にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です

Sony α6000 レビュー四方山話 その8 E PZ16-50mmF3.5-5.6OSS 焦点距離16mmでの描写力

2016年02月01日 00:00

Tokyo Station

Tokyo Station

Sony α6000, E PZ16-50mmF3.5-5.6OSS

※ブログに視覚要素を加えるlightboxを導入しています。上記画像をクリックすると少し大きな画像をポップアップして見る事が出来、暗くなった部分をクリックするか、画像下部のCloseをクリックすると元に戻ります。



本ネタで撮影に利用しているSony機材はSony αアンバサダープログラムのモニター企画にてSonyからお借りしたものです。
今日はE PZ16-50mmF3.5-5.6OSS(以下E16-50mm)の16mmでの描写を検証しようと思う。

1月28日の記事、Sony α6000 レビュー四方山話 その6 E PZ16-50mmF3.5-5.6OSS 補正をしなかった場合の通り、デジタル修正しないととんでもない歪曲と周辺光量不足に陥る。

しかしトップ写真の通り、出来上がってくるJPG像は歪曲も周辺光量不足も綺麗に補正されている。勿論、それを行う事で周辺部を無理に引っ張ったり縮めたりしているので画質は悪くなってしまう。でも大丈夫!、普通に鑑賞する分には気にならないから・・・。

本日トップ写真は16mmの像。これを絞り開放のF3.5からF4、F5.6、F8、F11の5コマ撮影した。手持ち撮影なので構図にばらつきがあり、等倍切り出し像の位置が少しずつ異なるが、描写の確認は可能だ。

今回掲載する写真は全て撮って出しJPG、クリエイティブスタイルに「風景」を利用し、シャープネスは+1にセットしている。

※F5.6のコマは何故かブレてしまったので割愛、またクリックすると1000x1000ピクセルの等倍切り出し像になる


ピントを合わせている部分 F3.5

ピントを合わせている部分 F3.5


ピントを合わせている部分 F4

ピントを合わせている部分 F4


ピントを合わせている部分 F8

ピントを合わせている部分 F8


ピントを合わせている部分 F11

ピントを合わせている部分 F11


ピントはほぼ中央に合わせており、F3.5の開放でもそこそこ解像しているが、半段絞った方がこれくらいの遠景だと具合が良い。そして一番綺麗にカリッとしているはF8だろう。

次に左端の等倍切り出しをご覧頂きたい。流石に設計に大きな無理が掛かっているのだろう。絞り開放のF3.5と半段絞ったF4の像は汚い。この2枚はA3ノビプリントではっきり判るくらいに画質が悪い。

しかしF8まで絞るとかなり改善され、それがF11でも持続する。完全に解像するとは言えないが、普及タイプズームレンズの16mmって所詮この程度でしょう?。


左端 F3.5

左端 F3.5


左端 F4

左端 F4


左端 F8

左端 F8


左端 F11

左端 F11


そして右端は下。左端と同じ結果が出ている。F4まではかなり像が荒い。でもF8まで絞れば及第レベルに達する。またこのレンズに限っては片ボケはない。


右端 F3.5

右端 F3.5


右端 F4

右端 F4


右端 F8

右端 F8


右端 F11

右端 F11


続いて右上隅の像。これも同じ結果だ。F3.5とF4は像が流れていて輪郭がないが、F8、F11像では輪郭が出てくる。ここまで輪郭が出てくれればあとはシャープネス、もしくはローカルコントラスト調整でどうにでもなる。


左上隅 F3.5

左上隅 F3.5


左上隅 F4

左上隅 F4


左上隅 F8

左上隅 F8


左上隅 F11

左上隅 F11


今回、F5.6の像を提供出来なかったが、他の16mmで撮影された写真を見る限り、F5.6では中央部は完璧、カリッとしている。しかし周辺部はまだ甘い。

よって・・・。

中心部が解像していれば良いような風景であればA3ノビプリントが前提ならば絞り開放のF3.5でも問題はない。可能ならF4半まで絞りたいところ。そして周辺部までしっかりと描写させたい、そう思う風景ならばF8、F11を使う事。

16mmの描写に対してネット上で「使えない」と騒いでいる人が大勢いる。確かにF3.5の絞り開放で遠景を撮るとA3ノビでも判ってしまうくらい周辺部は解像していないが、絞れば改善されるんだ。また中心部は半段絞ったF4で十分に輪郭が出ている。

A3ノビプリント前提ならば全く問題の無いレンズと言い切って良い。「使えない!」と言い放っている人達は常に全倍(90x60センチ)くらいのプリントをしているか、50インチの大型テレビで鑑賞しているか、もしくはプリントなんてした事がない単なる等倍鑑賞馬鹿でしかない。

そもそも等倍鑑賞でもクッキリハッキリさせたいと思っているカメラマンがこの手のズームレンズを選んでいる事自体がおかしい。

私も当倍鑑賞が大好きだが、最終的にはプリントをする、サイズはA4~A3ノビでしかない。それでも将来A2サイズがプリントの標準になる可能性もあろうから、A2(A2ノビ)である程度鑑賞に耐えられる可能性があれば十分だったりする。

ちなみにでは何故PentaxのDA18-55mmF3.5-5.6を糾弾し続けているか?。こいつは絞っても周辺部はほとんど改善されないので「自分の尺度において」、A3ノビプリントはギリギリクリアする風景があったとしても全ての風景がそうだとは限らないし、A2プリントには決して耐えられないと結論付けたからである。

E16-50mm、16mmの描写がガクッと落ちる時がある。当然、遠景で小さな被写体(木々)があったりするとボヤッとするのだが、なんだろう、ピント位置にもよるのか、えっ?、なんじゃこれっ?、ブレ?、ピンボケ?、そんな風景も撮れてしまったりする。

これに関してはもうちょっと検証が必要かもしれないので、後日記事にするかもしれない。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村のランキングに参加中です



コメント

  1. auf | URL | 3eyVfeeo

    いちおう補正後は普段使いとして実用になるようですね.遠景描写の問題は
    カメラ内のデモザイクアルゴリズムの関係かも.RAWからの現像でどうなるか
    ですね.

  2. pokopen | URL | -

    記事に同意です

    私もこのレンズを良く使います。
    NEX-3Nはボデイのズームレバーが便利なので、16-50mm専用機となりました。
    記事に同感です。過度な期待をしていないので特に不満はありません。
    E18-55mmは周辺が甘いと感じることが多かったので、それよりも良いと思います。

  3. ハッセルじいちゃん | URL | lalX43Vc

    こんにちわぁ
    広い範囲が撮れてますが、新丸の内ビルからでしょうか。
    私がオノボリさんした時はKITTEからなので全域が撮れませんでした。

  4. BigDaddy | URL | -

    > auf さん

    今後、各焦点距離別のネタが続きますが、実用十分だと思います。繰り返しになりますが、かつてのPentaxのキットレンズ、18-55mmよりも遥かに優れていますし。

    デモザイクアルゴリズムに加えてα7の余裕は感じられず、α6000ではシャープネス、ノイズリダクションの掛け方がどうも微妙な気がしていますねぇ。

  5. BigDaddy | URL | -

    > pokopen さん

    絞っても画質が改善されないのなら各方面の悪口も納得するのですが、このレンズはF8まで絞れば使い物になりますし、近い距離、大きな単純な風景なら絞り開放も使えますから、確かに色々なレンズと比較すれば微妙な絵になるのでしょうが、私は画質の悪さは全く気になりませんでした。

    α6000はボディそのものが小さいのでレンズもE16-50mmくらいが丁度良いのでしょうね。

  6. BigDaddy | URL | -

    > ハッセルじいちゃん さん

    ハッセルじいちゃんは以前KITTE内の風景を掲載されていましたよね。

    東京駅を色々と撮る場合には新丸ビルとKITTEは両方攻めなくちゃなりません(笑)。それでも新丸ビルから撮ると今回の写真のように手前にひさしのようなのが写ってしまうので東京駅だけに焦点を当てるのならKITTEからの方が良い気がします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)