にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Sony α6000 レビュー四方山話 その6 E PZ16-50mmF3.5-5.6OSS 使い勝手は?

2016年01月26日 00:00

もはやアートの域に達している

もはやアートの域に達している

Sony α6000, E PZ16-50mmF3.5-5.6OSS

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



本ネタで撮影に利用しているSony機材はSony αアンバサダープログラムのモニター企画にてSonyからお借りしたものです。
ようやくE PZ16-50mmF3.5-5.6OSS(以下E16-50mm)のレンズレビューだ。果たして如何に!。




昨年末の話を戻そう。

Sonyサンタさんから2ヶ月限定ではあるがα6000をプレゼントされる前、今年のボーナスでPanasonic GX7を買おう!、ほぼ決心していた。

機能面ならα6000に軍配が上がっていたのだが、キットレンズのE16-50mmの評判が芳しくなかった。特に海外のレビュー系のサイトではボロクソだったんだ。Photozoneでは星1つ半、これは悪いレンズ、使っちゃならないレンズと言い切っても良い数字。あとどこだっけなぁ、価格.comの掲示板だったか2ちゃんねるだったかでもボロクソ扱いを受けていた。

Pentaxの二の舞だけは嫌だったんだ。一番使うレンズの描写力が糞!(DA18-55mmF3.5-5.6のお話)。とにかくSony Eマウントのこの手の普及タイプのズームレンズは酷評ばかりで、レンズはm4/3系の方が豊かな描写力を持っている、そんな印象が強かった。

だから丁度良かった。2ヶ月間、このレンズ1本で生活するのだから嫌になる程描写をチェック出来る。これでE16-50mmがDA18-55mm同様の糞レンズ、糞にも未たないレンズだったら心置きなくPanasonic GX7を買えるってもんだ。

今日は使い勝手、操作感について述べよう。

パワーズームは動画の人には便利なのだろうが、スチル(静止画)カメラマンにとっては邪魔でしかない。パワーズームと言えばコンパクトデジタルカメラのレンズはほとんどこれ。トロいし、目指す位置で止まってくれないしイライラする!。E16-50mmのパワーズームも同じだった。思った位置にはそこそこ止まってくれるのだが、なにしろトロい!。

でも皆さん、安心して下さい!。

ズームリングを回せば手動でズーム出来るんだ。そしてこの手動ズームの凄いところって電気的にズームしているので1mm単位でセット出来るんだ。16、17、18・・・48、49、50mm!。それに大きな意味があるかないかは何とも言えないが、三脚にカメラを固定した場合、機械的にクルリと回すズームよりも構図の微調整が容易だ。

Lightroomで写真を管理していると面白い。検索フィルターにレンズ焦点距離をセットするとすでに16~50mmまで1mm単位で全ての焦点距離の写真が存在していた!。焦点距離を意識していた訳じゃないのに、知らずのうちに焦点距離コンプリートだ!。

ところでこのレンズ、ピントリングが付いていない。量販店で触っている時に気付いたんだ。「へぇ、これってAF専用レンズなんだ、珍しいな~。AFが合わなかったらどーすんだ?」と大きな疑問だった。

でも皆さん、安心して下さい!。

数ヶ月前にビッグカメラのSonyの店員さんに教わったんだ。AF-S、AF-CだとAF専用レンズになるが、DMFにセットするとシャッターを押す前はズームリングに、シャッターを半押しした瞬間に今までズームリングだったのがピントリングに切り替わる優れものなんだ!。これにはびっくりしたねぇ~。なるほど、だからこんなに薄く作れるんだねぇ。

※MFにセットするとレンズのリングはピントリングとして機能し、ズームはズームレバーを使う

しかもMFアシストをオンにしているとズームリングからピントリングに切り替わると同時にファインダー像が拡大して、容易に任意の位置にMFでピントを合わせられるんだ。

DMFなんて使うの?。

使うんだ!。とにかく低輝度(暗い場所)でAFが合焦しない。すぐに諦めやがる。ISO6400を使わないとブレちゃう、そんなシチュエーションでは結構な確率でAFが合焦するのを諦めちゃう。だからDMFが必要不可欠なんだ。これに関しては本体の話になるので後日また!。

厄介なのがズームレバー。パワーズームを多用するカメラマンにはすぐにズーム出来るような位置にあるので便利だろうが、パワーズームなんて使いたくもない!、と思っているカメラマンには絶好の位置にあるが故に指が掛かって本意でないのに勝手にズームを始めやがる!。

「いけねぇ!」と思って再び手動でズームリングを回そうとするが、その時はシャッターを半押しにしちゃっているからズームリングはピントリングになっている。だからこれまた本意でないのにいきなりMFアシストが働いて像を拡大しちゃう。これを1日に数回やらかしちゃう。たかが数回、されど数回・・・。

※ボディのメニューにパワーズームをオンオフする設定がありゃいいと思うのだが・・・

あとは先日も述べた通り、このレンズ、Sonyさんはフードを装着する概念が全くないようで純正のフードが存在しないらしい。しかもフィルター径が40.5mmと言う誰も持っていないようなサイズだから困っちゃう。

普段、レンズのフロントキャップなんて邪魔で決して付けないが、流石に借り物だから長い移動中はキャップを付けている。そして良い被写体を見つけてカメラを構える。ファインダーが真っ暗!。そりゃそうだ。キャップが付いているんだから(笑)。

保護フィルターを付けるとそこに1枚ガラスが入るから描写力が落ちたり、フレアーなどの原因になるってんで嫌がるカメラマンがいる。でもそういう方でもフードは付けているでしょ?。フードを付けていれば正面から何かにドーンと当たらない限り、レンズを傷つけないし、レンズの表面もさほど汚れない。

でもフードもフィルターも装着していないレンズはまぁ大変。傷が付かないように神経を使うし、あっと言う間に汚れる。手の脂、皮脂とかが簡単に付いちゃう。

フィルターに脂が付いていたら息を吹きかけて袖口でキュッキュッ拭くだけだが、レンズ表面についた脂は流石にそれは怖い。レンズ拭きを使うし、拭く時も息なんぞ吹きかけない。

このカメラって常時鞄に放り込んでおける、そんな意図がある筈なのに、ここまでカメラマンに気を遣わすのはどうだろうか?。専用フードがないのなら最初から保護フィルターくらい付けてくれても良い気がする。

最後にブレ補正に関して。

うん、あんまり性能は良くない。「1段半~2段」と思っていた方が良い。50mm側だと135換算で約75mmだからブレ補正がなくても1/90secなら普通はブレない。2段効果あるとすると1/20sec。確かに1/20secだとブレにくいが、絶対にブレない訳じゃない。そして1/15secにした瞬間に2割の確率でブレていた。

50mmで1/15secで撮影する時は両脇を閉めて息も止めてゆっくりとシャッターを押す、そこまで慎重にならないとブレ補正は見込めない。

また広角側、16mmは135換算で24mmだから2段の効果があって1/8secでもブレない筈だが、これも怪しい。確かにブレないコマが多いが、ブレるコマだってある。となると広角側で安心して使えるのは1/15secだと思うべきだろう。

α7もα6000も絞りに対するシャッタースピードが1/60secになるとどんどんとISO感度を上げていく。ISO上限を12800にしていると16mmを使っていても1/60secより下がらないんだ。レンズ側のブレ補正効果に自信がないんじゃないかと疑っちゃう程。

この「1段半~2段」ってのはPentax K-5とほぼ同じ(どちらも慎重にカメラを構えれば2段~2段半の効果は見込める)。K-5はボディ内ブレ補正であるが6年前のカメラと同じ性能じゃちょっとねぇ・・・。

そうそう、レンズ側にブレ補正機構があると、ファインダー像は一応止まって見えるんだ。これが勘違いを起こす。だから適当にパチリしちゃっておうちに帰って「えっ!、ブレてんじゃねぇか!」。

Pentaxの一眼レフはボディ側でブレを抑えるからファインダー像は常にプルプルしているんだ。だから慎重に構える。もしかするとそういう違いもあるのかもしれない。

そんな訳でこのレンズ、夕方になったらMモード&ISOオート(TAVモード)を使い、40mm以上では1/30secのF6.7、それ以下の焦点距離だと1/15secのF4.5を目安に撮影するようにしている。とにかくブレ補正に関しては期待しちゃ駄目!。言い換えると135換算せずに「焦点距離分の1」、16mmなら1/15sec、50mmなら1/60secを、そう思っていた方が良いかもしれない。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. 南米パパ | URL | -

    BigDaddyさんこんにちは

    カメラに限ったことでは無いんですが、「使い勝手」と「慣れ」って結構関係してると思うんです。
    同じ物でも自分の「普通」がそれに合ったものなのかかけ離れたものなのかで使い勝手は変わりますし、たとえ合っていなくても慣れてしまったらそれが「普通」になって使い勝手が良いと感じるかもしれません。

    私もK-5が手元に届いた時は「なんて使いにくいんだ!!!」と思ってたんですが、先日山の上で記念写真を頼まれた際に手渡されたEOS 60Dが全然馴染まないんです。ほんの1ヶ月ちょっと前までEOSを使っていたのに・・・。

    自分のグリップの握り方から指の置き位置・撮影時の構え方まで既にK-5に最適化されてるんだと思いました。

    とはいえパワーズームレンズを使いたいとは思わないですね。
    さっと出来る事に対してわざわざバッテリーを消耗してしまうのは私にとっては悪でしかないです

  2. ピンぼけ小僧 | URL | EBUSheBA

    我が家にはFujifilm XC16-50mmf3.5-5.6 ois(X-M1のキットレンズ)というE PZ16-50mmF3.5-5.6OSSとほぼ同仕様の標準ズームレンズがあります。
    このレンズには手動ズームリングとピントリングしかなく、レンズの手振れ補正制御はボデイ側で設定します。
    また、ピントのAF/MF切り替えもボデイ側で設定することになっています。
    手振れ補正制御には幾つかモードがあって、常時+動き認識なるモードではISOオートモードの時だけ、動くものに合わせてシャッター速度などを制御して手振れを防止するらしい。
    取説にはいろいろ書いてあるがどこまで手振れがきくのやら。
    このレンズにはフードは付属していますが、50mmに伸ばすとちょっとレンズ長くなってアンバランスで見栄えが良くありません。
    あと、キットレンズなのでプラボデイにプラマウントで重量は195グラムです。
    ズームに関してやはり手動が扱いやすいです。

  3. BigDaddy | URL | -

    > 南米パパ さん

    仰る通りです。「慣れ」なんですよね。ですから以前からSonyのカメラを使っているのであれば気にならない部分もPentax(と言うよりも一眼レフ)ユーザーだと「おいおい、これは不快だなぁ」ってのが仰山出て来ちゃいます。しかもミラーレスの場合、無理に小さくしようとしているカメラが多く「使い勝手無視してここまで小さくする必要があるのか?」と疑問に思ったりもします。

    K-5に慣れた方なら、十字キー採用のSony、Fujifilm、Panasonic、Olympus辺りは基本的な事は意外とすんなり受け入れられるでしょうね。むしろCanonが独特のインターフェースなのかもしれません。

    パワーズーム、これまた仰る通りで、レバーを使わず手動でズームしても結局は電気の力で動かしている筈なので無駄に電気を食っている気がしてなりません。

  4. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    Sonyはもっと単純っぽいですね。ブレ補正の制御に対する設定はなんも無かった気がします。その辺は恐らくFujifilmの方がマニアックと言いますか、それぞれのカメラマンの好みを考えて作られているのでしょう。Sonyhのカメラは80点主義とでも言えば良いでしょうか?。

    レンズってズームで焦点距離によって笑っちゃうくらい伸びるのありますよね。コンデジってそうですよね(笑)。PanasonicのLX100、量販店で何度か触ってみた結果、電源オフ時は無茶苦茶カッコイイんですが、電源をオンにしてズームするとまぁ恥ずかしいくらいカッチョ悪くなり、「うーん、惜しいなぁ!」と一人で呟いています(笑)。

    そして再び、コンデジを買うのだったらGM5のレンズキットの方が良いかなぁと思ったり、GM5は小さ過ぎて使い勝手が悪い、やっぱりGX7か?、いやいやα6000か?・・・、ここずっと毎日欲しいカメラが変化していますよ。


  5. ピンぼけ小僧 | URL | 6GgKOieI

    CP+2016が近づいて新製品ラッシュで、いろいろ気になる機種が発表されていますね。

    野鳥撮りにはNikonD500の1秒10コマの連写で200コマ連写の性能は、Canon7DM2に一方的な独走を許していたニコン党が溜飲を下げています。
    私の周りでもCanon7DM2を使用している人が7〜8人はいます。
    ちなみに私はニコン党です。

    街のスナップ撮りには、X-Pro2とpen-Fが良さそうです、これは単焦点レンズで使いたいカメラです。
    今日ビックカメラで手に入れてきたカタログを見ていると欲しくなってしまいます。
    でも、価格コムで本日予約価格は下記の通り、おいそれと手が出る金額ではありません。
    本体価格
    nikonD500 233269円
    olympusPen-F 143850円
    fujifilmX-Pro2 193806円
    こいつらAPS-Cデジカメなんだよね、フルサイズのα7の初号機やD610よりも価格が高いですけど。

    pentaxのフルサイズK-1もCP+でデビュー予定ですが、予想価格が300000円位みたいだが、勝負になるのかな。まあ、知り合いで速攻購入する奴がいますが。。。。

  6. BigDaddy | URL | -

    > ピンぼけ小僧 さん

    D500は凄いですねぇ、仕様を見てぶったまげました。RAW保存でも大量の連写が出来るんですよね。PEN-Fは例によってボッタクリ価格なんでしょうね。あのデザインは最高に素敵なんですが・・・。まぁ今年出るモデルはPentaxもそうでしょうが、各メーカーでドキドキするものを出してくるでしょうね。

    私はケチケチ人間ですから、PEN-Fなら値落ち、中古が豊富になるE-P5・・・。

    X-E2がファームウェアのアップデートで相当機能が上がるらしいのでX-E2の中古を買ってファームウェアで機能アップ!・・・。

    もしくはα6100が出るらしいので一気に値落ち、中古市場でも溢れまくるα6000・・・。ああ、Panasonic GX7もあるじゃないですか!(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)