはローカルコントラストを上げ絵にメリハリを付ける明瞭度(明瞭調整)が加わった。Fujifilmのカメラにはフィルムシミュレーションにクラシッククロームが追加された。ユーザーが既存の撮って出しJPGに満足していればメーカーはわざわざそんな面倒な仕様を追加しないでしょう?。

撮って出しJPGに満足しているユーザーがいるのは判る。でも満足していないユーザーだっているんだ。私は自分の写真に妥協はしたくない。肉眼で見た風景と違うとか、所詮作り込んだ絵、レタッチであるとか言われようが知ったこっちゃない。

だからトップ写真のように仕上げる。肉眼で見た風景なんてどーでも良い。目を通して脳で処理した像を理想としているから、可能な限り1枚の写真をいじくる。今回はRawTherapeeのRetinexっぽいコントラストはあるけどハイライトからシャドーまで綺麗に見える処理をDCU5だけで施してみた。この程度の変更であればわざわざ高度なRaw現像ソフトを使う必要はない。

当サイトではDCU5、その前身のPDCU4に対してとことん糾弾し続けている。そしてうち以外でもPentaxの純正現像ソフトを高評価している人をネットで見つけるのは非常に困難だ。

こういう噂が一人歩きしてしまいPentaxの純正ソフトは使えない!、使っちゃ駄目!、そんな風潮が少なくともネット上ではかなり広がっているに違いない。

しかしものは使いよう。確かにPDCU4もDCU5も馬鹿ソフトで糞にも満たないのには違いなく、ユーザーはメーカーに対して声を大にして改善を要求するべきであるが、己の理想像がしっかりと脳内で描けれいればおよその作業は可能だ。

同じくどうやら不評ならしいSonyのImage Data Conveter 4もα7の絵に対してはかなりの作業が可能だし、NikonのCapture NX-DもNX2ユーザーからは総スカンを喰らっているそうだが、Silkypix製の中では最も優秀である。
カメラとかレンズと言ったハードウェアは妥協せざるを得ない時がある。私なんてもう何年もレンズでは妥協し続けている(旧Sigma 17-70mmF2.8-4は広角域での周辺の描写が悪い)。ボディにせよ本当はローパスフィルターレスのK-5IIsが良いと思っている。

でもそんな妥協している機材でもソフトウェア部分に関しては現像ソフトを使えば如何様にもなってしまう。ワンランク上の写真に仕上げられる。やらない手はないでしょう!。

最後に今回の写真をRawTherapeeで現像するとこうなる。


RawTherapeeにて現像

2015-12-03


Retinexを使い、フィルムシミュレーションにはVelvia 100genericを、そしてLab調整にてトップ写真よりも空を含め輝度を落とし、より深い感じに仕上げている。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    フィルムのモノクロで、レンズに色々なフイルタ付けて遊んでました。
    オレンジにグリーン、レッドにイエローとか。昔は定番レンズのフイルタサイズが標準と広角が52mmで、望遠が55mmあたりで決まっていたような。
    現在だとフイルターはPLとNDがあればいいかな、でも、レンズごとにフイルタサイズが違うんだよね。

  2. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    一眼レフの場合、モノクロ用フィルターを付けるとファインダー像も着色されちゃうのでどうもあれはレンジファインダー用な気がしてなりませんでした。一応Canon FD50mmF1.4のフィルター枠に合わせた黄と赤は持っていましたが、ほとんど使わなかったですねぇ。

    確かにデジタルカメラの今、モノクロ用フィルターは不要ですよね。PLはフィルム時代各種フィルター枠を買っており、それは今でも残っているのでネイチャーする時、たまぁに使います。

  3. のっぽ親父 | URL | -

    山里 の里という字が入るとなんとなくほっこりした感じで最初の色ですよね。僕は最後のRaw Therapee で現像した写真が好きです。メリハリがあって山と空の深さが出てます。しかし現像は個人の好みで仕上げていくものなのか、忠実な再現で表現した方が良いのか悩むところです。

  4. BigDaddy | URL | -

    > のっぽ親父 さん

    こうやって比較すると「どれがいいかなぁ」と理解できて来るんですよね。miyabiで撮影したJPG撮って出しの写真だってこれだけを見れば、きっと空もこんな色をしていたでしょうし、こんなもんかなぁって(笑)。

    現像、私は好き勝手に撮影時に意図したもの、もしくは現像時の気分でやっています。忠実再現は一切した事ないですねぇ。忠実資源だったら普通にカメラのナチュラル設定であとはコントラストの上げ下げでいいかなぁと思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)